お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 道路建設コンサルタントの企業情報

422386

株式会社 道路建設コンサルタント

社会インフラ整備のライフサイクルパートナーとして、8つの領域で事業を展開する企業

技術力と従業員満足の向上により、顧客に信頼される強い会社を目指す

株式会社道路建設コンサルタントは、社会インフラ整備のための企画立案、調査計画、設計、維持管理などを担っている建設コンサルタント会社だ。時代とともに変化するニーズに適切に応え、さまざまな分野で実績を築いてきた。設立は1989年10月で、千葉市中央区に本社、浦安市に浦安技術所を置くほか、仙台から沖縄まで全国13カ所の支社・営業所を設置している。

人口減少、少子高齢化、エネルギー・環境問題、自然災害など厳しい社会環境に置かれている日本では、近年、社会資本整備の重要性が改めて認識されている。建設コンサルタントは、防災・減災・アセットマネジメントに基づく施設の長寿命化など、日本社会の期待に応え、人々の豊かな暮らしを支える責務を負っている。

道路建設コンサルタントは「仕事を通じて社会に貢献する」をスローガンに、人々が安心・安全で利便性が高い社会を実現できるよう、社会資本整備に取り組む。事業範囲は、道路・交通、トンネル、橋梁・構造、環境・上下水道、農業土木、保全、調査・防災、施工管理の8分野に広がっている。安全性・品質・コストなどの最適なバランスを検討し、ライフサイクルに合わせたソリューションを提供するのが事業の内容だ。

ドローンやレーザースキャナーなどのICT技術を積極的に活用し、優れた提案と高品質な成果には定評がある。また、技術のプロフェッショナル集団として社員一人ひとりがやりがいや充実感を感じ、人生の各段階に応じた働き方が選択・実現できる職場づくりにも取り組んでいる。社員教育を充実させ、技術の継承をおこないながら技術力と従業員満足の向上に努め、時代に左右されない“強い会社”を目指す。

道路建設コンサルタントは、「人々の生活の向上と豊かな社会の創造に貢献する」という想いを全社員が共有している。技術の研鑽を重ね、変化する社会ニーズへ柔軟かつ創造性をもって対応し、誠実な経営により顧客の信頼を勝ち取っていく。

422396同社は道路やトンネルを中心に8つの領域で事業を展開する建設コンサルタント会社だ。
422392建設コンサルタントとは、公正中立な立場から建設プロジェクトを推進し、発注者と住民の合意形成を図るコーディネーターとしての役割を担う。
422412

確かな知識と豊富な経験をもとに培ってきた、トータルな技術が強み

創業当初は社名の通り、道路やトンネル関連の調査・設計を主体としていた道路建設コンサルタント。現在は事業領域を8分野に拡大し、顧客の幅広い要望に応えている。

(1)道路・交通の領域では、高速道路や自動車専用道路といった高規格な幹線道路から、日常生活に直結している身近な生活道路まで、あらゆる道路に関する計画、維持・点検調査・管理の一貫した技術を提供している。

(2)トンネル関連では、トンネル本体や附帯設備に関する計画~維持管理までの技術をトータルに提供。地域の風土や生活環境に合ったトンネル設計が持ち味だ。

(3)橋梁・構造では、社会資本ストックの維持・保全をテーマに、技術力でライフサイクルコストの低減に貢献。新工法・新技術を積極的に取り入れながら、他分野との連携も図り、マクロ的な視野から道路構造物の調査・計画・設計をおこなっている。

(4)環境・上下水では、環境の保全と自然との共生を目指し、環境調査や環境影響評価、砂防基本計画、護岸設計、上下水の維持管理などにあたっている。

(5)農業土木では、農業生産基盤の整備と設計を提供。ほ場整備、農道整備、かんがい排水整備、ため池整備など、農業・農村整備事業における設計業務を提供している。

(6)保全の分野では、橋梁やトンネルの点検・補修補強設計などにより、構造物の長寿命化を実現する。光ファイバーセンサーによる静的/動的計測や走行型3次元移動体計測などの技術を駆使し、地すべり解析や地山情報重ね図などの3次元化・アニメーション化に力を入れている。

(7)調査・防災では、災害に強いまちづくりを目指し、地域環境整備をサポートする測量、地質調査、地盤解析などをおこなっている。

(8)施工管理の業務では、調査・計画・設計・積算・施工および維持管理などを通じて発注者を支援し、良質な社会資本とするための管理・支援を提供する。

422401技術のプロフェッショナルとして、安心・安全な社会資本の整備や維持管理を推進。
422399道路建設コンサルタントは業界では後発企業だが、1989年の設立から32年で、売上総額12億円超の規模に成長した。
422409

仲間と助け合いながら真摯に物事に取り組み、着実に成果を重ねていく

2021年9月時点の従業員数は91名で、平均年齢は設計職が42.9歳、事務職は46.1歳。平均勤続年数は、設計職が7.0年、事務職は9.5年。女性管理職の割合は27.3%(22名中6名)となっている。社風を一言で表すなら、「真摯に物事に取り組み、着実に成果を重ねる」。メンバーは会社の文化に誇りを持ち、ここで働くことができる喜びを成果につなげていく。

月平均の残業時間は24.5時間(2020年度)。毎週水曜日はNo残業デーを設けている。休みは週休2日制(土日祝)で、年末年始休暇などを合わせると年間休日は123日。慶弔休暇、年次有給休暇、夏季特別休暇、産前産後休暇、育児休暇なども取りやすい。

主な福利厚生は、各種社会保険完備、退職金制度、健康診断、再雇用制度、永年勤続表彰(10年・20年、祝金あり)など。本人だけでなく家族全員で使える総合福利厚生サービスにも加入している。

教育制度は、各種研修・講習会が定期/不定期に開催されているほか、年1回「技術検討会」を実施している。各部門が担当業務の内容や成果を発表し、それを部門を越えて議論し、情報共有や技術研鑽を図る。キャリア支援では年3回、上長と面談する機会を設け、キャリアなどに関する相談やコンサルティングにあたっている。

道路建設コンサルタントは基本的に実力主義の会社だが、適切な評価、資格取得支援、就業管理、健康管理、福利厚生などのさまざまな仕組みを機能させ、社員の成長をサポートし、会社全体の成長につなげている。会社は成長過程にあり、より働きやすい会社にするべく、さまざまな新しい取り組みも進行中。「こうすればもっと良くなる」というアイデアがあれば、何でも発信できる風通しのよさがある。

求める人物像は、技術力や経験もさることながら、理念に深く共感できる人材だ。理念である「仕事を通じて社会に貢献する」に向けて、常に考え方や仕事への姿勢をバージョンアップしていくことが必須。顧客に信頼される確かな成果を目指し、仲間と助け合いながら、学びを継続していける。

422406顧客である国土交通省や県などからの表彰歴も多く、VRシミュレーション技術など最新技術にも意欲的だ。
422387求める人物像は、技術力や経験もさることながら、理念に深く共感できる人材だ。理念である「仕事を通じて社会に貢献する」に向けて、常に考え方や仕事への姿勢をバージョンアップしていくことが必須。顧客に信頼される確かな成果を目指し、仲間と助け合いながら、学びを継続していける。
422410

企業情報

会社名 株式会社 道路建設コンサルタント
業界 不動産・建設系 >  建築・土木・設計
資本金 8,600万円
設立年月 1989年10月
代表者氏名 代表取締役 山田 宝史
事業内容 ■建設コンサルタント
 ・道路部門
 ・トンネル部門
 ・鋼構造及びコンクリート部門
 ・下水道部門
 ・建設環境部門
 ・農業土木部門
 ・施工管理、施工設備及び積算部門
■測量業
■地質調査業
従業員数 91人
本社所在地 〒260-0834
千葉県千葉市中央区今井1-23-7
422386

株式会社 道路建設コンサルタント資本金8,600万円設立年月日1989年10月従業員数91人

社会インフラ整備のライフサイクルパートナーとして、8つの領域で事業を展開する企業

この企業が募集している求人

×