お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 ブックリスタのPR

株式会社 ブックリスタ

電子書籍ストアの運営をサポートし、エンドユーザーに“感動”を提供する。

338687

プロダクト開発部 シニアエンジニア
(“ブックパス”プロジェクトマネージャー)
加治 孝洋氏(2017年2月入社)

エンドユーザーの役に立っている。そう実感できることがモチベーションに

前職はITコンサルティングを行う企業に8年間勤めていました。顧客に言われた仕事を遂行するより、多くの顧客の要望をもとに、“こうしたほうがいいのでは”と自分で考え、形にする仕事をしたくなったのでブックリスタに転職しました。

現在は“ブックパス”のシステムのPMを任されています。運営会社(KDDI株式会社)の意向は受け止めつつ、多くのエンドユーザーの声をもとにストアを改善していく。そこに楽しみを感じています。

エンドユーザーの声を、直接聞ける機会は多くありませんが、自分からSNSなどをチェックし、場合によってはお叱りの声からも改善のヒントをつかむようにしています。利用者の声をもとに改善し、「こうしてほしかったんだよね!」という書き込みを見つけると嬉しくなります。自分の仕事が「利用者の役に立っている」と実感できることが、私のモチベーションを高めていますね!

338685

プロダクト開発部 シニアエンジニア
有末 理美氏(2019年10月入社)

自分の得意分野を作り、スペシャリストとして頼られる存在になりたい

前職は流通業界で、販売システムから社内システムなど幅広く携わっていました。フローが完成されていたので役割は分かりやすかったのですが、企業もシステムも大規模で、全体像が見えなかったのも事実です。これからのキャリアを考えた時、誰とどう関わりながら開発や改修をしているかが分かる環境で経験を積むべきでは…と考えるようになりました。

もともと出版には興味がありましたし、電子書籍という発展途上のビジネスに携わることも自分の経験になると思い、ブックリスタに転職。現在はコンテンツマネジメントシステムを使った取次業務を中心に携わっています。

“2巻の販促のために1巻が無料で読める”など、施策・キャンペーンに沿った情報を付与し、協業先のストアに書籍のデータを渡す仕組みづくりなど、入社して半年ですが、やりがいのある仕事を通して経験を積んでいます。今後は自分の得意分野を作り、その分野のスペシャリストとして頼られる存在になるつもりです。

338690

プロダクト開発部 シニアエンジニア
(“Reader Store”プロジェクトマネージャー)
葉山 健介氏(2018年7月入社)

自分の裁量だけではなくメンバーの裁量を尊重し、信頼して任せることが大切

ブックリスタは、自由度高く働くことができます。私は立場上打ち合わせが多いため、出社することが多いですが、それでも週1回くらいはリモートワークです。出社するにしても、“今日は午前中で退社しよう” “今日はミーティングの時間に合わせて出社しよう”など、自分のペースで決められます。

これは前職でシステムエンジニアをしていたときには持てなかった裁量です。会社での勤務時間が長かったのでメリハリがつかず、集中力を欠きながら働くこともありました。でも今は自分で集中する時間帯を決め、ゴールに向かって仕事を進められている手応えがあります。不調のときには無理をしないなど、体調管理もしやすくなりました。

何より自分自身、マネージャーとしてメンバーの裁量を尊重し、「信頼して任せる」という訓練を積めているように感じます。プロジェクト内で“ゴールはここ”と認識を合わせたら、どう進めるかは一人ひとりの裁量に任せよう。そう意識しながら働けるようになったと思います。

338688

プロダクト開発部 グループマネージャー
出口 雅人氏(2014年7月入社)

ベンチャーとしての冒険だけではなく、しっかりした足場をもとに新しいことに挑戦する会社

ブックリスタでは現在ASPサービスの開発・保守について内製化を進めています。約20名と多くの方に新しく参加してもらう求人となるため、取引先のエンジニア集団にも、どうしたらエンジニアが魅力を感じて定着してくれるのかなどのヒアリングをしながら、最適な環境づくりを心掛けています。

このような取り組みを不安定と捉えるのではなく、自らの経験をもとに意見やアイデアを発信するチャンスのある状況と捉えてくださる方に来てほしいですね。成功した経験はもちろん、過去の失敗や今まで抱えてきた不満、後悔なども含めた経験のすべてを持ち寄っていただけたらと思います。

ただ、ブックリスタはいわゆる冒険心が最重要とされるベンチャー企業ではありません。内製化についても、さらに基盤を強化するためのプロセスです。見切り発車でも進める“いけいけドンドン”というよりも、しっかりとした計画に基づく足場に立って新しいことに挑戦する。そんな風土になじんでくださる方と、一緒に仕事をしたいですね。

338704

プロダクト開発部 部長
佐伯 信雄氏(2011年11月入社)

部全体のパフォーマンスを上げるために始めた“One on One”

2017年の夏に部長に就任してから、“One on One”を始めました。定期的にメンバー全員と一対一で面談し、現在の業務状況や仕事上の不安、将来進むべき方向について一緒に話し合ったり、アドバイスをしたり…というコミュニケーションの場です。

漠然とした夢を語るのではなく、一人ひとりと具体的な方針を共有できるほうが、部全体のパフォーマンスが上がると考えて始めた取り組みですが、今では全社に広まっているので、始めてみて良かったと思っています。

このようなコミュニケーションを積み重ねながら、今後は会社に対して技術主導の提案もしていきたいですね。現在は電子書籍ストアのより良い運営のためにシステムがどう貢献できるか? というビジネス寄りの提案がメインですが、「こういうテクノロジーで、こうしていきましょう」と会社を牽引する提案もしていけるような部署に成長していきたいと思っています。
これから入ってくださる方にも、積極的に面白い技術をどんどん提案してほしいと思います。

After covid19 bottom

成長企業の求人を多数掲載!

成長意欲の高い方へ。Greenではそんなあなたにぴったりの求人を取り揃えています。

プロフィールをしっかり入力していたせいかたくさんのスカウトが届いて、その中の一社へ転職することができました。
システムエンジニア 28歳
他の転職サイトに比べて今話題の会社がたくさん載ってるなという印象です。成長意欲の高い人にはおすすめですね。
マーケティング 29歳
職歴のサンプルを編集してそのまま入力できるので、煩わしいプロフィール入力もストレスを感じなかった。
新規事業企画 30歳
スマフォサイトの求人情報も見やすく、機能が充実していて、私の転職活動はほぼスマフォで済みましたw
企画提案営業 26歳
メールでお知らせしてくれるおすすめ求人がすごくマッチしてました。毎回メールが来るたびにチェックしています(笑)
Webデザイナー 28歳
求人ページの下や応募完了ページなどに表示されるおすすめ求人の精度が高く、応募したい求人が多かったです。
プロジェクトマネージャー 32歳
×