お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

フューチャーインスペース 株式会社の企業情報

259250

フューチャーインスペース 株式会社

【フューチャーグループ】プライム案件率 99.4% 大手企業と直取引! 一気通貫で顧客のビジネスの成長を支える!

ITコンサルファームと戦略をともにし、システム開発・保守・運用を一気通貫で担う。

フューチャーインスペース株式会社は、東証一部上場のフューチャーグループ傘下で、システムアウトソーシング及びシステムインテグレーションを中核事業とする企業だ。

第一の特徴は、ITコンサルティングファームであるフューチャーアーキテクトと戦略をともにしているところにある。1つの顧客にたいして両社が協働しながら、最新技術を用いて大規模システムを納め、システムを安定稼働させながら改善を継続することで、顧客のビジネスの成長を永続的に支える。

フューチャーインスペースのみに注目すると、主な事業内容はシステムの設計、開発、運用・保守である。もともとフューチャーインスペースは、運用・保守のフェーズを担う会社としてスタートした。
「しかし1年ほどたち、品質のいいサービスを提供できたという手応えから、運用・保守だけでなく、その知見を生かして前行程の要件定義や開発から入るようになりました。実績値に基づく改善提案を行うことで、お客様にとってより使いやすく、運用保守もしやすいシステムをつくることができます」と同社コーポレート本部の久保 和美氏は語る。

顧客の業種はさまざまで、製造業、流通業、サービス業、金融業がそれぞれ4分の1ずつを占める。二次請け、三次請けは行わず全て元請けで、大手企業とも直接やりとりしながら仕事を進めていくスタイルだ。拠点は東京、大阪、大分にあり、基本的に客先常駐は行わず、自社勤務である。

同社の前身となったのはアセンディアという会社だ。アセンディアのメンバーとフューチャーアーキテクト内で運用保守を担当していたチームが1つになり、フューチャーインスペースという名で2014年10月にリスタートを切った。当時の社員は156名、そこから約4年で300名弱まで拡大し、経常利益も倍増ペースである。

強みとなっているのは、やはりITコンサルティングファームと戦略をともにし、顧客の経営課題抽出から設計、開発、保守、運用までを一気通貫で担えるという点だ。
「だからこそ、この規模の会社であっても、大手企業様の基幹システムに携わることができているとも言えます」(久保氏)

259259

想像力×解決力×技術力で顧客企業の成長にコミット!

若く伸び盛りの企業とあって、入社したばかりの若手であってもポストが与えられやすい環境がある。「やりたいことがあれば、どんどんチャレンジを」「チャンスが欲しいという人間には『必ず』与える」と代表取締役の江幡 剛氏が約束するほどだ。

「社員1人ひとりのキャリアを大事にする会社でありたいと考えています。雇用を守るのはもちろんですが、社員が『こんな仕事がしたい』と声をあげれば、それを実現させようと社長、事業部長、リーダーらが動く。会社からポジションを与えるというよりも、『やりたい』という声に対して、どうぞ、と差し出す。そんな会社です」(久保氏)

もっとも、現状では売り上げ増のペースにマンパワーが追いついていない。これを解消するべく、今後はキャリア中途のみで年間100名を見込んでいるというから、かなりのハイペースだ。運用保守を担うメンバーはもちろんのこと、その知見を生かし設計、開発も任せられる人材がターゲット。技術のレイヤーも幅広く、インフラからアプリまでの全領域を顧客に提供する必要がある。

「インフラのエンジニアというと普通、サーバだけ、ネットワークだけのスペシャリストになりがちですが、当社はまず運用、保守を大事にしている会社ですから、障害が起きた時に『ネットワークしか知りません』では対応が難しいことがあります。アプリのエンジニアであってもインフラに、インフラのエンジニアであってもアプリに関心を持ち、技術の幅を広げたいという人を応援しようと思っています」(久保氏)

増え続けていくキャリア採用者の戦力化を早めようと、新たな教育体制も整備中だ。フューチャーアーキテクトで新技術開発を進めるメンバーを講師に招いての技術研修も行っている。ただし、同社が武器とするのは技術力だけではない。肝心なのは「想像力×解決力×技術力」という掛け合わせなのである。

「想像力というのは、お客様が求めているものは何か、未来がどうなるのかを想像する力。解決力は、すぐに答えが見つからない問題に対しても自ら学び、考え、解決に導いていく力。そして最後に技術力です。当然、エンジニアであれば、技術が必要だと思えば自ら勉強できるはず。ですから面接においても、想像力、解決力があるかどうかを特に見極めたい。過去の職歴を聞く際も、何をしてきたかよりも、どんな意図、どんな思いで仕事をしてきたかを聞くようにしています」(久保氏)

180463

経営陣や管理職との距離が近く、立ち場によらずコミュニケーションが活発な風土。

社風について尋ねると、誰に聞いても「仲がいい」という答えが返ってくる。社長と社員の距離、リーダーとメンバーの距離が近く、立ち場によらずコミュニケーションが活発だ。「おそらくそれは、事業部長どうしの距離が近い、というのが大きな理由になっていると思います」と久保氏はいう。

日常、特定の顧客企業に対して運用チームの事業部長、開発保守チームの事業部長、インフラチームの事業部長が協力しながら、サービスを提供している。常にコミュニケーションを密にし、協力し合わなければよい仕事ができない。そう考える文化が根付いている。

また、事業部長がフューチャーアーキテクトからの出向メンバーが占めていることも要因だという。コンサルらしく合理性重視であり、スピード重視。それが顧客のためになっており、社員がやりたいことがあるならどんな意見も受け入れる。社員が望めば異動も柔軟であり、バックアップを惜しまない。事業部長がそのスタンスだからこそ、それ以下のメンバーも同じようなスタンスになるのだろう。

さらには、「いい人たちしか集まらない会社」という声もある。
「利己的な人間だと運用保守の仕事はできないからだと思うのです。夜遅くに電話がかかってくることもありますし、自分個人の責任でもないところで障害を解決しなければならない場合もあります。そのためには自分のためよりお客様のため、そういう他者に貢献する気持ちが必要ですし、自分の成長『だけ』を追う人には務まりません。むしろ、誰かが成長すれば自分の仕事も楽になると考える。だからいつも協力し合いますし、新しく入社した人には早く即戦力になってもらいたいと願っている。ひいてはそれが品質の高いものをお客様に提供することになるのだと思うのです」(久保氏)

180461社員が『こんな仕事がしたい』と声をあげれば、それを実現させようと社長、事業部長、リーダーらが動く風土だ。
273555代表取締役 江幡剛
社長と社員の距離、リーダーとメンバーの距離が近く、立ち場によらずコミュニケーションが活発だ。
259257

フューチャーインスペース 株式会社に「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、フューチャーインスペース 株式会社に興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 フューチャーインスペース 株式会社
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  システムインテグレータ・ソフトハウス
IT/Web・通信・インターネット系 >  ITコンサルティング
IT/Web・通信・インターネット系 >  ソフトウェア/パッケージベンダ
資本金 8,370万円
売上(3年分)
2017年 12月 期 2016年 12月 期
28億4千万円 23億4千万円
設立年月 2014年10月
代表者氏名 代表取締役社長 江幡 剛
事業内容 システムインテグレーションサービス
システムアウトソーシングサービス
ITコンサルティングサービス
株式公開(証券取引所) 非上場
従業員数 277人
本社所在地 東京都品川区大崎2-9-3 大崎ウエストシティビル
259250

フューチャーインスペース 株式会社資本金8,370万円設立年月日2014年10月従業員数277人

【フューチャーグループ】プライム案件率 99.4% 大手企業と直取引! 一気通貫で顧客のビジネスの成長を支える!

After covid19 bottom
×