お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 ポテンシャライトのPR

株式会社 ポテンシャライト

世界で有数な"採用/人事組織/転職" のノウハウ開発企業を目指して

427693

2019年10月入社 HRインキュベート事業部 HRパートナー寳田

なぜ"エージェント→人事"のキャリアを選ばなかったのか

◆なぜ"エージェント→人事"のキャリアを選ばなかったのか
はっきりお伝えさせていただくと、恥ずかしながら私自身「この会社!」と決めることができなかったからです。

「人事になるということはその企業と結婚をするということ」

今だからこそ感じるのですが、どの企業にとってもミッションを達成するためには事業を成長させなければなりません。そのために採用があります。そう考えると、採用がネックになり事業を止めてしまうことはあってはなりませんよね。いまもその覚悟を持った上で仕事をしている訳ですが、当時の私は「この会社!」と決めた上で人事という意義深い仕事ができる自信はなかったんです。

ただ、そのような想いを持った上でスタートアップ・ベンチャー領域の採用に関わってみたい。今、少なからずできることとやりたいことを重ねたときに、採用パートナーという選択肢をとることに。

◆果たして"エージェント→採用パートナー"は「最適解」だったのか・・・?

純粋に企業様の採用に入り込めば入り込むほど自身の業務領域を広げること、業務スキルを向上させることができたことはプラスでした。ただ、何よりここで経験できてよかったなと思うことは2つあります。

(1)身につけた業務経験を元にゼロイチを創ることができたこと
弊社で言うとゼロイチです。弊社には「新しいノウハウを創造しよう」「ノウハウを創造したら外部に積極的にアウトプットしよう」というカルチャーがあります。振り返って思うことは、アウトプットする機会は多少無理をしてでもつくりにいって良かったなと。何か発信をしていないとき、焦燥感に駆られますし、なんとなくその焦燥感から普段のインプットの質は向上した気がします。

最初は自分のスキルを向上させるためにもまとめてみようとはじめたnoteでしたが、せっかくアウトプットするなら誰かのためになるものにしようと心がけて発信していきました。「note、読みました!」「参考になりました!」という言葉はとても嬉しく、モチベーションです。

(2)外部のパートナーの方と"共に"採用をアップデートする取り組みができたこと
企業様の採用支援を行うにあたり、採用パートナー(私)の力だけでは採用成功は不可能です。企業様や弊社サポートメンバーの協力だけではなく、外部パートナーさんに協力いただくことも多いです。いつもありがとうございます!いつもお世話になりすぎているパートナーさんからお声がけいただき、「Wantedlyマニュアル作成」や「エンジニア勉強会」などの取り組みができたことは個人的にはとても嬉しかったです。

「せっかく10名ほどしかいない会社に入ったんだし、制限かけずにやりたいこと色々やってみたら?」

これは入社前・入社してからも1on1で山根から言われていたことでした。そこから何を提案しても頭ごなしに否定されることがなかったのは私にとっては意外とありがたかったのです。何かをはじめるとき「これうまくいかないかも」「ちょっとやめておこうかな」と躊躇してしまう&「成功しなかったらどうしよう」といったプレッシャーしかないのですが、一旦相談してみようという気持ちになれていましたし、何よりその文化があったのはやりやすかったのだろうなと感じます。

もちろん良いことばかりではなく、失った?ものもあるでしょう。エージェント時代は求職者さんの転職支援・企業様の採用支援の双方を行うことができていました。仕事柄求職者さんと会話をする機会は減ってしまいました。ですが、少なからず、私にとっては今のキャリアの選択を間違いだったと思ったことはなく最適解だったのかも、しれません。いつだって自分の選択を正解にしていくほかないですね。

◆"こんな人"にはぜひチャレンジしてみてほしい
・HRを盛り上げたい。
・HRの今の市場感に問題を感じている
・スタートアップの支援がしたい。
・事業会社の人事になりたい。でもこれで良い・・・?とモヤモヤしている方
・HR系のスタートアップに興味ある。

そんな方にはぜひ「採用パートナー」というちょっと異例?なキャリアの選択を覗いてみてほしい。話を聞きにきてみてほしい、そう思っています。

427694

2019年2月入社 HRインキュベート事業部 HRパートナー 兼 セールス担当 上中

地位も名誉もプライドも何もかも捨て、当時5名のスタートアップ生活の1年間を語る

◆自己紹介
青山学院大学経済学部現代経済デザイン学科を卒業し、ポテンシャライト初の新卒として2019年2月よりジョイン。学生時代は、学生と社長を繋ぐイベントの副代表 / 居酒屋てっぺん / Beyond cafe / バーテンダーをやっておりました。好きなものは洋服 / コーヒー / カレー / ラーメン / 音楽 /煙。ほとんどこれで上中は構成されていると言っても過言ではないです。笑


◆ポテンシャライト 代表山根との出会い。ポテンシャライトへの決意
ポテンシャライトに出会ったのは、FBに「リモートのインターンはないか」と投稿したのがきっかけでした。それに反応してくれたのは、元社員の黒須。昔、働いていたインターン先でご一緒させていただいたご縁でした。バーテンダーのバイトをしている合間を縫って、面談を調整してもらいました。

その時の時間は

朝の7:30

代表の山根の時間がここしか空いておらず。ここで行かなきゃもう俺はもうダメかもしれない。これが最後のチャンスかもしれないと。そう思っていると寝れなくなってしまい、寝ずに朝を迎え面談に向かうのでした。小一時間ほど、代表の山根とお話をさせていただきました、正直内容はそこまで覚えていません。笑

結果として内定をいただいたのですが、その内定通知には、当時のメンバー全員からの良い点/改善点・懸念点が。いまだに、メンバーからのFBは大事にとっており、定期的に読み返しております。新卒入社後のギャップはよく聞く話かと思いますが、会社の全メンバーからFBがある状態でしたので

 ・自分のどんなところが良かったのか。
 ・自分の欠点や改善点が何なのか。
 ・どういうことを求められているのか。

この3点を事前に認知できていました。

それをわかった状態で入社を決めると、あとはやるだけ。
当時の僕には意気込みしかありませんでした。入社前に代表の山根直々に研修を実施。ある程度の知識は身についている状態で入社しました。


◆ポテンシャライトでは一切通用しませんでした。
最初、ポテンシャライトでは一切通用しなかったのです。これには驚きました。
なぜ通用しなかったのか?当時を振り返りながら自分なりに分析すると2つの理由にたどり着きました。

1つは、仕事のスピード感が圧倒的に遅いこと。
基本的には、先輩方の業務を依頼されて、その業務をこなす仕事のスタイルですが、自分のアウトプットのスピード感がとても遅い。ボールを自分で抱え込んでしまっていて、全体の業務が1テンポ・2テンポと遅くなってしまいました。
※チームやPJ単位での働き方が経験したことがなかったということですね。先輩社員のスピード感に自分を合わせていくことが本当に大変でした。所詮、自分が行っていた業務レベルは、インターンレベルだったということを痛感します。

2つめは、思考をする仕事をしてこなかったこと。
今まで経験していたイベント運営やインターンは、「質」を追い求めるより「量」を担保することがほとんどでした。考えるよりまず動くが体に染み付いていました。そのため、業務改善をしたりゼロから1を生み出す思考が圧倒的に浅かったように感じます。
一生懸命走れるけど、走ってるだけであることを認識しました。つまり、ノリと勢いだけで生きてきたということですね。


◆これから目指したいこと
19卒 × HR ×スタートアップ/ベンチャー

このポジションを取りに行きたいと思っています。このポジションをとることは、ポテンシャライトにいることが最適解だと思いますし、会社への還元も大きいと考えています。そして、組織をタレントカンパニーにしたいと思っています。
ポテンシャライトはタレントになれる可能性をひめた会社であるというようなブランドを創って行きたいと思っています。

427702

2020年9月入社 HRインキュベート事業部 HRパートナー 兼 ブランディング担当 奥村

キラキラOL→独立→スタートアップという珍キャリア。「お客様のため」と「圧倒的成長」を追い求めた結果、行き着いたキャリアとは?

こんにちは。
昨年9月にポテンシャライトに入社した HRI Div.の奥村です。
※より詳しい記事は下記をご参照ください。
https://www.wantedly.com/companies/company_137060/post_articles/310144

◆求めていた10倍のスピードで成長できる環境。
新卒時代から仕事に対して「成長」を求めていた私ですが、ポテンシャライトの成長スピードは私の想像の10倍以上でした。

入社前には20時間ほどの研修、入社したその日から定例MTGに同席、入社してから2週間目にはなんと担当企業のアサインが決まり、翌週からは一人で定例MTGを行うことに。

特に業務に慣れてきた後だと、1週間程度では「成長したー!」という実感はほとんどないかと思います。しかし、ポテンシャライトはこれが入社してからずっと続きます(入社して半年経った今でもそうです)。

具体的には、

▶︎一般的な社会人だと 1年で数回会えるかな?くらいの優秀な経営者の方と毎週話をすることができる(話す時は毎度胃がキリキリしますが…)
▶︎そんな優秀な方々と1週間に4回ミーティングがあるので正直ものすごく大変(ただ、コミュニケーションスキルをはじめとする様々な能力はかなり身に付く)
▶︎且つポテンシャライト(奥村)のほうが採用/人事領域のことをわかっていなければならない(というプレッシャーがあり自然と成長できる?と思っています)
▶︎ポテンシャライトの最新採用ノウハウ/トレンドが1ヶ月経過すると変わっている(が故に、日本でも最高峰の採用トレンドを創る側にならないとならない、という意気で仕事ができる)
▶︎代表山根からのフィードバックがすごく細かい(「ここまで言う?(見てるの?)」と驚くようなフィードバックをいただくこともしばしばです)
▶︎同年代でもビックリするくらい仕事に対してアツいメンバーが揃っている(友達は多い方ですが、こんなに仕事に夢中になれる人たちに出会ったのはポテンシャライトが初めてです)
▶︎採用領域のみならず人事組織領域まで会社がすでに進み始めている(私はまだ関われていませんが、今年中にいくつか経験したい!)


◆「お客様のため」を突き詰めて考える会社であること。
ポテンシャライトには本当に、クライアントのためなら「なんでもアリ」な環境があります。提案の幅の自由度が高い会社なのです。

自社サービスを抱えている会社ですと、「本当は他社サービスの方が適していると思うが、自社サービスしか提供できない」なんていうジレンマに駆られることもしばしばですが

ポテンシャライトのHRI事業部では、常にお客様にとってのベストソリューションを提供することできます。この事業スタイルは、私がポテンシャライトに所属していて一番価値を感じるポイントです。もちろんそんな環境だからこそ、覚えること、アップデートすることが尽きないという悩みもあります。

こちらも事例を挙げてみると、

▶︎ポテンシャライトは「求人広告代理店」ではないため、どの媒体(求人広告)にも加担することなく、クライアントが本当に良いと思う採用手法を提案できる
▶︎それが故に媒体もエージェントも全く使用しないこともあります(リファラル採用+採用広報支援なんてのもあります)
▶︎1つの採用手法を試して上手くいかなかったら、翌月には別の手法にシフトをすることもしばしばです
▶︎「その採用ハードル(必須要件)では、御社の現段階のブランディングレベルだと採用できませんよ」と明確に伝える事例も多く発生しています(そんなこと一般的な企業だと言えないですよね)
▶︎「採用」一点を見るのではなく「MVVC(ミッション、ビジョン、バリュー、カルチャー)⇒ペルソナ⇒採用⇒エントリーマネージメント⇒入社オンボーディング⇒人事組織系全般」を考慮しているため、一本の線に繋げて支援をすることができる
▶︎「御社が求めるレベルの人材は日本に10人くらいしかいませんね。であれば、その10人をターゲティングをしてweb広告を出し続けましょう。そのために採用マーケティングをコツコツやりましょうか」という支援もあります。

427703

2021年3月入社 HRインキュベート事業部 HRパートナー 小磯

「私ってこのまま”平凡”にキャリアを終えるのか?」ラストチャレンジの覚悟でポテンシャライトへ

◆成長スピードの限界。30歳はすぐそこに?
私は2017年に新卒でマイナビに入社し、2021年3月にポテンシャライトにジョインしました。
私がなぜ大手企業から転職を考えたのか、その理由は2つあります。

まず1つ目は、成長スピードの低下を感じたことです。
マイナビに入社後の数年は、とにかく仕事を覚えることに必死で、毎日が充実して楽しかったです。また、大手企業ということもあり会社は安定していて、福利厚生も整備されているので申し分がないくらい働きやすい環境でした。

しかし、その働きやすさ故に「チャレンジする気概」が年々低下してしまったのです。いま思えば新卒からの4年間で、形成されたコンフォートゾーンに満足していた自分が出来上がってしまっていたのだと思います。このままだと私はすぐに30歳、女性にはライフイベントもあるため社会人としてアグレッシブに働ける期間が終わってしまうのではないかと成長の鈍化に焦りを感じました。

2つ目ですが、自分に専門性が身に付いていないことです。
HR業界で4年働いてきましたが、どこかの業界 / 領域に特化したキャリアを築いた訳ではなく、私の営業経験もパワー勝負に近いものがありました。

その背景には、私が担当していた商材は競合となるプレイヤーが非常に多く、競合優位性を担保するためには、商材の力よりも「営業力」がキーになりキャラクターが重要だと思いました。若手の頃は、それでも良いと思っていたのですが、20代後半になるにあたり「キャラクターだけで成果を上げ続けていれば良いのか?」と、強烈な不安に駆られたことを今でも鮮明に覚えています。

◆HR業界の中で最も変化があり、チャレンジングな領域に飛び込みたかった
グループ全体で社員数約9000名の大手企業から、30名のベンチャー企業への入社を決断した決め手は3つあります。

1つ目は、ワクワクする市場/仕事であったことです。
私が思うワクワクを詳しく紐解くと、変化を楽しめる仕事と定義します。このワクワクは対会社からだけでなく、対個人からも感じたのです。
ポテンシャライトは会社の変化のスピード感が非常に速いと感じておりました。「1年前のノウハウ/トレンドはすぐに廃れる」という価値観を持っており、変化することに対して一切の抵抗がないと面接時に聞いておりました。その言葉通り常に新しいことを発信しているんです。だからでしょうか、面接でお会いしたメンバーの目がキラキラしていたんですよね。「あ、本気で仕事楽しんでいるんだな」って瞬時にわかるくらい。魚で言ったらマグロのようなイメージでしょうか笑。止まったら死んでしまう、というか。こんな人たちと一緒に仕事をしたらワクワクしないはずがないって思いました。

2つ目は、専門性のある仕事にプロ意識をもって働けることです。
ポテンシャライトのターゲットはスタートアップ。一般的な中小企業と比較をすると、数億円の資金調達をしている企業様が多いです。そのため、成長意欲が非常に高く、かつ「今」成長しなければならないという危機感を持っている企業様が多いです。また顧客の窓口は大体CxOクラスになりますので、求めるハードルも非常に高く、いつもヒリヒリする環境で仕事ができます。

3つ目は、「サービス領域」と「仕事の領域」の幅広さです。
サービス領域は、すべてが顧客の課題ドリブンで採用課題解決をするため、何のサービスを提供しようか、というカルチャーは一切ありません。提供サービスについては問わず、トレンドに即したサービス提供をすることにしています。常に新しいサービスをキャッチアップするため、社内ではSlackで最新の採用情報を提供しあえる文化がある。かつ、自社でもゼロイチというカルチャーがあって、サービストレンドを追うというより、トレンドを創る側として仕事ができます。

仕事の幅は、ブランディング/マーケティング/営業/受注/運用/クオリティ管理/広報/バックフィスなど、手をあげたら何でも任せてくれる印象です。一人の社員が5つの役割を担っている場合もあります。ポテンシャライトはスタートアップということもありますが、代表の山根が仕事の範囲(幅)に対して、糸目をつけておらず、幅広いことにチャレンジができます。

427704

2021年5月入社 HRインキュベート事業部 HRパートナー 新井

「1社より50社の人事のほうが良くないか?」爆速成長を求め、エージェント出身者が出した答え

はじめまして!
2021年5月に中途入社した新井佑輔(あらいゆうすけ)と申します。
入社をして約3ヶ月経ちましたが、ここまでは驚くほどに一瞬で時間が過ぎていきました。

◆HRを極めたい。「圧倒的な成長」と「本質的な価値提供」をするためにポテンシャライトへ
そんなこんなで、ある出会いが発端となりポテンシャライトに内定をいただき、入社を決断しました。他社選考も進んでいましたが、ポテンシャライトに内定をいただいたタイミングですべて辞退をし、入社を即決しました。正直、最後は感覚的に即決をしたのですが、入社の決め手は3点あります。

(1)エージェントは1、ポテンシャライトは28。提供できるサービスは28倍
前職で経験をしていたエージェント。エージェントを「1」つのサービスとして定義する場合、ポテンシャライトのサービスラインナップは「28」つあります。

採用ブランディングや採用戦略設計など上流部分から、候補者との直接的な接点となるスカウト業務まで包括的に経験ができます。そして、一度に3〜7社の採用/人事領域の支援をしプロジェクトを進めていくため、単純計算で1社の企業人事として仕事をすることと比較すると、3〜7倍のスピードで成長できます。1社の企業人事として経験できる上限はある程度決まってしまいますが、フェーズ・支援内容の異なる企業を同時に経験できるのは、大きなメリットになると思いました。

(2)人事よりも人事になれる
ポテンシャライトは、採用「代行」ではなく「HRパートナー」として顧客と並走することを強く意識しています。

選考の中で山根が言っていました。「受発注の関係ではなく、企業の1人の人事として、いやそれ以上の存在として在り続けたい」。なぜたくさんの企業様にポテンシャライトは重宝されているのか?それは、企業人事が持ち合わせていないノウハウを、ポテンシャライトが持っているため実現できていると感じました。ポテンシャライトの支援内容の半数以上はエンジニア採用であり、昨今のエンジニア需要の高まりにより、難易度も高い領域になるため支援のご依頼をいただいています。

(3)市場を創る立場であること。世界で通用するHR企業へ。
最終面接で代表の山根にこう言われました。

「採用領域で ”世界” と戦えるようになりたい」

この言葉を聞いて、ものすごくワクワクしたことを覚えています。ポテンシャライトには、「ゼロイチ」というカルチャーがあります。※ゼロイチ:世に出ていない採用ノウハウを生み出し、発信すること

顧客からのご依頼をただこなすだけの採用「代行」ではなく、日本/世界にまだない採用ノウハウを生み出すことに重きを置いています。

皆さん、イメージしてみてください。

近年の日本プロダクト(企業)で、日本にあって世界にないものほぼ皆無なのではないでしょうか?現在のトレンドである、SaaSサービスも海外にすでにあるサービスがほとんどかと思います。そして皆さんが日々使用しているアプリはどの国が開発していますでしょういか?例えば、Uber eats、airbnb、Netflix、これらはすべてアメリカです。アメリカ産のサービスを僕らは日本で使用しているのです。

何が言いたいかというと、「日本は海外のお下がり」なのです。これはHR領域も同様で、日本の現在トレンドなHR tech系のサービスは、3〜5年ほど前にすでにトレンドになっており、日本は遅れています。テックタッチにおいてはこのスピード感で世の中のトレンドが動いているのです。

ただ、この事実について、悔しいと思いませんか?僕らが使っているサービスが全て海外産になる。山根はこうも言っていました。

「ポテンシャライトは今いい位置にいる。ポテンシャライトが創出している採用/人事領域のゼロイチ(ノウハウ)は、世界中のどの企業も持ち合わせていないものもある。”全世界”において、ポテンシャライトが一番早くそのノウハウに辿り着いている。つまりリーディングカンパニーなんだよ」

この言葉を聞いて興奮しましたし、ヒューマンタッチである採用領域においては、ポテンシャライトは日本、いや世界でも1番を目指せる会社だと感じたのです。

成長企業の求人を多数掲載!

成長意欲の高い方へ。Greenではそんなあなたにぴったりの求人を取り揃えています。

プロフィールをしっかり入力していたせいかたくさんのスカウトが届いて、その中の一社へ転職することができました。
システムエンジニア 28歳
他の転職サイトに比べて今話題の会社がたくさん載ってるなという印象です。成長意欲の高い人にはおすすめですね。
マーケティング 29歳
職歴のサンプルを編集してそのまま入力できるので、煩わしいプロフィール入力もストレスを感じなかった。
新規事業企画 30歳
スマフォサイトの求人情報も見やすく、機能が充実していて、私の転職活動はほぼスマフォで済みましたw
企画提案営業 26歳
メールでお知らせしてくれるおすすめ求人がすごくマッチしてました。毎回メールが来るたびにチェックしています(笑)
Webデザイナー 28歳
求人ページの下や応募完了ページなどに表示されるおすすめ求人の精度が高く、応募したい求人が多かったです。
プロジェクトマネージャー 32歳
×