転職サイトGreen(グリーン)
ログイン会員登録
転職サイトGreen(グリーン)
ログイン会員登録
企業トップ画像
企業トップ画像
企業トップ画像
企業トップ画像
企業メインロゴ

プロトスター株式会社

  • IT/Web・通信・インターネット系

プロトスターは挑戦者(スタートアップや起業家、企業の新規事業担当者やイントレプレナーなど)を支援する「究極のベンチャーキャピタル」を目指す会社です。

上場を目指す
自社サービス製品あり
カジュアル面談歓迎

企業について

プロトスター株式会社は、2016年の設立から「挑戦者」を支援するインフラの構築と整備を進め、社会の発展に貢献するプラットフォーム企業。これまで、挑戦者と投資家、企業、行政の「繋がり」を創出し、約2,000社のベンチャー・スタートアップ企業を支援してきた。同社自身も様々な企業とのコラボレーションを実現。2019年10月に株式会社博報堂との提携をスタートし、2021年7月には株式会社テレビ東京コミュニケーションズと資本業務提携を実施する等、確実に挑戦者支援の輪を広げている。

「仕事を通じて、毎日、新しい“夢”に出会えるのが楽しみです。当社は人と情報のハブになっているので、最新情報を常に触れられます」(代表取締役CEO・前川英麿氏)。

同社では「挑戦者」を「アントレプレナーシップをもってイノベーションをする人」と定義。具体的には、ゼロから事業を創造する起業家、ベンチャー・スタートアップ企業をはじめ、行政機関や企業にあってイノベーティブな新規事業に取り組んでいる人や部署等を幅広く指す。同社はミッション「挑戦者と共により良い時代をつくる」を実現するため、多種多様な方法で挑戦者支援活動を展開し、自らの成長の礎としてきた。

その活動の中核をなすのは、100万PVを誇る国内最大級のスタートアップ支援Webメディア『起業LOG』、起業家と投資家を繋ぐ情報検索サービス『StartupList』、スタートアップ起業と転職者をマッチングする転職エージェント『VENTURE CAREER』といった起業家支援プラットフォーム群。さらに、行政・企業との共創を促すエンタープライズ事業を展開。2021年には、東京都の「5G技術活用型開発等促進事業」の開発プロモーターとして採択される等、数多くの実績を残している。

同社の強みは、銀行やVCといった“金を出す”立場からではなく、公平中立な立場から利害関係なく、挑戦者を「ヒト・モノ・カネ」の面からプラットフォーム群を活用して支援できることにある。それ故に挑戦者と「それを必要とする人」、挑戦者が必要とするパートナーとを総合的な視点から自由自在にマッチングできるのだ。短期間で急速に成長できたのも、競合がほぼいない領域を開拓してきたからである。

「確かに、それぞれのサービスには競合が存在します。例えばスタートアップに強いキャリア支援の会社、オープンイノベーションに強みを持つ会社は多いです。しかし、当社のように“何でもござれ”でやっている会社は他にありません。銀行やベンチャーキャピタルのような金融機関が似た取り組みをすることはありますが、当社のような非金融機関が挑戦者支援をする事例は珍しいと認識しています」(前川氏)。

スタートアップ支援というと、資金調達を支援するベンチャーキャピタル(VC)がイメージされることが多い。プロトスターは自由なスタンスで「ヒト・モノ・カネ」の全方向から起業家や挑戦を必要とする者と支援者を繋ぎ、「夢」を現実のモノに変え、飛躍させることに注力している点でVCとは異なっている。

「私はVC出身です。元々お金の面から起業家支援をしていました。業務を通じて数多くの挑戦者の話を伺ううちに、実際にはお金だけの支援でなく、人を採用したいとか、モノを売りたい、環境を整えたいといった多種多様なニーズがあることに気付きました。起業後、多くの方々から相談を受け、柔軟かつ多面的に支援を進めた結果、当社が提供できる価値がどんどん増えたのです」(前川氏)。

それもあって同社はベンチャー・スタートアップだけでなく、新規事業を進める行政・大企業、中小企業、地域企業のイノベーティブな挑戦を支援している。その代表的な事例が、2019年にスタートした三井不動産との協業施策「E.A.S.T. Project」だ。三井不動産の「日本橋界隈のスタートアップを盛り上げたい!」との想いを受け止め、プロジェクトの深部に入って戦略設計から施策の実行までを担った。大人起業家を生み出す実践型プログラムを開発したり、コワーキングオフィスの入る「THE E.A.S.T. 日本橋富沢町ビル」のコンセプト設計や運営に携わることにより短期間で成果を上げる事に成功。2021年4月には「THE E.A.S.T.」が完成し、同社も拠点をここに移した。

このように、同社が短期間で一人勝ちの独特のポジションを得ることに成功した一因は、前述したように競合の少なさにある。

「参入企業が少ない領域です。行政や大企業とも対等に交渉できる能力等、特殊なスキルが必要な上に、出来たてのスタートアップを支援しても見返りが小さいこともあり、参入障壁が高い状況になっています。当社は広範囲に支援の手を広げ、ひと工夫を加えることでビジネスを回しています。正直、最初は大変でした。こんなに苦労するなら、最初からベンチャーキャピタルをやった方が楽だと思ったほどです」(前川氏)。

それでも同社が挑戦を続けたのは、イノベーションの主役となる挑戦者を支援し、より良い時代を共に作りたいという信念があったからだ。挑戦者が必要とする、ありとあらゆる人とモノを繋ぐプラットフォームとして、今後、さらに挑戦者支援インフラの創出に力を入れていく。ミッションを実現するため、共に歩む人を同社は求めている。

2017年4月からの社名である「プロトスター(Protostar)」は宇宙用語で原始星のこと。「生まれたばかりの星」の意味で、イノベーションの原始星を支援していることから名付けた。さらに「“プロ”と“スター”」で「私達がプロフェッショナルとしてスターを支援する」との意味を込めたダブルミーニングになっている。

原始星への支援はさらなる広がりを見せている。前川氏は2021年度、青山学院大学で寄附講座「アントレプレナーシップ概論」を開講し、後進の育成にも余念がない。同社が早稲田大学大学院経営管理研究科教授の入山章栄氏をアドバイザーに迎える等して、アカデミックな姿勢を重視しているのは、従来、直感に基づくことが多かった挑戦者支援をより知的に探究したいとの考えがあるからだ。社内に目を向けても、公認会計士資格を持っている人や、大学院を中退して加わった人等、知的好奇心の高いメンバーが多い。

「彼らが当社を選んでくれたのは、挑戦者と接点を持つことができ、毎日ワクワクできるからです。社内は明るい産業で新しいことに挑戦するポジティブな空気に満ちています。一般的な会社に入ると特定の領域のイノベーションにしか関われません。しかし、当社は社会全体の底上げに挑戦していますので、幅広いジャンルに挑めることに魅力を感じる人が多いようです」(前川氏)。

大きな成長を遂げたとはいえ、同社自身もまだスタートアップの段階。今後、挑戦者をどう支援すべきかといった根源的な問いに答え、さらに挑戦者を増やすために必要となるサービス群を増やしていく。コロナ禍後には、地方創生の動きも活発になり、さらに海外からも挑戦者がやってきてプレイヤーが増加すると予想されている。それに応えるには、より進化したプラットフォームが必要だ。

「当社は、まさに今が成長しているタイミングです。ここに面白さがあります。最初の20~30人が会社のカルチャーを決めていくと思うので、これから入ってくるメンバーと一緒に当社の文化を作っていきたいですね。人の夢に触れ、自分の夢を形作れることに刺激を感じたい人、知的好奇心を持ってワクワクしたい人は、当社には良い環境があるので、しっかり成長できます。少しでも面白そうだなと思ったら、気軽にアプローチしてください。お茶でも飲みながら話ができたら嬉しいです」(前川氏)。

募集している求人

企画・マーケティング職の求人(1件)

社員の声

すべて見る

求職者の声

企業情報

会社名

プロトスター株式会社

業界

IT/Web・通信・インターネット系 > インターネット/Webサービス・ASP

企業の特徴
カジュアル面談歓迎、上場を目指す、自社サービス製品あり
資本金

89,098,750円

設立年月

2016年11月

代表者氏名

代表取締役CEO 前川 英麿

事業内容

■Webメディア事業
■起業家/投資家向けのマッチングプラットフォーム
■アライアンス事業

株式公開(証券取引所)

従業員数

20人

平均年齢

29.9歳

本社住所

〒103-0006 東京都中央区日本橋富沢町9-4 日本橋富沢町ビル 501

この企業と同じ業界の企業

画像なし
株式会社 ウィルビー
求人・人材業界に ICT技術で 採用イノベーションを実現する
無料登録して話を聞いてみたい
プロトスター株式会社メインアイコン
プロトスター株式会社
人事 安藤 恵理
弊社には起業家、キャピタリスト、コンサル、事業売却経験者など様々なバックグラウンドのメンバーが揃っています!話すだけでも楽しいメンバーが揃っているので、お気軽にご応募ください😊
無料登録して話を聞いてみたい
掲載をお考えの企業様
IT転職に強い求人サイト Green
Copyright© Atrae, Inc. All Right Reserved.