お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 BridgeのPR

株式会社 Bridge

インターネットとテクノロジーの力で今までの常識を壊し、世の中に変化を起こす企業

407351

代表取締役 松本 雄介
2009年サイバーエージェント入社、インターネット広告事業本部にて新人賞受賞、翌年に営業Mgr就任。2013年アドネットワーク事業の営業責任者となり、その後は新規広告プロダクトの立ち上げも経験。2016年1月にBridgeを創業。

第二創業期スタート。

今、Bridgeは「インターネットマーケティング事業」を展開しています。

約1年前から事業ドメインを変更したわけですが、とてもありがたいことに、順調です。

会社として事業成立をさせること、そして自分たちの強みを活かし価値のある社会貢献ができることは何か、と考えた時、それは「インターネットマーケティング事業」でした。

僕自身、前職のサイバーエージェントで夢中になり働いていたのがインターネット広告領域であり、共同創業者の坂本も同様にネットマーケティングの経験を積んでおり、お互いそこには自信を持っています。

今、インターネットマーケティングは当たり前の世の中になり、2019年のインターネット広告費は2兆円超え、初めてテレビメディア広告費用を逆転しました。(2020年3月 電通「2019年 日本の広告費」)テクノロジーの進化により、チャネルやデバイスも多様化し、広告自体の種類や運用方法も広がり、今後もインターネット広告の普及と進化は止まることはないと思います。

しかし、僕が毎月数十社のお客様と話す中で、「どうしたら良いかわらない」「大きな予算は出せない」「やってみてるけどこれが正解なのかわからない」などの声も多く、まだまだ活用できずに課題を抱えてる企業が目の前にはたくさんいます。また、世の中にはたくさんの広告代理店がありますが、中には小額の予算ではお取引ができなかったり、運用が乱雑になっていたりと、悲しい現状があることも事実です。そういう困ってる人たちや企業を、僕は助けたいと思うのです。

自分は、インターネットやテクノロジーによって本当に世界を変えることができると思っているし、だからこそインターネットマーケティングは誰にとっても誠実で有能なものであることを知ってもらいたい。僕らは、それぞれ企業のビジネスにあった戦略を立て、グレーな状況はなくし、企業の課題解決やビジネスを加速させるお手伝いをしていきたいと思っています。そして、誰もがインターネットマーケティングをうまく活用するためのサービスを開発していきます。

また、これからは、”個人の時代”だと思っていて、どこの会社に所属しているとかではなく、個人の能力と信用で仕事ができるようになる。だから僕らは、個人の能力をテクノロジーで高めること、そして個人の価値や信用をきちんと蓄積・可視化させ、”個人”として働きやすい世の中のサポートをしていきたいと思っています。

「世の中に変化を起こす会社」というBridgeのミッションを、自分たちの得意とする”インターネットマーケティング”で成し遂げていきたいと思っています。企業側、働く側、どちらにとっても良い”変化”を創っていきます。

406934

COO 坂本 理恵
2008年リクルート入社。営業としてMVPなど数々受賞した後、サイバーエージェント子会社であるAMoAdに転職。2014年、株式会社リクルートライフスタイルにて新規事業を担当した後、2016年にBridgeを創業。

Bridge Way

Bridgeには当事者意識やコミットが強いメンバーが多いです。

経歴や雇用形態などは様々で、メガベンチャーやリクルート出身、経営者もいます。いろんな人がいますが、共通していることは当事者意識やコミットが強いという2点です。

そして、その意識づけのためにも「Bridge Way」という行動指針を作りました。これから組織が大きくなる中で、自分たちがどんなビジネスパーソンであるべきかを言語化しようと策定しました。多様な人が集まる組織だからこそ、自分たちのありたい姿を言語化しています。


- Bridge 行動指針 6ヶ条 -

1.「超速ワーク」
→どんな課題も見つけたら即行動、即改善。付加価値を意識しつつ”ラストワンマイル”を全力で駆け抜け、常に顧客の期待値を超えるアウトプットを目指す。

2. 「完璧の先」
→自身が関わる事業、サービス、プロダクト、デザイン、自身が行うアウトプットにおいては、時間の許す限り熟考し続け、妥協せず細部にまで究極の質の高さを追求する。

3.「全員代表」
→チームや自身の成長のため、率先して課題を見出し解決に邁進する。チームを動かし成功に導くのは周りではなく自分。目標達成のために労を厭わない。

4.「自他への敬意」
→社内外問わず誠意を持って人と関わる。己の”知らない””できない”を受け入れ、人の小さな成長を素直に褒め、人のくれた小さな恩に素直に感謝する。パフォーマンスを最大化するため、周りを常に高めポジティブにする。

5.「惜しまず与える」
→誰かのためになる情報や知識や機会は、チーム内外問わず、それが必要な人に”give & give”の精神で積極的に与え、お互いの繁栄およびチームの成功を実現する。

6.「挑みから学ぶ」
→面白そうなら、臆病にならず、考える前にまず行動。失敗することを尊び、新しいことにチャレンジし、その経験から学び成長することを楽しむ。

この企業が募集している求人

成長企業の求人を多数掲載!

成長意欲の高い方へ。Greenではそんなあなたにぴったりの求人を取り揃えています。

プロフィールをしっかり入力していたせいかたくさんのスカウトが届いて、その中の一社へ転職することができました。
システムエンジニア 28歳
他の転職サイトに比べて今話題の会社がたくさん載ってるなという印象です。成長意欲の高い人にはおすすめですね。
マーケティング 29歳
職歴のサンプルを編集してそのまま入力できるので、煩わしいプロフィール入力もストレスを感じなかった。
新規事業企画 30歳
スマフォサイトの求人情報も見やすく、機能が充実していて、私の転職活動はほぼスマフォで済みましたw
企画提案営業 26歳
メールでお知らせしてくれるおすすめ求人がすごくマッチしてました。毎回メールが来るたびにチェックしています(笑)
Webデザイナー 28歳
求人ページの下や応募完了ページなどに表示されるおすすめ求人の精度が高く、応募したい求人が多かったです。
プロジェクトマネージャー 32歳
×