お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 LiveParkの企業情報

281734

株式会社 LivePark

“テレビ×インターネット”でマスメディアと個人をつなぐ未知の領域への挑戦

テレビのリーチ力とネットのインタラクティブ性を掛け合わせる

株式会社HAROiDは、2015年4月、日本テレビ放送網株式会社、株式会社バスキュールの出資によって設立された。代表取締役社長の安藤聖泰氏は日本テレビの出身である。安藤氏は、アナログテレビが一斉に放送を終了した2012年に、テレビにFacebookでログインできる世界初のソーシャルテレビ「Join TV」を立ち上げたり、“第2日テレ”と呼ばれた動画配信サービスの立ち上げに関わるなど、デジタル領域の業務を担っていた。しかし、テレビの中だけでできることに限界を感じていた時、インターネットの広告クリエイティブ制作などを手がけていたバスキュールと出会う。同社もまた、インターネットの世界だけでできることに限界を感じているところだった。

「どれだけ素晴らしい広告クリエイティブを制作しても、なかなか集客数に繋がらなかったのです。それは、そもそもエンドユーザーにリーチできる数に限りがあったから。その点、普及率98.9%、世帯平均2.18台というテレビは最大のメディアに違いありません。しかし、テレビはインターネットのようなインタラクティブ性が乏しく、受け身の視聴者を行動させる力が弱い。ならば、このテレビとインターネットを掛け合わせることで、新しい価値を提供できるのではないか。かつ、せっかく素晴らしい機能を持つスマートフォンの使い方として、単にテレビのコンテンツを流すだけではない活用法があるのではないかと考えたのです。そこで、電通および、無線LAN・交通・流通・通信・カメラ監視等のインフラ構築を手がけるビーマップが出資者に加わりました」と安藤氏は同社設立の経緯を説明する。

テレビの視聴率低下(特に若者のテレビ離れ)が叫ばれて久しいとはいえ、視聴率1%でも全国5,800万世帯と考えればマスの影響力はまだ健在だ。いち早くインターネットにつながり、テレビ×ウェブのクロスデバイスシングルパネルへの取り組みをしてきた同社は、テレビの中であり外であるという立ち位置から、率先して進めていくという使命感を持っている。「テレビが生み出してきた価値や果たしてきた役割を改めて見つめ直すとともに、放送コンテンツ・動画配信の楽しみ方や可能性を果敢にアップグレードする」というミッションを、ますます推進していくことだろう。

121760HAROiDアカウントの登録者数は2019年1月に600万人を突破した。2020年には1000万人を目指しているが、十分に実現可能な数字だろう。
280340「テレビという同時に大勢の人が集まる影響力の大きいメディアに対し、新しいインターネットの力で変えていこうというチャレンジを進めている。ただインターネットだけでビジネスやサービスを作る会社ではない」(代表取締役社長・安藤聖泰氏)

視聴者の体験を提供するクリエイティブと高負荷をコントロールする技術

同社が2年目から提供を始めたサービスとして、全国の視聴者がスマートフォンを通じてアクティブにテレビCMへ参加することができる「LiVE CM」がある。例えば、缶チューハイのテレビCM。熱湯を入れた浴槽の上にCGで作成された氷の板が置かれ、その上にタレントが乗っている。視聴者がスマートフォンの画面をタップして氷の板を割るゲームに参加すると、CMの画面が連動していて位置と回数がテレビにリアルタイムで表示され、一定数を超えると氷が割れてタレントが熱湯に落下する仕掛けになっている。CM終了後、スマートフォンにクーポンコードが表示され、視聴者はコンビニで缶チューハイ1本と引き換えることができる。これで参加者は夢中になってタップするというわけだ。この「LiVE CM」は大きな反響を呼び、SNSでバズるという副次的効果も生んだ。
「これまでのテレビCMは、視聴者はただ見ているだけか、せいぜい『詳しくは検索で』調べさせるまでにとどまっていました。『LiVE CM』は、リアルタイムに参加できることで視聴者の心を動かし、かつ行動に繋げることができます。缶チューハイの『LiVE CM』では参加者の80%を店頭に誘導しました」と代表取締役社長の安藤氏は胸を張る。

さらに同社はテレビ局と連携し、インターネットとつながったテレビで動作しているプログラムを通じて1分おきに視聴ログを収集。このビッグデータを活用した全く新しい視聴体験の提案や、データ分析によるテレビ局や広告主への価値提供、“テレビ×Web”のクロスデバイスを利用したインタラクティブテレビ体験の実現を目指している。
先に紹介した「LiVE CM」もその一環で、テレビ番組の企画に参加したり、アンケートに答えたりすることでポイントが貯まるサービス「CHARiN」も運営し、同社でしか扱えない視聴者の行動を通じてデータビジネスを拡大させていく構えだ。

尚、その事業拡大を支える同社の最大の強みは、番組企画や「LiVE CM」などの“大規模アクセスの突発的な集中”や“継続的大規模視聴ログ”という大規模な負荷をスムーズにコントロールする圧倒的な技術力。複数の高スパイク/高負荷型デバイスのアプリケーションに対応する分散型アーキテクチャーを採用するとともに、セキュアなID管理を実現させた「HAROiD プラットフォーム」を提供している。このように「LiVE CM」や番組企画などのクリエイティブ面から一貫して柔軟にサービス提供できることも特徴といえる。

280346スマートフォンをキーデバイスとして、新しい視聴体験や価値を提供していく。
281725テレビと連携したポイントサービス『CHARiN』

各領域のスペシャリティを備えたベテランが揃うプロフェッショナル集団

同社のメンバーは、協力スタッフを含めて約30名。各プロジェクトに横断的にアサインされるエンジニアをはじめ、データサイエンティスト、クリエイティブに関わるディレクター、中長期的なサービス開発・運用に取り組むスタッフなど、それぞれの領域におけるスペシャリティを備えたベテランが揃う。「社内で共有しているカルチャーは、新しいビジネスを開拓していく意志とマインド」と安藤氏。
「テレビという、昔から変わらない事業モデルを運営し、かつ大金が動いている業界を相手にしていますから、変えていくのは大変です。しかし、我々は大きなやりがいを感じていることも事実。当社のような立ち位置の会社にしかできないことをやろうとしているからです。誰も知らない世界をつくっているわけですから、面白くないわけがありません」(安藤氏)

世の中のトレンドやテクノロジーの変化を把握すべく、情報収集やイベントへの参加といったことには積極的に取り組んでいる。
「言われたことだけをやっているようでは、新しいものはつくれません。自らが次に何が必要になるかを考え、発信し、仕事にしていく必要があります」と安藤氏。そのために、各自の考えを引き出すような日常的なコミュニケーションが行われているという。

全体ミーティングでは、経営状況や各チームの状況の共有、方針の確認といったことだけでなく、業務には無関係なプライべートの話や雑談をあえて行うこともある。新しい領域への挑戦をみんなで楽しんでいる空気感があるようだ。

これから同社が求める人材も、アンテナを高く掲げ新しい動きをキャッチし、自ら発信ができる人。
「近く日本で行われる世界的スポーツイベントは当社にとってもビッグチャンスで、さまざまな形で関わることは間違いありません。その後も新しいエンターテインメントやコミュニケーションサービスをつくっていきます。ぜひエントリーしてください!」と安藤氏は呼びかける。

280339データサイエンティスト/アナリスト、クリエイティブに関わるディレクターなど、それぞれの領域におけるスペシャリティを備えたベテランが揃う。
280349各自の考えを引き出すような日常的なコミュニケーションが行われているという。

株式会社 LiveParkに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 LiveParkに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 LivePark
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
マスコミ・エンターテイメント・メディア系 >  放送(テレビ/ラジオ)・音楽・芸能
マスコミ・エンターテイメント・メディア系 >  広告・デザイン・イベント
資本金 5100万円
設立年月 2015年04月
代表者氏名 代表取締役 安藤 聖泰
事業内容 “ネット/スマホ時代のテレビ体験をアップグレードする”をテーマに、「テレビ×インターネット」の領域で、新しいエンターテインメント&コミュニケーションサービスを開発している同社。
スマートフォンやWebを通じて、全国の視聴者がテレビCMにリアルに参加できる『LiVE CM』を中心に、
「HAROiD プラットフォーム」を提供している。
株式公開(証券取引所) 非上場
主要株主 日本テレビ放送網株式会社
株式会社バスキュール
株式会社電通
株式会社ビーマップ
従業員数 28人
平均年齢 36.4歳
本社所在地 東京都港区三田1-4-28 三田国際ビル23F
281734

株式会社 LivePark資本金5100万円設立年月日2015年04月従業員数28人

“テレビ×インターネット”でマスメディアと個人をつなぐ未知の領域への挑戦

Bnr sp354 10
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
半角英数字6文字以上、30文字以内
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×