お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

モノビット・モリカトロンホールディングス 株式会社の企業情報

277013

モノビット・モリカトロンホールディングス 株式会社

VR、AI、リアルタイム通信技術に強み!ゲームを核にした、新しい技術で未来を楽しいものにする最先端企業

オンラインゲームを礎にVRやAI、通信ミドルウェアという技術領域で躍進!

モノビットモリカトロンホールディングス株式会社は、ゲームをベースに、VRやAI、ネットワーク(通信ミドルウェア)といった技術領域で躍進を続ける4社を束ねる管理・持株会社として、2018年10月に設立された。

グループを構成しているのは5社。「(株)モノビット」はゲーム制作、VRの開発をしている。「モノビットエンジン(株)」では、通信ミドルウェアというゲーム関連ソフトウェアのライセンス販売事業を、「モリカトロン(株)」では、AIの開発、AIを使った品質管理事業を行っている。「(株)アボガド」は“地元でゲームを作ろう”をコンセプトにゲーム制作とVR開発をしており、高知市、山口市、宮崎市に拠点を持つ。
そして、グループ全体の管理やコーポレート部門を一括する「モノビット・モリカトロンホールディングス株式会社」だ。

同社は代表取締役社長の本城 嘉太郎氏が、19歳の頃に『Ultima Online(ウルティマオンライン)』 という世界初のMMORPG(多人数同時参加型のオンラインRPG)に出会って強い衝撃を受けたことをきっかけに創業された。

「(株)モノビットでは、プレイステーションやスマートフォン用ゲームの開発、VRの開発をしています。現在では90名ほどの社員がいて、神戸が本社で東京が支社です。2年前に神戸に本社を移しました。日本のほとんどのゲーム会社と取引があります。コンシュマーゲーム主流の時代からネットワークゲームの研究開発を続け、その成果を元に、2013年から『モノビットリアルタイム通信エンジン』を販売しました」(本城氏)

CEDEC(ゲーム業界の技術力向上と情報交流を促進するカンファレンス)での講演がトップクラスの評価を得て、CEDEC AWARDSの選考委員を務めるなど、モノビットの技術力の高さは広く知られている。加えてオンラインゲーム業界の技術を牽引するトップランナー・中嶋 謙互氏がCTOとして加わったことも話題となった。

モノビットは高い技術力をもって「世界で一番面白いゲームを創る」をコンセプトに事業を展開。
社名は「1ビット」の意味。1ビットにまで魂を込め、面白く、人を感動させる作品を作っていくという熱い想いを表している。

284296同グループはゲームをベースにした、VRやAI、ネットワークなどの各特定領域で成長を続けている。
277997代表取締役社長 本城 嘉太郎
ゲームに魅せられ、ゲームに用いられている技術を活用して世の中に価値を生み出そうとしている。
278011

ゲームなどエンタメ分野から産業分野まで、VR技術力で業界をリードする存在

モノビットモリカトロンホールディングス株式会社のグループ4社の事業のカギは「技術力」。同社を代表する技術のひとつであるVR関連製品について、本城氏は言う。

「KDDIと『Linkd-door』というタイトルを「東京ゲームショウ2016」で発表しました。これはゲームというよりVR体験デモです。電話がかかってきたら、VRグラスをかけてVR空間に入り、そこでコミュニケーションする近未来の世界を体験できるものです。当時の展示には、複数で同時に遊べるVRコンテンツがなかったため反響も大きく、テレビなどで多く取り上げられました」(本城氏)

同社のVR関連技術は、ゲームの領域以外でも注目を集め、産業分野でも利用されはじめている。

「自動車等の生産ライン製造では世界一といわれる平田機工(株)が、VRとモノビットリアルタイム通信エンジンを使って『CADVR』という産業用のVRソフトウェアを当社とともに開発しています。自動車の製造工場を作るとき、VR空間に製造機械等を配置して、世界各地の拠点からアクセスして設計を検討できる“遠隔工場設計システム”です」(本城氏)

他にも、産業分野では、サン電子のスマートグラス製品「AceReal」に同社製品が使われている。工場で作業員が研修を受けずに現場に入っても、スマートグラスを付ければ管制室から指示やマニュアルを視覚的に伝えられる。産業分野ではVRが注目を集めており、同社の技術を採用した企業への問い合わせは多いようだ。とはいえ、もともとオンラインゲームを得意としてきた同社。もちろんVR技術をエンターテインメントにも活用している。

「現在は高知(アボガド)でしか遊べませんが自社開発した『Trip Trap Travelers』という、多人数対応型脱出ゲームをリリースしています。また『バーチャルキャスト』(ドワンゴ)のVR空間でのコミュニケーションはすべて当社のエンジンで構築されています」(本城氏)

さらに、社内にVチューバー(Vtuber)用のスタジオを用意したり、高知市でVR体験スペースを運用したり、同社の施策は魅力的なものばかり。同社はこれからも、未来のテクノロジーを使って「VR空間で生活できる」世界を作り上げ、広めていきたいという

「VR空間にオフィスができたら、バーチャル出社ができるため物理的な移動が不要となり、遠方の人や子育て中の人も動くことができます。空間の制約を取り払うテクノロジーとして提供していきたいと考えています」(本城氏)

277994『東京ゲームショウ2016』に出展し、テレビなどのメディアに取り上げられたことも。高い技術力が強み。
278004AIやVRなどの最先端のテクノロジーを研究し、ゲームだけではなく様々な領域に適用したい考えだ。
278012

VRとAI、ネットワークの先端テクノロジーを用いて人々の生活を豊かにする

モノビットモリカトロンホールディングス株式会社の技術力を代表する技術として見逃せないのが AIだ。グループ内でAI分野を担うのはモリカトロン(株)である。モリカトロンは2017年8月に創立。創立メンバーに、プレイステーション用ソフト『がんばれ森川君2号』等を手がけたクリエイター森川 幸人氏がいることで話題となった。森川氏は、1990年代からAIのテクノロジーを前面に押し出したゲームデザインをすることで知られている。

「昨今、ゲーム業界でもAIを活用しなければという声が高まっています。欧米に比べると日本はAIのゲーム利用は遅れている面があります。そこをフォローしていきたい、森川が培ってきた技術を世界に広めたいという想いでモリカトロンを設立しました」(本城氏)

モリカトロンが手がける事業は大きくふたつある。ひとつ目が、AI研究開発事業だ。

「ゲームキャラクターが人間のような心を持って、我々と暮らしていけたらとても面白いと思いませんか? MMORPGでは、最終的にAIと人の見分けがつかない状態となってコミュニケーションしていくと考え、AIの研究に力を入れています」(本城氏)

もうひとつが、AIを用いた品質管理事業。同社が今後、注力していくジャンルでもある。

「この事業で“AIデバッグ”を進歩・進化させていきます。今後、IoT、自動運転など、あらゆるものにソフトウェアが組み込まれていきます。これまでは人手でソフトウェアテストをしていましたが、人手不足の時代になることもあり、AIの力を使って自動化していくべきではないかと考えています。当社はゲームのデバッグをスタート地点として、世の中のソフトウェアに拡大していきます」(本城氏)

優秀なデバッグ技術者の力と標準化した手順でテストする技法を組み合わせ、AIの機械学習を活用して自動化することで「最強のデバッグ事業」を作るのがコンセプトだ。モリカトロンでは、すでに『モリカテスター』というテスト自動化ソフトウェアを開発し、稼働させている。対戦ゲーム等を完全自動でテストすることができ、労力を革命的に削減することに成功したという。

このように、多様な技術を持つグループ企業4社からなるモノビットモリカトロンホールディングス。ゲームのテクノロジーを用いて人々の生活を豊かにし、エンターテインメントを通じて充実した人生を送れるようにするビジョンを持っている。グループ企業間の柔軟な横連携もあり、強力なシナジーを生み出し、活躍の場はすでにゲームを超えた広がりを見せている。今後、さらに羽ばたいていこうとしているのだ。

これまでにない新しいテクノロジーへ、エンターテインメントをベースに向き合っていきたい意欲がある人には、魅力的なグループだろう。

277027ゲームを超えて様々な領域に事業を広げようとしている同社。活躍できるフィールドは幅広い。
277033社内ではゲームができるスペースも。社員の交流のために一役買っているようだ。
277016

モノビット・モリカトロンホールディングス 株式会社に「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、モノビット・モリカトロンホールディングス 株式会社に興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 モノビット・モリカトロンホールディングス 株式会社
業界 マスコミ・エンターテイメント・メディア系 >  ゲーム・エンタメ
資本金 2,000万円
設立年月 2013年01月
代表者氏名 本城 嘉太郎
事業内容 1. ゲーム&VR事業
ネットワークゲーム(コンシューマ、スマートフォン)やVRコンテンツの受託や協業による開発と運営を行っています。

2. ミドルウェア事業
ネットワークミドルウェア『モノビットエンジン』の開発・運営・サポートを行っています。
従業員数 190人
本社所在地 東京都新宿区新宿 1-9-2 ナリコマHD新宿ビル 4F
277013

モノビット・モリカトロンホールディングス 株式会社資本金2,000万円設立年月日2013年01月従業員数190人

VR、AI、リアルタイム通信技術に強み!ゲームを核にした、新しい技術で未来を楽しいものにする最先端企業

この企業が募集している求人

282566
【東京】 ゲームディレクター募集
ゲームディレクター ※MB東京勤務

株式会社モノビットでのゲーム開発プロジェクトにおける、ディレクター業務をお任せします。 開発現場とコミュニケーションを図りながら、開発チームのパフォーマンスを最大化させるために必要なあらゆる業務を担当して頂きます。 【配属予定部署】 株式会社モノビット 東京オフィス 【具体的な業務内容】 ・ゲーム全体のクオリティコントロール ・開発スケジュール作成および管理 ・データ設...

277999
【QAツールプログラマ】ゲームAI専門会社の新事業、テスト事業部を支える仕事
QAツールプログラマ

【概要】 弊社代表の森川幸人は、未だ根強いファンのいる「がんばれ森川くん2号」や「アストロノーカ」を世に送り出した、ゲームAIの第一人者です。 20年以上のゲームAIの研究を基に、2017年に立ち上げた【ゲーム×AI】専門の会社がモリカトロン株式会社で、最新ゲームへのAIの技術提供や、ゲーム会社との共同研究開発を行っています。 そんな弊社が、これまでの経験を活かし、品質テスト事...

284292
【ゲームプログラマ】コンシューマーやVRなどジャンル多彩!快適なオフィスで心行くまでゲーム創り
ゲームプログラマ ※MB神戸勤務

【概要】 当社が開発を⼿がけるネットワークゲーム(コンシューマー・スマートフォン・VR)のプログラム開発をお任せします。 【具体的な仕事内容】 ■ネットワークを⽤いたゲームプログラミング ■UnityやUE4等でのスマートフォンからPS4等家庭⽤ゲーム機のクライアントサイドプログラミング ■⾃社製ネットワークエンジン「モノビットエンジン」を使ったリアルタイム同期型のオンラインゲ...

278006
【デバッグ部門(リーダー候補)】これまでの経験を活かす!正社員登用のチャンスもあります※京都勤務※
デバッグ部門(リーダー候補)※京都勤務※

【概要】 モリカトロン株式会社のテスト事業部にて デバッグ業務を統括するリーダーとして、デバッグ作業の計画、管理、チームのマネジメント業務 【具体的な仕事内容】 デバッグ業務のリーダーとして、テスト設計からチームメンバーへの指示・管理、デバッグ実務からアウトプットの作成や報告まで、担当案件のデバッグ業務の一連の流れを統括していただきます。

278006
【デバッグ部門(リーダー候補)】これまでの経験を活かす!正社員登用のチャンスもあります※東京勤務※
デバッグ部門(リーダー候補)※QA東京勤務※

【概要】 モリカトロン株式会社のテスト事業部にて デバッグ業務を統括するリーダーとして、デバッグ作業の計画、管理、チームのマネジメント業務 【具体的な仕事内容】 デバッグ業務のリーダーとして、テスト設計からチームメンバーへの指示・管理、デバッグ実務からアウトプットの作成や報告まで、担当案件のデバッグ業務の一連の流れを統括していただきます。

残り2求人をみる
Bnr sp354 6
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
半角英数字6文字以上、30文字以内
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×