転職サイトGreen(グリーン)
ログイン会員登録
転職サイトGreen(グリーン)

勤務地

年収
ログイン会員登録
企業トップ画像
企業トップ画像
企業トップ画像

キーンソリッド株式会社

  • サービス系

遊技機に特化した開発会社として実績多数!著名タイトルも手がける!

企業について

キーンソリッド株式会社は遊技機、つまりパチンコ機・パチスロ機の企画・開発を行っている会社だ。企画の提案から始まり、筐体デザイン、CG制作、オーサリング、制御プログラム、サウンド制作といった開発の全般を手がけている。この業界はとりわけ守秘義務が厳しく、決してどの会社と取引しているということを表に出すことはないが、キーンソリッドの取引先は、聞けば誰でも知っているような業界大手の有名メーカーばかり。キーンソリッドはそれらの会社から、直接案件を受注している。

キーンソリッドの特徴は、1社だけではなく複数の会社と取引していることだ。それだけの実力と実績があるからだろう。「発想する、魅せる、聴かせる、落とし込むという遊技機制作のノウハウについては、長年の経験と数々のクライアント様から信頼を得てきた実績で、絶対的な自信を持っています」。こう語るのは、取締役副社長の亀井邦彦氏だ。続けて「他の開発会社さんは、元はゲームを手がけていて、途中から遊技機にも進出してきたようなケースが多いですが、当社は設立以来、遊技機に特化してやってきました。それは当社の特徴であり、大きな強みだと思います」とも。

代表取締役社長の城戸修氏は、元々遊技機業界での長いキャリアを持つ。当然に業界での人脈があり、その縁で様々な会社との取引が生まれた。以後、様々な案件に対応していく中で、一番の強みと言える遊技機制作のノウハウを前面に押し出すことで、キーンソリッドは今の形にまで成長してきた。経験値から得た「より良い」、「より早い」制作ノウハウ、これらが他社との差別化となり、キーンソリッドは遊技機業界で確かな立ち位置を築いて来たのだ。

開発の依頼数も増えている状態で、現状は、お断りしてしまっているお話も少なくありません」と、亀井氏は申し訳なさそうに話す。優秀な人材確保の為に今、同社は新たな仲間を求めている。

さて、堅い話はここまでにして、少しこの会社の空気を伝えたい。

「全員とは言いませんが、ぱちんこ、パチスロが好きなメンバーは多いですね」。こう語るのは、全制作部ディレクター統括、執行役員の牧野大樹氏だ。「ボクは毎週末、ぱちんこしたりスロットしたりしてますね。たまに何人か誘って行くこともあります。
帰りはバラバラになるので、休み明けに会社で出玉の結果だけでなく、演出がどうだった、この時にこんな演出が出たみたいな話で盛り上がってます。打ちに行くことも無理強いしませんし、社風もそうですが、兎に角自由です」と笑う。ちなみに昼休みは「会社近くのパチンコ屋に市場調査に行きます(笑)」と牧野氏。休憩の合間にゲームセンターに行き、メンバーの誰かがお勧めのゲームを、みんなでプレーすることもあるとのこと。調査か趣味か社員同士のコミュニケーションか、目的はともかく、みんなで楽しんでいることは確かなようだ。

好きなことをそのまま仕事にした彼らに、遊技機づくりへのこだわりを聞いた。まず、元々プログラマーである亀井氏が重視するのは、安全性だ。「遊技機はお金を使ってプレーするものなので、図柄が揃っているのに玉が出ないようなことがあれば致命的です。メーカーさんにも大きな被害が出るので、常に安全性を重視した開発を心掛けています」。

そして牧野氏は「僕はホールが『パワースポット』と思えるほどに好き。これほど好きなものに仕事として携われていることが、まず嬉しいです。ただし『好き』を前面に出すのではなく、ビジネスとして最高のパフォーマンスが出せるように、一ファンだけではない視点をくずさないようにしています」と言う。

では、やりがいは何だろうか。「様々なクライアントさんと仕事をしているので、色々なタイトルができることですね。自分が好きだった台の続編に携われたりすると燃えます」と亀井氏が言えば、「昔『ここの台はいいなあ』と思っていたメーカーさんと、今は仕事で普通にやりとりができるのは不思議な感じですね。例えて言うなら、有名人に会っているような。好きなパチンコを作る側になれたことそのものが、何よりのやりがいです」と牧野氏。

パチンコ、パチスロをこよなく愛するメンバーが集まって、本当にいいものを作ろうと日々熱く、楽しく仕事をしている―それが、キーンソリッドだ。

そんなキーンソリッドが目指すのは、メンバーの誰もが優れたスキルを持つプロフェッショナル集団だ。
「一人一人がゲームでいうところの『勇者』でありたいです。みんなが、遊技機開発の全セクションのスキルを身に付けて、魔法も使えて武器も使えて、みたいな何でもやっていけるという人材に育つことが、究極の目標ですね」と亀井氏。たとえば企画書を作るときも、セクションや職種に関係なく、「やりたい」と手を挙げれば任される。チャレンジをどんどん歓迎する社風だ。

プログラマーやデザイナーとして入社し、次第に職域を拡げ、ディレクターになっていくというようなキャリアパスも、当社ではごく一般的だ。亀井氏も一プログラマーとして入社し、今や副社長に。様々なセクションに目を配り、全社的な見地に立った提案などを積極的にしてきたという。「本当にいいものを作る」というプロ意識と、そのために周りを巻き込んで会社全体を良くしていけるような、そんな熱い心を持った人がこの会社には向いているだろう。

そして開発会社の矜持として、「何より守るべきものはクオリティと納期」だと語る。一人一人が最も力を発揮できるように、無駄に細かい規則などメンバーをしばりつけるようなものを極力排除した、自由な雰囲気も同社の特徴だ。

会社の名物行事は、阿波踊り観覧会とマカオカジノ研修。阿波踊りは会社のお膝元、あの有名な高円寺の阿波踊りだ。最高の観覧スポットを確保し、クライアント社や協力会社の人たち、ミュージシャンや声優さんなども招いて観覧会を開催して、全社員でお世話になっている皆様のホストとなり、おもてなしをするそうだ。そしてカジノ研修では、時に納期の関係で行けないこともあるが、原則として毎年、タイミング的にいける人が順番に数人ずつ、マカオで開催される「G2E ASIA」という世界的なカジノショーへ、社員研修として視察に行くのだ。本場のカジノの経験は、さぞや刺激も多いことだろう。

そんな同社は1998年の創業以来、離職したメンバーは片手の数に満たないほどだという。この驚異的な離職率の低さも、同社の楽しさややりがいの大きさの表れだろう。最後に、こんなありがたい制度も紹介しよう。社員になって1年ほどが経過したメンバーには、会社のある高円寺駅(大阪拠点は難波駅)周辺に引っ越すことを前提として、引っ越しにかかる費用を一部負担するという「引っ越し支援金制度」だ。このような仕事に集中できる環境づくりと、何より「好きなもの」を共有するメンバーの数々が、キーンソリッドという会社のパワーの源に違いない。

募集している求人

クリエイティブ職(ゲーム/マルチメディア)の求人(4件)


エンジニア・技術職(システム/ネットワーク)の求人(2件)

企業情報

会社名

キーンソリッド株式会社

業界

サービス系 > 飲食・旅行・レジャー・アミューズメント

資本金

3000万円

設立年月

1998年03月

代表者氏名

代表取締役 城戸 修

事業内容

遊技機(パチンコ・パチスロ)の企画・開発

株式公開(証券取引所)

従業員数

30人

本社住所

東京都杉並区高円寺北2-6-2 高円寺センタービル6F

この企業と同じ業界の企業

この企業と同じ業界の企業:株式会社 BLANC
株式会社 BLANC
「余白を体感できる自然共生型ホテルを全国につくる」大自然の中で今までになかった宿泊体験を提供するスタートアップが事業拡大に伴い人材募集中!
無料登録して話を聞いてみたい
👋
キーンソリッド株式会社に興味を持ったら、まずは一度気軽に話を聞いてみませんか?
無料登録して話を聞いてみたい
掲載をお考えの企業様
IT転職に強い求人サイト Green
Copyright© Atrae, Inc. All Right Reserved.
  • 転職サイトGreen
  •  
  • サービス系
  •  
  • 飲食・旅行・レジャー・アミューズメント
  •  
  • キーンソリッド株式会社の中途採用/求人/転職情報
  •