お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 TRUSTDOCKのPR

転職サイトGreen(グリーン)

気になったらここをクリック!
企業からのオファーが来やすくなります。

閉じる

【自治体向け提案営業】本人確認APIの”総合商社”で自治体・事業者と協働し官民連携支援を推進する<Fintech・RegTech領域>

株式会社 TRUSTDOCK eKYC身分証アプリと本人確認API基盤・オペレーションを提供する「KYC as a Service」

430459

株式会社TRUSTDOCK フルスタックエンジニア 保屋野 透

TRUSTDOCKに入社後はCTOの荘野、COOの菊池と共にデプロイ作業やコードレビュー、プロダクトの修正や新機能の設計、開発チーム自体のプロセス改善の提案、実施を担う。

フルスタックエンジニアが「次の10年も挑戦できる転職」とは何か

――これまでの経験をお聞かせください。

保屋野:ピクスタ株式会社でWEBアプリのリプレースやデータ分析システム・検索システムを実装していました。株式会社クラウドワークスへ転職後は、決済機能の開発リーダーとしてアーキテクチャ設計や、DevOpsとしてインフラ管理のコード化に携わりました。OLTA株式会社ではフルスタックエンジニアとして、ファクタリング事業(Fintech)のプロダクトのアプリケーション開発をリードして、今に至ります。

――フルスタックエンジニアとしてはほぼ全てのレイヤーを経験されている、かつ、TRUSTDOCKで4社目となりますが、今回の転職の基準はどうお考えでしたか?

保屋野:実は最初は何社も受けていて、でも自分にぴったりくる会社がありませんでした。フリーランスになろうとも思っていたんです。でも、組織として大きすぎると役割が相対的に小さくなったり、小さすぎると逆にマーケットやビジネスが見えないといった課題があり、迷っていました。だから私は、エンジニアとして「次の10年もさらにハードルの高い挑戦ができるスキルや経験を得られるような環境」を探していました。

――それだけの経験があると、「次の10年も挑戦できる」は全く問題なさそうに思いました。どういう危機感や問題意識を持っていたのでしょうか?

保屋野:「10年後も活躍しているエンジニアの条件とは何か」を考えていたんです。その結果、少し驕った言い方になってしまうのですが、エンジニアとして積める経験はある程度やり切った感覚がありました。だから、会社を選ぶ基準としては技術が重要なプロダクト中心のビジネスを展開し、かつ伸びているかを考えていました。その中で、ビジネスに関与できる割合が大きいポジションで、プロダクト開発ができる環境を探していたんです。それが私にとっての「10年後も食っていけるエンジニア」の中身です。

――TRUSTDOCKに入社した最後の決め手はなんでしたか?

保屋野:カジュアル面談や面接を重ねていく中で湧き上がった、「自分が熱中して楽しく開発できそうな環境に身を置いてみたい」という気持ちです。TRUSTDOCKで働く本質的な魅力は、APIを組み合わせて利用することができる自由度です。これはCOOの菊池の「使われないものはつくりたくない」の一言からも感じられました。「色々つくたいものはある。でも、使われる場面を考えずに開発すると、せっかくのプロダクトが無駄になってしまう。使われずに悲しい思いを開発者がすることは絶対に避けたいから、プロダクトのあり方を考え抜いてから実装する」という実体験に基づいたセリフだったと解釈しています。

――今後はどんなキャリアを描いていますか?

保屋野:「事業を成長させること」に主眼を置いて働きたいと考えています。エンジニアになって10年経ち、技術だけ磨いていても逆にエンジニアとしての成長を感じにくくなってきていたからです。「高めた技術力を何に使うのか」をあまり考えられていなかったんです。技術力を高めることだけが働く目的になってしまっていました。

――エンジニアもビジネス領域での経験が必要なんですね。

保屋野:具体的には「どういった事業をどのように進めていくのか」を考えながら開発できる環境です。だから、私の今回の転職活動で探していた会社には特徴あります。これから会社が立ち上がっていくフェーズのスタートアップであったり、0から事業を立ち上げる余白のある会社です。

――TRUSTDOCKに入ってからの10年で、キャリアに大きな変化が生まれそうですね。

保屋野:いまは、TRUSTDOCKのプロダクト、事業を成長させることを最優先の目的にしています。これまでの10年は「技術力を高める挑戦の連続」でした。だから次の10年はさらに上のレベルである「事業を成長させる挑戦の連続」ですね。次の10年を「設計思想が近い」かつ「オープンなコミュニケーション」が根付いている仲間と過ごせることは、とても幸運なことだと思っています。

430460

株式会社TRUSTDOCK SREエンジニア 五島宙也

大手ERPパッケージベンダーのSREとして基盤開発/設計/構築/運用に携わる。2020年にTRUSTDOCKに入社し、本人確認業務用のシステムの開発/保守、DevOpsやインフラ改善を担当。

どうして未経験の開発言語を習得してでも、「eKYC事業で社会インフラを実装したい」と思ったのか

――どうして「社会インフラを実装したい」という理由でTRUSTDOCKに転職したのでしょうか? 

五島:「社会インフラをつくる」なんて、とても難易度が高いですよね。正直に申し上げると、いまの私のスキルでは不足している部分も多いです。でも、だからこそなんです。「社会インフラの実装」なんていう難易度の高い環境でやり切れたら、自分自身も成長できるなと思いましたね。

――「スキル不足」を感じていたとなると、転職する不安はあったでしょうか?

五島:不安は確かにありましたが、業務の中でフルスタックエンジニアとして成長したい意欲が勝りました。前職では「難しい問題に対して挑戦することが求められる」企業文化が根付いていました。自分がいまできることよりも少し上の仕事にコミットメントして、考えて相談して、ときには失敗して、それでも最終的には仕事をやり抜くことの繰り返しでした。実際に入社してすぐでもMySQLやJVMの内部実装や大規模な開発環境の保守のための試行錯誤など、自分ひとりで勉強するには限界がある部分もTRUSTDOCKでは学べています。

――五島さんは入社前から挑戦があったとお聞きしました。

五島:前職で使っていた開発言語とTRUSTDOCKの開発言語が違うんです。だから入社前に学んでおく必要がありました。

――異なる開発言語に移行することは難しいと考えられることもありますよね。

五島:私は、今更かもしれませんがRubyは一度は触ってみたい気持ちがあったので、新しい開発言語を学ぶことに抵抗感はありませんでした。それに、私だけでなくエンジニアはAWSや言語のアップデートを日々追っていたりするので、違う開発言語を習得することについても「いつものアップデートの延長でできるはず」と考えます。

――入社前にRubyを学ぶためには、具体的にどんなことをしたのでしょうか?

五島:Rubyで簡単なアプリをつくる、Rubyで競技プログラミングとISUCONをやる。その中で自分の知っている他の開発言語(python/java)との違いを調べていました。

――自分からどんどん学んでいくんですね。

五島:「自分から学ぶ力」については、判断軸として「できるかできないか」ではなく、「自分がやりたいかやりたくないか」があります。この連続でいまがあるので、自然と転職の軸も「難易度の高い仕事」になりますし、その中でも「eKYC事業を通じて、社会インフラを実装する」は、私にとって最難関でした。そんな最難関のチャレンジを気の合う仲間とできる環境は、私にとっては理想的です。転職活動ではそんな環境を探していました。

――技術力に自信がありそうなひとが集まっている会社に応募していたんですね。

五島:TRUSTDOCKもそんな会社のひとつで、「eKYC事業を通じて社会インフラをつくる」なんていう難しいことを、技術でどのように形にしているかが気になったんです。CTOの荘野さんとの面接では、今まであった技術面での苦労話で盛り上がって、気がついたら面談の時間を延長していました(笑)。「このひとと働けたら、eKYCの領域で社会インフラを実装するための良いプロダクトがつくれるだろうし、楽しいだろうな」と感じられました。
「できないことができるようになる」と嬉しいんですよね。TRUSTDOCKが展開している領域は、eKYCという「まだ誰も確立できていない」です。さらには急に社会の注目も増した分野です。その分、求められるハードルも一気に高まったので、培ってきた挑戦体質で挑んでいきます。

430461

株式会社TRUSTDOCK PdM 波多野 裕章 

IT企業でドローンとヘルスケア部門の新規サービスの立ち上げを行い、PdMとして推進。
TRUSTDOCKにフロントエンドのPdMとして入社後は、クライアントと社内のエンジニアをつなぐハブを担う。

「eKYC市場で社会インフラをつくる」に、自分のエネルギーを全力で投資する価値を感じた

――波多野さんは観光協会の職員、ドローンとヘルスケア領域の新規事業のPMを経て、TRUSTDOCKにプロダクトマネージャーとして転職しました。今回の転職はどんなきっかけではじまったのでしょうか?

波多野:大きなきっかけは子どもが産まれたことです。子どもが大きくなったときに、「より良い社会になって欲しい」という思いが強くなり、より良い社会のために自分のエネルギーを全力で投資したくなったんです。そんな「これならより良い社会になる!」と自分が信じられるサービスや会社を探すために転職活動をはじめたので、ペースはゆっくりでした。
TRUSTDOCKに関しては、eKYCの事業内容もその先にある社会にも興味があったので、お話だけでも聞きたいと思いカジュアル面談に進んだんです。面談でお会いできた方と一緒に仕事したいと思えるかどうかを、転職の最も重視している基準でした。

――「誰と働くか」は大切ですよね。どのように判断したのでしょうか?

波多野:直感的になるのですが、「話が弾むかどうか」です。「素直に話せるか」とも言えます。実際に素直に話しすぎたので「落ちたかもな」と思った場面もありました。COOの菊池さんに「お客さんと話すの苦手ですよね」と指摘いただいたときに「はい、苦手です」と言ってしまったんですよ。

――包み隠さずお話しされたんですね!

波多野:自分でも苦手意識があるのでそうお伝えしました。でも、苦手でもプロダクトを背負っているので、できるだけ準備して丁寧に対応していたことを言えたら良かったですね(笑)。でも、こういった素直なやり取りが良かったのかもしれません。カジュアル面談や面接でお話しできた皆さんは、話を受け止めて「ひと」を大切にされている組織だと感じました。価値観や考え方に関するやり取りが多かったので、そう感じたように思います。

――入社後はどんな仕事を進めていますか?

波多野:フロントエンドのPdMとして、より良いプロダクトにするための方向性を示すことを目的に仕事をしています。日々の具体的な仕事は、開発状況の確認やクライアントとの折衝、資料作成などです。開発メンバーが開発に集中できるようにするためにできることは「なんでもやる!」というスタンスで業務をしています。

ーー一般的なPM/PdM論にとらわれずに、「開発メンバーが開発に集中できるようにするためになんでもやる」ということこそが波多野さんのPdM論なんですね。

波多野:事業のスピードが思ったよりも数倍早いので、お客様やエンドユーザーからも、求められているものが非常に多いと感じています。それを受け止めながら、どうすればもっと良いプロダクトにできるのかを考え、実行することを繰り返すしかないと今は思っています。

――まさに本質を突いていますね。一緒に働くメンバーはエンジニアが多いんですか?

波多野:そうですね。特に荘野さん、TJさんとのコミュニケーションが多いです。フロントエンドの開発に関して、私が何をどの優先度でつくるか決めさせていただき、どのようにつくるかお願いする形です。1日のコミュニケーションの密度が濃いと感じています。コミュニケーションのテンポ感が良く、やり取りがスムーズだからそう感じるのだと思います。――PdMの立場からどんなプロダクトをつくりたいと考えていらっしゃいますか?

波多野:TRUSTDOCKのeKYCプロダクトが、世の中の当たり前になることが目標です。例えばGoogleサインインくらいに、どんなサービスでも使われている当たり前のインフラになれたらと感じています。

――CTOの荘野さんも「社会インフラをつくりたい」と考えていて、Suicaを例に挙げていましたね。

波多野:社会インフラは誰もが当たり前に使える、でも大切なものですよね。
そのために私ができることは、ひたすらクライアントさま・ユーザさまの意見を聴いて寄り添い続けることです。文章だと1文で済んでしまいますが、終わりない旅路なのだと思います。

430462

株式会社TRUSTDOCK フロントエンドエンジニア TJ Epperson

会社管理ソフトウェアの開発、クリプトカレンシー分析のスタートアップでJavaScriptベースのシステムを開発後、TRUSTDOCKにフロントエンドエンジニアとして入社。

「フルスタックエンジニアになる」。TRUSTDOCKはその決意を後押ししてくれた

――転職活動はどういった経緯ではじめたのでしょうか?

TJ:私はフルスタックエンジニアとしてのキャリアを積める場所が欲しいと考えていました。TRUSTDOCKにはその環境があるのではと思ったんですよ。実際にTRUSTDOCKは、「将来的にフルスタックエンジニアになる機会を提供します」と話してくれたので、入社を決めました。

――フルスタックエンジニアになるキャリアに強い興味を持っているんですね。何かきっかけがあったのですか?

TJ:クリプトカレンシー分析に特化したスタートアップでの勤務時に、大きなやりがいを感じたからです。そこではVueアプリケーションを一からつくることを提案して、渡されたデザインモックアップに沿って、アプリケーション全体をコントロールする仕事です。さらには新たにバックエンドのサーバーをつくることを提案し、開発していました。

――幅広い業務を経験していたんですね。

TJ:もちろん、まだフルスタックエンジニアと呼べるには知識も経験もギャップがあると思います。TRUSTDOCKではフルスタックエンジニアの道を究めて、全てを自分一人で動かせるようになりたいですね。

――もともとTRUSTDOCKは知っていたのでしょうか?

TJ:正直に申し上げますと、私はTRUSTDOCKを最初から知っていたわけではありません。本人確認やeKYCの市場に詳しいわけでもありませんでした。でも、TRUSTDOCKのクライアントリストに大手の金融機関や世界的に有名な企業の名前がありました。求められる技術の水準も高く、そんな環境に身を置けば自分の技術力を飛躍的に伸ばせると判断しました。

――昨今の情勢もあり、最初からリモート勤務となりましたね。不安はありましたか?

TJ:仕事に慣れることに問題はありませんでしたよ。特にソフトウェアエンジニアの場合は、最初のうちは仕事への貢献度が低く、自分から質問することが多いことを受け入れなければならない性質がありますしね。eKYCについても学ぶ必要があります。確かにコードベースや開発環境に慣れるには苦労もありましたが、慣れるまでは負担に感じても質問することでスムーズに仕事ができるようになります。

――人間関係の部分はどうでしょうか?

TJ:勤務初日からリモートワークだったので、メンバーと直接の交流という意味ではまだ限定的です。でも、いまの状況ということもあり「家族の健康も気になっています」と伝えると、親身になって話を聴いてくれました。私の一番の原動力は家族なので、家族への思いに共感してくれることはとてもうれしいことです。TRUSTDOCKは仕事の部分だけでなく、ひととして社員を大切にする文化が根付いているのではと思っています。とても思慮深く、尊敬の念をお互いに持っている企業文化を感じています。

――TRUSTDOCKは今は誰との仕事がメインでしょうか?

TJ:CTOの荘野ですね。入社前からTRUSTDOCKのカメラ技術とネイティブアプリの技術は注目していて、エンジニアが非常に優秀であることは明らかでした。特に荘野は、Vueをあんなに早く拾い上げて、これだけのロジックをつくり込めるなんて、信じられないほどの才能を持っていると思います。

――これから挑戦したい目標は何がありますか?

TJ:私の目標はフルスタック開発者になることです。同時に、短期的な目標を4つ考えています。

(1)リファクタリング/リライトの提案書を、ベストプラクティスや例を含めて完全に書き上げる
(2)Vuetifyの導入などのイノベーションを積極的に推進し、理想的なフロントエンド開発環境を提供する
(3)アプリケーションのリファクタリングで大きな役割を果たすこと
(4)いまの社会の状況が落ち着いたら、CTOの荘野さんと一緒にキャリアロードマップを計画し、将来の目標を計画する

TRUSTDOCKはまさに大きく飛躍するときの離陸地点にあると感じています。これは入社前にも感じていた会社の勢いです。その勢いを加速させる一端を早く担えるようになりたいです。

430463

株式会社TRUSTDOCK 自治体担当 葛巻美央

自治体の目的、戦略の立案から自治体の実証実験や企業との協業案件を推進している。実証実験への応募のための資料作成や、地方自治体との情報交換の場の設計も行い、デジタル身分証アプリの社会インフラ化を担う。

社内のエンジニアやセールスと連携して、自治体にとって「行政手続きのオンライン化パートナー」でありたい

――自治体との仕事は未経験ですよね?しかもスタートアップという価値が定まっていない環境への転職です。不安はなかったのでしょうか?

葛巻:確かにTRUSTDOCKへの転職は、自治体担当という未経験職種かつeKYC市場という未経験業界でもあります。でも、いわゆる世間一般的な安定を求めた転職ではなかったですし、そもそも会社に安定を求めているわけでもないので特に不安はありませんでした。「不安をいかに減らすか」よりも「どう覚悟を決めるか」が必要だと思いながら転職活動をしていましたし。

――その中で2020年7月にはTRUSTDOCKは福岡市の実証実験プロジェクトに採択され、2021年3月には福岡市実証実験フルサポート事業において、「デジタル身分証アプリによる自治体職員の勤怠管理」実証を開始しましたね。

葛巻:民間企業だけでなく、自治体にもeKYCを導入する流れができています。TRUSTDOCKの自治体担当の目的は、社会的に効力のあるデジタル身分証の導入の実現です。社会実装が進めばデジタル身分証が社会インフラとして認知されるようになります。そのためには、デジタル身分証が企業だけでなく、自治体でも利用されるシチュエーションを広げることが必須です。

――大きな仕事ですね。

葛巻:まさに私ひとりでは進められない仕事です。自治体向けプロジェクトは担当者だけでなく会社全体で推進するものですから、共有は丁寧に進めています。全体会議で状況を共有することによって、普段話さない開発メンバーからも、「士気があがった」とフィードバックをもらえました。自治体案件の進捗でいうと「実証実験フェーズになっている案件」、「情報交換を進めている自治体案件」、「協業を進めている企業案件」などに分けて共有しています。いまは自治体のDX化の公募案件も増えているので、応募する際に記入する必要のある項目や提案内容も社内に公開するようにしています。

――メンバーからエンジニアリングやセールス、マーケティングの観点からのフィードバックもありそうですね。

葛巻:そうなんです。そのフィードバック内容を提案内容に反映させることで、TRUSTDOCK全体の意見を反映させた自治体プロジェクトを進められるようになります。自治体担当は自治体と社内のセールスやマーケティング、エンジニアチームとの橋渡し役とも言えるかもしれません。

――社内のメンバーとの連携を深める意識が強いですね。

葛巻:私はデジタル身分証アプリについても、本人確認市場やeKYCも詳しい状態で入社していないですから、なんでも質問していく姿勢も大事だと思います。エンジニアメンバーと話せるようになるには、もっとシステムや技術の前提知識をつける必要を感じています。

――今後はどんなことに挑戦していきたいですか?

葛巻:インプットとアウトプットのどちらも質を高めて、「行政手続きのオンライン化といえば、TRUSTDOCKのデジタル身分証アプリだ」という認知を確立させていきます。そのためには全国の自治体関連情報を広く効率的に取得できる方法をつくりたいし、行政手続きのオンライン化に関連する法律・関連資料の勉強も、自治体向けの資料作成もして啓蒙活動ができるようにもしたいです。自治体のDXは答えがある状況ではなく、試行錯誤を重ねながら進めていくものです。だから自治体の方と対等の立場で議論をしながら進めていきたいんです。そのためには自治体に直接足を運んで、自分の目で自治体の現場を直接確かめたいですね。

――進めたいことはどんどん出てきますね。

葛巻:セールスやエンジニア、マーケティングといったプロフェッショナルなメンバーが一緒に進めてくれますしね。TRUSTDOCK全体の知恵を社会に発信できる自治体担当でありたいです。

この企業が募集している求人

成長企業の求人を多数掲載!

成長意欲の高い方へ。Greenではそんなあなたにぴったりの求人を取り揃えています。

プロフィールをしっかり入力していたせいかたくさんのスカウトが届いて、その中の一社へ転職することができました。
システムエンジニア 28歳
他の転職サイトに比べて今話題の会社がたくさん載ってるなという印象です。成長意欲の高い人にはおすすめですね。
マーケティング 29歳
職歴のサンプルを編集してそのまま入力できるので、煩わしいプロフィール入力もストレスを感じなかった。
新規事業企画 30歳
スマフォサイトの求人情報も見やすく、機能が充実していて、私の転職活動はほぼスマフォで済みましたw
企画提案営業 26歳
メールでお知らせしてくれるおすすめ求人がすごくマッチしてました。毎回メールが来るたびにチェックしています(笑)
Webデザイナー 28歳
求人ページの下や応募完了ページなどに表示されるおすすめ求人の精度が高く、応募したい求人が多かったです。
プロジェクトマネージャー 32歳
×
×