お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

ものレボ 株式会社のPR

ものレボ 株式会社

デジタル時代における”ものづくり”の新スタンダードの創生

383857

CPO 川田 敏巳
静岡銀行での融資営業。エンジニアとして転職後起業。VoIP事業など4つの通信系新事業を立ち上げ通信技術に精通。事業開発家として10以上の事業の立ち上げを行い、複数社にてCXO、顧問等を務める。2020年、ものレボにCPOとして参画。

ものづくり世界が自分の手で変わっていく肌触り

我々は「ものづくり」という一見ソフトウェアの世界とは遠い世界に対してSaaSで真っ向勝負をかける変わり者達です。
ただ、SaaSというのは結果論で、我々が造りたい世界に正面から向き合った時に紡いだ手段が、たまたまSaaSと分類されるものだったに過ぎません。
我々の造りたい世界は「あらゆるサプライチェーンが仮想ネットワーク化した世界」です。
この世界では工場と工場はネットワークで繋がり、サプライチェーンそのものが常にAI技術によって最適化され続けます。
生産における非効率は可視化され、チェーン及び管理のどこに問題があるのかをすぐに掴み治癒が行われます。
その世界では生産工程が高度に標準化され、ある工場での標準化は別の工場での標準化に転用されて行きます。
つまり、いくつもの回転が相似形に折り重なる美しいサプライチェーンの幻想的な世界です。
その幻想的な世界は「小ロット・多品種・短納期」を担う無数の町工場が、
我々のテクノロジーによって生まれた仮想ネットワーク空間の中で最高効率を発機して躍動するエネルギッシュな世界です。
・・・と、我々の夢を語り始めると、語るのが楽し過ぎてかなりマニアックな世界へ皆んな突入してしまうので、語りはこの辺にしておきますが、
感じて頂きたいのは我々が現在取り組んでいることの全てに、上に述べた夢に進んでいる肌触りがちゃんとあるということです。
最先端のテクノロジーを駆使しつつも、いつも軸足は現場のヒトにあります。
多くの人たちの声を高度なテクノロジーで実現しながら着実に仮想ネットワーク世界の構築に進んでいるわけです。
技術としても事業としても困難を極めるミッションですが、だからこそ刺激的で楽しい毎日です。
そうしたエキサイティングなエンジニアライフを送りたい方がいらっしゃれば是非とも我々の仲間になってください!

382853

セールスマネージャー福山
元バンカー

【転職者インタビュー】ものレボに運命を感じちゃった元バンカーが語る転職理由

採用担当から一言
転職組で同時入社した福山と久保にインタビューしてみた結果、想像以上に熱い話に。
このランチインタビューは1時間半に及んだこと、
Wordにおこしてみると7ページにも及んだことを書いておこう・・・笑

まずは、元銀行員でセールスマネージャーをしている福山。

=================================

採用担当:入社して1週間ちょっとですね。どうですか?福山さんは元々ものレボの取引先だったんですよね?

福山:うん。前職が銀行で、愛知県の支店にいた時に出会ったのが始めかな。代表の細井さんとCOOの松下さんがアイシン精機出身で、愛知県で展開したいと依頼があって、製造業のお客様を紹介して一緒に提案に回ってた。

採用担当:紹介するだけじゃなく一緒に回ってたんですね!!

福山:製品説明会を開催してもらったり、日々の相談の中でどんなお客様に適しているかも理解深まっていたから、ものレボの製品については最低限把握してたよ。

採用担当:その説明会が初めての出会いですか?

福山:そうそう。説明会を聞いてたら自分が興味を持っちゃって(笑)話をしてみたら意気投合してそこからかな。

採用担当 :松下さんから「説明会の時にやたらと目を輝かせてる人がいた」って聞いてました(笑)

一同 :笑笑笑

福山:思考回路が全然自分とは違うから、「この人たちと働いたらもっと自分も伸びるかなぁ」て思えて魅力的だった。

採用担当:元々転職するつもりだったんですか?

福山:何度か転職活動はしてたけど、転勤とか昇格とか採用担当異動が重なって結局動けず、な感じだった…

採用担当:じゃあ今回やっとですね!

福山:直感的に「縁」を感じたっていうのが率直な気持ち。今までの転職活動は社会勉強みたいなもので、本気じゃなかったんだと思う。愛知県でものレボと出会ってなかったら銀行で一生を終えてたはず!!

採用担当: ものレボと出会うために今までがあった、という感じですね。まさに運命!

福山: 自分の人生の「岐路」と「出会い」がjust in timeしちゃった。恥ずかしながら本気で運命だと感じてる(笑)

採用担当:トヨタ生産方式出してきましたね!何がキッカケで入社することになったんですか?

福山: 令和になった時から世の中の潮目が変わったなーて感じていて、世の中の価値観も変わってきたしそろそろ自分も新しい環境に、って考えてた。あとは、愛知県で自動車部品製造業と深く関わっていく中で「ものづくりLOVE」って明確に思って、金融サポートじゃなくて製造業の生産性向上のサポートがしたいって強く思ったのも理由の一つ。

採用担当: 製造業に興味があったんですか?

福山:元々は製造業との関わりってなくって。でも現場見てたら金属加工好きだな、ものづくり好きだな、って気づいた。「夢」を追いかけることを思い出させてくれた感じかな(笑)

久保:その気持ちわかります!現場おもしろいですよね!!

福山:ものづくりって0から1にしたりとか。1にしたものからさらに生み出すってところが面白いよね。製造業が日本を支えてるって思うし、そんな製造業が強くないと日本終わるなって。だからこそ、細井さんから言われた「ものづくり革命」と「世界の工場をデジタルでつなぐ」っていうビジョンを聞いてどハマりりしてしまった。「なんやこの壮大なイメージと構想!!」って(笑)

採用担当:確かに目指すものはめっちゃ広大ですよね(笑)

382854

カスタマーサクセス久保
元大手メーカー技術者

【転職者インタビュー】なんでもやります!超前のめりな元大手メーカー技術者が語る転職理由

採用担当:久保くんは現場にいたんだっけ?

久保:設計なんです。設計にいる人って2種類に分かれるんですよ。「設計に入ったのだから現場なんて」て人と「現場の方が面白いし現場にも足運ぼう」て人。僕はめっちゃ現場好きなんですよね。

採用担当:設計でも現場知ってる人の方が活躍できるんじゃない?

久保:確かにそうですね。現場の人との関係も良好になるし。でも前者のタイプの人も多かったんです。

採用担当:そうなんだ。転職活動してたから転職サービスに登録してたんだよね?

久保 :そうですね。大手だからこそ1年目は末端の仕事でお客様も遠いし全然面白くなくてその時に登録しました。続けてたら面白くなるかなーて思って続けてみて、そしたら2年目くらいから面白くなってきたから転職は思い留まりました。

採用担当:それは顧客接点とか現場接点が持てたから?

久保:顧客接点は増えてないけど、たまたま上についてくれた人がいい意味で適当で(笑)
めちゃくちゃ任せてくれたから、それがめっちゃ楽しかったんです。

採用担当:それでなんで転職を考えることになったの?

久保:よくよく考えると、「目の前の仕事は楽しいけどこれって誰のための仕事なんだろう」て、ふと疑問になって。なんで目的が感じられないんだろう、って深堀していくと「自分って課題を解決することが面白いんだなぁ」って気付いたんです。普段の業務の中での課題解決とかも結構自主的にやっていて、それで誰かが喜んでくれた、っていうことが多分楽しかったんですよね。

採用担当:自分が介在したからよくなった、みたいな介在価値を感じたかったんだね。

久保:多分そうです。例えば、お客様が発電所作りたいけど作れない、だからうちに依頼してくる、それって「発電所を作ることは決まっているからどこかに発注しよう」という当たり前のことじゃないですか。それを自分たちは作って対価をもらうだけであって、お客様からしたら特にありがたみもない当たり前のこと。もっと直接的にお客様の課題解決ができて、製造業には関われて、関西に居れる会社と探していくとものレボに出会いました。

採用担当:なるほどね。やりたいことを追求していったら、たまたまものレボのカスタマーサクセスっていう仕事に行きついたんだ。でもやりたい仕事ができそうだしこれから楽しみだね!

久保:そうですね!

382646

左 カスタマーサクセス久保
右 セールスマネージャー福山

【転職者インタビュー】ベンチャー企業か大手企業かで悩んでいる人へ伝えたいこと

採用担当:ベンチャーって入社する前って色々不安だとは思うけど、入社するにあたって何が一番大事だと思いますか?

福山:ビジョンとか事業にハマることかな。少数精鋭だからこそ、ビジョンに対してどんなバリューを生み出していきたいか、っていう考え方が重要だと思う。まだ知名度がない今のフェーズって、答えのない道を歩いて色塗りしていく作業だと思ってて、ある意味みんながデザイナーみたい。だからこそ最初は特に「共感してくれる人」の力がめっちゃ必要だと思う。

久保: 確かにそうですね。大手の安定を捨てるって不安だったけど、今やる気に満ち溢れてます!

福山:本気で楽しんでるもんね(笑)

採用担当: うん、習得しようっていう欲がスゴイ。

久保: そこしかないんで(笑)それだけは忘ないようにしよう、って思ってます。

福山:初心忘れるべからず!僕も入社を決める時ってかなり悩んだけど、人生を自分で選択したって行動はすごく大きなことだから、大きな1歩を踏み出せてるんじゃないかな、って思ってる。1度選択したことでこれからの人生も選択できる癖がついた。

採用担当:確かに私も大手にいた時って、辞めるって選択肢がなかったけど辞めてから自分で選択すること増えたかも。

福山:選択できたからこそ今「しんどいけど目標に向かってやってやるぞ!」みたいなエネルギーに満ち溢れてる(笑)

久保:同感です!やっぱりやりたいことを追求して「それがココでできる」って思えるから乗り越えられますよね。

採用担当:ベンチャー=しんどい みたいなイメージってなぜあるけど、たぶん最初は1人のカバー範囲が広いからそう感じるんだろうな。でも、ちゃんと目的を持って集まった人ばかりだったら、結果的には楽しい仕事ができてるんだと思う。

久保:確かに、やらされ感とか義務でやってる感は全くないです。やらないといけない時は必至こいてやるけど、ふざける時も全力だし(笑)

福山:それがベンチャーのいいところかもね。

382857

小さな所帯ですが、メンバー同士は仲良いです!

採用担当の所感

ベンチャーがしんどくないはずはない!

上にも出ましたが、1人がカバーする範囲が広いから一時的に負荷がかかってるだけだと私は思ってます。記事にはしませんでしたが「1人1人の歯車が大きい」という言葉もでてきました。本当にその通りで、自分がやったことが全て会社の実績に反映されるというのはベンチャーでしか味わえない醍醐味だと思います。

「このままレールに乗ってていいのかな」と思っている方は是非一度お話してみませんか?

「まだものレボに興味はないけど話してみたい」そんな方もwelcomeですよ!!

当社の想いや風土づくりをもっと知りたい方は創業者へのインタビューもご覧ください!

Full remote small

成長企業の求人を多数掲載!

成長意欲の高い方へ。Greenではそんなあなたにぴったりの求人を取り揃えています。

プロフィールをしっかり入力していたせいかたくさんのスカウトが届いて、その中の一社へ転職することができました。
システムエンジニア 28歳
他の転職サイトに比べて今話題の会社がたくさん載ってるなという印象です。成長意欲の高い人にはおすすめですね。
マーケティング 29歳
職歴のサンプルを編集してそのまま入力できるので、煩わしいプロフィール入力もストレスを感じなかった。
新規事業企画 30歳
スマフォサイトの求人情報も見やすく、機能が充実していて、私の転職活動はほぼスマフォで済みましたw
企画提案営業 26歳
メールでお知らせしてくれるおすすめ求人がすごくマッチしてました。毎回メールが来るたびにチェックしています(笑)
Webデザイナー 28歳
求人ページの下や応募完了ページなどに表示されるおすすめ求人の精度が高く、応募したい求人が多かったです。
プロジェクトマネージャー 32歳
×