お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 Crunch StyleのPR

株式会社 Crunch Style

話題沸騰!急成長中を遂げた花のサブスク「Bloomee LIFE」運営企業が、次なるステージへ。

349218

取締役CMO 戸口 興
Rettyなど複数のスタートアップ、ゲーム会社新規事業部でCtoCサービスを経験後、独立しEC事業運営。花き市場とBloomee LIFEの可能性に惹かれ同社に参画。マーケティング戦略、UX設計などサービス全体のグロースを管掌。

事業、組織を成長させる手触り感、これを実感してほしい。

僕は学生時代から、ずっとスタートアップにいます。toCが好きで、サービス立ち上げとグロースを一貫して経験してきました。入社する直前は自分でECを立ち上げてて、次は新たに起業するか、シードフェーズのとこへ入るかの2択で迷っていたところでした。

ちょうどそんな時に武井さんから連絡をもらったのですが、実は「Bloomee LIFE」のローンチ時にメディアで見てて「こういうの自分でやりたかったなぁ」と思っていたんです。だから、武井さんと会ってすぐにジョインを決めました。何より一番はプロダクトへの興味でした。プラットフォームで、オンラインとオフラインがうまく融合してて、小さい個人の花屋さんがエンパワーメントされるのが、インターネットの進化浸透っぽくて、めちゃいいなと思いました。

これまでいろんなスタートアップを経験して感じているのは、新しいサービスを作るのは簡単だけど、それを伸ばすのが本当に難しいということ。僕はいいものをちゃんと伸ばしたいという気持ちが強いんです。それに、ないんだったら作ればいいという発想は、武井に対して共感する部分です。だからこそ「Bloomee LIFE」はしっかり育てて大きくすると心に決めています。

ジョインしてから今まで、正直、会社やサービスの成長スピードとしては、もうちょっといけたと思っています。自分のトップラインのスピードでは走れていないのがもどかしいですが、いいメンバーが集まってきていますし、もっとしっかり固めて、さらに速いスピードで「みんな」で動いていける組織にしたいです。

今のCrunch Styleに必要なのは、チームや組織、社会に対してのベクトルを持てて、市場、体験、組織を新たに創っていくことに意義を感じれる人。目的を見失わずにタフに走れる、創り手としてのプロフェッションを持てる人。ぜひ力を貸してください、一緒にやりましょう。

349228

人事 盛安 裕貴
新卒で人材紹介のIT専門のRAに従事。同期最速でリーダーに就任。その後エブリー(動画レシピ)にて中途、HRBP、新卒の立ち上げ、企画を経験。年間100名ほどの採用に貢献。SaaS系スタートアップ経て同社に入社。人事領域全てを担当。

会社、組織を創り上げるフェーズ。組織の成長と自身の成長の双方が経験できる環境。

新卒で入社したのは人材紹介会社で、IT企業やスタートアップに強い部隊でRAを2年間経験。リーダーなども任された後、人事に転身しました。その後、株式会社エブリーに人事として入社。中途採用をメインに、新卒採用の立ち上げやHRBPなどを経験。その後、SaaS系スタートアップを経て、今年4月にCrunch Styleに入社しました。

入社の決め手は2つ。1つは人事として関わる領域を大きく広げたかったんです。採用はもちろん好きですが、人事評価や人事企画などにもキャリアを広げコミットしたいと考えており、それができる環境を探していました。

もう1つは事業軸です。日常のライフスタイルに関わるプロダクト、事業市場の大きさの2つの軸で考えていました。花に興味があったという訳ではなく市場1兆円という大きさがありながらも、まだレガシーな領域という部分に強く興味と面白さを感じCrunch Styleに決めました。

現在の仕事は人事領域全てです。会社を成長させていくための組織づくりを採用や人事企画という部分から任されています。事業、組織ともにすごいスピードで成長している実感があり今のフェーズならではの楽しみがあると思います。

Crunch Styleのいいところは、やりたいことがやれる環境があるところです。ボトムアップでできるところに魅力を感じています。スタートアップですから、制度面などもまだまだ整っていないですし、いい意味で「スラム街」みたいに感じる部分もあります。だからこそ、そこで一からやれる面白さがありますし、挑戦したい気持ちがすごく強いですね。自分自身の「やり切り力」みたいなものは間違いなく上がるんじゃないかと思っているんです。

349230

人事総務 髙橋 健太
新卒で株式会社リクルートに入社。その後教育系スタートアップに転職し、新規事業を担当。そこで人と組織の成長も担える人材になりたいと思い、人事職への転向を意識。2020年3月に同社に入社し、現在は人事採用担当を担う。

成長スピードが段違い。変化を自身の手で手掛ける楽しさを学びました。

新卒で株式会社リクルートに入社し、2年弱の間に千葉、埼玉、名古屋、岐阜などの事業所を転々をしながらエンドユーザー向けのカウンターセールスの仕事に従事しました。その後、知り合いの会社に誘われて転職。教育系のスタートアップで拠点長として店舗の設営から店舗運営、集客、講師として教える仕事など、幅広く担当しました。

人事の仕事で転職を考えたきっかけは、組織づくりに興味を持ったからです。前職は、事業は伸びていたのに組織としては全然機能しておらず、最終的には崩壊してしまったんです。組織づくりにおいて自分が無知で無力だったことを痛感したことと、約3年間、事業を作る仕事を経験したからこそ、次は組織作りにコミットして、組織開発のような仕事を経験したいと思ったのです。

現在の仕事は、面接などの採用業務と、総務に付随するような管理業務全般です。入社して一番驚いているのは、スピード感がこれまでの会社とは全然違うところ。入社3ヶ月でアルバイトさんを含めた社員数は倍になり、サービスもすごいスピードで伸びているんです。成長スピードが段違いだなと感じています。

Crunch Styleのいいところは、変わっていくことに対してすごくポジティブなところです。「今まで通りでいい」という発想が全くないんです。「会社を成長させ、サービスを伸ばしていくためには変化が必要で、そのためには自分たちから変わっていかないといけない」という社風があるんです。視座が高く、逆算しながら実行していく計算されたマインドがあるため、すごく成長できる環境だと感じています。

349225

UX team 大竹 空
新卒でリッチメディアに入社。美容・健康サイトのディレクションを担当し、メディアの成長に貢献。コミュニケーション部門のマネージャーとなる。同社では生花店とのコミュニケーションとオペレーション業務の業務改善に従事。

いい意味で「キラキラしていない」、魂の感じられる泥臭い会社!

前職は株式会社リッチメディアで美容健康系のウェブメディアの運営に携わっていました。主に監修をお願いしている医師の方々とのリレーション構築や、監修してもらった記事をサイトに掲載するための一連の流れを担当。その他、コンテンツや広告の制作なども行っていました。

ただ、そのサービスはウェブサービスという特性上、ユーザーさんの顔が少し見えにくいという点がありました。サイトを改善したり、いい記事を作ったとしても、PV数以外の反応がいまいちわかりにくく、「もっとユーザーさんの顔がわかるところで、誰かを幸せにしていることが実感できるサービスに関わりたいな」と思うようになりました。リアルプロダクトであることと、ユーザーさんの声を反映しながら事業のグロースに関わっていけるサブスクモデルが非常に魅力的だったので、Crunch Styleに転職を決めました。

武井さんとお会いして感じたのは、こんな素敵なサービスをやっているのに、いい意味でキラキラしていないということです。思った以上に泥臭くて、武井さんもすごく魂の伝わる方で、組織もいい意味でフラット。働きやすそうないい会社だなと思いました。

現在はUXチームで、ユーザーさんのところにお花が届くまでのオペレーション全般や、対応業務にあたるアルバイトのマネジメント、お花屋さんとのリレーション、資材管理、チャーンレートを下げるための施策の実行など、ものすごく幅広く担当しています。人数が少ないこともありますが、いろんな経験が積めて、責任ある業務を任されていることにやりがいを感じています。

何より1番のモチベーションは、ユーザーさんからのフィードバックです。「誰かが幸せになった話を聞けるのはすごく嬉しいですね。まだまだスキル不足なところも多いですが、自分が成長していくことで事業が成長することを肌で感じられて、「自分が成長しないといけない」という責任はすごく感じる職場ですね。

350717

株式会社アトラエ
Crunch Style担当
梅村 芳延

第三の視点で見たCrunch Styleの魅力。


武井さんの前職時代からのご縁で、Crunch Styleさんを担当することとなりました。皆さんがご覧いただいている記事の作成プロセス全てに携わらせていただいています。

武井さんおよびCrunch Styleさんを昔から知っていますが、過去の急成長や現状、未来など改めて話を聞いてゾワゾワっと鳥肌が立ったのを今でも覚えています。

まず、1兆円とも言われる非常に大きな花き市場に対し、風穴を開けたことです。奇しくも創業当初のプロダクトはなかなか芽が出ませんでしたが、花を購入するという「習慣」がない中で、まさに新たな市場を創り上げ、ここまで急成長を遂げたという事実は、武井さんをはじめとした創業メンバーの努力の賜物だと思います。
そして、ここからのフェーズ、さらなるエキサイティングな環境が待っています。「花の定期便」というワーディングから「花」というビッグワードに対するチャレンジです。

今までは、ある種のブルーオーシャンを創り上げ、ここまでに至っています。ここからは、まさにレッドオーシャンに飛び込み、市場全体を巻き込み、書き換えながら、市場全体の成長を成し遂げようとしています。おそらく市場からも求められるものが大きく変わることでしょう。第二創業と言ってしまうと大袈裟かもしれませんが、それくらい大きな変革期にあたることと思います。

数多くのベンチャー企業を見てきましたが、ここまで本気の想いをもって経営していることも稀ですし、滅多にないフェーズです。荒波に飛び込み、自分を磨く覚悟がある方は、ぜひ応募してみてください。今までの成長プロセスや世界観を聞くだけでも有意義な時間を過ごせることと思います。

この企業が募集している求人

After covid19 bottom

成長企業の求人を多数掲載!

成長意欲の高い方へ。Greenではそんなあなたにぴったりの求人を取り揃えています。

プロフィールをしっかり入力していたせいかたくさんのスカウトが届いて、その中の一社へ転職することができました。
システムエンジニア 28歳
他の転職サイトに比べて今話題の会社がたくさん載ってるなという印象です。成長意欲の高い人にはおすすめですね。
マーケティング 29歳
職歴のサンプルを編集してそのまま入力できるので、煩わしいプロフィール入力もストレスを感じなかった。
新規事業企画 30歳
スマフォサイトの求人情報も見やすく、機能が充実していて、私の転職活動はほぼスマフォで済みましたw
企画提案営業 26歳
メールでお知らせしてくれるおすすめ求人がすごくマッチしてました。毎回メールが来るたびにチェックしています(笑)
Webデザイナー 28歳
求人ページの下や応募完了ページなどに表示されるおすすめ求人の精度が高く、応募したい求人が多かったです。
プロジェクトマネージャー 32歳
×