転職サイトGreen(グリーン)
ログイン会員登録
転職サイトGreen(グリーン)

勤務地

年収
ログイン会員登録
企業トップ画像
企業トップ画像
企業トップ画像

アバナード株式会社

  • IT/Web・通信・インターネット系

マイクロソフトとアクセンチュアの戦略的合弁企業としてデジタルイノベーションを提供!

外資系
グローバルに活動
カジュアル面談歓迎

企業について

新時代のデジタル技術を通じて、クライアントのビジネスやサービスにイノベーションを実現している、アバナード株式会社。世界最大級のコンサルティングファームであるアクセンチュアと、世界最大級のソフトウェアベンダーであるマイクロソフトの戦略的合弁企業として2000年にスタートした。

本拠地はアメリカのシアトルにあり、世界26ヶ国約5万8000名の人材を擁し、4,000社強・1万件以上のプロジェクトを手がけている。その日本法人は2005年に設立され、2022年8月現在、約800名以上を擁して国内でサービスを展開している。

同社が提供するソリューションは、デジタル、モダンITと呼ばれるIT施策・基盤の最新化、そしてビジネスアプリケーション(ERP&CRM)に大別される。アバナードの最大の強みは、全世界に圧倒的に普及しているWindows OSを提供しているマイクロソフトのテクノロジーと、アクセンチュアのコンサルティングアプローチを融合したハイブリッド性にある。この両社で培われたテクノロジーやフレームワークを応用した、プロジェクトの実績やアバナード独自のアセットが、最強の武器となっているのだ。

「アバナードには『Avanade Marketplace.com』という社員向けサイトがあり、そこには日々、世界中の仲間がつくったソリューションがアップされています。我々が『オファリング』と呼ぶソリューションはベースであり、それを顧客の状況に適合させていくのがこの仕事の醍醐味といえます。日本のデジタル活用は欧米から遅れています。海外事例を日本の顧客にぶつけて刺激を与え、新しいアイデアを生み出しているのです」とシニアディレクターの和田玄氏は説明する。

従来は、SEがクライアントの現場の課題をヒアリングし、ソリューションを練り上げてシステム構築し導入すれば、現状の課題を解決させることはできた。しかし、AIやIoTなどデジタル技術が格段の進化を遂げている今、既存のビジネスの置き換えでは、顧客にイノベーションをもたらすことは難しい。

「我々は、最先端のテクノロジーや自社のアセットを用いて、ビジネスやサービスをつくりあげる、これまでの顧客の考えを超えた提案が可能です」と和田氏。
「マイクロソフトには、世界初の自己完結型ホログラフィックコンピュータである『HoloLens』や、ジェスチャーや音声認識によって操作ができるデバイスの『Kinect』をはじめとして数々のテクノロジーがあります。これらを組み合わせることで、今までとは違う、新しいソリューションをつくることができます」とディレクターの工藤雄玄氏は補足する。

さらに、マイクロソフトはインターフェースを公開して、あらゆるところと“コネクト”する方向で進んでいるので、同社製のアプリケーションやデバイスしか用いないといった排他的制約もありません。
「むしろ『ここはマイクロソフトの製品ではない方がいい』とさえ提案する客観性を持っており、そのことがお客様からの信頼性に結び付いているといえます」と工藤氏は強調する。

アバナードがアメリカで設立された2000年頃のマイクロソフトは、「Windows」と「Office」でマーケットで90%以上のシェアを誇っていたが、企業システム領域にはあまり斬り込めていなかった。関連するパートナー企業を含めた“エコシステム”を形成しビジネスを広げていく戦略を選択することになるマイクロソフトは、企業システムの領域に斬り込んでいくために、コンサルティングファーム最大手のアクセンチュアと連携することを決断。アバナードが設立されることになる。

「以来、アバナードの役割はマイクロソフトの方向性に合わせて、絶えず進化していると言えます」と和田氏。当初は、マイクロソフトのテクノロジーを業務システムに採用してもらうことが主要なミッションであったが、マイクロソフトがOSやMS Officeだけでなく、テクノロジーを活用したソリューションの提供に力を入れるようになると、アバナードもクライアントのパートナーとしてソリューション提供に取り組むようになる。さらに、マイクロソフトが「Azure」をリリースしてクラウドに力を入れ始めると、アバナードもクラウドの導入でクライアントにイノベーションを起こす提案を始めるようになった。

「つまり、常に時代の先頭に立ち、最先端のテクノロジーを用いて顧客のビジネスやサービスそのものを刷新する役割を担い続けているのです。アバナードの規模は、アクセンチュアの規模と比べると、常に20分の1の程度の規模で推移しています。しかし、その20分の1は最先端の固まりであり、そのレベルにおいてはどこにも負けないと自負しています」。(和田氏)

「アクセンチュアと違う強みとしては、マイクロソフトのテクノロジーを適用させやすい業界にフォーカスし、10年後、さらに20年先を見据えて今変えるべきビジネスのあり方を提示して、そこに向かうための具体的なアプローチと施策を提案する力があるところです。よくある、SIerにコンサルティング機能を乗せたサービスとは一線を画しています」と工藤氏は言う。

同社の組織運営においては、顧客やマーケットからのニーズに対応してオファリングを整備し、プロジェクトを推進していくミッションを担う「マーケットユニット」と、“ストラテジー”、“アナリティクス”、“ソフトウェア・エンジニアリング”、そして“インフラストラクチャー”といった専門領域ごとに人材をプールして育成を図っていく「タレントコミュニティ」が存在している。同社では、常に3年後にはどんなスペシャリティを持った人材が必要となるかを想定した組織構想があり、採用や育成の指針としているという。

そのタレントコミュニティの横断的な運営責任者として、採用やトレーニングにも携わっている和田氏は次のように説明する。
「マーケットユニットから、プロジェクトに必要なメンバーアサインの要請が私のところに入ってきます。私は、プロジェクトリーダーや各タレントコミュニティのリーダーと相談しつつ、そのプロジェクトがキャリア向上の機会として最も適合するメンバーをアサインしています。」(和田氏)
アサインされたメンバーは、プロジェクトを通じて顧客に貢献し、その一方で、タレントコミュニティのメンバーとしてリーダーから様々なアドバイスやフォローアップを受けて成長を図っていくといった構図だ。
「タレントコミュニティでは、誰でもいつでも自由に発言できます。下のメンバーからリーダーに意見をすることもウェルカムという、フラットな環境があります。刺激的だと思いますね」とストラテジーのリーダーである工藤氏は言う。

全社のビジネス状況の共有やタレントコミュニティごとの活動計画策定、全社員の親睦の機会として、9月から始まる新年度の頭に合宿を実施している。
「今年は、千葉のホテルで、夜は大広間にお膳を並べ、浴衣を着て大宴会を行いました(笑)。お酌の強制といった話はもちろんありません。ひとりひとりが他の社員と交流し、興味のあるトピックで話をしていました。大いに盛り上がり、事後アンケートでも好評でしたね」。(和田氏)

そのほか、四半期ごとを目途に定期的な全社ミーティングも開催されており、「テクノロジー紹介」「ビジネス状況のアップデート」「新人との交流」などといったテーマでセッションが実施される。
なお、社内は日本語が公用語だが、「海外のエキスパートがプロジェクト支援のために来日することもあり、その場合は英語でコミュニケーションしている」と工藤氏。ただし、常にチームとして活動しているので、必ずしも全メンバーが英語に習熟している必要はない。

「社風として、何が顧客のためになるのか、どうすればゴールたどり着くのか、を考えながら行動することを評価していますので、余計な配慮などをする必要はなく、仕事をやりやすい環境だと思います」(和田氏)
「そういう環境ですから、臆することなくプロアクティブに行動できる方なら、どなたでも活躍してもらえると思います」と工藤氏は呼びかける。

アバナードでは下記のような方が活躍しています。
・相手を尊重したコミュニケーションが取れる方
・Technical Passionを持っている方
・指示待ち・言われた通りに作業するだけでなく、提案型アプローチができる方
・自身のやりたいこと、将来のビジョンに向かって具体的な行動を起こせる方
・変化に柔軟に対応できる方
・他者と差別化できる自分の武器を持っている方

是非、弊社の一員になりませんか!

募集している求人

エンジニア・技術職(システム/ネットワーク)の求人(27件)

すべて見る

専門職(金融/不動産/コンサルタント/士業)の求人(1件)


企画・マーケティング職の求人(1件)

インタビュー

アバナード株式会社のインタビュー写真
代表取締役 鈴木淳一氏

── アバナードとは?

アクセンチュアとマイクロソフトのジョイントベンチャーとして2000年にシアトルで誕生しました。世界26か国、60,000人の従業員がいます。日本法人は今年で18年目になります。 続きを読む

社員の声

すべて見る

求職者の声

企業情報

会社名

アバナード株式会社

業界

IT/Web・通信・インターネット系 > システムインテグレータ・ソフトハウス

IT/Web・通信・インターネット系 > インターネット/Webサービス・ASP

IT/Web・通信・インターネット系 > ITコンサルティング

企業の特徴
外資系、グローバルに活動、カジュアル面談歓迎
資本金

8,500万円

設立年月

2005年07月

代表者氏名

代表取締役 鈴木 淳一

事業内容

テクノロジーサービス(ITコンサルティング、システム・インテグレーション)

株式公開(証券取引所)

非上場

従業員数

800人

平均年齢

35.6歳

本社住所

東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー9F

この企業と同じ業界の企業

この企業と同じ業界の企業:株式会社 シスラボ
株式会社 シスラボ
株式会社 シスラボ
無料登録して話を聞いてみたい
👋
アバナード株式会社に興味を持ったら、まずは一度気軽に話を聞いてみませんか?
無料登録して話を聞いてみたい
掲載をお考えの企業様
IT転職に強い求人サイト Green
Copyright© Atrae, Inc. All Right Reserved.
  • 転職サイトGreen
  •  
  • IT/Web・通信・インターネット系
  •  
  • システムインテグレータ・ソフトハウス
  •  
  • アバナード株式会社の中途採用/求人/転職情報
  •