お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 ドクターネットの企業情報

310084

株式会社 ドクターネット

「いつでもどこでも、高品質な画像診断を。」遠隔画像診断で医療の未来を拓くリーディングカンパニー

全国1,000施設以上の医療機関が利用!さらなる成長が見込まれる遠隔画像診断サービスの国内トップシェア企業

株式会社ドクターネットは、遠隔画像診断サービスにおいてトップシェア(※)を誇る、医療×テクノロジーのリーディングカンパニーだ。

最近では月9の医療ドラマでも取りあげられ、注目を集めた「画像診断」。すぐにピンと来なくても、CTやMRIなら知っている人も多いのではないだろうか。同社が展開する遠隔画像診断サービスは、それらの機器で撮影された画像を医療機関がドクターネットに読影依頼し、全国の契約読影医に遠隔で診断してもらうことで、素早く的確な診断レポートを依頼元に提供できる仕組みである。

全国の医療機関では、日々大量の画像が撮影されているが、それを読み取る放射線診断の専門医は、日本にわずか5000人程度しかいない。そのため多くの症例は、読影の専門ではない一般の医師によって診断されているのが現状である。
さらに地方の医師不足問題において、放射線専門医もまた例外ではない。専門医の高い読影能力を地域医療に反映することは、地域医療連携の正常な発展のために不可欠な要素であると考えられている。

こうした状況に風穴を開けたのが同社のサービスである。

ドクターネットは、日本国内にいる放射線専門医の1割以上にあたる約600人と提携し、各医療施設で日々撮影される画像データを円滑に彼らのもとへ届けている。画像診断の精度はもとより、結果が返ってくるスピードもきわめて早い。さらに、24時間365日対応を実現し、いまや医療現場において欠かすことのできないインフラとなっている。

現代の医療問題を解決するべく、遠隔画像診断のパイオニアとしてドクターネットは更なる成長が期待されている。


※出典「2017年版 医用画像システム(PACS)・関連機器市場の展望と戦略 §7.遠隔画像診断(テレラジオロジー)」矢野経済研究所調べ

1018021995年の創業以来、遠隔画像診断のパイオニアとして業界を牽引してきた
310538遠隔の専門医がスムーズに画像診断できるシステムを構築し、日々改善を重ねている
310543

医療業界の外から来るエンジニアこそ、活躍できるチャンスがある

「エンジニアの技術によって、改善できることは無数にあります」と代表取締役社長の長谷川雅子氏は語る。

2017年に社長に就任した長谷川氏は、新卒でボストンコンサルティンググループに入社し、エンターテイメント・アパレル・重工業・電力・官公庁など幅広い業界を担当するも、医療分野はまったくの異業種であった。

「この会社に入って実感したのは、医療分野はまだまだ改善の余地がいくらでもあるということ。ニッチな領域なだけに、外部からの目にあまりさらされておらず、まだまだ進化していける可能性が高い。むしろ異業種にいる人にこそ、やりがいのある分野かもしれません」

同社と提携する放射線専門医は、日々、大量の画像データを読み解いていく。

この読影の精度やスピードをもっと上げることはできないだろうか。もし1つの症例に20分かかっている読影時間がもし10分に短縮されるなら、同じ時間で2倍の症例を診ることができ、それだけ救える命が増える可能性が出てくる。たとえば、専門医が画像診断に使っているシステムのUIを改善するだけで、読み取り速度が劇的に増すかもしれない。改善のヒントは至るところに転がっているのだ。

長谷川氏は、組織の改革にも取り組んだ。体制や評価制度を見直すことで、自分で考え、責任をもって最後まで行動できる人が評価される社風へと変化した。

「求めているのは、自分でボールを持って、周囲とコミュニケーションを取りながらゴールまでたどり着ける人。上からの指示を待つのではなく、主体的に動ける人を積極的に採用したいと考えています」

評価制度の改革において、評価項目と評価プロセスを明確化。全社員が同じ指標で評価されるようになり、上司の主観的な判断だけで評価が決まることがなくなった。社長の長谷川氏と副社長の堀江氏は、査定の時期になると丸一日かけて社員全員の評価項目に目を通すという。

311267代表取締役社長 長谷川 雅子氏
310554取締役副社長であり、医師でもある堀江 仁志氏
310570

10年後のさらに先を見据え、自ら主体的に動ける組織へ

既存システムの刷新やAIエンジンの開発など、新たな取り組みが目白押しの同社では、これらの新規事業を率先してドライブさせていける開発リーダーを強く求めている。

「弊社が取り組むのは遠隔画像診断のみならず、医療施設と専門医をつなぐ“医療のクラウドソーシング”ビジネスであり、SaaSであり、ビッグデータを扱うAI事業でもあります。これらの技術力を伸ばしたいエンジニアにとっては、非常に挑戦しがいのある環境だと思います」

そう語るのは、システム部 部長だ。もともとはITコンサルタント出身の彼だが、事業の社会的意義やポテンシャルに大いに魅力を感じ、参画することを決めた。

事業の拡大に合わせ、2019年春に大阪事業所・宇都宮事業所をフルリニューアルオープン。本社もリニューアルが進んでおり、この秋(2019年)には新オフィスがお披露目となる予定だ。エンジニアの採用を積極的に進めていることもあり、エンジニアの座席は現状の2倍の規模となると言う。

最後に、ドクターネットの未来について長谷川氏に伺うと、こんな言葉が返ってきた。

「今から10年経った時に、さらにその先の10年が思い描けている会社でありたい。そのためにも、今のうちから未来への打ち手を次々と講じていく必要があります。

弊社は遠隔画像診断においてすでに長い実績があり、おかげさまで医療の現場にしっかりと根付いたサービスになっており、そこは誇りに思います。しかし、そこに安住していては未来は描けません。全員が一丸となり、責任感とスピード感をもって新たな事業を創造していく必要があります。そこに共感し、いっしょに走ってくれる人を強く求めています」

● 取材を終えて
今回の取材を通して、ドクターネットのサービスが医療の現場に深く根付いていることに驚かされた。オンラインだけで完結するのではなく、リアルの世界にコミットし、多くの人々に必要とされるサービスであることを日々実感できるのは何ものにも代え難いだろう。それでいてベンチャーのような気概を持ち、AIなど最先端の技術に果敢に挑戦できる環境は希少なのではないだろうか。

これまで自分が培ってきた知識や経験、技術力を活かし、より多くの人々の豊かな人生に貢献したいと感じているエンジニアにこそ、ぜひ扉を叩いてほしい。

310537コミュニケーションが活発に交わされる、風通しの良いチーム環境が自慢
310536エンジニア、営業、ディレクターなど様々な職種が一丸となって会社を支えている
310573

株式会社 ドクターネットに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 ドクターネットに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 ドクターネット
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
サービス系 >  医療・福祉・介護サービス
その他 >  その他業界
企業の特徴
  • 上場を目指す
  • 自社サービス製品あり
  • シェアトップクラス
  • グローバルに活動
  • 残業少なめ
資本金 1億円
売上(3年分)
2018年 3月 期
30億
代表者氏名 代表取締役 長谷川 雅子
事業内容 遠隔読影マッチングサービス事業
遠隔読影インフラ事業
医用システム販売事業
人材紹介サービス事業(有料職業紹介事業許可番号:13-ユ-309985)
従業員数 103人
本社所在地 東京都港区芝大門2丁目5-5 住友芝大門ビル8階
310084

株式会社 ドクターネット資本金1億円従業員数103人

「いつでもどこでも、高品質な画像診断を。」遠隔画像診断で医療の未来を拓くリーディングカンパニー

この企業が募集している求人

Bnr sp354 9
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
半角英数字6文字以上、30文字以内
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×