お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 ジラフのPR

株式会社 ジラフ

[100%自社内開発]リユース業界の商流に革命を!利用者が毎月10%以上増加するWebサービスで成長中。

202566

CTO 岡本浩治氏

「我々が市場を創っている」。元ポケラボのリードエンジニアがCTOとして率いるジラフ開発チームが最高である理由。

かつてはソーシャルゲームの先駆企業ポケラボでリードエンジニアを務めるなど、WEBエンジニアとして豊富な実績と経験を持つ岡本浩治。現在株式会社ジラフのCTOとして、自身が「最高のチーム」と認めるエンジニアチームを率います。創業間もないスタートアップ企業に「これだけの人材がそろうのも珍しい」と語る岡本に、その理由を聞きました。

――ジラフの開発部はどんな集団ですか。

みんなコミュニケーションスキルが高くて、自分がやりたいことを言葉で説明できて、しかも意固地にならずに周りを巻き込んで実行できている。それをビジネスサイドの人たちがちゃんと評価しているところもいいですよね。やりたいことをやって、それがしっかり数字に出ているので、かなり勢いがあって楽しいです。
チームとして、今はかなりいいチームだと思います。ちゃんとコミュニケーションできて、やりたいことができていて、コードも結構いい。これだけいいエンジニアがそろっているチームを作るのは、大きい会社でも難しいと思います。

――ジラフの開発チームとしての将来像を教えていただけますか。

エンジニアという人種は、新しいスキルを学べる環境がないといなくなってしまうんです。なので、常に新しいことにチャレンジできる環境を作っていきたいなというところですね。

――それは具体的に言いますと?

技術的な部分が多いのですが、たとえば「きみはもうサーバサイドできるようになったから次はフロントやろう」であるとか、「だいたい全てのスタックができたから、次はチューニングをできるようになろう」とか、そういったところをどんどん提示していきたいです。

――ひとりひとりがどんどん成長していけるような環境を作り出していきたいと。

あともう一軸ありまして、自分はエンジニアとして17年目ぐらいなのですが、エンジニアの教育って、プライベートに甘えることがけっこう多いんです。そこは、ちゃんと会社として体系づけて教育制度も作ったほうがいいと思っています。実際、技術書の輪読会(エリックエヴァンスのドメイン駆動設計)もやってますし、そうしたことを続けていって、全員のスキルアップを会社としてコミットしていきたいですね。
エンジニアが働きやすい環境、自分と似たような人間が働きやすい環境を作っていきたいという気持ちは常にありますね。そして、自分よりもスキルの高い人たちをたくさん採用できるようになって、高めていけるような環境を作っていけたらと思います。スキルの高い方から「ぜひ自分の技術力を弊社で生かしてください」みたいな状況を作っていきたいなあと。

――ジラフのサービスというのは、エンジニアにとってもチャレンジングなものですか?

サービス志向のエンジニアにとっては、けっこうおもしろい仕事だと思いますよ。なぜなら、「我々が市場を創っている」という気持ちでやっていて、実際経営陣もそういう気持ちでやっている。新しい市場を創ることができるというのは、人生長く生きていても、なかなかないなと思います。ポケラボという会社はソーシャルゲームの歴史を全部知っている会社なんですが、弊社にもそういう楽しさがありますよね。業界を創っているという。

――では最後に、未来の仲間に向けたメッセージを。

最高のチームがあるので、来たら面白いですよ!

202644

フロントエンジニア 河岡伸吾氏

ユーザーの価値観が変わるサービスを作りたい。大手IT企業を辞めジラフ創業に参画したフロントエンジニアに迫る。

――大手IT企業(ゲーム)を辞め、ジラフに入社したきっかけは?

自分が作りたいものが作りたくなったんです。ゲームを作るのは好きだったんですけど、会社だと自分の好きなようには作れませんよね。だったら自分の時間を多くとれるような働き方にして、自分で作りたいものを作るのがいいのかなと思って、一度辞めてみたんです。ちょうどその時に、前職の同僚から麻生さんを紹介していただきました。本当は半年ぐらいは何もするつもりなかったんですが(笑)
そこから週3コミットでお手伝いさせていただいたのが最初です。3年ほど前のことですね。フルタイムになったのは去年からです。

まず仕事でも趣味でも、モノづくりをしていきたいなと思っていました。ベンチャー企業で開発を内製するという仕事でしたので。それから何よりも、とにかく会社の人たちがめっちゃいい人ばかりで楽しかったんです。
あとベンチャー企業ですから、意見をちゃんと聞いていただけるところ、いろいろ声をあげていけば、それでサービス内容も変わるし、プロダクトも変わっていく。そういったところがやっぱり良かったんですね。

――では、現在のお仕事の内容を教えてください。

いまはフロントエンジニアとして、メインでは画面の開発をやっています。後はサブ的にデザインを外注でお願いしているので、そのフィードバックをしたりです。

――ジラフのウェブサービス事業全体の、主にフロント部分の開発を担われているということですね。そうした仕事の中で、特に注意していることは?

やっぱり自分としては、ユーザー視点を大事にしたいなと思っています。ビジネス的な要請をユーザーの視点で見るとこうなるという時に、両者のバランスをとっていくのがけっこう大事だなと思っていて、それはどっちに寄りすぎてもダメなんです。
ユーザーサイドに寄り過ぎると売り上げが立たなくなってしまうし、かといってビジネスサイドに寄り過ぎても、ユーザーが本当に受けたいサービスになっていなかったりする。そういった部分のバランスのとり方を、開発側から声を上げていった。そういう文化がこの会社にはあって、それはとても面白いところだし、大事にしたいところだなと思っています。

――今後ジラフでやってみたいことはありますか。

サービスをどんどん良くしていきたいですね。「産業の可能性を顧客志向によって最大化する」がこの会社のミッションなんですが、ウェブサービスだとできるなと思うところがあります。
例えばアマゾンや楽天が出てくるまで、通販てちょっと怪しいというか、頼みづらいところがあったと思うんですが、今はまるっきり違う状況になった。そういうことってベンチャーだからこそできたと思いますし、実際にアマゾンだって小さなベンチャーから始まっている。そういうユーザーの価値観を変えられるようなサービスを作っていきたいですね。
また、作っていける会社だと思っています。

――最後にお聞きします。一緒に仕事をしたいと思う人はどんな人ですか。

いいサービスを作りたいと思って、それを発信できる人ですね。あとエンジニアとしては、「技術的負債」がエンジニアの課題として常にある中で、古くなった技術をどんどん新しいものにリプレイスしていくことをすごく良しとしている会社なので、そういうモチベーションを持つ人がいいですね。新しいものにどんどんリプレイスしていける、よりいい設計をしたいという気持ちがある人に、ぜひ来ていただきたいと思います。

――人数が限られた中での仕事は忙しいのでは? 仕事とプライベートの両立はできていますか。

そうですね、開発陣はほぼ定時で帰っていますし、やっても1時間の残業ぐらいですから、かなり働きやすい環境ではないかと思います。

Bnr sp354 11

成長企業の求人を多数掲載!

成長意欲の高い方へ。Greenではそんなあなたにぴったりの求人を取り揃えています。

プロフィールをしっかり入力していたせいかたくさんのスカウトが届いて、その中の一社へ転職することができました。
システムエンジニア 28歳
他の転職サイトに比べて今話題の会社がたくさん載ってるなという印象です。成長意欲の高い人にはおすすめですね。
マーケティング 29歳
職歴のサンプルを編集してそのまま入力できるので、煩わしいプロフィール入力もストレスを感じなかった。
新規事業企画 30歳
スマフォサイトの求人情報も見やすく、機能が充実していて、私の転職活動はほぼスマフォで済みましたw
企画提案営業 26歳
メールでお知らせしてくれるおすすめ求人がすごくマッチしてました。毎回メールが来るたびにチェックしています(笑)
Webデザイナー 28歳
求人ページの下や応募完了ページなどに表示されるおすすめ求人の精度が高く、応募したい求人が多かったです。
プロジェクトマネージャー 32歳
×