お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 WARCのPR

株式会社 WARC

想いをカタチにできる、世の中を創る

300111

<篠原 さくら>
サイバーエージェントに新卒入社、2年目より人事マネージャーとして採用や事業部人事に従事。2018年に当社入社、人事責任者として組織創りを主導すると共に、経営管理部の立ち上げに従事。

WARCの特長

事業間でシナジーを生み出せる点が大きな特長だと思っています。

Co-WARC事業部やM&Aアドバイザリー・サービス事業部ではプロフェッショナルファーム出身の公認会計士が多く在籍し、ハンズオンでクライアントのコンサルティング支援を行い、タレントエージェンシー事業部ではコーポレート分野に特化した人材紹介事業を展開し、HR tech事業部ではエンジニアやデザイナーをはじめとした技術者が新しい転職サービスを開発している。

このフェーズにおいて、これだけ幅広い経歴と様々な経験や技術を持った人たちが、同じミッションやバリューに共感して集まっている会社はなかなかないと思います。

複数の事業を跨ってクライアントのご支援をしているケースも多くあります。事業間シナジーを生み出すことで、クライアントへの提供価値が2倍にも3倍にもできると考えています。

300113

<小林 駿>
2012年、A.T. カーニー新卒入社。飲料・広告・製薬業界における事業戦略・マーケティング支援・コスト削減支援に従事。2019年5月WARC執行役員に就任。

WARCで成し遂げたいこと

僕自身は事業を創り続ける経営者でありたいです。もちろん責任もありますし、つらいことも多いですが、一回経験すると取りつかれて離れられないくらい、経営者というのは魅力的な仕事だと感じています。

そうなったときに分かりやすいのは自分の会社を持つことですが、僕自身としては、自己表現と言いますか、自分の考えや想いを自由に表現できるというところを求めているので、それができるのでればWARCに居続け、組織を大きくしていくということも一つの選択肢です。

起業自体が目的化しているのではなく、自己表現ができる最適な形を取りたいなと。ビジネスはタイミングがすべてだと思うので、あくまでタイミングありきで、そのうえで挑戦したいことがあって、条件や気持ちが整って起業がベストだと感じたときには、迷わず起業したいと思います。

そのときに、自分のスキルやネットワーク、資金などが足りずにできないのはもったいないので、来たるべきタイミングに備えて自分を高めておくというのが目下の目標です。そのために目の前の仕事で価値を出していきたいと思います。

346225

<渡辺 慶樹>
2011年、有限責任監査法人トーマツに入社。その後、EYトランザクションアドバイザリーサービス、PwCアドバイザリーでM&Aにおける財務アドバイザリー業務に従事。
2019年に当社入社、Co-WARC事業部長に就任。

WARCでコンサル業務をする"おもしろさ"とは

WARCのコンサル事業は、主にベンチャー企業の事業によりそって、クライアントとともに、課題の定義からソリューションの実行まで深く入り込み、より広い視野でクライアントのビジネスに向きあっていくことを大事にしています。

WARCの強みとしては、クライアントのフェーズ・課題に応じて、採用・人事制度の設計やM&A等のアドバイザリーサービスもワンストップで提供できることです。経理支援で入り、人事面やM&Aのサポートをさせていただく事例も多々あります。逆もしかりです。

また、タレントエージェンシーのサービスも併せて提供することができるので、Co-WARCチームで不足している適切な人材要件を把握し、クライアントのステージに応じた「人」の支援をすることができます。

一般的なコンサルティング業務では、案件ベースの支援になってしまい自分の領域のみの支援にフォーカスしがちなのですが、WARCでは、スタートアップやベンチャーのために、本当に必要な支援を考えることのできるメンバーが揃っています。いわゆるコンサル業務を自分事化できるのがおもしろさだと思います。

346208

<園田 励>
UXデザイナーとしてGroupon Japanの立ち上げに参画。その後イグニスにてプロデューサー/UXデザイナーとして、恋愛マッチングサービス「with」に立ち上げから携わる。2019年に当社入社、HR tech事業部長に就任。

自身の挑戦と、WARCの今後について

僕のやりたいことは、一人一人の情報を限りなく可視化していくことです。

例えば、名詞の情報だけではわからないパーソナリティを事前に知ることができれば、転職活動のミスマッチが避けられ、効率化につながります。

さらにいうと、人一人の情報を限りなく可視化していくということは、一人ひとりをプロデュースできる社会になるということです。

芸能人にマネージャーやプロデューサーがいて売れていくのと同じことが、個人でも起こり得る時代になってきています。誰もが主役になれる世界に対して、どうアプローチするのか。とても興味がありますね。

会社としては、きっと、新しいものを創り続けると思います。今までの経験上、改善だけしていくサービスはいずれ滅ぶと思っていて……。

改善や修正に加え、新機能や新企画を併せて生み出して行かなくてはいけません。
もしも今、現状維持をしている会社と、新規事業にトライしている会社の収益が同じだとしたら、3年後には、まったく違う結果を出しているはずです。
現場に創り続けたい人間がいるかどうかが肝です。

今、WARCには新しいことをやりたい人が集まっているフェーズですが、今後は運用が得意な人も増えてくるでしょうね。だからと言って前者が要らなくなるわけではない、いろいろな人が集まりながら一緒に大きくなっていくんです。

346210

<小林 カンナ>
2012年、総合人材会社に入社。エス・エム・エス、ペット領域のスタートアップ TYLにて、人材紹介事業に従事。
2019年に当社入社。タレントエージェンシー事業部にて、ハイクラス人材のキャリア支援に従事。

WARCでの女性活躍とは

例えば、今、同じチームで活躍している女性は子どもが二人いるのですが、稼働できる時間をフレキシブルに確保し、最大限に生かすことで成果を出し続けています。

多くの人材会社では就業時間が明確に定められ、その時間内に細かくスケジュールとTo Doが設定されることが多いですが、WARCは違います。

誰もが自分のパフォーマンスを最大化することに貪欲であるため、移動時間が非効率になる時は必要に応じて家やコワーキングスペースで仕事をすることも可能です。
自らの考えで効率化を図り、その分しっかり成果を出していくスタイルがWARCにはあります。

このような働き方なので、フットワークが軽く、キャッチアップの質が高く、絶対的な量をこなせる人も多いです。
私が入社したのと同じタイミングで、人材紹介業未経験というメンバーが数人入社しました。

当時はとても珍しいと思いましたが、一緒に働いてみて、メンバーの一人ひとりに得意分野やポテンシャルがあると感じます。

それぞれが日々、次の一手を打ち続けているのでとても刺激になりますし、私も結果にコミットすることを常に大事にしています。

この企業が募集している求人

Dxsmall

成長企業の求人を多数掲載!

成長意欲の高い方へ。Greenではそんなあなたにぴったりの求人を取り揃えています。

プロフィールをしっかり入力していたせいかたくさんのスカウトが届いて、その中の一社へ転職することができました。
システムエンジニア 28歳
他の転職サイトに比べて今話題の会社がたくさん載ってるなという印象です。成長意欲の高い人にはおすすめですね。
マーケティング 29歳
職歴のサンプルを編集してそのまま入力できるので、煩わしいプロフィール入力もストレスを感じなかった。
新規事業企画 30歳
スマフォサイトの求人情報も見やすく、機能が充実していて、私の転職活動はほぼスマフォで済みましたw
企画提案営業 26歳
メールでお知らせしてくれるおすすめ求人がすごくマッチしてました。毎回メールが来るたびにチェックしています(笑)
Webデザイナー 28歳
求人ページの下や応募完了ページなどに表示されるおすすめ求人の精度が高く、応募したい求人が多かったです。
プロジェクトマネージャー 32歳
×