お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

アクロスゲートグローバルソフトウエア 株式会社の企業情報

430303

アクロスゲートグローバルソフトウエア 株式会社

会社の次世代を担う人材を積極採用!技術力に強みを持つソフトウェア開発会社

仮想開発環境!実機がなくても組込みソフトウェア開発ができる『AcrossVT』シリーズ

2004年に創業したアクロスゲートグローバルソフトウェア株式会社は、大手ベンダー出身のエンジニアが集まってできたソフトウェア開発会社。電話会社や通信キャリアが使う通信装置のシステム開発を手掛けていたメンバーが独立。伝送系の装置のソフトウェア開発や開発環境構築のコンサルティングをメイン事業にしてきた。

受託開発を進める中で、自社プロダクトも開発。実機を必要としない組込みソフトウェア開発環境を提供する『AcrossVT Developer』は、ホストPC上に仮想ターゲットハードウェアを構築することができる。

「ホストPC上で組込みアプリーションの開発/デバッグ/検査を行うための仮想開発環境を作り、実機がなくても組込みソフトウェアの開発を進められるツールです。組込みソフトウェアの開発をする中で、ニアショア・オフショアで開発を進めるには、実機がなくても済む仮想開発環境が必要でした。そこで、自社で開発したのが『AcrossVT Developer』です」(相談役・加藤忠晴氏)。

大手ベンダーで働いていたエンジニアが自分達の開発環境として作った『AcrossVT』。その仮想開発環境をエンジニアの育成にも生かすための製品が『AcrossVT Education』。実機がなくても組込みの開発方法を習得できるeラーニングだ。

「仮想ボードとeラーニングによるハイブリッドな組込みソフトウェア開発の教育ツールです。仮想開発環境ですから、煩わしい準備段階での実機の動作確認や継続的な維持管理が不要。実機を調達する必要がないためコストメリットもあり、高等専門学校でも導入いただいております」(加藤氏)。

ニアショア・オフショア開発で実機がなくても開発が進められるようにと生み出された『AcrossVT』シリーズ。コロナ禍でリモートワークが広まり、ビジネスチャンスが到来している。

「今の時代にピッタリの製品です。本来は実機がなければ開発・テストが進められない組込みソフトウェアを、リモートワークでも可能にします。さらに、ソフトウェアだけで開発するため、実際にハードウェアに搭載して動作確認をした時に、不具合が出てもハードによるものなのかソフトによるものなのか、すぐに分かります」(加藤氏)。

430313同社は2004年に創業のソフトウェア開発会社だ。
430319受託開発と並行して自社プロダクトも開発している。
430324

無理な拡大をしない堅実経営。技術力の高さを生かした受託開発がメイン事業

伝送系の組込みソフトウェアの開発をしてきたエンジニアが中心となって設立されたアクロスゲートグローバルソフトウェアだが、現在のメイン事業である受託開発では、WebアプリケーションやAndroidアプリケーションの開発も手掛けている。

「組込み系のエンジニアが立ち上げ、組込みソフトウェアの仮想開発環境ツールを販売していることから、受託開発においても組込みソフトウェアがメインだと思われがちですが、現在のメインはWebアプリ開発です。Webアプリケーション開発における、負荷テストツールも販売しています」(加藤氏)。

開発テスト(イテレーションテスト)およびQAテスト(ブラックボックステスト)に最適な100%純国産のWebアプリケーション用負荷テストツール『AcrossVT PowerLoad』は、Webアプリケーションに対して、様々な負荷を自動的にかけることにより、性能特性を把握できる。

そしてもう一つ、アクロスゲートグローバルソフトウェアが開発支援しているサービスがある。オンラインマニュアル制作システム『WikiWorks』だ。

「Webブラウザを使って複数人の編集作業が可能で、自動組版機能により作成したコンテンツをそのままのイメージで出力することができます。DTP作業やHTMLコーディングは不要。翻訳支援ソフトウェアとのシームレスな連携により、外国語への翻訳を効率的に行うことが可能となっています」(加藤氏)。

ニッチだが確実にニーズのある製品を提供するアクロスゲートグローバルソフトウェアだが、メイン事業の受託開発でも技術力の高さは折り紙付き。長く取引のあるクライアントも多く、上流工程の仕事に携われるチャンスもある。

「大手ベンダー出身者が、技術力を強みに無理な拡大をせずに堅実に経営してきた会社です。おかげ様でクライアントからの信頼も厚く、引き合いは沢山頂きます。ただ、自分達にできる範囲で仕事を進めてきた結果、メンバーの平均年齢が高くなり、せっかく積み上げた技術を受け継いでくれる人材がいないことに気が付きました。そこで、2021年に新たな方向を模索し、人材採用の強化に踏み切ることになりました」(加藤氏)。

430310実機がなくても組込みソフトウェア開発ができる仮想開発環境『AcrossVT』シリーズをはじめ、開発現場の効率化を推進するツールを開発・販売している。
430317大手ベンダー出身のエンジニアが集まってできた組織で、クライアントからの信頼も厚い。
430328

新組織のリーダー候補!会社を受け継ぐ次世代を代表するメンバーの募集

メンバーの高年齢化を受け、これまでに積み上げてきた技術的なアセットを継承する人材を求めて、アクロスゲートグローバルソフトウェアが選んだのが「M&A」だった。

2021年6月、人材紹介会社の株式会社ライフサポートと合併。ライフサポートが持つ人材開発のノウハウを生かして、アクロスゲートグローバルソフトウェアの技術力を新たな人材に継承しつつ、オフショア開発を展開していく計画だ。

「株式会社ライフサポートは、外国人、とりわけベトナム人を日本企業に紹介する人材会社です。日本一感動する教習所として話題になった『南部自動車学校』が運営しており、メカトロニクスエンジニアや医療介護の人材を育成して紹介しています。ITエンジニアの紹介を強化するに当たり、技術力がある会社を探していたところ、アクロスゲートグローバルソフトウェアと出会いました」(取締役社長・佐々木信也氏)。

ベトナムとのネットワークを持つライフサポートと、オフショア開発を手掛けた経験があるアクロスゲートグローバルソフトウェア。両社がそれぞれのノウハウを持ち寄って、今後はベトナムでのオフショア開発と人材育成を進めていく予定だ。

「日本国内で受託した開発をベトナムのエンジニアと一緒に進めるビジネスを展開予定です。クライアントとベトナム人エンジニアを繋ぐブリッジSEとして活躍してもらえるエンジニアを探しています。上流工程にチャレンジできるチャンスでもあり、新しい組織を作るリーダーの役割も期待しています」(佐々木氏)。

前述したようにアクロスゲートグローバルソフトウェアのメンバーは、シニアエンジニアが多いため、次世代のエンジニアを育成することになった。他社での経験を生かしつつ、アクロスゲートグローバルソフトウェアで技術的なノウハウ等を吸収して、同社の次の世代を代表するメンバーとなってくれるエンジニアを広く募集している。

「積極的に事業拡大を目指すためには、2022年中にはエンジニアの数を2倍にしたいと考えています。そのため、経験が浅くてもチャレンジ精神が旺盛なエンジニアも含めて、どんどん若手エンジニアを採用していきたいです。受託開発の事業が大きくなった後は、自社開発も視野に入れています。自分でプロダクトやサービスを開発してみたいと思っているエンジニアなら、そのチャンスがあります」(佐々木氏)。

430312メンバーの高齢化が課題で、会社の次世代を担う若い人材の採用・育成に力を入れるため、2021年6月に人材紹介会社の株式会社ライフサポートと合併。
430309ベトナムオフショア会社と人材育成を進める計画だ。
430325

企業情報

会社名 アクロスゲートグローバルソフトウエア 株式会社
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  システムインテグレータ・ソフトハウス
IT/Web・通信・インターネット系 >  ソフトウェア/パッケージベンダ
コンサルティング・リサーチ >  その他コンサルティング系
企業の特徴
  • 自社サービス製品あり
  • グローバルに活動
資本金 3250万円
設立年月 2004年07月
代表者氏名 取締役社長 佐々木 信也
事業内容 仮想化製品の開発と販売
ソフトウェア開発
ホームページ制作、運営サービス
組込み教育のeラーニングサービス
上記に関する支援、コンサルティングサービス
従業員数 12人
本社所在地 東京都葛飾区亀有2-59-7
430303

アクロスゲートグローバルソフトウエア 株式会社資本金3250万円設立年月日2004年07月従業員数12人

会社の次世代を担う人材を積極採用!技術力に強みを持つソフトウェア開発会社

この企業が募集している求人

×