お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 WACULのPR

株式会社 WACUL

テクノロジーでビジネスの相棒を一人一人に

295346

エンジニアから見たWACUL

秘伝のタレを作らないために

カーゴカルトプログラミングという言葉を聞いたことがあるでしょうか。
乱暴に「秘伝のタレによる駆動開発」と言っても良いかも知れません。

アルゴリズム
デザインパターン
組織設計ノウハウ
などなど…
これらの「お作法」を正しく使いこなすには、
・生み出された背景
・その手法によって解決する課題の性質
・直面している課題の性質
といったものを正しく理解する必要があります。

しかし、それには多大な労力と時間や経験を要することが多く、つい短絡的に「コピー&ペーストでいいや」と妥協したり、「○○さんが良いと言っていたから」と権威主義的になってしまったりして、盲目的に取り込んでしまいがちです。
秘伝のタレは組織を、そしてシステムを蝕み続けるのです。

「秘伝のタレ」を作り込んでしまわないためには、手法を正しく、深く理解し、自分たちの抱える問題を正しく、深く理解し続けることが重要になります。


その① プロフェッショナルとしての探究心を持つ
自身が作っているもの、使っている道具について理解しないままでは、プロフェッショナルとしてのものづくりはできません。目の前に自分のよく知らない「ナニカ」が現れた時点で、「その手法がなぜ存在するのか」について少しでも知りたい、と理解への探究心を持てば、自然に一人ひとりが手法への理解を進め、秘伝のタレ化は起き得ません。

その② エンジニアが組織を作る
仕事や大きなプロジェクトを運営する上では、メンバーだけでなく意思決定者もカーゴカルトに陥らないことが重要です。

そのためには、意思決定の場面にエンジニアが主体性をもって参加することです。「誰かが決めてくれるのを待つ」といった受動的な態度ではなく、意思決定者に向けて翻訳して理解を求め、必要とあれば新たな手法を自ら提案する、といった能動的な態度が求められることでしょう。

その③ 「上流工程」にNO
往々にして開発の世界は「工程」という幻想に囚われがちです。

いわゆるウォーターフォールの世界では、工程の流れが不可逆です。また、工程の上流が上位の権限者に割り振られ、さも上流工程をこなす人間が偉いかのように振る舞う光景もよく見受けられます。

結果として「もう決まったことだから」「○○さんが言ってるから」という悪しき判断基準を生み、思考停止した現場は秘伝のタレを生み出し続けることにつながります。

「上流」もとい大枠で考えられた設計は、小さく分解した結果として疑われ、時として考え直しを迫られる、ということを常に受け入れ続けることが重要です。

その④ お互いに助け合える仕組みを作る
どんな人でも、理解できないことに直面することは充分に有り得ることです。

「分からない」ことは必ずしも悪ではありません。お互いに「分からないことを告げる」「分からない人を助けてあげる」という仕組みを作ることが大切です。

またそのためには、関係者が余裕をもって誰かを助けてあげられる状態を作らなくてはなりません。誰も彼もが締切に追われ、辛い状況のなかで「分からない」と声を上げることは難しく、またサポートしてあげる心の余裕も持てないでしょう。

その⑤ トライできる環境を大切にする
アレもダメ、コレもダメ、としてしまうと新しい手法を理解する機会が損なわれてしまいます。「失敗しても良い」という前提で、楽しく新しい手法にトライし、体感することが重要です。

「今までコレでうまく言ったから」と古臭くなった手法にしがみつくのではなく、失敗を恐れず新しい手法にどんどんトライし、美味しいところを選んで行くという前のめりの姿勢が求められます。

また、それを許容する周囲の環境を作ることが大切です。

〇 WACULでは、
・お互いに「助け合う」文化が根づいている
・トライできる環境がある
・スクラム開発への取り組みをすすめている
・一人ひとりが何かしら「得意なもの」を持っている

WACULは日本一を目指しています。
組織とプロダクトを一緒に造っていってくれる仲間を求めています。

295355

フィールドセールスから見たWACUL

WACULのフィールドセールスとして働く魅力

〇 WACULのフィールドセールスとは?
私は現在WACULのメインプロダクトである『AIアナリスト』のフィールドセールスを担当しています。
AIアナリストのサービスがお客様に提供される過程では、昨今多くのSaaS企業がそうであるように、以下のような流れで役割を細分化しています。

<マーケティング → インサイドセールス → フィールドセールス → カスタマーサクセス>

マーケティングがWeb検索やオウンドメディアを通じて新規リードを獲得し、インサイドセールスがファーストコンタクトに特化して商談のアポイントを取得。そのあと、訪問・商談を通して受注につなげるのが、私たちフィールドセールスの仕事です。そして受注・導入後のフォローと、次年度以降の利用継続をミッションとしているのが、カスタマーサクセスです。

AIアナリストの営業がメインの業務にはなりますが、お客様のサイトのコンバージョンを上げるという目的を果たすために、必要な課題解決についても提案させていただいています。例えば、コンテンツ制作でSEO強化の支援をしたり、類似サイトとの比較分析を行うこともあります。

〇 チームの働き方はどんな様子ですか?
勤務は11〜16時をコアタイムとするフレックスで、セールスは大体10時くらいには出社しています。PCを立ち上げると、インサイドセールスの方々がアポイントを入れてくれているので、スケジュールに従って商談を行う流れです。業務を覚えてきたら、ある程度個人の裁量に合わせて自由なスタイルで仕事ができるので、いい環境だと思いますね。

フィールドセールスのチームはマネージャーも含めて7人、5名が女性、うち2名はお子さんがいるママさんで、17時ほぼぴったりで帰宅されています。セールスにママさんが2名もいることには正直ビックリしました。2人とも現在のマネージャーより社歴が長いですし、会社が当初から個人の生き方やキャリアを優先し、後押ししてくれる文化があることを実感しています。

〇 フィールドセールスとして働く魅力は何ですか?
サブスクリプション型のサービスを提供するセールスなので、売上が積み上がっていくのが面白いところですね。単発でサービスを販売して終了ではなく、お客様がサービスを利用開始した後の経過も追うことができます。導入してもらうことは重要ですが、実際に使ってみて満足度が高くないと、利用は継続されず打ち切られてしまいます。

ここでは上流のマーケティングから利用開始後のカスタマーサクセスまで、自分が担当しているプロセス以外の仕事も近い距離で見ることができます。導入された後、お客様に本当に満足していただけているのか?セールスとして自分が介在した提供価値を、より長い目で確かめることができ、視野が広がったと感じています。

〇 社内勉強会も積極的に開催
WEBマーケ未経験でしたが、「ノウハウの共有」という文化がしっかりあるWACULでは、社内勉強会も有志で幾つも立ち上がり様々なチームのメンバーが参加しています。docbaseにノウハウが蓄積されているので、教育コンテンツも俗人化せず新入社員でもすぐにコミットできる環境が整っています。

成長意欲の高い人であれば絶対にマッチする環境です。

296152

コンサルタントから見たWACUL

中途入社したメンバーが思うWACULの強みとは

〇 実際に入社してみてギャップはありますか?
良い意味で裏切られた事が多かったです。
まず、20代が中心の部署ですが、34歳でもすんなり受け入れてもらえました。笑
他は、あげるときりがないのですが、「色々なものが仕組化されている」「働き方の自由度が高い」「優秀な人が本当に多い」「悪い人がいない」「挑戦を歓迎する環境である」などです。
その中でも、非常に強い組織だなと思うのは、「自分自身でもビジネスをしていながら、WACULに所属して頑張っている人が多い」という点です。私も会社以外でも仕事をしているのですが、自分でも稼げる中、会社という組織に所属するメリットを感じる人がいるというは非常に強い状況だと思います。そして、そのような人達が選んでいる会社というのは魅力が大きい組織だと思っています。

そして、個人でも仕事している人以外でも、今までの経歴や経験が尖っている人が沢山います。50人のほどの規模感ではあり得ないくらい、多種多様な人材が集まっていると思います。それぞれの人が自分の意思でWACULを選択しているというのは、強く感じます。

〇 仕事には慣れましたか?
多くの人が、フラットに絡んでくれるので入社1か月で職場環境には完全に慣れました。業務面も、しっかりとフォローして頂けるので、だいぶ理解が進んできていると思います。
私の仕事(CR部のWEBコンサルタント)は、既存の顧客へのコンサルなどがメインですが、AIアナリストが非常に優秀ですし、教育担当も1対1でついてくれるので、無理なく勉強できています。WEBにそこまで詳しくなくても、3か月くらいでしっかりと独り立ちできるような研修プログラムになっているようです。むしろ、仕組化されている部分が大きいので、WEB知識はなくてもコミュニケーションを取る能力があれば、誰でも活躍できる環境だなと思っています。

〇 入社を考えている人へのメッセージ
自分のやりたいことや目的がしっかりしている人にとっては、最高の環境だと思います。「AIという新しい分野に興味がある」「成長しているベンチャーで挑戦したい」「自分の経験を活かし、サービスを作り上げたい」と考えている方は、是非話だけでも聞いてもらって損はさせない自信があります!人数が増え、成長過程の会社なのでチャンスは沢山あると思います。一緒に、会社の原動力になって行ける方、お待ちしております!

この企業が募集している求人

Bnr sp354 11

成長企業の求人を多数掲載!

成長意欲の高い方へ。Greenではそんなあなたにぴったりの求人を取り揃えています。

プロフィールをしっかり入力していたせいかたくさんのスカウトが届いて、その中の一社へ転職することができました。
システムエンジニア 28歳
他の転職サイトに比べて今話題の会社がたくさん載ってるなという印象です。成長意欲の高い人にはおすすめですね。
マーケティング 29歳
職歴のサンプルを編集してそのまま入力できるので、煩わしいプロフィール入力もストレスを感じなかった。
新規事業企画 30歳
スマフォサイトの求人情報も見やすく、機能が充実していて、私の転職活動はほぼスマフォで済みましたw
企画提案営業 26歳
メールでお知らせしてくれるおすすめ求人がすごくマッチしてました。毎回メールが来るたびにチェックしています(笑)
Webデザイナー 28歳
求人ページの下や応募完了ページなどに表示されるおすすめ求人の精度が高く、応募したい求人が多かったです。
プロジェクトマネージャー 32歳
×