お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 MyAnimeListの企業情報

420527

株式会社 MyAnimeList

日本のカルチャーを世界へ。世界最大級のアニメ・マンガプラットフォーム

アニメ・マンガに関する世界最大級のプラットフォーム『MyAnimeList』

『MyAnimeList』は月間訪問者(MAU)約1,800万、月間ページビュー約2.8億を誇る、世界最大級のアニメ・マンガに関するコミュニティ&データベースサイトで、世界中のアニメ好き・マンガ好きが集まる場所となっている。

日本国内での知名度は低いが、2004年のサービス開始以来、英語圏を中心にアニメファンの必須登録サイト『MAL』として世界中の人々に利用されているWebサービスだ。

MALはアニメ好きなアメリカ人の若者によって2004年に立ち上げられた。自分がどのアニメを何話まで観たか管理するアプリケーションを作った創始者は、これをアニメ好きの仲間たちに共有。すると、次々と「自分も使いたい」という人が現れ、ユーザーがどんどん集まっていったのである。

現在はアニメや漫画に関する情報が多数掲載されており、それぞれの作品に対する評価が掲載されていたり、ユーザー同士で自由に意見交換をするための様々なフォーラムが企画されていたり、国際的なアニメコミュニティとして機能している。

MALの最大の特徴は、ユーザーによって運営がなされていること。ユーザーはアニメに関する様々な情報を常に収集しており、モデレーター(ユーザーの中でも専門知識を持ち、厳格な試験に合格したメンバー)がその情報の真偽や掲載可否を判断している。

現在は数十人のモデレーターがボランティアとして運営に関わっており、まさに世界のアニメファンによって作られ、運営されているサイトなのだ。

414013
420522

日本のコンテンツを世界に届けるプラットフォームを目指す

『MyAnimeList』の運営母体、株式会社MyAnimeListの代表取締役CEOであり、株式会社メディアドゥの取締役も兼務する溝口敦氏は、メディアドゥグループにおけるMyAnimeListの位置付けをこう語る。

「メディアドゥは電子書籍流通事業等を通じ、多くのIP(知的財産)ホルダーとの間で信頼を得てきました。日本のIPを海外に広めていくため、海外向けに影響力のあるメディアやサービスを作りたいと考えていたところ、『MyAnimeList』の存在を知り、取得に至りました。MALを通じて海外進出を考える企業やIPをサポートし、世界中のユーザーとの架け橋になりたいと考えています」(溝口氏)

メディアドゥ傘下に入った後、MyAnimeListは次々と新しい施策を打ち、ユーザー数も増加傾向にある。公式モバイルアプリのリリースも新施策のうちの一つだ。2020年10月にリリースされたアプリは、早くも100万ダウンロードを突破。モバイルアプリが、ユーザーの利便性向上の一翼を担っている。

ユーザー数増加と共に、国内企業が寄せるMyAnimeListへの期待も大きく膨らみ始めた。2021年2月、株式会社MyAnimeListの増資が決定。メディアドゥのほか、講談社、集英社、小学館、KADOKAWA、DMM.comなど、業界の錚々たるプレイヤーが出資を決めている。

「資金面が大幅に強化された今、ユーザー体験をより良くするために、サービス全体のフルリニューアルを計画しています。現状でも、世界のWebサイト上位700~800位にランクインするほどのアクセスを集めていますが、さらに5倍、10倍のアクセス、言い換えれば世界のトップ100からトップ10に入れるくらいのアクセスに耐えうるようにしたいのです」(溝口氏)

いつでもアニメやマンガの世界に浸れて、語り合う仲間が世界中に広がっている。日本のアニメやマンガを通じ、人種や性別も超えて世界中の人たちがつながっている。そんな”オープンなプラットフォーム"を目指していく。

414015
420525

アニメ好き求む!日本のカルチャーを世界に向けて発信する

では、同社はどのような人物を求めているのだろうか。

「アニメやマンガが好きであることが最重要項目だと思います。日本のカルチャーをもっと見てほしい、伝えたい、広めたい。そういうモチベーションがないとこの仕事はできません。加えて、世界を相手にするのだという視点も大切です。世界では日本のアニメ・マンガを観たことのない人の方が圧倒的に多く、異文化をベースとする人々に、日本発の『異文化』を伝える必要があります。高度なコミュニケーション力が求められる、非常に難易度の高い仕事です。難しい仕事だからこそ、『好き』という感情が一番の原動力になると考えています」(溝口氏)

職場のカルチャーは、IT業界らしくオープンかつスピード感のあるもの。MyAnimeListでは、世界中のスタッフやユーザーとコミュニケーションがあり、コロナ禍以前からリモートワークを必要に応じて柔軟に取り入れていたという。

「様々な環境に対応していけるようにコミュニケーションを活発化する施策を積極的に取り入れています。一人でできることには限りがあり、二人以上で仕事を進めるには互いの意思疎通が必須です。チーム力を最大限に発揮するためにもコミュニケーションは重要ですからね」(溝口氏)

上下関係のないフラットな関係性の中で、隠す必要のない情報はすべてオープンにする、というのがMyAnimeList流。同社で使うコミュニケーションツールでは、仕事で必要な情報を共有する際の個人間のダイレクトメッセージは禁止なのだとか。

「日本を含む、全世界がターゲットの仕事です。これほどまでに『好きなこと』で世界と闘える土壌がある職場は、他にないでしょう。自分の『好き』を最大限に活かして、世界規模のサービスを作り、日本の文化の中心であるアニメ・マンガを世界中に広める仕事は非常にやりがいがあります」(溝口氏)

日本にいながら世界レベルのサービスに携わるチャンスはそうそうないだろう。興味がある人はまずは話を聞きにいくことをおすすめする。

企業情報

会社名 株式会社 MyAnimeList
業界 マスコミ・エンターテイメント・メディア系 >  ゲーム・エンタメ
IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
企業の特徴
  • 上場を目指す
  • 自社サービス製品あり
  • シェアトップクラス
  • グローバルに活動
資本金 6億9016万円
設立年月 2020年07月
代表者氏名 代表取締役CEO 溝口 敦
事業内容 世界最大級の日本アニメ・マンガを核とするコミュニティメディア「MyAnimeList」の運営
株式公開(証券取引所) 非上場
従業員数 5人
本社所在地 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル 5F
420527

株式会社 MyAnimeList資本金6億9016万円設立年月日2020年07月従業員数5人

日本のカルチャーを世界へ。世界最大級のアニメ・マンガプラットフォーム

この企業が募集している求人

×