お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 アドバンテッジ リスク マネジメントの企業情報

210645

株式会社 アドバンテッジ リスク マネジメント

新市場へもチャレンジ!メンタルヘルスケア業界のリーディングカンパニー

メンタルヘルスサービスをワンストップで提供

2015年、労働者50人以上の事業場に対し、年に1回従業員のストレスチェックを行うことが、厚生労働省より義務付けられた。ストレスチェックが法律で義務化されたのは、職場生活で強いストレスを感じている労働者や、メンタル障害の労働災害認定件数の増加といった背景がある。そんな職場生活におけるメンタルヘルス問題の解決にいち早く取り組んだのが、株式会社アドバンテッジ リスク マネジメントだ。

1995年、病気やけがで働けなくなったときのための保険「GLTD(団体長期障害所得補償保険)」の販売代理店として事業をスタート。GLTDを提供するうちに、メンタル面での不調による休業者が多いことが分かった。「働けなくなったとき」の補償も大事だが、メンタル面の不調なら予防も可能だと考え、2002年に従業員のメンタルヘルスをサポートするサービス「アドバンテッジEAP」が生まれた。ストレスチェック制度が義務化される13年前の話である。

その後2010年に、従業員のメンタルヘルスに加え、生産性の向上と組織の活性化を総合的に支援するプログラムとして開発した「アドバンテッジタフネス」が、2015年のストレスチェック義務化に完全対応したプログラムへと進化した。

「当社のメンタリティマネジメントサービスの利用者数はおよそ237万人です。2015年のストレスチェック制度義務化により、爆発的にお客様が増えました。義務化に伴い、ストレスチェックだけを実施する会社が増えていますが、ストレスチェックだけでなく、組織分析や研修など予防に関するソリューション、更には適性検査、所得補償保険など、メンタルヘルスに関するサービスをワンストップで提供できるのが当社の強みです。」(経営企画部長・大橋健一氏)

同社では、メンタルヘルスケア事業に加え、EQ(感情マネジメント)理論をもとにした、採用、人材育成をサポートする「採用・EQソリューション事業」と、休業者の管理をサポートする「就業障がい者支援事業」も展開している。

「これまでの適性検査は多くの応募者の中から、基準に満たない応募者を判断するためという要素が強かったが、当社が提供する適性検査サービスは、ストレス耐性、コミュニケーション能力(EQ能力)を軸としています。適性検査で得たデータは、採用の可否に利用するだけではなく、その人に適した配属先の決定や、どうすればやる気がでるのか、どういうことにストレスを感じやすいのか、といった入社後の人材管理上の指針にもなります。個人の素養を見極め、ミスマッチを減らすとともに、入社後の育成や組織活性化につなげるための検査と言えます。」(人事部・木浦佑輝氏)

210648エントランス
210646経営企画部長 大橋 健一氏
210662

求めるのは「0を1にできる人材」! ITとメンタルを組み合わせた新サービスの開発

メンタルヘルスケア対策支援において、国内トップシェアを誇る同社は、保険の代理店からメンタル面のチェック、予防へと事業領域を拡大してきた。

例えば、2013年にサービス提供を開始した休業者・復職者管理サービス「H-ARM-ONY(ハーモニー)」。産休育休・傷病・メンタル疾患などによる休業者・復職者管理は、提出資料が多かったり、なかなか休業者と連絡がとれなかったり、スケジュール管理が大変だったりと、煩雑な作業が人事担当者の負担となる。しかし、「H-ARM-ONY(ハーモニー)」を活用すれば、全休業者・復職者の状況を一元管理することが可能で、対応記録を簡単作成し時系列で管理してくれる。休業種類に応じた個別管理スケジュールも自動作成。休業者に対し「マイページ」を発行することで、企業と休業者の相互のコミュニケーションも円滑にしてくれる。

更に、「アドバンテッジタフネス」をバージョンアップし、エンゲージメント(仕事への熱意度)に関するアセスメントの機能を取り入れた。これにより、メンタル不調者の発見や対策だけでなく、組織と個人の活性化や生産性向上の支援を可能にした。

事業領域の拡大を続ける同社が、次に狙いを定めたのが、「IT×メンタルヘルス」だ。ITとメンタルヘルスの組み合わせは、まだ踏み込まれていない領域。今後はその新しい領域に注力したいと、新規事業開発の指揮をとる大橋氏は語る。

「たとえば、アイデアとしてセミナーや研修の会場でVR(バーチャルリアリティー)を活用した臨場感あふれるロールプレイング、アンケート結果に基づいてAIがメンタル面での相談にアドバイスするといったもの。240万人に近い当社の顧客に関するビッグデータを解析すれば、ほかにもたくさんの新サービスを生み出すことができます。ITの知識を持った人材に、当社の豊富なデータを活用して新規事業の開発へチャレンジしてほしいと考えています」。(大橋氏)

個々が新たな事業創造を目指して仕事に取り組んでいる経営企画部では、今回の募集で入社する人材にも、主体的な姿勢で仕事に取り組んでほしいと願っている。明確な目標が定まっていないからこそ、ITの知識を活用して新規事業を立ち上げられる、あるいは立ち上げたい強い気持ちを持った人材にこそ、同社での仕事が向いている。特段の制約もない環境で自由に発想して、同社の未来を切り開く人材、「1を10にする人材」ではなく「0を1にできる人材」を求めている。

「当社では、新しい市場を創造できるチャンスが待っています。世の中の働き方やメンタルヘルスケアのスタンダードをつくりたいという人を仲間に迎え、会社の今後を担うサービスを一緒に生み出したいと考えています」(経営企画部・神田大地氏)

210656経営企画部 神田 大地氏
210653若手社員でもチャレンジできる環境だ。

「企業に未来基準の元気を」!サービス開発も兼ねて自社従業員の働きやすさも追求

メンタルヘルスケアの先端を走る同社では、当然自社でも従業員のフィジカル、メンタル両面での健康維持を目的とした取り組みを多数行っている。従業員に対するストレスチェックは年に2回。年代や職位ごとに結果を分析し、各部署の行動計画に反映している。また、労働時間の適正化をはかり、ワークライフバランスを推進してきた。17時まで働けば定時である18時まで会社にいたとみなす「プレミアムノー残業デー」を設定。週に1度を目安に取得し、労働時間の削減と業務の効率化をはかっている。曜日を固定しない点と、単なる早帰りではなく定時までいたとみなされる点に柔軟性の高さを感じる。数々の取り組みが認められ「平成28年度東京ライフ・ワーク・バランス認定企業」において”長時間労働削減部門"に選ばれた。

「『企業に未来基準の元気を!』というコーポレートメッセージを掲げている以上、自分たち気が未来基準を体現すべく、労働時間や有給取得率など、具体的な数値で目標化しています。また、メンタル面だけではなくフィジカル面にも力を入れています。例えば、従業員の運動機会を増やすために、『強歩大会』というイベントを企画しました。1か月間の歩数で順位を競うため、参加者は、仕事中も活動量計をつけて歩数を競っていますよ。この結果は、アプリでランキング化されて見ることができるんです」。(木浦氏)

自社での取り組みが、そのままサービス開発につながるため、積極的にさまざまな取り組みにチャレンジできる。

2006年に「ヘラクレス(現JASDAQ市場)」へ上場を果たした同社は、その後も成長を続け、2015年のストレスチェック義務化で大きく売り上げが伸びた。2017年12月には、東京証券取引所市場第一部へ上場先を変更している。

組織面や制度面がしっかり整った会社で、ベンチャーマインドを持って働けるチャンスがここにある。「安心して働ける環境」と「活力ある個と組織」を共に創る、という同社の企業理念は現実のものとなっている。

未知の領域にチャレンジする仕事だから、技術面も含めて世の中の流れに敏感で、自らの頭で考え、それを実現できる行動力を持った人に、ぜひ挑んでほしい。サービス開発において、より上流で活躍したいエンジニアにも魅力的な会社といえるだろう。

210651社内風景
210655新たなことにチャレンジしたい方をお待ちしています!
210660

株式会社 アドバンテッジ リスク マネジメントに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 アドバンテッジ リスク マネジメントに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 アドバンテッジ リスク マネジメント
業界 サービス系 >  医療・福祉・介護サービス
サービス系 >  その他サービス系
金融・保険系 >  生命保険・損害保険
企業の特徴
  • 上場
  • 自社サービス製品あり
  • シェアトップクラス
  • 残業少なめ
資本金 2億3,729万9,500円
設立年月 1999年03月
代表者氏名 代表取締役社長 鳥越 慎二
事業内容 1.福利厚生・健康管理に関するプログラムの開発及びそのサービス提供
2.保険及び保険募集の情報提供に関するプログラムの開発及びその販売
3.保険及び福利厚生に関するサービス開発、提供ならびに仲介業務
4.職業紹介事業及び労働者派遣事業
5.各種保険及びリスクマネジメントに関する総合的なサービス提供
6.法人向けパーソナル(従業員)リスク/ビジネスリスク対応サービスの提供
7.個人向け保険加入のサポート
8.GLTDの契約管理事務における代行業務
9.債務返済支援保険の管理事務に関する代行業務
10.団体或いは代理店の保険金請求/収納事務に関する代行業務
11.共済掛金等の請求/収納事務に関する代行業務
12.上記8~11に関する事務設計、システム開発及び運用に関する業務
13.能力開発、企業活性化のための人材教育及び研修業務
14.人事及び経営に関するコンサルティング業務
株式公開(証券取引所) 東証一部
従業員数 205人
本社所在地 東京都目黒区上目黒2-1-1中目黒GTタワー17階
210645

株式会社 アドバンテッジ リスク マネジメント資本金 2億3,729万9,500円設立年月日1999年03月従業員数205人

新市場へもチャレンジ!メンタルヘルスケア業界のリーディングカンパニー

この企業が募集している求人

Bnr sp354 1
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×
×

「話を聞いてみたい」を送信しました。

企業の担当者からメッセージが届いた場合、Greenのメッセージ画面にてお知らせいたします。
メッセージが届く可能性を高めるために、レジュメの充実をオススメ致します。

プロフィールを充実させる