お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 オープントーンの企業情報

117619

株式会社 オープントーン

100%直請けの環境でユーザーとの対話を通してITソリューションを開発。生み出したものが役立つ実感を!生産性とワークライフバランスも意識した環境!!

銀行や大手企業に直接対する提案力と開発まですべてカバーする技術力の両輪が強み。自社ソリューションにも尽力

主にWebを用いた金融機関や一般事業会社の業務系システムの受託開発、および自社サービスであるICタイムリコーダーの開発・販売を手がける、株式会社オープントーン。
社員数50名程度の規模でクライアント直取引100%というところに、実力や「クライアントと同じ方向を向きたい」という経営理念が現れている会社だ。

同社の特長は、品質要求が厳しく、高度な業務専門性を持つ、金融機関や石油プラント関連、医療など社会インフラにかかわるミッションクリティカルなシステムを受注・構築する、提案から開発までのワンストップサービス。
具体的に手がけているシステムは、いわゆるネットバンキングに始まり、銀行員が日々使う口座管理システムや、預金者がスマートフォンと免許証で本人確認業務が可能なサービスなど。いずれもWebという先端性に加え、24時間365日ノンストップというミッション・クリティカルなもので、かつ高度なセキュリティ性が要求される。一見地味でも重要な開発作業を着実に遂行する力が評価されている。
同時に中小企業の基幹システムなども多数受注。顧客企業のビジネス全体によりそい提案を行う。
「社会を支えるシステムに強いといえるかもしれませんね」と佐藤大輔社長は言う。

そんな同社のもう一つの強みは、提案力にある。 同時に、大手ベンダーを向こうに回しながら、遜色の無い信頼性を持ち、受注にいたる、高く評価される技術的先進性や自由なアイディア。
クライアントのニーズに対し、大手SIerが手を出したがらない最新技術にも積極的にアプローチするとともに、“まずつくってみる”というアジャイルな姿勢がある。プロトタイプをつくって提案し、実際に使ってみた結果をフットワークよく修正するといった柔軟なスタンスがウリだ。特に大手に比べて「この件はA社に。」「ここから先は提案の範囲外です」と安易に言わず、顧客に最善なアプローチを探し続ける。


具体的には「大手SIerは、比較的リスクのある最新技術には腰が引けがちです。かつ、途中での変更や修正は、いちいち見積もりの確認や交渉、再契約などの手続きが必要と硬直的です。それに対し、当社はかなり柔軟に対応しています」
また、何かの問題が生じた際、大手SIerは「それはOSの問題」「それはサーバーの問題」と直接の対応を避ける傾向がある。そういった問題に対しても、同社はクライアントに代わって積極的に対応する。

「なぜならば、当社の目的の第一義は、お客様の成果を上げることだからです。多くの大手SIerが、自社の利益や手続きを遵守することが第一義であるのとは決定的に違います」と佐藤社長は力説する。

同時に自社のソリューション提供にも会社の使命として取り組む。
SIerとしての受託事業はどうしても企業のリソース(社員数など開発体制の規模)と事業の成長が密接にリンクしてしまう。
その結果、社員の待遇の改善は無論、新サービスを生み出す研究開発などの余力を持つためには、どんどん社員数という意味で巨大企業になっていく必要がある。
「「ITエンジニアリングをライフワークにする」という当社の目的の達成のためにも自社のソリューションを強化して企業のリソースと事業成長の関連性を切り離す必要があります。」と今後の方針について強く語る。
さらに、オープントーンの顧客企業には名だたる大企業が多いのは事実だ。しかし、そうした潤沢なIT予算を持つ会社は決して多くは無い。もともと大手SIベンダー出身の佐藤社長はIT予算のある大手にばかり向く大手SIベンダーの姿勢にも疑問を持つ。
そのため、13年もの間、品質要求が厳しく、高度な業務専門性を持つ数百のプロジェクトを成功させたノウハウを「安く・小さく・簡単に」して世に送り出すのも会社の使命としている。
その結果生み出されたのはICタイムリコーダーで、本製品も当初は、世界的大手企業のイベントの何万人もの来場者に対するICを用いた入退場管理システムであった。

ICタイムリコーダーは、月額150円/人という低価格とオプションの豊富さ、利便性がウリ。2015年7月現在、300社ほどが導入している。このビジネスを手がけているのは、“人月ビジネス”の受託開発とは別のビジネスモデルを併存させることで収益ポートフォリオを多様化し、経営の安定化を図るねらいがある。「とはいえまだまだ300社。今後も販売に力を入れていく」と佐藤社長は意気込む。
既に次のソリューションとして預金者がスマートフォンと免許証で本人確認業務が可能なサービス「本人確認.com」も発表した。
今後の展開もSIerやITエンジニアリング業界に一石を投じる活動に目が離せない企業である。

117542代表取締役 佐藤大輔 氏
難易度の高い金融分野に強みを発揮する同社。銀行員が日々使う口座管理システムなど24時間365日ノンストップというミッション・クリティカルで、高度なセキュリティ性が要求される案件をメインで扱う
117540提案力も同社の強み。クライアントのニーズに対し、大手SIerが手を出したがらない最新技術にも積極的にアプローチし、“まずつくってみる”という姿勢で取り組んでいる。
117548

経営ポリシーは“お客様と同じ方向を向く”

佐藤社長は以前、エンジニアとして金融機関のシステム開発を数多く手がける大手SIerに在籍。「システム開発プロセスにはムダが多く、もっと効率化できると考えていました。また、先進技術にももっと積極的にアプローチすべきなのにできない現状に歯がゆさを感じていました」と述懐する。そして、ITベンチャーを経て2003年にオープントーンを創業した。

「“人月ビジネス”のSIerは、システム開発の期間が伸びれば伸びるほど自社の売り上げが増えるという、お客様との利害がねじれている矛盾した構造にあります。そこで私は、お客様とあくまでも同じ方向を向いて業務を手がけたいと考え、当社を設立しました。

当初は大手SIerの下請けとして開発を手がけながら、信頼を重ね、徐々に直取引を増やしていきました。お客様と直接対峙しない下請けや孫請けの場合、“お客様と同じ方向を向く”という考え方が取りにくくなるからです。そしてついに100%、直取引となりました」と佐藤社長。
当時の仲間が集まってスタートした同社は、その当初“仲良しクラブ”的な雰囲気であったという。その後、中途採用で社員が増ていくと、創業メンバーと中途入社組との間に徐々に溝ができ始めた。そんな中、4年目に赤字に陥る。そこで佐藤社長は、「仲良しクラブ的なノリでは会社は成長させられない」と決断、風土の刷新を呼びかける。すると、創業メンバーは会社を去って行った。その後今日まで、右肩上がりの成長を続けている。
当時を佐藤社長は「経営者として大きな節目を経験できたと思っています」と振り返る。

現在、売上高が6億円弱の同社。「当面は20億円程度の売り上げ規模を目指す」。その理由について、佐藤社長は次のように説明する。
「お客様から新しい基幹システム開発のオファーを受けているのですが、現在の当社にはそれを責任持って受けるだけの体力がありません。早くご期待に応えられるようにするためには、体制を増強しつつ生産性を高めていく取り組みが不可欠です。人数だけで勝負するような会社にはしたくありません。1人当たり売上高2000万円で100名の体制をつくることを目標に取り組んでいきます」

117541システム開発プロセスにはムダが多く、もっと効率化できるのではないか、先進技術にももっと積極的にアプローチすべきではないか、という考えから佐藤社長は2003年にオープントーンを創業した。
117525現在、売上高が6億円弱の同社。
お客様から基幹システム開発のオファーを受けるが、今は体制を増強しつつ生産性を高めていく取り組みが不可欠。100名で20億円程度の売り上げ規模を目標に取り組んでいきます
117546

“ノリはGoogle、やることはIBM”という会社を目指す ワークライフバランスも重視

佐藤社長は、「ノリはGoogle、やることはIBMという会社を目指す」と言う。“Googleのように先進的なアイデアやイノベーションを生む風土で、IBMのような業務系ソリューションに無類の強さを発揮する企業”というイメージだ。

この実現のために、いろいろな施策を講じている。オフィスにはハンモックが架けられていて、いつでも昼寝をして構わない。気分転換できる畳の部屋や、マンガ喫茶のような個室も設けられている。山積みされたお菓子は食べ放題・コーヒー飲み放題だ。
勉強会も熱心に行われている。参加自由の全社の勉強会は月1~2回の頻度で、参加率は70~80%。それ以外に、チームごとの自主勉強会も頻繁に行われている。

なぜならば、評価制度の一環として「研究開発目標」を各自に課しているからだ。社員は自らの研究結果をレポートやWeb上、あるいは勉強会の場で公開することで目標達成となる。達成すると、人事考課でプラス評価される。
研究テーマは基本的に自由であるが、「みんなが関心のある先進技術について取り組む人が多い」と佐藤社長。英語の学習をテーマとするエンジニアもいる。
「英語は業務に密接だからです。当社のメインクライアントにはオフショアで開発しているところも多く、当初から英語で進行するといったことはザラです」と佐藤社長。英語をマスターしたいエンジニアにはもってこいの環境といえるだろう。

そのほか、社外のセミナーや勉強会への参加も業務時間として認めるなどして推奨している。
自身が、宅配便のセールスドライバーの経験もあるという佐藤社長は、多様性(ダイバーシティ)のある企業風土を指向。たまたまではあるが、バーテンダーやフラワーショップの店員、スーパーの店長、看護師の経験があるエンジニアも採用している。

ワークライフバランスにも力を入れる。
特に開発セクションでは納期月の影響を受けるのは事実だ。だが、普段は業務効率・生産性の向上のためにも残業をいかに抑えて結果を出すかを重視する。
事実、子供が幼い社員や、身体の不自由な家族を持つ社員も柔軟かつ、バランスよく定着し長く勤めている。休暇の取り方次第では月間「総」労働時間が100時間切ってしまうケースもあることも。

そんな社員間の親睦を深めるイベントも特徴的だ。まず忘年会。2014年度は「サンシャイン水族館」、2013年度は東京・恵比寿の三ツ星レストラン「ガストロノミー ジョエル・ロブション」を、なんと借り切って行った。
「社員だけでなく、顧客や協力会社すべての力でプロジェクトは推進されます。ですので長く深くそして、社員同士に限らず思い出を重ねていけるよう、こうした場を用意しています。」(佐藤社長)
そのほか、チームの飲み会にも1人当たり2,000円を支給して奨励している。ちなみに、回数の上限はなく、外部協力会社も対象だ。
そんな同社が求める人材の資質には、クライアントと直取引という業務環境であるだけに、技術力と同等以上にビジネスパーソンとしてのコミュニケーション力や交渉力、対人観察力などが挙げられる。
「とはいえ、単に“面白い人”も求めています(笑)。まずは気楽にアクセスしてください」と佐藤社長は呼びかける。

117534“Googleのように先進的なアイデアやイノベーションを生む風土で、IBMのような業務系ソリューションに無類の強さを発揮する企業”の実現のために、オフィスにはハンモックが架けられている。
117526多様性(ダイバーシティ)のある企業風土を指向。バーテンダーやフラワーショップの店員などの経験があるエンジニアも採用している。
117549

株式会社 オープントーンに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 オープントーンに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 オープントーン
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
IT/Web・通信・インターネット系 >  システムインテグレータ・ソフトハウス
IT/Web・通信・インターネット系 >  ITコンサルティング
資本金 1,500万円
売上(3年分)
2015年 1月 期 2014年 1月 期 2013年 1月 期
56,700万円 40,000万円 38,000万円
設立年月 2003年02月
代表者氏名 佐藤 大輔
事業内容 ICタイムリコーダーの開発・サービス提供
システム開発及びシステムコンサルティング
コンピューター・システム開発に関するセミナーの開催
コンピューター機器の販売・設置・保守点検
情報処理業
インターネットのウェブコンテンツの提供
ホームページ・WEBシステムのプランニング
コンピューター・システム開発に関する書籍の執筆・出版
株式公開(証券取引所) 非上場
主要株主 当社役員90%
取引先10%
主要取引先 株式会社新生銀行
株式会社JTBコーポレートセールス
日揮株式会社
株式会社ブックウォーカー
ユニバーサル・ビジネス・ソリューションズ株式会社
楽天株式会社
楽天銀行株式会社
株式会社ヌーラボ(業務提携)

※他多数のお客様にご愛顧頂いております。
従業員数 32人
平均年齢 35.0歳
本社所在地 東京都千代田区神田須田町2-5-2 須田町佐志田ビル6F
117619

株式会社 オープントーン資本金1,500万円設立年月日2003年02月従業員数32人

100%直請けの環境でユーザーとの対話を通してITソリューションを開発。生み出したものが役立つ実感を!生産性とワークライフバランスも意識した環境!!

この企業が募集している求人

Bnr sp354 4
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×