お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

朝日インタラクティブ 株式会社のPR

応募フォームへ

気になったらここをクリック!
企業からのオファーが来やすくなります。

閉じる

世界的ニュースサイトやIT産業を支えるメディアを牽引するプロジェクトリーダーを募集!3年連続増収増益!

朝日インタラクティブ 株式会社 Webメディアやソリューション事業を通じて情報技術の発展を担う「技術者」、「市場関係者」そして「利用者」を繋ぎます

397542

技術・制作部 ディレクター兼チーフエンジニアの菊池です

【社員インタビュー】創業期からエンジニア部門を支えてきたディレクターが語る、グローバルメディアならではの魅力とやりがい(前編)

こんにちは。朝日インタラクティブの採用担当です。今回は、当社で長年エンジニアとして活躍しているディレクターの菊池高志(きくち たかし)に、弊社のエンジニア業務の魅力や、今後の課題点など包み隠さず語ってもらいました。また、インターネット黎明期からエンジニアリングに関わってきた菊池の仕事観やこれまでの職務経験、こんな方と働きたいというメッセージもありますので、ぜひ最後までお読みください。

ーー 卒業後のご経験はずっとエンジニア畑ですが、小さい頃からパソコンやプログラミングなどに興味があったのでしょうか?

小中学校の時は水泳や野球に没頭していましたね。特に水泳は中学まで本格的に行っていました。プールの底には5mごとにラインが引いてあるのですが、水の中ではそれを目指して泳ぐんです。水泳を長くやっていたからか、少し先のゴールを見据えてそれを達成していく、そしてまた次に向かって進んでいく、というのが自分の今の仕事の進め方にも影響していると思っています。
スポーツをやりながらも、機械いじりやファミコンも大好きでした。先日、登大遊さんがオードリー・タンさんとの対談で”優秀なプログラマーは子どもの頃に感電したことがある割合が多いように思っているのですが、感電したことはありますか?”という感じの質問をしているのを見たのですが、僕自身も子どもの頃に、使い捨てカメラの「写ルンです」を分解して、フラッシュの部分に触ってビリビリッっとなったことがあったので、子供の頃感電したことならあるよ!と思いましたね(笑)。
高校生の時に、新しいもの好きだった祖父がPC-98を買ってきたのがきっかけでパソコンに触れ、プログラムを書き始めたのがエンジニアリングの始まりです。BASIC(Beginner's All-purpose Symbolic Instruction Code)で作ったものが、自分がプログラムしたとおりに動くのを見るのが楽しかったですね。

ーー これまでのご経歴を教えてください

僕が就活をした年は、就職氷河期でとても大変でした。インターネット業界に興味があったのですが、Yahoo!など大手企業の倍率はものすごく高かったんです。僕はあまり優秀な学生ではなかったので(笑)、まずはプログラミングやシステム開発の実務経験を積むことが必要と考え、家電メーカー系販社に新卒で就職しました。
当時の家電メーカーでは、パソコンなどのハード製品を納品するのと共に、業務システムの開発もパッケージとして提供するというサービスを行っていて、その開発の部分を行っていました。カラオケチェーンの店舗システムの受付用端末やバックオフィスのパソコンを導入するにあたって、部屋の空室状況管理やフロント業務システムですとか、ある自治体の体感型シミュレーションシステムの制御プログラム開発や、他にもERP的な基幹業務システムなど顧客に合わせたシステムの開発及び導入・保守を行っていました。
そうしているうちに、エクストリームプログラミングが話題になり始め、アジャイル開発をやってみたいという気持ちが自分の中で強くなってきました。会社からプロジェクトマネジメントの勉強をするよう言われていたので、その勉強をしながら顧客と一緒にシステムを開発できる環境を探していた時に、学生時代の仲間から声がかかり、独立系SIerに転職しました。

ーー これまでで最も記憶に残っているのはどのような仕事ですか?

独立系SIerでは今でいうテックリードやプロジェクトマネージャーとしての役割が多く、とは言っても自分自身でもプログラムを書いていました。とある小売販売企業様のプロジェクトでは、レジのデジタルサイネージにコンテンツを配信するシステムの開発をしていたのですが、その仕事が特に記憶に残っていますね。企業様のプロジェクトチームにこちらからもメンバーが加わって進めていたのですが、なかなか仕様が決まらなかったり、テストを全部手作業でやるなど非効率的な部分が多く、かなり派手に炎上しているところに入って行って不要な手順をひとつひとつなくしていき、プロジェクトを進めていった思い出があります。

397539

【社員インタビュー】創業期からエンジニア部門を支えてきたディレクターが語る、グローバルメディアならではの魅力とやりがい(後編)

ーー 火消し役や後処理のような役回りを多くされていたのですね

そうですね。好きか嫌いかは別としてどちらかというと風呂敷をたたむのが得意なタイプなのか、散らばっているものを整えたり、無駄なものを排除して整理整頓をする仕事が多かったです。

ーー その後、朝日インタラクティブへ転職。

実は、当時の社長のゴルフ仲間が僕の友人で、声をかけてもらって転職をしました。以前からCNETや ZDNet というメディアは知っていたので、違和感なく転職できました。
2008年の転職した当時は会社の人員が大きく入れ替わったタイミングで、過去に良かれと思って行われてきたことが、サイトの成長とともに負債となっていることもあり、システムやサーバーの整備等の仕事から着手しました。ここでも風呂敷をたたむ仕事をしていますね(笑)。その後、新規サービスの開発やソリューション業務を担当した時期もありますが、基本的にはSREの役割を担当してきました。システムの信頼性を向上させるために、エンジニアリングのクオリティ担保を担う仕事です。直近ではディレクターになったのをきっかけに、今まで自分がやっていたことを周りに引き継ぎ、メンバーの育成を行うのが仕事のメインです。
会社としてスピード感を持って挑戦することを優先してきたため、昔から残っているいわゆる“技術的負債”が溜まってきているという企業課題もあります。これをどう綺麗にしていくかを目下取り組んでいます。

ーー 自社の魅力を教えてください

CNETや CNN の担当をしていると知り合いに話すと、「見たことがある」「よく読んでいる」という反応がよくあります。それだけの知名度があるメディアだということですよね。知名度の高いメディアなので、トラフィックはそれなりに高いですし、それを遅延なく、トラブルなく稼働させて、さばいていくというのがSREとしてとてもやりがいを感じるところです。
ちなみに、弊社では鉄道コムという鉄道ファンの方向けサイトも運営しており、時々仕事でお会いした方がファンの方なことがあって、「いつも見てます!」といったメッセージを頂くことがあります。そういうのもやりがいを感じる瞬間です。
環境としては、会社をより良くしようという動きが活発で、2020年にはオフィスのリニューアルも行われました。2020年の2月にはそれまで月2回までのリモート可能としていたところを、急遽フルリモートに移行するために、リモート環境の整備を数日間で整えました。他にも改善に向けた検討が進んでいるものがいくつかあり、今後もさらに魅力的な職場環境になっていくと思います。

ーー エンジニアとしてのこだわりはありますか?

エンジニアとしてというよりは常識範囲の話になってしまいますが、仕事は速い方が良いです。かといって、速ければ何でも良いというわけでもなくて、その時必要なものを丁寧に・素早く納品するというのは基本中の基本です。また、弊社はウェブメディア企業ですので、情報を読者へお届けするメディアを絶対に止めてはいけない、という使命感のようなものがあります。

ーー どのような方と一緒に働きたいですか?

エンジニア採用ではあまり使われないキーワードかもしれませんが「巻き込み力」の高い方ですね。エンジニアの業務はひとりで完結する部分も多く、人を巻き込むのが苦手な方が多いので、発信が足りないために能力を生かし切れていないことがありもったいないと思っています。
これはマネジメントの課題でもあるのですが、具体的にはプログラムのアウトプットだけではなくて、文章として成果を表現できること、コミュニケーションを取り自ら発言することで、自分がやってきたことや、やりたいこと、考えていることを周りに伝えていく力のある方だと良いですね。メンバーや上司に伝えてくれることで、自然と助け合いが生まれ、プロジェクトがスムーズに進むはずです。
質の高い情報を読者に届けるメディアを扱っているので、稼働率や安定性など求められるサービス水準は高いです。絶対に落ちてはいけないという緊張感を持って業務に取り組める方に向いていると思います。また、昔のやり方が多く残っているので、それらをひとつひとつ改善していくのを楽しめる方だと良いと思います。

397547

ソリューション事業部マネージャーの古田島です

【社員インタビュー】エンジニアじゃないところで培った経験が、間違いなく生きている。 “1+1を2以上”にできるメディア系エンジニアの面白さ(前編)

朝日インタラクティブ採用担当です。今回は、ソリューション事業のマネジャーを務める古田島銀太(こたじま ぎんた)にインタビュー。少年時代から朝日インタラクティブと出会うまでの経歴や、入社後の印象に残っているプロジェクト、現在の仕事の魅力と課題、求める人材について語ってもらいました。

―― どのような子ども時代を過ごされたのか教えてください

 小学生、中学生のころは野球に打ち込んでいました。中学ではその傍ら生徒会長もやりました。当時、なぜか“野球部員が生徒会長になる”という伝統があったんです。現在、“事業担当マネジャー”という役目を担っていますが、当時から旗振り役というか、みんなの先頭に立つことが多かったですね。

 高校は東海大学の系列校に進学したのですが、ほぼ全部の系列校で成績順に希望学部を選ぶことができるため、生き残ることに必死でした。当時、情報を発信する仕事に就きたくて、1年生のときから“広報メディア学科”というところを志望していました。結果的に希望どおりに進学することができました。

―― 大学時代に打ち込んだことはありますか?

 学業の傍ら、ラジオの野球中継アシスタントをしていました。この経験が大学生活の8割を占めていたといっても過言ではないぐらいですね。メインの仕事は“スコアラー”だったのですが、球場に行って解説者、アナウンサーと並んで、球数などのデータを伝えたり、カンペを出したりと、ADのような業務もこなしていました。ウェブの更新も担当させていただき、そのときプログラムについての知識を得ることができたので、今思えばそれが現在の仕事への入り口でしたね。

 学業を終えて、エンジニア職に就く前は、スポーツ新聞社で各種スポーツの記録を入力、出稿するオペレーターの仕事をしていました。システム担当の方たちとのやりとりもある中で、“動かす側”ではなくて“基盤を作る側”になりたいという思いが湧き、仕事をしながら何ヶ月か通信のスクールで勉強し、未経験枠のある前職に入社しました。

―― 前職でエンジニアとしてのスタートを切られたのですね

 はい。26歳のときエンジニア派遣会社に入り、5年ほど在籍しました。社会人経験があまりない状態で入社したので、最初の3~4年はエンジニアとしてのスキルを磨くというより、まずはきちんと社会人として成り立たなくては、という意識が強かったですね。

 前職では、主に2カ所の客先常駐を経験しました。最初の常駐先はバックオフィス系でしたが、2つめの常駐先であるEC企業ではコンシューマー向けサイトを触ることができ、リリースしたときは「ようやくここまできたか…」と感慨深かったです。エンジニアとしてのスタートが遅かったので、正直「ここでしくじったら自分はもう生きていく方法がないな」という切羽詰まった思いがありましたから…。これまでの人生、たくさんの方々に支えられてきましたが、いつも“自分との闘い”を意識してきました。今でも、そういう覚悟は常に抱えています。

397545

【社員インタビュー】エンジニアじゃないところで培った経験が、間違いなく生きている。 “1+1を2以上”にできるメディア系エンジニアの面白さ(後編)

―― 2013年に朝日インタラクティブに転職しましたが、その理由を教えてください

 30歳を超えたあたりで、客先常駐から卒業したいという思いが強くなりました。元々、何のためにエンジニアになったのかと自分の中で考えた結果、メディア企業で働きたいという当初の気持ちを思い返しました。メディア系のエンジニアを目指して転職活動をスタートし、最初に内定をもらった朝日インタラクティブへの入社を決めました。

 入社してみて違いを感じたのは、“本番”のシステムを触ることができる点ですね。以前在籍していた会社ではそういうことは無かったので…。そこには責任も伴いますが、大きなやりがいを感じています。

―― 朝日インタラクティブに入社して約8年ですが、特に印象に残っているプロジェクトはありますか?

 入社してすぐ、新しいCMSを作りました。立ち上げからがっちりシステムを構築して納品するというプロジェクトは初めてだったので、リリースしたときはホッとしました。当時は新人だったので、ついていくのに必死でした。

 その翌年、今も事業のメインとなっている、朝日新聞購読申し込みサイトを手がけました。一般ユーザーから購読の申し込みを受けるためのシステムで、当時、ソリューション事業としては過去最大の契約内容でした。検収書を手にしたときは、「(飾る)額縁を用意してください!」と言ったぐらいです(笑)。しかも当時、多くのプロジェクトが動いており、それらもこなしながらだったため…。そういう面でも喜びは大きかったです。

 あとは、高校野球を夏の地方大会と全国大会中心にライブ配信する“バーチャル高校野球”にも力を入れてきました。これは野球に関わってきた経験があるからこそできたプロジェクトです。“非エンジニア”の経歴がある自分はエンジニアとしては少数派だと思うのですが、エンジニアじゃないところで培った経験が間違いなく生きている、と自分では思っています。

―― 朝日インタラクティブの魅力とは? また、今後の課題として感じていることを教えてください

 まず魅力としていえるのは、個々のバイタリティーが高いこと。歴代社長が『note』などで発信するパワーは強く、それが良い方向に回転しているなと思います。一方で、プロジェクトをリードするような人材が物理的に足らないという課題もあって、もっと戦略的な面を強化していくべきだと考えています。

 ソリューション事業でいうと、規模や収益以外の部分でまだバリューが小さいと思うので、事業の自立化を目指したいですね。2020年末から事業担当マネジャーに就きましたが、取り組む課題のひとつだと思っています。

 また、メンバーの成長をもっと応援していきたいなという思いもあります。一緒に働く仲間と共にもっと成長していきたいですからね。 

―― 今、どのような人材を求めていますか?
 
 まずは積極性のある人です。受け身にならず、“我こそは”という気概を持ってほしいですね。自分自身、入社時はエンジニアとして未経験の分野もあったので、知らないことがあっても大丈夫です。これまで頑張ってきたご自身の経験を、しっかりアピールしていただければと思います。それから“教わる姿勢”も大切です。正社員であっても業務委託のメンバーに教えてもらうことも多いので、謙虚さと相手に対する敬意を持てなければ、いくら実力があっても厳しい世界だといえます。

 また、これは弊社の魅力のひとつでもあるのですが、ひとつのプロジェクトに専念とは限らず、複数のプロジェクトに関わっていくケースもあります。開発部ではなく、技術部という位置づけなので、我々はメディア事業やソリューション事業だけでなく、情シス系のエンジニアリングも担っています。知識は必ず紐づくものなので、どちらも知っていることがそれぞれの領域で生きますし、総合的に物事を考えられるのは楽しいことです! 自分自身が今、“1+1を2以上”にできていると実感している最中なので、ひとつのことが極端に強い人より、複数のことに興味を持てる人なら、なお素晴らしいと思います。

応募フォームへ

成長企業の求人を多数掲載!

成長意欲の高い方へ。Greenではそんなあなたにぴったりの求人を取り揃えています。

プロフィールをしっかり入力していたせいかたくさんのスカウトが届いて、その中の一社へ転職することができました。
システムエンジニア 28歳
他の転職サイトに比べて今話題の会社がたくさん載ってるなという印象です。成長意欲の高い人にはおすすめですね。
マーケティング 29歳
職歴のサンプルを編集してそのまま入力できるので、煩わしいプロフィール入力もストレスを感じなかった。
新規事業企画 30歳
スマフォサイトの求人情報も見やすく、機能が充実していて、私の転職活動はほぼスマフォで済みましたw
企画提案営業 26歳
メールでお知らせしてくれるおすすめ求人がすごくマッチしてました。毎回メールが来るたびにチェックしています(笑)
Webデザイナー 28歳
求人ページの下や応募完了ページなどに表示されるおすすめ求人の精度が高く、応募したい求人が多かったです。
プロジェクトマネージャー 32歳
×
×