お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 ライドオン・エクスプレスの企業情報

131361

株式会社 ライドオン・エクスプレス

アフターコロナの世界での次世代FOODテックカンパニーを目指す

飲食DXでイノベーションを。新たなプラットフォームを構築するTech企業へ

株式会社ライドオン・エクスプレスは、宅配寿司『銀のさら』のサービスで知られる寿司・弁当の宅配事業と提携レストランの宅配代行事業を手がける会社だ。2001年に『銀のさら』の全国チェーン展開をスタートした後、急成長を遂げ、2013年12月に東証マザーズに上場。それからわずか2年弱の2015年11月に東証一部への市場変更を遂げた。コンビニとの競合など厳しさを増す中食市場において、迷走する会社も少なくないなかで、成長を続けてきた、業界を代表する会社だ。

だがライドオン・エクスプレスは、決してアナログな宅配寿司屋ではない。「誰もがご自宅にいながらにして享受できる、より便利で快適な新しいライフスタイルの創出」に向けて、新たなプラットフォーム構築の他、事業宅配ネットワークと顧客情報というビッグデータを活用し、IT企業への変貌を目指している。

昨今の世界情勢を受け、フードデリバリー需要は高まる一方だが、その分人材不足という課題が大きくのしかかっているのも事実だ。限られた人的リソースで、ニーズに応え、事業拡大を支えていくか。
人的リソースの最適化や業務効率化の推進が、今後の事業成長にも欠かせないと考え、自社内で新しいシステム構想を掲げ、飲食DXの実現に向けて、開発チームの体制強化を進めている。

131396ライドオン・エクスプレスは、2001年に『銀のさら』の全国チェーン展開をスタートした後、急成長を遂げ、2013年12月に東証マザーズに上場。それからわずか2年弱の2015年11月に東証一部への市場変更を遂げた急成長企業だ。
131399中食文化の担い手として、マーケットの拡大に寄与してきたライドオン・エクスプレス。同社は今、さらなる飛躍のためにDX推進を重要戦略の一つに掲げる。
131408

事業拡大を支える同社のDX化推進を目指し組織を拡充!覚悟を持って挑める人を求む

『銀のさら』が主力事業のライドオン・エクスプレスにおいて、今後の事業展開にはDX(デジタルトランスフォーメーション)化が急務となっている。アナログな業務管理や、労働集約型モデルが故の人手不足への対策は、事業拡大にかかせない。
また、昨今の社会環境変化に伴い飲食業界もデジタル化の流れが進む中、同社もIT投資を早くから進めてきている。
自社ECサイトやSNSを活用した販促活動、店舗業務の見える化や効率化などを見据えて、様々な業務をつなぐシステム構築を急ピッチで進めている。

これまではシステム構築を外部に頼っていた部分も多かったが、それらを内製化し、よりスピードアップしたい意向だ。そのために組織を拡充していく。今から入る人には、拡充するエンジニア部門の核となることを期待し、いずれはチームビルディングやマネジメントも担ってほしいと願う。

「エンジニアには、モノづくりに没頭する人と新しいことをしたい人がいますが、今の当社に馴染むのは、自分自身が事業や企画をドライブしていることにモチベーションを感じるような、新しいことをしたい人だと思います」。望月氏は言う。というのも、まだまだ産みの苦しみを味わうフェーズにあり、相応の覚悟と意思を持って、組織を作りつつ自らも手を動かしていく必要があるからだ。「でもその後はメンバーが増えて、自分が事業の方向性を決め、アーキテクトしたモノをチームに作ってもらうようになる。そういう未来像にモチベーションを持ってほしいのです」とも。

同社のデジタル化は事業拡大を支えるだけでなく、フードデリバリー業界全体のIT推進も担う重要フェーズを迎えている。

131384これから本格的な拡大を目指すフェーズの今、少数精鋭の部隊でとにかくスピード重視で物事を進めている。お互いの顔が見える距離感で仕事をし、率直に意見を言い合うことで、どんどん話が進んでいく。
131390宅配事業の更なる拡大には全社的なDX化が必要不可欠。
システム構築のノウハウを自社内で保有し新たなフードテックカンパニーを目指している。
131405

株式会社 ライドオン・エクスプレスに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 ライドオン・エクスプレスに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 ライドオン・エクスプレス
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  その他IT/Web・通信・インターネット系
サービス系 >  飲食・旅行・レジャー・アミューズメント
IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
企業の特徴
  • 上場
  • 自社サービス製品あり
  • シェアトップクラス
  • 残業少なめ
資本金 9億2545万円(2015年3月31日 現在)
設立年月 2001年07月
代表者氏名 代表取締役社長 兼 CEO 江見 朗
事業内容 「ご家庭での生活を『もっと美味しく、もっと便利に』」というビジョンのもと、フードデリバリー市場のパイオニアとして、宅配寿司業界シェアNo.1の「銀のさら」等を展開。
2015年にフードデリバリー事業を主として運営する企業では初となる、東京証券取引所市場第1部に上場。既存のフードデリバリーサービスは、在宅需要の増加とともに順調に売り上げを伸ばし2020年度第一四半期も増収増益となっています。

フードデリバリーの需要増加を受け、事業投資にも積極的に動いています。
・販売チャネルの多角化
・新規エリア出店やテイクアウト併設タイプの店舗の増店など、アナログからデジタルまで
幅広く戦略的に事業拡大を進めています。

■宅配事業ブランド
・銀のさら:宅配寿司マーケットでシェアNo.1。今年20周年を迎えました
・釜寅:シェア80%超
・すし上等!

■宅配代行事業ブランド
・ファインダイン
株式公開(証券取引所) 東証一部
従業員数 303人
本社所在地 東京都港区三田3-5-27 住友不動産三田ツインビル西館17F
131361

株式会社 ライドオン・エクスプレス資本金9億2545万円(2015年3月31日 現在)設立年月日2001年07月従業員数303人

アフターコロナの世界での次世代FOODテックカンパニーを目指す

この企業が募集している求人

131401
幅広いスキルを身につけたいインフラエンジニア募集/人が人でしかできないことに最大限集中できる環境を構築します
インフラエンジニア(社内SE)

社内及びサービス側のインフラをより良く変えて頂ける方を募集しております。 ■業務内容 ・サーバの監視設定や現状のサーバ表のブラッシュアップ ・社内ネットワーク、リモートアクセスの設計、構築 ・状況によりサービス側のサーバ構築 <将来的には> ・インフラ全般の管理運用 ・課題と感じるところ、改善したいところを見つけて改善のアプローチ ・インフラのコード化(IaC)など自...

375985
【FoodTech】自社のDX化を支える/将来のマネージャー候補にもチャレンジできます~企画等の上流工程から幅広くお任せ~
Webアプリケーションエンジニア(Java/PHP)

【業務内容】 「スマートデリバリーシステム構想」実現のための、各システム開発~運用まで幅広くお任せします。 ・注文管理から調理状況、配達状況把握など、店舗業務に関わる様々なシステムの構築~運用まで (新規開発・機能追加・既存システム運用など、業務範囲は多岐に渡ります。) マネジメント志向をお持ちの方には、入社数年後を目途にマネジメントもお任せしたいと考えています。 【スマー...

×