転職サイトGreen(グリーン)
ログイン会員登録
転職サイトGreen(グリーン)
ログイン会員登録
企業トップ画像
企業トップ画像
企業トップ画像

株式会社DIRIGIO

  • IT/Web・通信・インターネット系
  • サービス系

モバイルオーダーサービスを軸に「飲食DX」を推進するスタートアップ

上場を目指す
平均年齢20代
自社サービス製品あり
カジュアル面談歓迎

企業について

株式会社DIRIGIO(ディリジオ)は、アプリやWEBでオンライン注文ができるモバイルオーダーの仕組み『PICKS』を飲食店に提供しているスタートアップ。モバイルオーダーは大きく分けて「店内」と「店外」の二つの用途がある。同社が提供しているサービスは「店外」に注力している。テイクアウトやデリバリーの注文をオンラインでできるサービスだ。

同社のサービスを活用すれば、飲食店の利用者はスマホで簡単に注文ができ、待ち時間なしで料理の提供を受けられる。飲食店サイドはタブレットで注文を確認可能。オーダー待ちの行列を解消や、単価向上による売上アップに繋がり、オペレーション改善で効率の良い店舗運営が可能となる。

「モバイルオーダーは、テイクアウトやデリバリーだけでなく、販売予約にも使われるケースもあります。大量の注文の場合、予約があれば店舗はスムーズに対応でき、利用客もストレスを感じず料理を受け取れます。例えば、人気のスイーツを事前予約で確保しておくことも可能です。飲食店のテイクアウトやデリバリー注文は、電話やFAXのところが多く、厨房や接客のスタッフが作業の手を止めて対応する必要があります。モバイルオーダーを導入してデジタル化すれば、オペレーションを改善できて、効率の良い店舗運営が可能となります」(代表取締役社長CEO・本多祐樹氏)。

DIRIGIOはモバイルオーダーサービスを三つの方法で提供している。『Picks WEB』は、飲食店のオリジナルのテイクアウト・デリバリーサイトを簡単にスタートできるサービス。ロゴの挿入やメインカラーの選択でブランドイメージを前面に出したWEBサイトを作ることができる。オリジナルの公式アプリの作成ができるサービス『Picks APP』も提供している。

「『Picks WEB』や『Picks APP』を使えば、オリジナルのテイクアウト・デリバリーサイトを簡単にスタートできます。プッシュ通知・お知らせ・クーポンの配信等の機能を備え、総合マーケティングツールとしても利用できます。一般的なデリバリーサービスとは違い、飲食店のオリジナルテイクアウト・デリバリー用サイトですから、顧客データの収集とそれによるデジタルマーケティングも可能です。当社のサービス『Picks for Manager』を利用してもらえば、メニューの編集から現在の売上やユーザーレビュー等を、まとめて管理・確認可能。リアルタイムで更新されるため『今』の状況をスピーディーに把握することができます」(本多氏)。

DIRIGIOが提供している、オリジナルのテイクアウト・デリバリーサイトを簡単にスタートできる『Picks WEB』『Picks APP』。個人店舗でも利用できるように、誰でも自由にカスタマイズが可能。ECプラットフォームのような手軽さで、飲食店がオリジナルのテイクアウト・デリバリーサイトを持つことができる。

「個人経営の飲食店でも利用できるよう、導入時の開発コストを下げるためパッケージ化しています。エンジニアがいなくてもある程度のカスタマイズが可能で、ブランドイメージを押し出した構築も可能です」(本多氏)。

DIRIGIOのモバイルオーダーサービスの提供方法に、もう一つ「API提供型」がある。『Picks WEB』『Picks APP』は、簡単にオリジナルのテイクアウト・デリバリーサイトを持つことができる代わりに、カスタマイズには制限がある。そこで、主にエンタープライズ向けに、API連携でサービスを使えるようにしている。モバイルオーダーをAPI・SDKの形で提供して、クライアントの既存サービスへの組込や自由度の高いカスタマイズを可能にしている。

さらに、飲食店の集客支援も手掛けている。テイクアウト・デリバリーのポータルサイト『Picks』を自社で運営。ユーザーは周辺の飲食店のモバイルオーダーを、ポータルサイト経由で可能。店舗はメディアを集客に活用することができる。

「自社運営するポータルサイトの『Picks』だけでなく、積極的に外部メディアとアライアンスを組むことで、総計で数十億を超える利用者に対してアプローチを可能としています。月間1億人以上が利用するグルメディア『ヒトサラ』やInstagramと連携。その他にも検索結果からサイトへ集客・注文する方法も準備中です」(本多氏)。

同社のサービス利用店舗数は、2018年のサービススタートから4年で累計4,000店舗を突破。順調な成長を見せており、累計4億円の資金を調達済。上場企業である株式会社ギフティとも資本業務提携を締結している。積極的なアライアンスと事業推進で、今後もモバイルオーダーを軸に「飲食DX」を推進していく計画だという。

「モバイルオーダーを軸にユーザーとのタッチポイントに近い部分をデジタル化して飲食DXを進めていきます。様々な企業とアライアンスを組みながら、サービスを提供していきます。2021年7月には、株式会社ギフティと資本業務提携を締結しました。両社のサービス連携を進め、飲食店DXに必要なサービスの包括的提供を目指します」(本多氏)。

2016年に創業し、2018年から『PICKS』のサービスをスタート。利用店舗は4年で累計4,000店舗を突破。今後もモバイルオーダーを軸に「飲食DX」を推進していくDIRIGIO。事業を展開する上で大切にしていることのひとつが「UI/UXへのこだわり」。サービスの開発に際して、要件定義と同時にデザインモックを作成。実際の利用体験をイメージできるようにデザインベースでの要件検討している。

「顧客体験の向上が飲食DXの根幹だと考えています。飲食店の店舗も顧客もストレスフリーでサービスを使えるようにUI/UXにはこだわっています。デジタル化することが先行してしまい、ユーザーのニーズを無視したプロダクトを作るのではなく、ユーザーが求める物に対して、使い勝手を考えたインターフェースで提供する。1px・1文字へのこだわりを積み重ねると圧倒的な体験をクリエイトできると信じています」(本多氏)。

ユーザーファーストなんて当たり前。徹底して顧客体験へのこだわりを持つ「Customer Obsession」こそ、DIRIGIOが高らかに謳うバリュー。飲食店の店舗と顧客。DIRIGIOにとってのユーザーへ最高の顧客体験を提供するのが、同社が考える「飲食DX」の姿なのだ。

「Customer Obsessionのほかに『Ambition』『Integrity』をバリューに掲げています。ユーザーへ最高の顧客体験を提供するのを目的に、健全な野心を持って常に長期的な視座に立って誠実である。これがDIRIGIOのカルチャーです。働いていると会社や上司の目を気にして働きがちですが、当社ではユーザーが全て。フラットな組織でメンバーがみんな妥協せずに提案したり建設的な議論を進めたりしています。前向きでアグレッシブな人にぴったりなカルチャーだと思います」(本多氏)。

DIRIGIOでは、飲食店の集客支援も手掛けている。さらに今後は、「飲食DX」を推進する事業展開を計画。休日に働いて、その分を別の日に休める「休日ストック制度」もあり、プライベートも含めたスケジュール調整はやりやすい。メンバーの4割が女性であることから、女性にとって働きやすい環境作りにも積極的。生理休暇があって、健康診断では乳がんと子宮頸がん等婦人病の検診も受けられる。

「飲食DXは長期的な観点に立って進めるもの。だから、社員も腰を据えて働けるように、働きやすい環境の整備には力を入れています。ベンチャーですから、まだ整っていない部分も沢山あります。これから入社するメンバーと一緒に働きやすい会社を作っていきたいと思っています。当社のメンバーはみんな人が良くて、コミュニケーションもオープン。垣根なく仕事ができて、エンジニアも開発だけでなくサービス改善の意見をどんどん提案しています」(本多氏)。

募集している求人

エンジニア・技術職(システム/ネットワーク)の求人(1件)

PR

すべて見る

インタビュー

株式会社DIRIGIOのインタビュー写真
取締役CPO 甲斐 嵩典氏 工学部出身のプロダクト責任者。大学4年生でプログラムの勉強を始め、エンジニアインターンとして、DIRIGIOで働く。プロダクトの将来性と代表の人柄に魅せられて、そのままDIRIGIOへ新卒入社。『Picks App』『Picks WEB』のプロダクトを立ち上げ、2022年4月に取締役CPOに就任。テニスやアメフトをしてきたスポーツマンで「フィジカル系エンジニア」という新ジャンルを開拓すべく、日々筋トレに励んでいるとか。

── DIRIGIOに入社した経緯は?

大学時代はアメリカンフットボール部に所属し、何よりもアメフトに情熱と時間を注いでいました。4年時には関東の国立大学初の1部上位リーグ昇格を成し遂げました。引退後にプログラミングを始め、2019年にDIRIGIOにエンジニアインターンとして参加。インターンに入る前の面談で、代表から今後の構想を聞いて、ワクワク感があったのでDIRIGIOでインターンとして働くことに決めました。

約1年間インターンで働き、プロダクトにポテンシャルを感じ、それを伸ばすのをやり切りたいと思い、そのままDIRIGIOに入社しました。現在は、プロダクトの責任者として、『PICK... 続きを読む

求職者の声

企業情報

会社名

株式会社DIRIGIO

業界

IT/Web・通信・インターネット系 > モバイル/アプリサービス

サービス系 > その他サービス系

企業の特徴
上場を目指す、平均年齢20代、自社サービス製品あり、カジュアル面談歓迎
資本金

1億2526万8841円

設立年月

2016年07月

代表者氏名

代表取締役社長CEO 本多 祐樹

事業内容

モバイルオーダープラットフォーム「PICKS」の開発・運用・ニューリテール店舗の企画・プロデュース

株式公開(証券取引所)

従業員数

25人

平均年齢

25.5歳

本社住所

〒153-0051 東京都目黒区上目黒3-6-18 西村ビル7階

この企業と同じ業界の企業

この企業と同じ業界の企業:株式会社 BLANC
株式会社 BLANC
"余白"をつくる
無料登録して話を聞いてみたい
👋
株式会社DIRIGIOに興味を持ったら、まずは一度気軽に話を聞いてみませんか?
無料登録して話を聞いてみたい
掲載をお考えの企業様
IT転職に強い求人サイト Green
Copyright© Atrae, Inc. All Right Reserved.