お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

ファンズ株式会社(旧クラウドポート)の企業情報

332498

ファンズ株式会社(旧クラウドポート)

【新規事業】FinTech領域で急成長する貸付投資のスタートアップ<イノベーション企業としてWBS放映 / IVS2019優勝>

資産形成したい個人と事業資金を借りたい企業をつなぐ貸付投資のオンラインマーケット「Funds(ファンズ)」を運営

▼Fundsとは
Fundsは、資産形成したい個人と事業資金を借りたい企業をつなぐ貸付投資のオンラインマーケットだ。 当社の定める選定基準をクリアした上場企業などが、自社グループの事業に必要な資金を調達する目的でファンドを組成し、それに対して個人が少額(1円〜)から出資し分配金を得ることができる。

アイフル株式会社や大阪王将を展開する株式会社イートアンドなど、複数の上場企業が当社プラットフォームを利用し、これまでに15本のファンドを公開、約11億6,800万円を調達している。その多くが、ファンド公開と同時に数分で満額を達成していることも、「Funds」の大きな特徴である。

同社代表の藤田氏は、「Fundsの提供を通じて、より多くの方が、簡単・気軽に”貸付投資”に参加できるようにすることで、資産形成の裾野を広げていきます。これまでに無い新しいミドルリスク・ミドルリターンへの投資機会を創出し「貯蓄から投資へ」の新しい流れを生み出していきたいと考えています。」と話す。

332512代表取締役:藤田 雄一郎氏(右)
ソーシャルレンディングの運営経験を生かし、同社を2016年に創業。過去に自分の会社を創業しバイアウトした経験を持つ。
共同創業者取締役:柴田 陽氏(左)
2013年来店促進アプリ「スマポ」を楽天にバイアウト。日本交通のタクシー配車アプリ、バーコード価格比較アプリ「ショッピッ」など、数々のWebサービスを立ち上げた実績を有する。
332547風通しよく意見交換ができるフラットな組織づくりを推進している。
332543

目指すは、国民的な資産形成サービス。優良企業の成長を後押しする、新しい資金調達チャネルとして定着するのがゴール。

同社は、国内最大の融資型クラウドファンディングのメディアとして2016年に創業し、2019年1月には日本初となる貸付投資のオンラインマーケット「Funds(ファンズ)」をリリースしました。ファンド組成企業が資金調達を成功させると、同社に対して調達資金の数%が手数料として支払われるという成果報酬型のビジネスモデルで、投資家側の手数料は完全無料。上場企業の信用(クレジット)に投資できる「貸付ファンド」が組成できるオンラインマーケットという画期的なビジネスモデルが評価され、数々のスタートアップのピッチコンテストで受賞している。

日本国内の個人向け社債は、社債発行額全体の4%(2017)と極めて少なく、たとえ信用力の高い企業であっても事業会社にとって個人から直接調達する方法は株式に偏重している。 「Funds」は、個人に対してミドルリスクミドルリターンのFixed Income商品をオンラインで手軽に提供するとともに、信用力の高い企業の株式以外の調達手段となることをゴールとしているのだという。

経営陣は過去に会社売却経験のある連続起業家であり、金融およびスタートアップ出身の優秀なエンジニア、デザイナー、弁護士や会計士、コンプライアンスオフィサーを擁している。 2018年3月にはシリーズA(約3億円)、2019年にはシリーズB(約7億円)を調達し、大手企業との業務提携も次々と発表。2020年1月には「未来の不安に、まだない答えを」を新たなMissionに掲げ、社名を「ファンズ株式会社」へ変更し、事業拡大に向けて全力でアクセルを踏むフェーズにあるといえる。

「今、貸付投資の投資家は、国内で数万人と言われています。その規模を拡大し、業界への貢献を目指しています。日常的に使えるサービスを提供し、いずれは貸付投資のインフラ、国民的な資産運用サービスになりたい」と代表の藤田氏は目標を語ってくれた。

332545エンジニアは全員がスタートアップ経験のある少数精鋭のメンバー。未踏認定クリエイターを含め、グローバル企業のコアとなるWebサービスの開発者も。
332546事業拡大に向けて、組織一丸となって事業開発が進められている。
332549

リモートワークもOK!リフレッシュできるカフェスペースなど、メンバーの効率化を目指す

同社のメンバーの平均年齢は30歳前後。いずれも精鋭メンバーのため、社内にはプロフェッショナル同士の信頼に裏打ちされた自由さがある。藤田氏も、誰かが独裁的にリーダーシップを発揮するのではなく、それぞれの分野で専門性を発揮し、自立運営できるように、フラットな組織を目指している。

そのため、組織運営にも、メンバーのさまざまな意見や提案が反映されている。特に、今はスピードが重視されるスタートアップの時期。業務の効率化のために、最新のコミュニケーションツールの導入や、ムダな業務の徹底的な排除などを行い、日々、組織運営を洗練している。勤務時間も自己裁量に任せているが、メンバー全員が効率を重視。決められた時間でパフォーマンスを発揮し、夜遅くまで働くケースは少ない。

オフィス自体にも自由な雰囲気がある。オフィスに入ってすぐにオープンなカフェスペースがあるほか、オフィスの一角には、なんとトレーニングマシンを設置。いつでもリフレッシュできる環境となっている。「椅子としてバランスボールを持ち込んでも構いません。外のカフェでのリモートワークもOKです」と藤田氏。メンバーが働きやすくなり、業務効率が上がるなら、決まった型にはこだわらない姿勢である。

メンバー同士の関係も良好だ。ときおり、デスク越しに穏やかに談笑するメンバーの姿も見受けられた。また、「隔週に1度のランチは全員で外食する」というユニークなルールもある。それもメンバーの距離を縮めるために一役買っているようだ。

このように自由な雰囲気の中、大きな裁量を持ち、新しい事業分野に挑戦できること、それがメンバーのやりがいとなっているのは間違いない。「特にFinTechは、世の中的にも注目されている領域。メンバーは、『自分たちが大きなことをやってやるんだ』という期待感があると思います」と藤田氏は語る。

事業としては、今ある上場企業中心のサービスに加え、未上場企業を支援できる仕組みや、他のFintech企業との新サービス創出も検討中。市場の伸びを見る限り、その躍進はしばらく留まりそうもない。

「フロンティアの市場開拓は、エキサイティングです。そして、スタートアップをつくるのもおもしろい。今の当社は、この2つを味わえる絶好のタイミング。こんな環境は、なかなかありません。同じ夢を持つ仲間をもっと増やし、一緒に頑張っていけたらと思います」と藤田氏。静かな口調とは裏腹に、熱い思いが言葉にこもっていた。

332540オフィス内に談笑できるカフェスペースも。気心が知れているので、集まれば会話も弾む。
332548さまざまな才能を持つメンバーが、新しい挑戦への期待感に胸を膨らませている。
332541

ファンズ株式会社(旧クラウドポート)に「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、ファンズ株式会社(旧クラウドポート)に興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 ファンズ株式会社(旧クラウドポート)
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
金融・保険系 >  その他金融・保険系
企業の特徴
  • 上場を目指す
  • 自社サービス製品あり
  • シェアトップクラス
資本金 300,000千円
設立年月 2016年11月
代表者氏名 代表取締役 藤田 雄一郎
事業内容 金融商品取引業
インターネットによる情報サービス業
主要株主 B DASH VENTURES株式会社、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ株式会社、グローバル・ブレイン株式会社、伊藤忠商事株式会社、SV-FINTECH Fund、みずほキャピタル株式会社、AG キャピタル株式会社、三菱UFJキャピタル株式会社、auカブコム証券株式会社
従業員数 30人
平均年齢 32.0歳
本社所在地 東京都港区西麻布3-2-1 北辰ビル 7F
332498

ファンズ株式会社(旧クラウドポート)資本金300,000千円設立年月日2016年11月従業員数30人

【新規事業】FinTech領域で急成長する貸付投資のスタートアップ<イノベーション企業としてWBS放映 / IVS2019優勝>

この企業が募集している求人

Bnr sp354 4
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
半角英数字6文字以上、30文字以内
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×