お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 データ総研のPR

株式会社 データ総研

ビジネスと情報システムの架け橋に・・・データ総研はデータマネジメントを推進し、システム企画と情報活用に変革をもたらすITコンサルティングファームです♪

57276

「Data Management Body Of Knowledge =データ・情報資源管理の標準化のためのデータ管理知識体系」の日本語版CD-ROM

「データマネジメントの重要性」とは?

グローバルに在庫の偏在を適正化し、数十億円を超える棚卸資産を削減した事例があります。このような業務改善の最初にやるべきことは、各拠点に存在する在庫数・在庫金額を正しく把握することです。

ところが、多くのグローバル企業において、各拠点の在庫管理システムは単一のコンピュータシステムではありません。導入時期や使用するテクノロジーが異なる複数のコンピュータシステムで構成されています。つまり、即座にグローバル在庫数を把握できる状況ではないのが実態です。この場合、各拠点システムから在庫データを集めてきて、串刺しに可視化するグローバル在庫管理システムを構築することになります。

“グローバル在庫管理システムを半年で構築してほしい”

経営者は事業のスピードを考慮して、そういった要求を情報システム部門に投げてきます。関係会社数約100社、在庫を管理している情報システムの数約30、現状調査だけでも4~5ヶ月以上かかる大変な仕事です。

ここで重要なことは、在庫数を表現するためのデータの形(品物コードや拠点コードなど)がばらばらであるため、データ構造の整理が必要になることです。こんな状況がデータ総研の最も得意とするコンサルティングシーンです。データ総研は、このような場合、グローバル在庫を表す標準的なデータモデルテンプレートを使い、現状のデータ調査と新規在庫データ設計を効率的にご支援します。

66484

業務可視化のためのデータモデリング技法
データとビジネスの間の流れ、関係を表したTHデータモデル図 

「データマネジメント」と「データ総研の事業」

先にご紹介した事例をもう少し抽象化して言うとどうなるでしょうか。

昨今の業務改善は、複数業務にまたがったデータを統合したKPI (キーパフォーマンスインディケータ:業務効率化指標)を要求します。このとき必要となるのが、複数の情報システムから取り出したデータを統合し活用する方策です。

データ総研は、こういった企業が抱える業務テーマに関して、「利用部門」と「情報システム部門」の間に立って、現状業務の問題点を可視化し、課題を設定し、新しい業務のあり方を「データ活用の視点から」提案するコンサルティングファームです。

他にも次のようなテーマが、データ総研の得意分野です。
・経営戦略を情報戦略やデータアーキテクチャに反映させる企画業務
・マスタデータの整理・統合
・データクオリティマネジメント
・コンプライアンスを意識したデータマネジメント
・業務データモデリングやデータ統合
・業務要件定義

近年は、多くの企業がグローバル化する中で、データマネジメントに関わる業務もグローバルに考えるようになりました。弊社がDAMA-DMBOKを翻訳し、世界共通のボキャブラリーを使ってコンサルティングするようになったのも、そういった理由からです。

また、データクオリティマネジメントに関しては、日本企業の意識は世界企業から大きく遅れているため、意識改革していただく必要があります。データ総研はデータマネジメント分野のリーディングカンパニーとして、日本企業を支援しています。

89163

DAMA日本支部 会員

データ総研が加盟するデータマネジメント関連団体

■DAMA日本支部 会員
「Data Management Association (DAMA) _International」は全世界のデータ専門家のために設立された組織であり、世界各地に40の支部を持ち、7,500名を超える会員を擁する国際的な非営利団体。特定のベンダーや技術、手法に依存しないことを前提として、データや情報、知識をエンタープライズの重要な資産として管理する必要性の理解を促す組織。

当社は、DAMAが提唱する「Data Management Body Of Knowledge (DMBOK=データ・情報資源管理の標準化のためのデータ管理知識体系)」を日本語訳し、同書機能フレームワークの解説を行う日本で唯一の教育機関です。

■日本データマネジメント・コンソーシアム 会員
様々なデータや情報のマネジメントに関する社会的認知を高め、企業や行政機関などがデータマネジメントを実践するための土壌を創ることをミッションに、国内外で有数の大手IT企業とユーザ企業が結集した一般社団法人。2011年4月設立。

89164

日本データマネジメント・コンソーシアム 会員

システム企画と情報活用に変革をもたらすコンサルティングサービス

データ総研は、ビジネスと情報システムの架け橋役として、主に次のようなコンサルティングサービスを提供しています。
※1985年創立以来、約1,000件のプロジェクト実績があります。

◆情報戦略/IT戦略
<業務と整合した情報システムを目指す>
データ視点から、業務・システムの整合性を見つめ直すことで、情報基盤として保有すべきデータとその配置、実現に向けたロードマップを策定します。

◆MDM(マスターデータマネジメント)
<経営資源の統合管理に向けて>
事業や業務の枠を超えて、同じ意味・同じ価値で使える「マスターデータ」を整備し、シームレスな情報共有/業務連携を実現します。

◆情報活用
<データに基づく戦略立案/業務推進のために>
ビジネスに有効な情報のライフサイクルプロセスと提供環境を整備し、ビジネスへの積極的な活用と推進を支援します。

◆RFP
<最適な情報システム調達のために>
業務ニーズを適確に捉えたRFP(提案依頼書)を作成し、コスト・期間を踏まえた最適な提案を選択できるよう支援します。

◆要件定義策定
<手戻りによる無駄なコストを回避するために>
システム化の目的・対象範囲を明確にする上流工程から、システム開発のためのユーザ要件定義を効率よく実施できるよう支援します。

89206

セミナー風景

材料ではなく「財産となる人」を育てる人財育成サービス

データ総研では、企業経営に貢献する「人財」を育成すべく、様々な人財育成サービスを開発し、提供しています。
※1985年の創立以来、延べ12,600人を超える教育受講者実績があります。

【目的と狙い】
◆経営に貢献する、価値を提供できる人材づくり
・現状の業務プロセスとデータ構造を広く正確に把握する力
・ビジネスとIT環境の変化を敏感にキャッチし、反応する力
◆業務改善できる人材づくり
・業務知識/有識者の知識を引き出すスキル
・業務の本質を掴み、抽象化するためのモデリングスキル(データ/プロセス)
・課題整理の力、業務改善を情報の提供と活用を通じて達成させる力
◆企画力、提案力を持つ人材づくり
・フレームやパターンの蓄積(全方向的な思考、解決策発見の助け)
・コミュニケーション能力(可視化、プレゼンテーション)

【提供コース一覧】
◆データマネジメント教育
・データアーキテクト養成コース
・データ辞書構築ノウハウコース
・データクレンジング手順習得コース
・DAMA-DMBOK基礎教育コース
・DAMA-DMBOKデータアーキテクチャ管理コース
・DAMA-DMBOKリファレンスデータとマスタデータ管理コース
・DAMA-DMBOKデータウェアハウスとビジネスインテリジェンスコース
・DAMA-DMBOKデータクオリティコース

◆業務モデリング教育
・業務プロセスモデリングの基礎と演習コース
・データモデリングの基礎と演習コース
・データモデリングの実践演習コース
・データモデリングの活用コース
・業務分析力とコミュニケーション強化コース

◆ビジネスナレッジ教育
・業務知識とデータモデルパターンコース

◆システム企画教育
・企画提案力強化コース
・RFP作成ノウハウコース

Bnr sp354 11

成長企業の求人を多数掲載!

成長意欲の高い方へ。Greenではそんなあなたにぴったりの求人を取り揃えています。

プロフィールをしっかり入力していたせいかたくさんのスカウトが届いて、その中の一社へ転職することができました。
システムエンジニア 28歳
他の転職サイトに比べて今話題の会社がたくさん載ってるなという印象です。成長意欲の高い人にはおすすめですね。
マーケティング 29歳
職歴のサンプルを編集してそのまま入力できるので、煩わしいプロフィール入力もストレスを感じなかった。
新規事業企画 30歳
スマフォサイトの求人情報も見やすく、機能が充実していて、私の転職活動はほぼスマフォで済みましたw
企画提案営業 26歳
メールでお知らせしてくれるおすすめ求人がすごくマッチしてました。毎回メールが来るたびにチェックしています(笑)
Webデザイナー 28歳
求人ページの下や応募完了ページなどに表示されるおすすめ求人の精度が高く、応募したい求人が多かったです。
プロジェクトマネージャー 32歳
×