お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 バイオフィリアの企業情報

405461

株式会社 バイオフィリア

売上は昨年対比で400%増、美味しさと栄養バランスを両立したドッグフードが好調の企業

動物と人間の共存を理念とするアニマルウェルフェアカンパニー

株式会社バイオフィリア(Biophilia Inc.)は、ペット関連事業とインターネットサービス事業を展開している会社だ。「Biophilia」とは「人間は本能的に自然や生命との繋がりを求める」という概念で、日本語では「親生命仮説」と翻訳される。会社設立は2017年8月で、本社オフィスは東京・東五反田にある。

創業者で代表取締役CEOを務める岩橋洸太氏は、中学生時代から不幸な動物に対する問題意識を持っていた。その後も動物に関する関心を持ち続けていた岩橋氏は、2012年に大学を卒業すると、あらゆるビジネスの基盤である「金融」を学ぶため証券会社に入社。公開引受部で4年半にわたり未上場企業の上場準備支援業務(公開引受業務)に従事し、メイン担当者としてIPO3件、市場変更1件を手掛けた。

共同創業者で取締役COOを務める矢作裕之氏は、中学生時代からプログラミングに親しんできた。RPG制作ソフトを使用するゲーム開発にはじまり、大学生時代もフリーランスエンジニアとして活動。大学院では機械学習・AIに関する研究に携わり、卒業後はエンジニアとしてクラウドサービス等を提供する会社に入社した。また、並行してフリーエンジニアとしても活動し、複数のスタートアップ企業の支援実績もある。

「ペットの殺処分を何とかしたい」と考えた岩橋氏と矢作氏は、当初はペット領域で複数のメディア事業を立ち上げた。その後、ペットの「流通」分野に着目し、「ブリーダー直販のペット購入サイト」事業をスタート。これはあまり上手くいかなかったが、何度かピボットを重ね、現在のメイン事業である手作りドッグフードD2Cブランド『CoCo Groumet(ココグルメ)』を2019年6月にリリース。2021年2月時点で『CoCo Groumet』の注文数は昨年対比で約400%増を記録する等、売上・利益共に極めて好調だ。

バイオフィリアは、全ての動物が幸せになれる世界の実現を目指す。同時に、動物を憂う全ての人たちの幸せも願う。そして、全ての人たちと動物を、共に幸せにすることを企業理念に掲げる。

405474獣医師・動物栄養士等の専門家が監修する完全栄養食ペットフード『CoCo Gourmet(ココグルメ)』が好調の同社。
405477人間が食べても美味しい品質を目指して素材・製法・栄養に徹底的にこだわり、注文数は昨年対比で約400%増となった(2021年2月時点)。
405482

成長市場を追い風に、“手作り”のこだわりで国内No.1ブランドへ

ドッグフードのD2Cブランド『CoCo Groumet』は、新鮮な素材をそのまま冷凍で宅配する、日本初のドッグフードだ。獣医師・動物栄養士が監修し、ペットフード公正取引協議会が定める総合栄養食基準を満たしている。

特徴は大きく三つある。一つは、「カリカリ」といわれるドライ加工品や、レトルト加工が施されたウェットフードではない点だ。厳選した肉や野菜を、犬が食べやすい形で調理し、香りや彩り、栄養価の損失を抑えている。

二つ目は、日米の栄養基準に準拠している点だ。前述の国内総合栄養食基準を満たしているほか、米国飼料検査官協会(AAFCO)が提唱する成分配合も満たしている。

三つ目は、人間向け食品と同等の衛生管理の下で製造・管理されている点だ。一般の(人間向けの)給食や弁当等を長年にわたり調理してきたパートナーと協力し、設備はもちろん、調理・保管・配送等のプロセス、人員配置に至るまで「人間向け」と同様だ。

2021年4月、『CoCo Groumet』は大幅リニューアルを実施し、全ての原材料を国内産にした。レシピも変更し、生後約2カ月以降の離乳した子犬から老犬まで、AAFCO基準に準拠したオールステージに対応できるようにした。

ある調査(※)によると、国内のペットフード市場は2019年で3,547億円、2022年に3,717億円(予想)、そのうち『CoCo Gourmet』が位置する高価格帯のプレミアムフード市場は2019年で724億円、2022年は約797億円(予想)と、10%近い成長が見込まれている。この背景には、ペットとして飼われている犬の頭数そのものは減少しているものの、1匹にかける金額(支出)が増加傾向にあり、プレミアムフード市場を底上げしていると考えられる。
※株式会社富士経済 2020年6月3日付プレスリリース

今後のバイオフィリアは、中期的にはペット領域でのD2C事業を横展開することを視野に、国内ペットフード市場で確固たる地位を築いていく。その後は「Made in Japan」ブランドの高品質イメージを活かした海外展開も見据える。また「アニマルウェルフェア(動物福祉)」という観点でも、動物と人間の豊かな共存社会を目指す。

405475「動物の幸せから人の幸せを考える」を理念に動物愛護への関心も高く、動物保護団体にペットフードの寄付等も行っている。
405478従業員もペットを大切にする人ばかりで、2021年5月には、ペット忌引、ペット手当、動物ボランティア休暇等、よりペットフレンドリーな福利厚生制度を新たに導入した。
405485

よりペットフレンドリーな福利厚生制度や手当にバージョンアップ

2021年6月時点の従業員数は8名。ペットを飼っているメンバーが多く、同伴出勤してペットと一緒に日中を過ごすことができる。この取り組みは従業員にとっても安心感が非常に大きく、また常にオフィスに動物がいることで、癒し効果や社内コミュニケーションにも一役買っている。昼休みには散歩に行ったり、おもちゃで遊んだりできるため、ペットにとってもストレスフリーな環境だ。また、ペットを連れて来られなかったり、ペットの体調が優れなかったりする場合は、リモートワークを推奨している。

2021年5月、バイオフィリアは、さらなるペットフレンドリーな福利厚生制度を導入した。従来から3日間のペット忌引制度(有給扱い)があったが、新制度ではペットが亡くなった前日から遡って取得できるよう改正。3日間以上取得したい場合も、会社に相談すれば延長できるようにした。今回の見直しは、ペットだけではなく親族の忌引にも適用される。

また、動物ボランティアに参加する場合は、年に2日間の特別休暇が取得可能になった。ボランティア活動と仕事の両立は現実には難しいが、この制度を利用し、動物ボランティア活動へ参加しやすくなった。

ペットに対する扶養手当も支給する。金額は月2,000円/匹で、さらに保護施設等から引き取った場合は3,000円が上乗せ支給される。ボランティア等で一時預かりをする場合も、預かり期間中は同様に手当が支給される。

バイオフィリアでは、Webエンジニアやマーケター、D2C製造チームのプロダクトマネージャー等、幅広く人材を募集している。計測可能な数値目標を下に実行・改善しながら事業運営に当たる風土がバイオフィリアにはあるが、今後、非連続な成長を目指すためにも、積極的にチャレンジできる人材を求めている。「ユーザーにどうやって情報を届けるか?」、「どうやったらユーザーが買ってくれるか?」を数字で実証し、“サービスを売れる”エンジニアやマーケターを目指すことができる。

405494同社では、Webエンジニアやマーケター、D2C製造チームのプロダクトマネージャー等、幅広く人材を募集している。
405493計測可能な数値目標を下に実行・改善しながら事業運営に当たる風土がバイオフィリアにはあるが、今後、非連続な成長を目指すためにも、積極的にチャレンジできる人材を求めている。
405487

株式会社 バイオフィリアに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 バイオフィリアに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 バイオフィリア
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
IT/Web・通信・インターネット系 >  モバイル/アプリサービス
製造・メーカー系 >  食料品・日用品・雑貨・文具
企業の特徴
  • 上場を目指す
  • 平均年齢20代
  • 自社サービス製品あり
  • シェアトップクラス
  • 残業少なめ
資本金 1億909万2,693円(資本準備金を含む)
設立年月 2017年08月
代表者氏名 代表取締役CEO 岩橋 洸太
事業内容 ペット関連事業
インターネットサービス事業
従業員数 15人
平均年齢 29.0歳
本社所在地
405461

株式会社 バイオフィリア資本金1億909万2,693円(資本準備金を含む)設立年月日2017年08月従業員数15人

売上は昨年対比で400%増、美味しさと栄養バランスを両立したドッグフードが好調の企業

この企業が募集している求人

×