お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 ハイドロ総合技術研究所のPR

株式会社 ハイドロ総合技術研究所

解析技術と情報技術を融合させた技術で、活躍するフィールドを拡大するシンクタンク

285587

情報システムグループ サブグループマネージャー
北垣 隆夫氏

大手SIerで公共土木分野のシステム開発を経験。2016年ハイドロ総合技術研究所入社。

「お客様の想像できる範囲以上の提案が求められている。プレッシャーもありますが、期待に応えられた時の達成感はそれ以上に大きいです」

前職はパッケージビジネスだったため長年携わる中で新たなチャレンジがしたくなり転職しました。

ハイドロ総研の仕事は、一般の受託開発と異なり、プロジェクトのスタートが明確ではないことが多いのが特徴です。特に建設コンサルタントや研究機関の案件では、弊社にご相談をいただく段階で、お客様自身もどのようなシステムを構築すべきか明確なイメージを持っていないことが多く、悩みを聞いて一緒に仕様を固めることからスタートします。最初は少し戸惑いましたが、今ではお客様と同じ方向を向いて仕事が出来ることは魅力的だと思っています。しかも指示されたものを作るのではなく、むしろお客様が想像出来る範囲以上の提案が期待されている。プレッシャーも大きいですが、その期待に応えられた時の達成感が大きなやりがいになっています。

弊社が携わる予測システムや防災システムは、どこでも開発しているものではありません。中途入社される方にもほとんど経験者はいません。一般的な業務システムより精度の正確さや処理速度が求められますが、一般的なWebアプリケーションの開発経験を積んで来られた方であれば十分に戦力になっていただけるはずです。もちろん、お客様と話をする中で業務知識が求められることはありますが、不足している部分は社内メンバーがフォローするので、実務をこなしながら少しずつ身につけていただければ大丈夫です。

我々の業務で必要な資質は、同僚やお客様に対して、自ら発信出来るポジティブな姿勢です。また人とのコミュニケーションにおいて、人の話を理解し、自分の言葉で的確に答えることが出来る能力も重要だと思っています。システム構築において発生する齟齬は、本質的にはコミュニケーション不全によって引き起こされます。プログラミングでカバーするよりも、コミュニケーションの中でどう仕様を固めていくかということの方が、素養としては重要だと考えています。

弊社では基本的なスキルを身につけていただければ、その後は各自の目指したい方向性をできるだけ尊重する形でプロジェクトに配属していきます。新しい技術を身につけたい、よりお客様に近いところで仕事をして提案力を伸ばしたいなど、新しいことにチャレンジする意欲を持った方はぜひハイドロ総研にご参画下さい。

286920

情報システムグループ サブリーダー
小林 瞳氏

SIer、Web制作会社などでWebシステムの開発に従事。2015年4月ハイドロ総合技術研究所入社。産休・育休を経て、2018年職場復帰。

「働く上では仕事内容だけではなく人間関係と福利厚生も大事です。ハイドロ総研はどちらも充実しており、安心して働ける環境です」

私は現在、Webアプリケーションの開発に携わっています。直近では海洋上で海洋の温度を表示するシステムの改善や評価業務、地図上に鉱物の分布を可視化するシステムを担当しました。社会に役立つシステムを作っている実感が持ててやりがいを感じています。

ハイドロ総研の仕事は幅広いテーマを扱っており、言語も分野も常に新しいことにチャレンジしなければいけません。その都度勉強も必要となり、最初は難しそうに感じますが、結果的に納品できていますので、そういう意味では一つ一つクリアしてきた感覚はあります。最近は対顧客の窓口を担当する機会が増えたので、お客様に安心していただけるような丁寧な対応を心がけています。

私はもともと海外志向が強く、過去には海外青年協力隊にも参加したことがあります。現在もTOEICの勉強をしており、仕事で英語が話せる機会があればと思っています。世界的にも災害が増えておりますし、社会から求められている業務に携わっていますので、自分が持っているスキルを活かして活躍の場を広げて行ければ嬉しいです。

当社の魅力はまず社風です。おっとりして優しい良い人ばかり。これまで働いた会社と比べても、わからないことを聞きやすい雰囲気があり、人間関係はとても良好です。周りには様々な専門技術を持った技術者が多いため、とても勉強になります。また、福利厚生も毎年整備され充実してきています。家庭の都合なども相談しやすい雰囲気があります。私はおととし出産し、産休育休をいただきました。当時は前例が少なかったのですが柔軟に対応していただきました。復帰の際も在宅勤務からスタートさせていただくなど、融通を利かせていただきました。仕事内容も大事ですが、働く上では人間関係や、福利厚生はとても重要だと思います。

当社の仕事は、常に新しい言語、分野に取り組む必要があるので柔軟に対応できる人ほど活躍できる会社です。また、忙しい場面では、助けてもらったり、逆に自分がサポートしたりすることが増えて来ますので、しっかり人間関係が構築できる方にご入社いただければと思っています。

286296

環境グループ 主任
南 良忠氏

中堅ゼネコンにて建築物の耐震性能の解析評価業務などに従事した後、2017年4月ハイドロ総合技術研究所入社。

「個人の専門分野と社内に蓄積された技術の組み合わせで、新たな仕事が生み出せる。ハイドロ総研はそんな可能性に溢れた会社です」

入社して3年間研究開発センターに所属し、この春から環境グループに移動したばかりです。これまで所属した研究開発センターは、枠に囚われずに様々な部署と連携して新しい技術を開発していく部署です。そこに所属して研究開発に取り組みつつ、行政のハザードマップなどを作るための解析などを担当していました。

規模の大きな企業と違い、当社はある程度の裁量を持たせていただけます。私はまだ入社2年ですが、会社から指示されて動くだけではなく、自分からお客様に提案する機会も与えられています。その提案が受け入れられ、お喜びいただけた時のやりがいは大きいです。それは今まではなかったことですし、当社の仕事の面白みです。

また、評価や意思決定の基準が、上司の個人的な好き嫌いではなく、“技術的な正しさ”にあるという点も魅力です。技術にも絶対的な正しさを判断できない場合がありますが、筋道立てて説明することができれば、立場に関係なくしっかり耳を傾けていただける。大規模な組織にはない魅力だと感じます。

私が転職した理由は、どこでも求められる人材になりたいという思いを実現したかったからです。前職では建築に携わっており、仕事には面白さを感じていましたが、もっと幅広い分野の知識を身につけたいと思いました。ハイドロ総研は数値解析や情報技術を軸に、社会インフラ、防災、環境、サイエンスなど幅広いフィールドで事業を展開しています。それら全ての業務を身につけることができれば、これから求められる人材になれると考えました。情報技術部門も含め一通りの仕事を経験し、身につけていくことが目標です。

当社は何らかの専門分野を持っていれば、社内に蓄積技術と組み合わせて、新たな仕事を作って行くことが出来る会社だと思っています。そしてそれが評価される会社でもありますので、自分が持てるスキルを活かして何か新しいことにチャレンジしたいという気持ちがある方はぜひご参画いただき、お互いに刺激し合っていきたいと思っています。

286291

科学技術グループ 副主任
渡辺 健氏

大学院で磁性体の研究に従事した後、大手SIerでSE職に従事。2018年3月ハイドロ総合技術研究所入社。

「思う存分技術を探求したい。その希望を胸にハイドロ総研へと転職。情報技術と物理の知識、両方を活かし、毎日楽しく仕事をしています」

大学院を経てSIerに就職した際、私は技術を存分に突き詰めたいという希望を持っていました。しかし実際に入ってみると、マネジメント寄りの仕事が増え、当初思い描いた道に歩めないというジレンマを抱えるようになりました。そこで思う存分技術の探求が出来るハイドロ総研に転職しました。

現在、私が担当しているのはAI(人工知能)を活用した技術開発です。現在、ものすごいスピードで発展している人工知能技術を弊社の技術分野に適用させて活用できないかという技術的な検証や研究開発を行っています。具体的には降雨予測や洪水予測など、これまで物理的なシミュレーションモデルを立ててやっていたものを、過去の膨大なデータから推定するといった研究です。大学では物理学を専攻していましたので、情報技術と物理の知識の両方を活かし、毎日楽しく仕事をしています。

今後の目標は、弊社にしかできない技術を開発することです。現在取り組んでいるものの中では、AIの水工学分野への適用というものがあります。どこも達成できていない状況ですので、弊社にも十分に達成できるチャンスはあると思っています。もちろんすぐに売上につながるわけではないので、会社の理解がなければ出来ません。その点、弊社は経営陣が全員理系出身で理解がありますし、大きな裁量も与えてもらえているので、非常にやりやすい環境だと感じています。

また社内には、幅広いジャンルの高度な技術を持たれた専門家が在籍しています。技術に没頭したい方にこそ向いていますし、好奇心を持っていろいろなことを試したり、アイデアを出したりできる方にとっては、かなり楽しく仕事が出来る会社です。特に現在は非常に早いスピードで成長しているため、様々な仕事にチャレンジできる状況です。弊社は中途採用で入社した方が多いため、中途採用であることによる引け目を感じる必要がありません。好奇心を持って様々なことにチャレンジしたいという意欲を持った方にこそ、ぜひご入社いただき、一緒に楽しく働きたいと思っています。

286288

下水道グループ 副主任
竹内 友紀氏

大学院修士課程を経て農業土木系建設コンサル会社に就職。2017年4月株式会社ハイドロ総合技術研究所入社。

「現場に出ていた経験がパソコン上で行う解析にも生きています。その強みを活かし分野に囚われない仕事をしていきたいと考えています」

前職では現場に出てデータを採取し、それを用いて農業用水路の設計などをしていました。丸3年間在籍しましたが、将来の体力面なども考え、解析を中心とするハイドロ総研に転職を決めました。

私が所属する下水道グループでは、下水の中でも汚水ではなく、雨水の流出解析をメインに行っています。その解析結果は、下水道向けのハザードマップ作成に用いられ、市民に公開されています。修士過程は農学部で学びました。農学系の水に関する知識をベースに現場を経験した上で、現在はその経験を活かしながら、パソコン上で解析を行っています。現場がわかっているからこそ出来ることは大きいと思っています。

一方、パソコンの操作はあまり慣れていない状態で入社しました。解析業務については未経験からのスタートでした。ただ、下水道グループは他のグループと違い、主に業務上指定される市販のソフトを使って、業務を行っています。そのような背景もあり、入社後直後から1件の案件に集中して取り組み、慣れることで操作を覚えて来ました。

それから3年が経ちますが、私たちが携わる仕事は、私自身にとっても身近な市町村の地図上に反映される仕事が多く、大変身近に感じながら仕事に取り組んでいます。仕事のやり方についても、1人で任せていただけることが多いため、楽しく取り組むことが出来ています。また当社の場合、お客様と協力関係を結んで仕事をしているという点も特徴的です。自分が携わった仕事に対して「助かった」「ありがとう」と言っていただけるのは新鮮でしたし、気持ちよく仕事が出来る要因にもなっています。

解析業務は基本的に黙々と集中して行う仕事です。ただ当社の場合、社風としてわからないことがあった時に気を遣いながら声を掛ける必要はありません。誰かに聞けば必ず答えは返ってきます。社内旅行やバーベキューなど、社内行事を通して、コミュニケーションもしっかり取れていると思います。

将来的な目標としては、下水道だけではなく、水を軸に幅広い分野で仕事をしていきたいと考えています。もともと農業系の研究をしてきましたので、それが私のベースです。会社としても事業領域が広がっていますので、自分の強みを活かし、他のグループとコラボレーションするなどして、業務範囲を広げて行きたいです。

Bnr sp354 6

成長企業の求人を多数掲載!

成長意欲の高い方へ。Greenではそんなあなたにぴったりの求人を取り揃えています。

プロフィールをしっかり入力していたせいかたくさんのスカウトが届いて、その中の一社へ転職することができました。
システムエンジニア 28歳
他の転職サイトに比べて今話題の会社がたくさん載ってるなという印象です。成長意欲の高い人にはおすすめですね。
マーケティング 29歳
職歴のサンプルを編集してそのまま入力できるので、煩わしいプロフィール入力もストレスを感じなかった。
新規事業企画 30歳
スマフォサイトの求人情報も見やすく、機能が充実していて、私の転職活動はほぼスマフォで済みましたw
企画提案営業 26歳
メールでお知らせしてくれるおすすめ求人がすごくマッチしてました。毎回メールが来るたびにチェックしています(笑)
Webデザイナー 28歳
求人ページの下や応募完了ページなどに表示されるおすすめ求人の精度が高く、応募したい求人が多かったです。
プロジェクトマネージャー 32歳
×