お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

アイシン高丘 株式会社の企業情報

アイシン高丘 株式会社

チャレンジし続けるトップクラスの鋳造メーカー

変革の時、自らの視点で新しい工場を

同社の創業は1960年。トヨタ自動車と新川工業の出資により、東洋一の鋳造メーカーとしてスタートした。以来、自動車用鋳物部品を主軸に、86年からはアルミ部品の製造が加わり、現在では6割が鋳鉄、アルミとステンレスがそれぞれ2割ずつという製品構成である。これらの素材で作られる部品は、出力を生み出すエンジン系部品、その出力を車軸に伝える駆動系部品、車の動きを止めるブレーキ系部品と、車の走りや安全性・燃費にダイレクトに影響する、重要なパーツばかりである。

長年単一分野で同じパターンの製造をこなしてきた同社だが、近年では周辺技術にも広がりを見せはじめ、上記のような内部の部品だけでなく、ドアビーム(側面衝突の際に自動車のドアの変形を防止するためにドア内部に装着される補強材)などのボディ系部品も手がけるようになった。また、鋳鉄で製造していた排気ガスパイプは、軽量化を図るため素材をステンレスに変えた。素材が変わったことで製法も全く変わってしまったが、製品そのものの機能に関する部分は変わらないため、鋳造で製造してきた時のノウハウは十二分に活かされている。
素材や製法の変化は、顧客の広がりにもつながった。最近では顧客から設計図を預かって受注した部品を製造するだけでなく、素材メーカーとしての強みを活かし、より軽くて丈夫な材料の部品を、設計段階から顧客に提案することが増えた。同社の売上が大きな伸びを示している裏側には、アイシングループという位置づけに甘んじない、独自の努力あってこそだと言えよう。

そんな同社は、2015年を目処に国内工場の生産ラインをリニューアルすることを決めた。1本のラインを導入するのに40〜50億の投資が必要といわれる中、本社、吉良工場、東浦工場の国内3拠点すべてのラインを、順次最新のものに変えていくというのである。製造においてラインが変わるということは、企業そのものが変わるということとイコールである。また、鋳鉄国内No.1企業である同社が変わるということは、鋳鉄そのものがリニューアルされ、日本の生産体制の見直しにつながるとも言える。
同社はこの大きな変革において、新しい視点や発想をもって一緒に「工場づくり」に関わってくれる人材を求めている。ここ10年、同社が海外でグローバルスタンダードのラインを立ち上げ、能力増強を図って来たノウハウと、ものづくりの高みを目指す人材の熱い想いの融合が、企業の今後を大きく左右する。企業と人が一番成長できる瞬間をリアルに経験できる、こんなチャンスは滅多にない。

9391豊かな緑に囲まれた工場。
ここから新しい動きが始まろうとしている。
9394アイシン高丘で製造される
自動車部品の数々

個人のダイナミクスを最大限に活かせる職場環境

基本的な製法は、4000年前から変わっていない。しかし、1500℃の炉で鉄を溶かし、型に流し入れて出来上がるまでの工程の中で、未だ科学的に解明されていないメカニズムが多くある。同じ素材を使って同じ工程を通したとしても、温度や湿度など様々な条件下で出来上がりには違いができてしまう。そんな中で確かな品質の製品を生み出していくためには、「勘」が必要になってくる。
「間違えて欲しくないのは、『勘』と『当てずっぽう』は違うということ」と、人材開発部の部長である大橋氏。当てずっぽうには根拠がないが、勘は知識と経験に裏打ちされたものを瞬時に取り出して運用できる力である。ゆえに、経験値が増えれば増える程、勘は鋭くなっていく。長年鋳鉄の仕事をしている社員の中には、小さな覗き窓から炉の中の色を見ただけで、炉の温度がわかる者もいるそうだ。それでも未知の部分が多く、常に「なぜ?次はどうしたら?」を考える余地があるという。だから鋳鉄は奥が深い。これが同社の仕事の面白さであろう。
ただし、慎重になりすぎたり考え込みすぎる人は、あまりこの仕事に向かないと大橋氏は言う。考えることはもちろん大切だが、考えているだけでは何の結果も生まれない。考えたことを行動に落とし、その結果をまた次につなげて行く。このサイクルを繰り返さなければ成長は望めない。また、他の社員とケースを共有するコミュニケーションも重要である。自分ひとりの経験では足りない部分を補完するためには、他人のケースから学ぶことが欠かせない。

「当たり前に製品が流れていることの方が少なく、日々現場では色々なことが起きている。それをどうするかを考えるうちに現場力が身に付いている。」と大橋氏。そんな中、自ら考え行動し、成長意欲をもってコミュニケーションを発信する社員に対して、同社は思い切ってどんどん仕事を任せていく向きがある。特別に何かをサポートするシステムがあるわけではないが、現場の強い結束力に支えられた、システムに頼らない人同士のつながりが同社にはある。どこかでトラブルが発生して炉が停止したともなれば、すぐに人が集まりテキパキと復旧作業に当たる姿を目にすることも多いという。そんな職場には、自然と雰囲気の良さや働きやすさを感じる風土が育まれている。

自由に提案ができ、企業方針との整合がとれれば活躍の場がぐっと広がる。自分が歯車の一部だと感じることはないと大橋氏は断言する。こんなことをやってみたい、既存のやり方をこんな風に変えてみたい、そんなビジョンを現実のものにするチャンスがここにはある。

9392人材開発部 部長 大橋 健 氏
9559現場を大事にする
職人気質の社員が活躍している。

人材育成と技能伝承を通して製造業界に果たす役割

同社が特徴的に取り組んでいることのひとつに、社員教育が挙げられる。
階級別・職種別に教育体系が示されており、それぞれのポジションに必要な研修を全社員が受けるようにプログラムされている。
特に全社員が共通して受けるようになっている研修は、「ものづくり研修」である。仕事全体の流れを把握することで自工程の意味を理解することを目的としたこの研修は、品質を維持し、自工程に責任と誇りを持ち、仕事に対するモチベーションを向上させるためには欠かせない研修である。製造現場の社員だけではない。営業職や事務職も、現場のことを知っているのといないのとでは仕事の質が大きく変わる。こと営業職は、現場を知っていることで顧客の信頼度が明らかに変わって来るであろう。OJTに任せっきりにするのではなく、明確な目的を持って研修を実施することにより、社員の成長スピードは確実に早くなる。

また、同社が重要視している研修のテーマに「技能伝承」がある。
同社は世界でも希有な鋳造技術を長年に渡って継承してきた。しかし、この鋳造技術は、大学の研究室でも教えられる教授の数が減り、工業高校の実習からもなくなりつつあり、学ぶ場が急速に減っている。その上、同社は世代の入れ替わりの時期を迎えており、5年もすれば社員の1/6は入れ替わることが予測されている。
一朝一夕で身に付くものではない鋳造技術。同社は新しい生産ラインの導入と同時に、自社の社員の育成を通して次の世代へ確かな鋳造の技能を伝承していく役割を担っている。ゆえに、鋳造技術を身につけ、高める場は、同社以外に考えられないところまできているのではないだろうか。

9558技能は製造業界の財産。
「技能伝承」という重要な役割を担う鋳造講座。

9396敷地内にゴルフ場も併設。
福利厚生施設も充実している。

企業情報

会社名 アイシン高丘 株式会社
業界 製造・メーカー系 >  電気・電子・機械・半導体
資本金 53億9600万円
売上(3年分)
2007年 3月 期
2282億円(連結)
設立年月 1960年03月
代表者氏名 取締役社長 石川 敏行
事業内容 自動車部品を主体とする鋳鉄・アルミの鋳造・機械加工、塑性加工および音響製品、防音材、自動車部品を主体とする鋳鉄・アルミの鋳造・機械加工、塑性加工および音響製品、防音材、土壌改良材の製造・販売土壌改良材の製造・販売
株式公開(証券取引所) 非上場
主要取引先 トヨタ自動車株式会社、株式会社アドヴィックス、アイシン精機株式会社、アイシン・エィ・ダブリュ株式会社、日野自動車株式会社、スズキ株式会社、住友電気工業株式会社、曙ブレーキ工業株式会社、その他
従業員数 2907人
本社所在地 愛知県 豊田市高丘新町天王1番地

アイシン高丘 株式会社資本金53億9600万円設立年月日1960年03月従業員数2907人

チャレンジし続けるトップクラスの鋳造メーカー

After covid19 bottom
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
半角英数字6文字以上、30文字以内
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×