お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 ワンオブゼムの企業情報

64966

株式会社 ワンオブゼム

モバイルエンターティメントを制覇!世界を席巻するゲーム開発を目指そう!

『ガチャウォリアーズ』がヒット。国内外のスマートフォンゲーム市場のシェアを目指す

株式会社ワンオブゼムは、2011年1月21日に創業したばかりのベンチャー企業だ。インターネットを利用したゲームコンテンツやコミュニケーションツールの開発・提供を事業ドメインとしている。国内に向けてリリースしたコンテンツがヒット、世界展開を目指す企業だ。

2013年3月にリリースしたネイティブアプリ「ガチャウォリアーズ」は、リリース4ヶ月で100万ユーザーを突破し、新奇性の高いゲームとして、国内外で評価を得ており、まだまだ成長中である。ただいま300万DLまで到達をしている。

また、『海の上のカメ農園』は現在も成長中で、2014年10月には既存のAmebaプラットフォーム・GREEのみでなく、『海の上のカメ農園 for Mobage』『海の上のカメ農園 for dゲーム』をリリースし、更なる会員数獲得を計っている。その一方で、スマートフォンマーケットを中心とした国内外市場に向けた事業展開を本格化すべく、シンガポールやベトナムにも開発拠点を設置した。

このように国内において自社プロダクツをヒットさせる一方、同社は、海外マーケットへの事業展開を早くもスタートさせている。

また、これまで複数のベンチャーキャピタルから総額約6.5億円の第3者割当増資を実施。今後に向けて、開発体制の強化、国際拠点におけるマーケティングノウハウの蓄積、人材拡充などによって、更なる経営基盤の強化を図っている。アプリケーション・コンテンツのM&Aなども行う予定だ。

64970
64967『海の上のカメ農園』がヒット中。
65000

最終ゴールはスマートフォンのコミュニケーションをデザインすること。

創業者は、代表取締役社長CEO武石幸之助氏。東京大学大学院在学中の2004年、内定者としてサイバーエージェント社の事業に参画して以来、アメーバブログに始まり、プーペガール、アメーバピグの立ち上げ・運営に携わって来た経歴を持つ。社長の藤田氏直轄のアメーバ事業に7年間携わりながら身に付けたメディア・マネジメントや経営のノウハウが、ワンオブゼム社初のプロダクトである『海の上のカメ農園』を成功に導くバックボーンとなっているのだ。

ベトナムにも開発スタジオを準備した。東南アジアのモバイルコンテンツ市場をリサーチし始めた時期は、その『海の上のカメ農園』が収益事業として軌道に乗り始めた時期にあたる。ワンオブゼム社がその他大勢の“one of them”な企業としてではなく、他にはない“the one”としての価値を持った企業を目指すためにどのようなビジネスドメインで戦うべきかを模索する中で、そのフィールドを海外へと求めたのである。

「日本を出てしまえば、どの国の企業だろうとスタートラインは一緒です。勝負を決めるカギはスピード感だと考えています。現地に向けたオリジナルコンテンツを、スピード感を持って作れるチームをいち早く形成し、現地における存在感を高めて行きたいと考えています」(武石氏)

同社が目指す最終ゴールは、欧米や日本とは違ったプロセスを辿って発展する新興国のコミュニケーションとエンターテインメントをデザインすることだ。固定電話やフィーチャフォンが普及する前にスマートフォンやタブレット端末が急速に普及する新興国では、日本国内とは違ったコミュニケーション文化が形成されるだろう。同社は、その未知なるマーケットにおけるフラッグシップカンパニーを目指している。

64981
64998
65001

国際色豊かな人材が集結し学び合いながら成長を続けるベンチャー!

同社では2012年1月以降、そのゴールを一緒に目指せる人材を、国籍問わず採用し始めた。台湾、スリランカ、ベトナム、バングラディッシュなど多様な国籍を持つ人材が集っている。外国人の知見や視点を取り入れることで、現地の市場に投入するコンテンツをよりブラッシュアップさせたい考えだ。

武石氏が求める人材は、モラルと情熱を持った人材である。これまでも会社の価値観とマインドを合わせられる人材を、じっくり時間と手間をかけて採用している。その上で入社以降は、会社と社員のベクトルが合っているかどうかを確認する場として、全社員に対して定期的な面談を行っている。その際に、社員ごとに到達目標などを緻密に書き込んだ目標管理シートを作成し、次回の面談時に振り返る。社員はその目標に対する結果を自分自身で書き込むことで、自身の成長や課題を確認していくのである。
さらに、各自の配属先を決めるためのキャリア面談(入社直後)などで社員一人ひとりに悩みやフラストレーションを吐き出させる場を設けるなど、武石氏は個々の社員とのコミュニケーションに多くの時間を割く。

そのようなコミュニケーションを繰り返して、武石氏が社内に定着させて来たことは、“自由と自律”、“集中と分散”、“相互尊重”という3つの行動規範だ。
ユーザーが喜ぶサービスを提供するためには、提供する側が、そのプロセスを楽しめなくてはいけない。そのため社員一人ひとりのワークスタイルを尊重する。一方で、会社全体で目指す方向性から逸れないためには、一人ひとりに自身を律する能力を求める。全体のゴールと各自の役割を確認した後は、個人個人が自身のパフォーマンスを最大限に発揮できる方法で与えられたミッションの達成を目指す。それが同社におけるチームワークだ。
また、同社には年次も国籍もなく集まっている。そこでお互いに認め合い学び合う文化の形成にも努めている。同社では、社員たちはお互いが教師であり、生徒でもある。各自が持つ知識やスキルを尊重しながら、相互に成長し合う。そのような風土が確実に定着してきた。

「会社の成長を支えるのは社員の成長です。会社と社員は相互に成長し合うイーブンな関係にあります。自分の成長が会社の成長であり、他の会社では成しえない大きな目標の実現に繋がります。それがベンチャー企業である弊社が社員に提供できる醍醐味だと考えます。この想いに共感して、会社を一緒に成長させてくれる人との出会いを楽しみにしています」(武石氏)

世界に通用するコンテンツの開発や新興国のコミュニケーションをデザインするという明確なビジョン、その実現に向けたスピーディな展開、そして社員一人ひとりのパフォーマンスが最大限に発揮できる環境作り。ワンオブゼムにはベンチャー企業としての魅力が目いっぱい詰まっている。自分を突き動かす何かを持っているなら、ぜひともチャレンジして欲しい会社である。

64993
64985

株式会社 ワンオブゼムに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 ワンオブゼムに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 ワンオブゼム
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  モバイル/アプリサービス
IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
マスコミ・エンターテイメント・メディア系 >  ゲーム・エンタメ
企業の特徴
  • 上場を目指す
  • 平均年齢20代
  • 自社サービス製品あり
  • グローバルに活動
資本金 3億8422万7千円
売上(3年分)
2011年 12月 期 2012年 12月 期 2013年 12月 期
2.2億円 5億円 6億円
設立年月 2011年01月
代表者氏名 代表取締役社長CEO 武石 幸之助
事業内容 ■携帯プラットフォーム(フィーチャーフォン・スマートフォン)における各種コンテンツ・サービスの企画・開発・制作・運営
■インターネットメディア・事業創造人材の育成支援・コンサルティング
■インターネットメディア事業ビジネス支援・コンサルティング
株式公開(証券取引所) 非上場
主要株主 武石 幸之助
株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ(運営ファンド)
インフィニティ・ベンチャーズLLP(運営ファンド)
株式会社サイバーエージェント
主要取引先 株式会社サイバーエージェント
株式会社ソニックムーブ
株式会社ブラシナ
株式会社美人時計
株式会社電通
従業員数 65人
平均年齢 26.5歳
本社所在地 〒160-0022
東京都新宿区新宿1-28-11 小杉ビル4階
64966

株式会社 ワンオブゼム資本金3億8422万7千円設立年月日2011年01月従業員数65人

モバイルエンターティメントを制覇!世界を席巻するゲーム開発を目指そう!

この企業が募集している求人

After covid19 bottom
×