お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 プリシラの企業情報

268896

株式会社 プリシラ

プロから選ばれるウィッグメーカー、パリコレ,ドラマ,映画への衣裳提供多数!

ウィッグメーカーから 『総合ヘアビューティーブランド』として、髪の健康と美をサポートする

株式会社プリシラは神戸市に本社を置くウィッグメーカーである。キッズ、ヤング、ミセス、シニア、全世代の女性を対象とし、医療用認定を受けた医療用ウィッグをはじめ、ロリータ・フラダンス・コスプレ等、幅広い用途に向けたアイテムを揃えたウィッグの総合ブランド『PRISILA(プリシラ)』を展開する。品揃えもフルウィッグから、ハーフウィッグ、前髪ウィッグ、テールウィッグ、エクステンションなどと幅広く、商品点数は1,000点以上に及ぶ。

1990年代以降、ウィッグは女性のファッションアイテムとして定着し、用途も多様に広がってきた。その分、メーカーや販売店の参入も増えているが、その中にあって同社製品は、素材やデザイン性、かぶり心地などを含めた品質の高さに定評がある。その品質の高さから、一般生活者のみならず、パリ・コレクションやニューヨークファッションウィーク等の世界的なファッションショーをはじめ、テレビや舞台、グラビアのモデル撮影などでも頻繁に採用されている。また、価格帯はがより広い層の生活者が購入しやすい金額に押さえられていることも特徴で、例えば大手メーカーが70万円で販売している商品と同等品質のウィッグなら10万円という破格値とも言える価格で提供されている。

1992年2月、アクセサリーを中心とした婦人雑貨の輸入卸業として同社は設立された。当時は、渋谷、原宿を中心にストリートファッションが隆盛を極め、コギャル文化が花開こうとしていた時期だ。その中でウィッグが流行し始め、同社の主軸商材となったことがウィッグメーカーとして発展するきっかけとなった。当初はあくまでヤング層に向けたファッションウィッグという位置づけの商品群であったが、その品質の高さと合理的な価格を背景に、徐々にミセス、シニアさらに抗がん剤治療中の患者など幅広い層へとユーザーが拡大していった。

そういった経緯の中、同社がビジネスコンセプトとして掲げてきたのが「ウィッグを文化にすること」である。それまでのウィッグは価格帯も高く、販売チャネルも限られていることもあって、使い始めるまでのハードルが高い製品だった。それをウィッグの専門店だけではなく、大手量販店のアクセサリー売場や大型雑貨店、ドラッグストアなど多様なチャネルに展開し、各売り場に合った価格帯の商品を流通させることで、誰にでも買いやすい環境を整えていったのである。薄毛隠し用や白髪隠し用の部分ウィッグをドラッグストアのフックで販売するという手法も同社が考案した。さらに1990年代末にはECもスタートさせるなど、単なる卸売業には留まることなく、自らが主体となった情報発信も行い、ウィッグ市場の拡大に貢献しながら成長を果たしてきたのである。

272756同社は、素材・品質・デザイン性に定評がある全世代の女性に送る創業26年目のウィッグブランドです。
268884パリコレやニューヨークファッションウィーク等の世界的なファッションショーをはじめテレビや舞台、雑誌などでも多く使用されている。
272764

「トータルヘアビューティーブランド」へとコンセプトを進化

現在、同社が企画・製造・販売する『PRISILA』ブランドの販売形態は、大きく分けると卸売りと直販の2形態である。卸売りでは、大型量販店のアクセサリー売場やドラッグストア、原宿のウィッグ専門店、大型雑貨店、手芸用品店など、幅広いチャネルを通して供給されている。一方の直販は、ECとサロンがあり、ECは自社サイトとSHOPリストの2店舗、サロンは大阪の梅田店、心斎橋店、東京の原宿店の3店舗を展開中だ。

卸売業からスタートしたこともあり、売上の中心は現在も卸売が軸となっている。しかし、ウィッグ市場が成熟するにつれ、ユーザーのニーズはさらに高度化、細分化しており、同社も従来の通り、商品を企画して流通させるだけでは、ユーザーニーズに応えることが難しくなってきた。そこで同社が2018年に新たに始動させたのが“プリシラビューティプロジェクト”だ。幅広い品揃えをする“ウィッグの総合ブランド”から、毛髪の健康と美をサポートし幅広いニーズに対応する “総合ヘアビューティーブランド”へとブランドコンセプトも進化させている。

具体的な取り組みとして、2018年10月に梅田サロンをリニューアル。心斎橋と原宿のサロンはターゲットがヤング層だが、梅田サロンはもともと医療用のユーザーを対象とし、サイズ調整からオーダーメイド、セミオーダーにも対応してきた。今回のリニューアルでは、自身の髪の毛に毛束をくくりつける増毛技術や、幹細胞培養上清液を使用した発毛・育毛といったメニューも揃えている。

育毛や増毛などのサービスを提供するサロンはこれまでにも存在していたが、価格帯を含め、誰もが気軽に足を運べる場所ではなかった。それに対しプリシラ梅田サロンでは、誰もが利用しやすいよう価格を下げ、『ホットペッパービューティ』から予約ができるようにするなど、一般のヘアサロン感覚で利用できるよう来店のハードルを下げている。しかも施術のレベルは競合に引けを取っていない。美容師免許を持ち、大手ウィッグメーカーが運営する店舗で経験を積んだプロフェッショナルが在籍し、施術を行っているのである。

営業企画部 企画部長・松岡智子氏が今後の展開について次のように語る。
「弊社が使うウィッグは5000円から10万円以上まで価格帯も様々で、あらゆる要望に応えることが出来ます。だからこそ病気の方が来られても、コスプレイヤーの方が来られても対応出来ます。それは他社にはまずできない弊社の強みです。加えて髪の毛のケアやウィッグのサイズ調整など何でも対応出来るというサービスもありません。“ウィッグを文化に”というビジョンは達成できたので、サロン事業で新しい文化を創っていきたいと考えています」(松岡氏)

269989最新医療機器が美容業界にまで進出。”GROTTI”で生プラセンタ・幹細胞培養上清液を導入するエイジングケアエステを梅田サロンで提供している。
269990幹細胞培養上清液を導入する発毛・育毛は驚きの満足度。気軽に足を運べる育毛や増毛サロンを目指す。
269991

品質の高い商品を扱っていることに対し誇りが持てることが魅力

今後“プリシラビューティプロジェクト”を発展させていくために重要性が増しているのが、発信力の強化だ。そのためにこれまで以上にWebの活用を推し進めて行く考えだ。

プリシラ社ではこれまでもWebを活用してEC事業の運営や、ブログを使ったウィッグに関する情報発信は行ってきたが、今後はさらにWebを活用したブランディングやプロモーションに戦略的に取り組んでいく必要がある。企画営業部にはWeb課があり、そこでサイト更新やマーケティングを含めたEC事業の運営、公式ブログの運営、さらにカタログやチラシなど各種宣材のDTP制作を担っているが、今後はさらにWebディレクターやWebデザイナーの増員を図り、企画課や営業課との連携を強めながら“プリシラビューティプロジェクト”のブランディングやプロモーション、さらに営業支援に携わって行く考えである。

2019年1月現在、Web課のメンバーは4名。課を牽引しているのはWebディレクター・粟田亜紀氏だ。2016年春にWebデザイナーとして入社して以降積極的に業務に携わってきたことが評価され、2018年夏以降からWebディレクターを兼ねるようになり、業務全体の管制塔的な役割を果たすようになった。その粟田氏が今後は企画側に近いプロデューサーとしての立場で業務を行っていくことになるため、粟田氏の後を引き継いで管制塔としてメンバーに指示が出せる人材を育成することがWeb課の重要課題となっている。

「現在、Web課のメンバーが少ないこともあり出来ていないことが沢山あります。“プリシラビューティプロジェクト”だけではなく、既存のEC事業を含め、もっと適切な形で情報を市場に届けていきたい。それがWebの担うべき役割だと考えています」(粟田氏)。
 
松岡氏が求める人物像を次のように語る。
「自立している人。粟田が考えていることを汲み取って、自分なりに判断してメンバーに指示を出せる人材の方がお互いに働きやすいはずです。ただし皆で一緒にやっていくので、決してハードルは高くありません。今後は課同士の垣根も低くしてさらに風通しを良くしていく方針です。弊社は誰かがこうしたいと言ったことに対してノーとは言いませんし、失敗してもやり直せば良いというのが基本的な考え方です。社風的にもさっぱりとしているので、自分なりにビジョンを持って動ける人ほど力は発揮できるでしょう」(松岡氏)

粟田氏は同社の魅力を“フラットな組織”だと語る。
「プリシラでは上流工程に興味があればすぐに携われるため、自分のアイデアや施策がダイレクトに反映されますし、その反応をダイレクトに感じることが出来ます。自分で発信したりアイデアを出して言ったりということが好きな方というのは、やりがいを見つけられる職場です。また、ウィッグが好きであることは必須ではありませんが、好きな方が楽しめると思います。変身できることがウィッグの魅力です」(粟田氏)。

ウィッグを必要としている人の多さや圧倒的に品質の高い商品を扱っていることに対し誇りが持てること、その商品の開発段階からユーザーに届けるところまで直に関われること、さらに地方都市にいながらにして新しい文化を発信していくこともやりがいに通じるだろう。ウィッグやWebに携わることが好きな人、チームメンバーと連携しながら1つのものを作り上げることに喜びを感じられる人にとってプリシラ社は魅力溢れる会社である。

272783今後“プリシラビューティプロジェクト”を発展させていくために、Web課の強化を図る。
272794ウィッグを必要としている人は多く、圧倒的に品質の高い商品を扱っている。Webを活用し、広く発信できる人を求める。
272779

株式会社 プリシラに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 プリシラに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 プリシラ
業界 製造・メーカー系 >  その他メーカー系
製造・メーカー系 >  化粧品・アパレル
企業の特徴
  • 自社サービス製品あり
  • 残業少なめ
資本金 1000万円
設立年月 1992年04月
代表者氏名 富澤武志
事業内容 ウィッグ、アクセサリーなどの輸入卸、企画、製造
従業員数 27人
本社所在地 兵庫県神戸市兵庫区西仲町1-18
268896

株式会社 プリシラ資本金1000万円設立年月日1992年04月従業員数27人

プロから選ばれるウィッグメーカー、パリコレ,ドラマ,映画への衣裳提供多数!

この企業が募集している求人

Bnr sp354 8
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
半角英数字6文字以上、30文字以内
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×