お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 アインファーマシーズの企業情報

株式会社 アインファーマシーズ

業界最大手の調剤・ドラッグストア「アイン」グループ

全国約400店舗展開する門前薬局

調剤薬局「アイン薬局」とドラッグストア「アインズ」「アインズ&トルペ」を全国に約400店舗展開している株式会社アインファーマシーズ。

北海道から沖縄まで、全国にあるアイン薬局の多くは、総合病院の前に店舗を構える門前薬局であり、幅広い診療科目を受診する多くの患者と間近に接している。ドラッグストア アインズでは、“毎日にプラスワン”をコンセプトに、健康で快適・便利なライフスタイルを応援する商品を届けるほか、都市部の店舗ではコスメのラインナップを充実させるなど、顧客の最も近くにいる店として、常に新しい商品を取り入れている。さらに、アインズ&トルペでは、よりじっくりと商品を選べる環境を作りたいと、コスメとドラッグのセレクトショップという新しい形態を生み出した。

同社は、業界最大手でありながら、常に現状に満足することなく挑戦を続けているのである。

24609

現場の意見や提案を大切にするボトムアップ型の店舗

1969年に北海道で設立されてから、M&Aなどにより継続的に事業を拡大してきた同社。2008年には株式会社セブン&アイ・ホールディングスと資本・業務提携、2009年4月には東京証券取引所2部に上場するなど、新しい動きも多く、成長を続けている。

同社の成長を支えてきたのが、毎日、店舗で多くの顧客と接している薬剤師やスタッフ達だ。
店舗運営は、現場の意見や提案を大切にするボトムアップ型を採用しており、「患者さまのためにこんなことをやってみたい」といったアイデアを積極的に活用している。たとえば、店舗内で患者がくつろげるようにアロマテラピーを導入したり、手作り新聞を発行している店舗もあるという。柔軟な発想で、何かできることはないかと率先して仕事を作り出す元気な社員が多い。

その背景には、「前向きに挑戦した上での失敗はOK。患者さまや会社のためになることなら、何度でもチャレンジしてほしい。意見もどんどん出してほしい。そしてそれを経営に生かしていきたい」という経営陣の姿勢がある。年に一度、各地で「トップカンファレンス」が行われ、社長が会社・業界の現状や方向性を全社員に共有するが、その際の懇親会の席では、社長と社員が直接コミュニケーションをとることができる。また、本社と支店・店舗をつなぐインターネットシステムがあり、日常的に情報を共有しているという。

もちろん、これらの取り組みは、店舗での日常の調剤業務が着実に、安全に行われ、患者に支持されているからこそ。同社では、調剤ミスを防ぐために、メーカーと共同開発した「PhAin(ファイン)システム」を導入。現場の声に沿って、棚の配置や医薬品の表示方法に工夫をこらすなど、医療過誤ゼロ社会の実現のために、自ら本気で取り組んでいるのだ。

24610
24612

充実の福利厚生、研修制度で社員を支える

社員が長く働いていれば、プライベートにも色々な変化が訪れる。その際にも快適に働き続けられるように、同社では、充実した福利厚生制度が設けられている。

育児をしている人は、子供が小学生になるまで1日最大2時間まで勤務を短縮できる。また、住宅補助制度や復職制度、契約保養所、財形貯蓄など様々な制度が用意され、活用されている。

さらに、社員の能力開発にも積極的だ。「認定薬剤師取得支援制度」は、インターネットを利用した学習システムの利用料の一部を会社が負担するもの。また、例年、東京大学大学院薬学部に研修生として社会人入学の実績があり、その費用の8割を会社が負担している。このほか、月に一度、店舗で製薬会社のMRからの説明会が行われたり、学会に参加したりと色々な学びの場があり、日々の業務と相まって、社員の成長を押し進めてくれる。

24613

医療と健康の全国ネットワーク作り

同社の強みは、調剤薬局とドラッグストアを通じて、小規模経営では難しい多様なノウハウの蓄積が可能なことである。したがって、売上高1,000億円を突破し、業界最大手の座にあっても、同社は甘んじることなく、常に挑戦を続けていく。その基礎となるのが、医療と健康の全国ネットワークの拡大だ。患者に安心と安全を届けるため、既に400を超す店舗を持つが、新規出店は今後も続く予定だ。

また、調剤薬局だけでなく、様々な角度から医薬にアプローチをしている。たとえば、ジェネリック医薬品の普及を目指す卸会社の設立や、医師の人材紹介事業、駅ビル内医療モールの設置運営、医療コンサルティングなど、活動の幅は「医」と「薬」の両方に及んでいる。
2008年のセブン&アイ・ホールディングスとの資本・業務提携により、今後はセブンイレブンとの共同出店が可能となる。業界の枠を超えて、社会への貢献を続けるために、同社の挑戦は今後も続いていく。

24611

株式会社 アインファーマシーズに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 アインファーマシーズに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 アインファーマシーズ
業界 商社(卸売)・流通・小売り系 >  その他商社・流通・小売系
企業の特徴
  • 上場
資本金 50億4,752万円
売上(3年分)
2009年 4月 期 2008年 4月 期 2007年 4月 期
1153億円 1062億3100万円 813億700万円
設立年月 1969年08月
代表者氏名 代表取締役社長 大谷 喜一
事業内容 [調剤薬局]
処方せんに基づき調剤を行う調剤薬局は、医薬分業時代における地域医療の一端を担う仕事です。患者さまひとりひとりに対応する確実な調剤業務と、病を抱える人たちの心のケアに通じるような、親身なサービスを心がけています。

[ドラッグストア]
ドラッグ&コスメティックストアは、人々の健やかで快適・便利な暮らしをサポートする拠点。
気軽に何でも相談できて、最新コスメもすべておまかせという頼もしいスタッフが、キレイと元気を応援します。
株式公開(証券取引所) 東証二部
主要株主 大谷喜一
丸紅株式会社
今川美明
株式会社セブン&アイ・ホールディングス 他
従業員数 -人
平均年齢 31.0歳
本社所在地 北海道 札幌市東区東苗穂5条1丁目2番1号

株式会社 アインファーマシーズ資本金50億4,752万円設立年月日1969年08月従業員数-人

業界最大手の調剤・ドラッグストア「アイン」グループ

この企業が募集している求人

Bnr sp354 9 0d12dff7ca268cb264c97bcbfb6acb61b26bb22885c01d478f43a42d45bbc394
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×
×

「話を聞いてみたい」を送信しました。

企業の担当者からメッセージが届いた場合、Greenのメッセージ画面にてお知らせいたします。
メッセージが届く可能性を高めるために、レジュメの充実をオススメ致します。

プロフィールを充実させる