お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 オプティマの企業情報

269790

株式会社 オプティマ

『人と人をつなぐ、人間力創造企業』として未来を築くソフトウェア会社

1972年設立!第一線を走り続け、進化する老舗ソフトウェア会社

株式会社オプティマは、1972年に設立された独立系ソフトウェア会社。47期もの歴史と信頼を重ねてきた老舗として、官公庁、自治体、金融、医療、物流、その他の民需系など幅広いクライアントと取り引きをしている。そんな同社の特色を、代表取締役社長の森田宏樹氏に伺った。

「当社は、金融系の開発からスタートして、公共、自治体等社会の土台となる基盤事業を長年やってました。21世紀に入って、第二の創業期として、WEB系や民需系といわれるジャンル、また、SIerを通さないエンドユーザーとの直接取引に枠を拡げているところです。しっかりとした土台を築いた上で、新しい技術やビジネスに野心的にトライしていこうとしています。他のシステム会社と異なる点としては、自社で開発したパッケージを全国に展開して、販売、保守、運用をしていることや、AIはもちろん、SNSやスマートフォン、タブレット対応等にも着手していることが挙げられます」(森田氏)

昨今話題となっている、デジタルトランスフォーメーション等の最先端の技術も研究しつつ、既存事業の基幹系、バックオフィス系といったミッションクリティカルな業務をより深掘りしていこうというのが、同社の基本スタンス。加えて、長きにわたってノウハウ・信頼を蓄積してきたことが新たなチャンスを生み出している。

「これまでなら、大手が手がけていたようなことを、最近では当社に『やってくれないか』と声をかけていただくケースも増えています」(森田氏)

同社が長期にわたって第一線を走り続けてきた秘訣を伺った。

「会社の文化として、誠実な社員が多いということですね。クライアントに寄り添って信頼を得ることで長くやらせていただいています」(森田氏)

事実、SIerとしても、自社パッケージメーカーとしても、取引期間が20~30年を超えるクライアントが多い同社。東京都の20区以上に導入されている『福祉共済システム』等で、ミスが許されない、高い信頼性が必要とされるジャンルにしっかりと根付いて業務を展開している。

「当社の技術は多様性がありますので、クライアントも老舗の大企業からSNS等を駆使する今どきの企業まで幅が広く、それが強みにつながっています」(森田氏)

269988同社は、1972年に設立された実力派の独立系ソフトウェア会社だ。20~30年取引が続いているクライアントを抱えるなど、市場からの信頼感も抜群だ。
276933代表取締役社長 森田 宏樹氏
282432

「まだまだシステム化が及んでいない領域にソリューションを提供したい」という想い

これから、オプティマが目指す未来とはどのようなものだろうか。まず、直近の狙いから伺った。

「マルチSIer、マルチベンダー、マルチプラットフォーム、エンドユーザーという言葉を掲げて、多様なSIer、ベンダーと仕事をさせていただくことによって、当社は技術力やポテンシャルを磨いています。エンドユーザーと直接取り引きをすることで、ニーズが直接聞ける等勉強になりますし、責任感も高まります。そういう環境での仕事を増やすことで、社員の成長を促したいです」(森田氏)

その過程で、新たな技術にも貪欲に取り組んでいく構えだ。同社は証券会社や物流や食肉加工等で、インフラ業務にも参画している。グループ企業も含めて、関わっている業種・業務が幅広いため、社員は望めばさまざまな経験を積むことができる。

「今後はまだまだシステム化が及んでいない、ニッチなジャンルでソリューションやパッケージを提供できるようにしていきたいと考えています」(森田氏)

同社のこの先の成長イメージについても話を伺った。

「エンドユーザー企業、自治体といったクライアントにより近いところで仕事ができるようなポジションを得て、技術力、人間力を培って、前へと進んでいきたいですね。そういう意味では、上場も中長期の視野の中に入れています。社会からの信頼を得るという意味で通過しなければいけないところだと考えています」(森田氏)

“高齢化社会”等、社会構造の変化にも対応する準備を始めている。

「2020年以降、景気の揺り戻しはくると思うので、そこでどれだけ当社が選ばれるかという“残る強さ”を今のうちに作っておこうとしています。むやみに広げるというよりも、今は実力を身につけていくタイミングだと思っています」(森田氏)

アジャイル、機械学習という話題の技術についても、中長期的に注視して取り込んでいく構えをとっている。直接案件等でニーズに堅実に応えていくことがベースにあるという。

「無理なチャレンジ目標で背伸びしてバランスが崩れるよりは、しっかりと地に足のついた事業をやりながら、その中で新しいものを伸ばしていきたいですね。地道にヒットを狙っていく中で、ホームランは狙えれば狙うし、たまたま出ることもある…というスタンスです」(森田氏)

269795社員一人ひとりが主役となり、会社を成長させるための原動力と考えている。そのため社員の成長には注力をしているという。
269802今後は新たなフィールドへの進出を考えているという同社。企業や自治体と直接取り引きをし、より上流工程から関われる状況を目指す。
282431

『人と人をつなぐ、人間力創造企業』として、“人財”育成に注力し、未来へ

着実に歩みを進めるため、人材の育成に力を入れているオプティマ。同社では“人財”と表している。

「数年前に、中長期ビジョンを策定する中で作った標語が『人と人をつなぐ、人間力創造企業』です。当社もまだ足りていない点があることは自覚していますが、“人財”育成にフォーカスしています」(森田氏)

同社は、研修制度に力を入れている。同社では『ITコーディネータ』と『PMP(Project Management Professional)』を会社推奨資格としており、社員一人一人のスキルレベルやキャリアプランに合った研修を受講できる取り組みも2014年度よりスタートしている。

また、社員のケアも意識している。その一環として、社外で仕事をしている社員も多い同社では、帰属意識や仲間意識を形成する試みも進めている。不定期にミーティングや食事会を開催するほかに『年代別交流会』という、20代、30代、40代、50代ごとに各拠点から社員が集まる研修も開かれている。

「イベントとして『巡回キャラバン』も行っています。私や役員が各支店、部門ごとに事業状況や方針を説明しに行って、懇親会をしています。部会として月に一回、社員が帰社する制度もありますが、『巡回キャラバン』私が“社員の様子を見に行く”という感じです。直接会わないと分からない温度感があると思うので、そこは手を抜きたくないですね」(森田氏)

他に『オフ会』として、誕生日(月)や趣味で括ったイベントを開き、部門や年代、同部署メンバー以外との交流も促進している。和を深めることで前進力を高めるのが狙いだ。

「会社は、世の中の役に立つことによって対価をいただいているという視点からすると、社会にどう貢献し続けていくかが重要になってきます。その根幹となるのが“人の集団”です。私はよく“船”に見たてているのですが、船の中では怠けることができません。全員がオールで漕いで進んでいく集合体です。当社は会社のブランドや設備でクライアントに貢献している企業ではないので、一人一人が主役となり、推進力をもって前へ進めるようにしていきます」(森田氏)

長い歴史の上に安住することなく、着実な未来を創造しようとしている同社。じっくり腰を据えて、会社と自分自身の成長を実感していきたいという方は、同社の門を叩いてみてはいかがだろうか?

269794社員同士の仲は良好で、社内の雰囲気も明るい。交流会やイベントなども盛んに開催されており、働きやすい環境だ。
269803現在は金融から物流など、幅広い業種の企業のインフラ部分を担っている。関わっている案件が多く、様々な経験を積むことができるのが魅力。
269807

株式会社 オプティマに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 オプティマに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 オプティマ
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  システムインテグレータ・ソフトハウス
IT/Web・通信・インターネット系 >  ソフトウェア/パッケージベンダ
IT/Web・通信・インターネット系 >  ITコンサルティング
企業の特徴
  • 自社サービス製品あり
資本金 1億円
売上(3年分)
2018年 3月 期 2017年 3月 期 2016年 3月 期
3,547百万円 3,811百万円 3,712百万円
設立年月 1972年08月
代表者氏名 代表取締役社長 森田 宏樹
事業内容 システムの受託開発
システムインテグレーション・サービス
パッケージ・ソフトウェアの開発と販売
コンピュータおよび周辺機器の販売
VAR(付加価値再販)、カスタマイズ
コンピュータ・システムの指導、教育
労働者派遣事業
株式公開(証券取引所) 非上場
主要取引先 【行政関係】
 政府省庁
 全国都道府県
 政令指定都市
 市区町村
 第三セクター
 各種外郭団体

【金融関係】
 都市銀行
 地方銀行
 信用金庫
 信用組合
 労働金庫
 政府系金融機関

【一般企業】
 富士通株式会社
 富士通グループ
 パナソニックグループ
 NTTデータグループ
 双日グループ
 丸紅情報システムズ株式会社
 寺岡精工グループ
 MKIグループ
 アスクル株式会社
 株式会社CIJ
 日本システムウェア株式会社
 住電通信エンジニアリング株式会社
 株式会社NSD
 株式会社ジャステック
 アルフレッサ株式会社
 株式会社野村総合研究所  他
従業員数 352人
平均年齢 39.4歳
本社所在地 東京都品川区大崎3丁目5番2号 エステージ大崎 4F
269790

株式会社 オプティマ資本金1億円設立年月日1972年08月従業員数352人

『人と人をつなぐ、人間力創造企業』として未来を築くソフトウェア会社

この企業が募集している求人

269793
【金融系システムエンジニア(東京)】大手クライアントのプロジェクト-上流工程から携わることも可能!
金融系システムエンジニア(東京)

【概要】 金融系(銀行・クレジットカード)の大手クライアントのプロジェクトに参画して頂きます。ミッションとしては、富士通グループ金融部門とのビジネスを安定的に確保すると共に、技術・業務知識とチーム力で金融フィールドにおける業務領域拡大を目指しています。当社におけるビジネスの柱の主軸として、会社を支えるプロジェクト推進をしています。 【具体的な仕事内容】 銀行・クレジット関連の業務...

269794
【自社パッケージ製品導入SE(東京)】要件定義から開発、導入・保守まで一貫して担当できる!
自社パッケージ製品導入SE(東京)

【概要】 エンドユーザービジネスです。自治体、金融機関向けパッケージソフトウェアの導入を目指し、上流工程からの業務に携わります。顧客課題を分析し、最適なソリューションを提供することで、お客様からの評価を直接受けることが可能な非常にやりがいある仕事です。 【具体的な仕事内容】 福祉共済、融資斡旋、住宅統合管理、用度品管理など業界トップシェアを誇るパッケージ製品群の業務に従事していただ...

269805
【Webエンジニア(東京)】自社内開発あり。 プライム案件も急増中です!
Web系システムエンジニア・プログラマ(東京)

【概要】 IT業界の老舗企業で、富士通のコアパートナー認定企業として公共・金融分野にて長年実績をあげてきましたが、エンドユーザー・自社パッケージビジネスともう一本、更なる新しい柱としてビジネスソリューション事業が立ち上がりました。新たなクライアント獲得にも成功しており、新規案件の依頼が日々寄せられているため、長期的な成長を見据え、戦略的に「人財」の募集を開始しました。 【具体的な仕事...

269794
【業務系システムエンジニア(公共系)(東京・神奈川)】自治体向けプロジェクト- 上流工程から携わる事も可能!
業務系システムエンジニア(公共系)(東京・神奈川)

【概要】 自治体向けのプロジェクトに参画し、設計から運用保守等を担当して頂きます。 【具体的な仕事内容】 主に汎用系/COBOLまたはJavaでの開発を行って頂きます。これまでの経験やスキルに応じて、リーダーとしてメンバーの取りまとめ等もお任せします。 顧客に入り込み、長期でやり取りをしながら開発に携わる事が多いため、お客様の業務を理解しながら提案・折衝を行う機会も多い環境です...

残り1求人をみる
Bnr sp354 4
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×