お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

バクスター 株式会社の企業情報

15938

バクスター 株式会社

腎不全、血友病、輸液、麻酔・疼痛管理の領域をリードするグローバルヘルスケア企業

腎不全、血友病、輸液、麻酔・疼痛管理の領域をリードするヘルスケアカンパニー

米国イリノイ州に本拠を置くバクスターインターナショナルインクは1931年の設立以来、血友病や免疫障害、感染症、腎疾患などの複雑な傷病に対する治療法を世界100カ国以上に提供し、医療業界に貢献している。

現在、透析製品事業、バイオサイエンス事業、メディケーションデリバリー事業の3つを柱とし世界各地で事業を展開しているが、それぞれの分野でリーディングカンパニーとしての地位を確立している。


■透析製品事業(2008年の世界売上は23億米ドル)
『慢性腎不全患者の在宅治療である腹膜透析製品のリーディングカンパニー』
1956年に世界で初めて血液透析を製品化し、1978年には世界で初めて連続腹膜透析(CAPD)の実用化に成功。

■バイオサイエンス事業(2008年の世界売上は53億米ドル)
『血友病治療用の血漿たん白製剤及び遺伝子組換え型製剤のリーディングカンパニー』
1950年代から遺伝子組換え製剤を含む各種血漿たん白製剤やワクチンを世界各国に提供。1966年、世界初の血友病A治療用第VIII因子濃縮製剤の製品化。 
2003年には世界で初めてヒトまたは動物由来のたん白を添加しない遺伝子組換え型血液凝固VIII因子製剤を発売。

■メディケーションデリバリー事業(2008年の世界売上は46億米ドル)
『薬剤投与関連製品のリーディングカンパニー』
1931年に世界初のガラス真空容器入り輸液製品を開発、輸液療法普及の先駆けに。1991年には世界初の金属針を使用しない輸液システムを開発し、針刺し事故による感染防止に貢献。


グローバルな事業展開とインフラ整備も同社の強みの一つ。北米、欧州、中南米、アジア太平洋地域に拠点を持ち、全世界に約48,500名の従業員を擁し、その半数以上が米国以外で働いている。2008年の総売上123億米ドルのうち、約60%は米国以外の市場での売上が占めている。
日本が所属するアジア太平洋地域は、日本、中国、北アジア、オーストラリア・ニュージーランド、インド・東南アジアの5区域に分かれて事業を展開しており、全体で約6,600名の従業員と、11の製造施設を有している。世界各地に製造拠点を有することで生産や品質、コストの適切な管理が可能になっている。

16213

日本における腹膜透析治療のパイオニア

日本法人であるバクスター株式会社は1969年に設立。事業はバクスターインターナショナルインクと同様に透析製品事業、バイオサイエンス事業、メディケーションデリバリー事業の3つだ。

透析製品事業部は1982年に日本での輸入承認を取得。翌年CAPDの在宅使用が承認され、日本における在宅治療の先駆けとなった。現在では75%のトップシェアを獲得しており、今後もウェブサイトによる情報提供や患者サポート団体への支援活動を通じ、日本における普及に取り組んでいく予定だ。

バイオサイエンス事業部では2007年に日本でのヒトまたは動物由来のたん白を添加しない遺伝子組換え型血液凝固VIII因子製剤「アドベイト」(ルリオクトコグアルファ)の販売を開始。病原体伝播のリスクの低い画期的な製剤として注目を集めシェア拡大を続けている。また今後は、バクスターバイオサイエンスの豊富な新製品パイプラインから優れた製品をいち早く日本に導入する事を目指している。

メディケーションデリバリー事業部では、バルーンの収縮する力を利用して鎮痛剤や抗がん剤の持続注入を行う、携帯性に優れた注入ポンプを主力製品としている。この注入ポンプは、その携帯性を生かして抗がん剤の持続注入を外来や在宅で行うことを可能にし、在宅療法の普及への寄与も期待されている製品だ。
その他にも、バクスターが開発した画期的な製品・システムを積極的に日本に導入し、ラインナップ拡充を図っている。

また宮崎県清武町には、地元の良質な水を使用して腹膜透析液を製造している宮崎工場がある。1990年に竣工した宮崎工場では、ISO9001とISO14001の認定を通じて、品質システムと環境システムを確立している。

16209
16211宮崎工場

能動的に働く社員を支援する透明性の高い制度

日本での設立以来、約40年の歴史を持つ同社。いわゆる外資系という言葉を聞いて思い浮かべるイメージとは少し違うという。「中途社員ばかりで、人の入れ代わりが激しい会社ではなく、新卒入社をして長く在籍している社員と中途社員が混在している会社です。責任範囲が広く、自主性が尊重される社風です。個人の能力や業績に応じて上のポジションに抜擢されるということはありますが、チームワークも重視しています。」(雨宮氏)

評価に関しては、目標管理制度を導入しており、担当業務の目的や範囲、組織において期待される役割をベースに本人と上司の話し合いによって目標を設定し、通年のフォローとフィードバックを経て評価を実施している。また、業務内容や数値目標以外の社員に求める行動・価値観・資質などが、全世界共通の「期待されるリーダーシップ」として明文化され、それを基に評価が行われている。このように社員にとって透明性が高く信頼できる評価制度が整えられている。

教育制度については、リーダーシップ研修を会社が主導するとともに、社員が主体的に自分の能力を開発し、キャリアプランを自分で考えられるような仕組みを作っている。

選考の際に重視するのは「主体性。自分で考えて行動できるということがポイント」(雨宮氏)という同社だが、評価や教育制度にもその考えが反映されており、自分から積極的に手を挙げ、行動のできる人が歓迎される環境があるという。

社会的意義を感じられる仕事をしたいという志の高い人にとって、世界に誇る製品・サービスを持ち、主体的に行動することが評価される同社で働くことは、自分自身を高める近道なのではないだろうか。

16210トリ トンスクエア・オフィスタワー
16212人事部 マネジャー 雨宮 將起氏
16214

バクスター 株式会社に「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、バクスター 株式会社に興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 バクスター 株式会社
業界 製造・メーカー系 >  医薬品・医療機器
商社(卸売)・流通・小売り系 >  総合商社・専門商社
企業の特徴
  • グローバルに活動
  • 外資系
  • 自社サービス製品あり
資本金 39億3000万円
設立年月 1969年03月
代表者氏名 代表取締役社長 ジェラルド・リマ
事業内容 下記製品の輸入・製造・販売・アフターケア
・透析製品
・血漿たん白製剤
・薬剤投与システム
株式公開(証券取引所) 非上場
従業員数 886人
本社所在地 東京都港区虎ノ門1丁目23番1号 虎ノ門ヒルズ森タワー 20階
15938

バクスター 株式会社資本金39億3000万円設立年月日1969年03月従業員数886人

腎不全、血友病、輸液、麻酔・疼痛管理の領域をリードするグローバルヘルスケア企業

この企業が募集している求人

Bnr sp354 7
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
半角英数字6文字以上、30文字以内
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×