お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 ライドオン・エクスプレスの企業情報

131361

株式会社 ライドオン・エクスプレス

フードデリバリー業界トップシェアが手がける新規サービス!世界も注目するシェアリングエコノミー

宅配ネットワーク×ITでイノベーションを。注目事業『ファインダイン』

株式会社ライドオン・エクスプレスは、宅配寿司『銀のさら』のサービスで知られる寿司・弁当の宅配事業と提携レストランの宅配代行事業を手がける会社だ。2001年に『銀のさら』の全国チェーン展開をスタートした後、急成長を遂げ、2013年12月に東証マザーズに上場。それからわずか2年弱の2015年11月に東証一部への市場変更を遂げた。コンビニとの競合など厳しさを増す中食市場において、迷走する会社も少なくないなかで、成長を続けてきた、業界を代表する会社だ。

だがライドオン・エクスプレスは、決してアナログな宅配寿司屋ではない。コーポレートサイトに踊るのは「私達の宅配サービスはITテクノロジーを活用してさらなるイノベーションへ」という言葉。宅配ネットワークと顧客情報というビッグデータを活用し、IT企業への変貌を遂げている。それを象徴するのが、宅配代行事業である『ファインダイン』だ。

ファインダインは、宅配機能を持たないレストランに代わって、おいしい料理を自宅やオフィスに届けるという新しいデリバリーサービス。宅配といえば全国一律のチェーン店という概念が定着しているが、ファインダインはイタリアン、フレンチ、中華、カフェなど様々なジャンルのレストランの料理を、家にいながらにして楽しめる。たとえば麻布のイタリアンなど、オーナーシェフの店や隠れ家的な名店などのメニューも宅配してもらえることが特長だ。加盟レストランにとっては、新たな顧客の開拓や広告・宣伝効果も期待できる。実際にファインダインのWebサイトをのぞくと、様々なレストランがあり、メニューに加え、注文から配達にかかる時間が刻々とリアルタイムで表示されている。

「忙しい方や、小さいお子さんがいて外食できない方など、様々なお客様に使ってもらっています。なかには毎日利用される方もいらっしゃいますね」。こう話すのは、ファインダイン事業部企画グループ、IT戦略担当の望月氏。白金エリアで細々と始めたこのサービスは、今や山手線内の様々なエリアにサービス提供を拡大し、評判は上々だ。

中食文化の担い手として、マーケットの拡大に寄与してきたライドオン・エクスプレス。だが、寿司だけではごく一部のニーズしか満たせない。嗜好の多様化や中食ニーズの拡大、デリバリービジネスの進化といったトレンドに応えるべく、同社は今、ファインダイン事業への注力を重要戦略の一つに掲げる。

131396ライドオン・エクスプレスは、2001年に『銀のさら』の全国チェーン展開をスタートした後、急成長を遂げ、2013年12月に東証マザーズに上場。それからわずか2年弱の2015年11月に東証一部への市場変更を遂げた急成長企業だ。
131399中食文化の担い手として、マーケットの拡大に寄与してきたライドオン・エクスプレス。同社は今、さらなる飛躍のためにファインダイン事業への注力を重要戦略の一つに掲げる。
131408

世界が注目するIT企業多数!ホットなシェアリングエコノミービジネスへの挑戦

ファインダインが目指す価値は「シェアリングエコノミー」と呼ばれるもの。この事業の本質は、料理を作る人(=レストラン)と配達する人(=ドライバー)がどういう状態にあるかを可視化して管理することで、料理を食べたいお客様に食べたいタイミングで確実に運ぶという配達効率の最適化を実現すること。

ファインダインのWebサイトを開くと、店名とメニューと共に、手元に届くまでの時間が表示される。これは、レストランが混雑状況を勘案した「今、この料理を作るのに何分かかるか」という状況をリアルタイムで入力し、それを受けてライドオン・エクスプレスがドライバー達の位置情報などを勘案した配達を算出して待ち時間を表示する仕組みだ。

かつては電話で近所のお店に頼んだ「出前」。電話をかけてみないと店の混雑状況や出前にかかる時間がわからない。ファインダインは何を何分後に食べられるかがわかり、食べたい人と食べさせたい人のマッチングを、インターネットを介して効率的に実現する。それはつまり、今、利用可能なレストランのリソースを、今、食べたい人に提供するという「シェアリングエコノミー」だ。

これは世界の潮流でもあり、例えば配車アプリで世界的に有名な『Uber』も、自動車に乗りたい人と、空き時間を使って自分の自動車で収入を得たい自動車オーナーを結びつけるもの。ファインダインと同様の食の領域でも、アメリカの『GrubHub』、『Postmates』、ドイツの『デリバリー・ヒーロー』、中国の『ウーラマ』など、イノベーティブなIT企業として注目を集める会社がズラリと並ぶ。ライドオン・エクスプレスも、世界標準で見ればまだ規模は小さいながらも、いずれこの一角に名を連ねることを目指す。

事業の肝は、マッチングの精度をいかに高めるかであり、そのためにはどれだけ精緻なITシステムを構築・運用できるかにかかっている。今、ライドオン・エクスプレスが全力を上げて取り組んでいるのも、まさにこの点だ。IT部隊の人的拡充も含めて、システムの構築と強化に努めている。

ちなみに、国内では類似のサービスに、有名店なども含む多彩な弁当・ケータリングの予約サイト、大手の出前予約サイトがあるが、あくまでも「予約」や「出前の仲介」というサービスであり、ファインダインの目指す「シェアエコノミー」とは異なる。この業態では、現在はファインダインが国内ナンバーワンの位置にいる。システムに加えて自前の宅配部隊を持つこと、加えて食を扱ってきたノウハウがある点が大きな強みであり、他社が容易に参入できない要因となっている。

ただし慢心は禁物だ。宅配網を持つ業態の会社による新規参入もあり得るからだ。今は都心部で展開するファインダインだが、いずれは『銀のさら』の宅配網も活用し、サービスエリアを飛躍的に拡大する考えだ。一部の店舗でトライアルもスタートした。この領域でトップであり続けるために、さらに攻めていく。

131384ファインダインは、料理を作る人(=レストラン)と配達する人(=ドライバー)がどういう状態にあるかを可視化して管理することで、料理を食べたいお客様に食べたいタイミングで確実に運ぶという配達効率の最適化を実現しようという試みだ。
131390今は都心部で展開するファインダインだが、いずれは『銀のさら』の宅配網も活用し、サービスエリアを飛躍的に拡大していく。この領域でトップであり続けるために、さらに攻めていく。
131405

ハイスピードでの事業拡大を目指し組織を拡充!覚悟を持って挑める人を求む

『銀のさら』が主力事業のライドオン・エクスプレスにおいて、IT企業そのものであるファインダイン事業部は異色の存在でもある。だが会社の将来を背負う部門としての期待は極めて大きい。これから本格的な拡大を目指すフェーズの今、少数精鋭の部隊でとにかくスピード重視で物事を進めている。お互いの顔が見える距離感で仕事をし、部長に対してもフランクに「こうしたい」「ああしたい」と言い、その場でどんどん話が進んでいく。

現在はまだ、システム構築で外部に頼る部分も多いが、それらを内製化し、よりスピードアップしたい意向だ。そのために組織を拡充していく。今から入る人には、拡充するエンジニア部門の核となることを期待し、いずれはチームビルディングやマネジメントも担ってほしいと願う。

「エンジニアには、モノづくりに没頭する人と新しいことをしたい人がいますが、今の当社に馴染むのは、自分自身が事業や企画をドライブしていることにモチベーションを感じるような、新しいことをしたい人だと思います」。望月氏は言う。というのも、まだまだ産みの苦しみを味わうフェーズにあり、相応の覚悟と意思を持って、組織を作りつつ自らも手を動かしていく必要があるからだ。「でもその後はメンバーが増えて、自分が事業の方向性を決め、アーキテクトしたモノをチームに作ってもらうようになる。そういう未来像にモチベーションを持ってほしいのです」とも。

ファインダインは決して、中食ビジネスではない。ニーズとサプライを結ぶプラットフォームビジネスであり、街中の空いているものを可視化してマネタイズする仕組みである。それをまず馴染みのあるフードで展開している―そう捉えたほうが、この事業の可能性を実感できるだろう。今はまずフード領域でトップ企業としての強固な基盤を作り、その後は、もしかしたら違う領域での展開もあるかもしれない。

そしてプラットフォームである以上、海外にも展開が可能だ。世界の潮流でもある「シェアリングエコノミー」。日本国内でクローズしようという気は毛頭ない。食の次に展開できる価値は何か。世界が求めるものは何か。そんな世界をも見渡す広い視野で、この可能性にあふれたビジネスに挑戦したいという人の参画を待っている。

131382これから本格的な拡大を目指すフェーズの今、少数精鋭の部隊でとにかくスピード重視で物事を進めている。お互いの顔が見える距離感で仕事をし、率直に意見を言い合うことで、どんどん話が進んでいく。
131364ファインダインのサービスは、プラットフォームである以上、海外にも展開が可能だ。世界の潮流でもある「シェアエコノミー」。海外展開も視野に入れてサービスを展開していく。
131406

株式会社 ライドオン・エクスプレスに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 ライドオン・エクスプレスに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 ライドオン・エクスプレス
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  その他IT/Web・通信・インターネット系
サービス系 >  飲食・旅行・レジャー・アミューズメント
マスコミ・エンターテイメント・メディア系 >  広告・デザイン・イベント
企業の特徴
  • 上場
  • 自社サービス製品あり
  • シェアトップクラス
資本金 9億2545万円(2015年3月31日 現在)
設立年月 2001年07月
代表者氏名 代表取締役社長 兼 CEO 江見 朗
事業内容 フードデリバリー事業の運営及びフランチャイズチェーン店の加盟募集・指導業務、「リトルアーティスト」の制作・販売
株式公開(証券取引所) 東証一部
従業員数 303人
本社所在地 東京都港区三田3-5-27 住友不動産三田ツインビル西館17F
131361

株式会社 ライドオン・エクスプレス資本金9億2545万円(2015年3月31日 現在)設立年月日2001年07月従業員数303人

フードデリバリー業界トップシェアが手がける新規サービス!世界も注目するシェアリングエコノミー

Bnr sp354 5
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×