お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 ZEALSのPR

応募フォームへ

気になったらここをクリック!
企業からのオファーが来やすくなります。

閉じる

広告運用責任者|チャットボット×広告で新しい広告の概念を作りませんか?

株式会社 ZEALS “コミュニケーションを科学する” - 会話インターフェースで次なる産業革命を興す!

237007

取締役CTO 島田 想氏
共同創業者

「ビビってる暇はない。」23歳若き創業者・CTOの挑戦

ZEALSが目指す未来は、「コミュニケーションテクノロジーのリーディングカンパニー」です。
これを僕たちが先駆者としてテックドリブンで進めていくことがエンジニアとしてのミッションだと考えています。

メンバーの特徴で言うと、Visionに心から共感出来ていて、チームの成長/自己成長に貪欲な人が多いと思っています。

ZEALSのサービスは受託開発ではありません。ユーザーにどのような価値を提供するかを主体的に考えていく必要があります。ZEALSの目指す世界観について考え抜き、計画を引き実践することができるかが大切です。

またスキルの高い人がVisionに心から共感するよりも、Visionに心から共感できている人がスキルを伸ばす方が簡単だと考えているので、今のような素敵なメンバー達に出会えたと思っています。

287097

テクノロジー開発
Aaron Burdick

日本が世界に誇れるものとは?今こそ日本をWorldWideに。

Washington D.C. born, raised in Long Island, NY and then back to Washington D.C. I came to Tokyo around six years ago and now work as a bilingual Front-end engineer making React apps and connecting English and Japanese speaking members. I love the web, computers, and my Kindle.

元々プログラミング言語のRuby on Railsが好きでした。Rubyは日本人が作った言語なため、日本に興味がありました。そのほかにも日本に色々な部分で興味があり来日。最初は早稲田大学で英語を教えていましたが「せっかく日本に来たからには、自分の興味のあることをしたい」と思いITエンジニアとして転職活動をしました。

ZEALSの面談後に社内を案内してくれたのですが、その時にエンジニアメンバーの働く姿を見て、その光景がすごく僕の目に焼き付きました。
まず最初に思ったのは「若い!!」です。その場で働いていたエンジニアメンバーの若さと活気が少し見ただけで伝わって来ました。次に思ったのが「本物のプログラマーだ!!」と思いました。パソコンの向かう姿勢だけで、本当にプログラミングが好きなことが伝わって来ました。それは良く言われるエンジニアっぽい服装や雰囲気だったからではなく、ただ純粋にプログラミングを楽しんでいるように見えたからです。その姿をみて一瞬で「こんな人たちとなら良いものが作れそう!」と思い、すぐにZEALSにジョインすることを決めました。

ジョインして、日々がとても楽しいです。それは、最初に受けた印象通り本当にプログラミングが好きなメンバーばかりでしたし、チームそのものがすごいからです!具体的にいうと、目の前の仕事や自分のキャリア以上に「VISIONを達成するために」「プロダクトの目指すゴール、プロダクトの提供価値」に対して本気でみんなで向き合い作り上げているからです。またビジネスサイドともしっかりとした協力体制があります。例えば、開発要件などの普通はエンジニアが考えるようなところへのアイディアや的確なフィードバックをくれるため、エンジニアだけの目線の開発者よがりなプロダクトではなく、本当の意味でユーザーが喜んでくれるためのモノ作りができていると思います。

僕は日本を発信力のある国にしていきたいです!!日本には良いところがたくさんあります。例えば、ZEALSのように熱いVISIONを持っている会社や、日本の発明したプログラミング言語に対するプライドや拘りなどです。正直アメリカでは目まぐるしく情報やサービスが変化する中、どんどん新しい言語やトレンドの言語を取り入れていきます。勿論それは重要なことだと思います。でも取り入れること自体が目的となり、他の言語で書いた方が良いものなども、新しい言語で無理やり書いてしまうこともあります。でも日本は自分たちの発明した言語を使い続ける自信や誇りがあり、すごく素敵だと思います。

そんな素敵な国だからこそ、もっと発信して行かないともったいないと思います。せっかく誇りがあるのだから、みんなの役に立ったり、産業を盛り上げて行くために、仮に叩かれるかもしれなくても、恐怖心を捨てて発信して行くべきだと思います。

287099

新規事業リーダー
佐藤 彗斗

名門麻布高校卒業後、進学せず名もなきスタートアップにジョインした訳。

「なんでもなれるなら何がしたいだろう?」と考えたときに「起業家になりたい」と思いました。それは、僕はロボットが好きだったので、社長になるとロボットの開発が好きなようにできるし、外部への影響力もあるので、より「自分のやりたいと思ったことができる」と考えたからです。

ちょうどそんなことを考えているときに、卒業論文を書くことになりました。論文のテーマはなんでもよかったので、そのときなりたいものとして考えていた「学生起業」について書くことにしました。
最初はWebサイトで調べて終わろうと思っていたのですが、僕の性格上、やるからにはとことん拘りたいタイプなため、学生起業家に直接会って話を聞きたいと思いました。そこで、学生起業家の人を見つけるなりメッセージを送って行きました。

そんなことをしているときにZEALSの代表、清水と出会いました。普通に会って話しただけなのですが、僕がそのときに出会った学生起業家の中で最も印象に残りました。それはロジカルなのにとても熱の入った話をする点と、起業した理由をビジョンから話す唯一の人だったためです。僕はそんな熱い人が好きでしたし、やるからには大きいことをしたいと思っていたので、インターンとして働くならZEALSで働こうと思いました。

ZEALSにジョインして初めての社会人経験はとても新鮮で楽しかったです。その中でも特に、今までは部活の範囲内でしかモノ作りをしていなかったので、自分の好きなモノを好きなように作ればよかったです。ですが仕事ではクライアントがいるため、価値を提供しなければなりません。それを思考錯誤するのが楽しかったです。また「年齢など関係なくクライアントの前に立つからには、プロ意識を持て」というZEALSのスタンスや、そこで実際に成果を出すと、きちんと評価をしてもらえる部分も自分の考えとマッチしていて、働きやすく、楽しかったです。こうして働いているときに、マネジメントをする機会をもらいました。

正直、最初は「みんなのタスク管理をするだけでしょ?」という感覚でいたため、そんなに大変なことと思っていませんでした。でも実際にやってみると本当に難しかったです。それは、僕がマネジメントを本当の意味で理解できていないためでした。「いかに効率良く自分のチームが成果を出すか。」ということばかりに囚われ、「どうしたらこの人はもっと成長できるだろう?」「その人がやりたい領域はなにで、チームとしてその人にやってもらいたい領域はなんだろう?」とか「他チームが苦しんでいるから助けに行く」などの思考や、人として人を思いやる気持ちが薄かったです。
そのため、清水やメンバーとも何度もぶつかり、それでもすぐに答えが見つからず、すごく苦しい時期を歩みました・・。

それでもZEALSで続けられたのはZEALSには他の企業にはない良いところがたくさんあったからです。その中でも特にZEALSならではだと感じている部分が2つあります。1つ目は、熱で向かえば熱で返してくれる部分です。これは僕のやる気を見て、色々なところを任せてくれたり、マネジメントという一般的には正社員でかつ、年齢も上の人が任されるであろうポジションを任せてくれた部分です。2つ目は全員が熱い部分です。普通の組織であればどれだけ熱い会社とはいえど、一人や二人、熱しきれていない人がいるものだと思います。でもZEALSには誰一人として熱を持っていないメンバーがいません。だからこそ「歯を食いしばってでも、せっかく任せてもらった部分をやりきりたい!」と思いました。実際にその後もマネジメントに携わり続けており、まだまだ道半ばではありますが少しずつメンバーから「けいちゃんがリーダーでよかった」「自分に任せてくれてありがとう」という声をもらえるようになりました。

287146

会話広告事業部
石岡 佐和子

「このサービスは広告の概念を変える」そう直感したプロフェッショナルが興した行動

私の場合はZEALSからではなく、「会話広告fanp」というサービスの方から知りました。きっかけは同僚から紹介されたことでした。ベトナムやタイでは日常生活でのSNSやメッセージアプリの利用頻度が高いですし、場合によってはそのままチャットだけで商品購入することもあるため、もともとチャットコマースへの可能性を感じていました。しかもちょうど私がタイに赴任しているときに、Facebookがタイ市場でメッセンジャー上でのクレジットカード決済機能をテストしていて、試しに使ってみると何なく商材が売れた経験もしていたので、とても「広告×チャット」やチャットコマースには興味を持っていました。そんな興味からfanpのbotを色々触っていると、急にbotから代表本人が話しかけてきて、急遽代表とお茶をすることになりました。

話しているうちに、あれよあれよという間にZEALSにジョインすることにしていました(笑)本当はただのお節介で「これは日本だけでなく、海外でも売れると思います!」と言いたかっただけなのですが(笑)ただ、広告代理店で働いている中で「もっと小さな組織や裁量の持てる環境で若いうちにチャレンジしたい」との思いと、市場的にこれから成長する可能性があり、自分も面白いと思ったサービスを作っているZEALSに魅力を感じた部分は大きかったです。

実際にジョインしてみて、ZEALSは今までにいたどの会社よりも開発スピードが速くて驚きました。風通しもよく、出社初日に提案したことも「それは結果が出そうですね」とすぐに実装してくれました。また、メンバーによってはWeb業界未経験にも関わらず、入社2・3ヶ月で世界最先端の機能を使いこなし、会話広告・会話体験というまだ正解がないモノを創っているので、素直にすごいなと思います。もちろん、まだまだ組織として未熟な部分もありますがそこは「自分で良くできる余地がある」と前向きに捉えています。

サービスとしてみるとfanpは、従来のWeb・アプリの集計された数値では分からないことが、チャットだと分かる瞬間があり、日々の運用改善がとても面白いです。会話広告・チャットコマースという市場も、今後ますます成長すると思うので、「広告運用やWebディレクションを数年やられてそろそろ新しいことにチャレンジしたい方」には特にオススメです。会社としてみるとZEALSは年齢・性別・雇用形態すら気にしない組織なので、何も気にせずアグレッシブに働けます。「このあたりへのフラストレーションがある方」にもオススメしたいです。一緒に挑戦していきましょう!!

287103

会話広告事業部
赤星 仁司

「広告を極めたい!!」各業界を渡り歩き、辿り着いた新しい広告概念。"会話広告fanp"

1社目の転職後からマーケティングにずっと興味があった僕は、情報には良く触れるようにしていました。たまたま、ZEALSがフリークアウトから出資を受けたという記事を見かけました。フリークアウトといえばアドテクの界隈で知らない人はいないとても知名度のある会社ですし、イケてる会社という意味でもウォッチしていた会社なので、「そんな会社から出資が受けられるのはどんな会社なんだろう?」と興味本位で色々と検索してみました。しかし、調べているうちに代表の清水に対しても、会社のビジョンに対してもどんどん興味が湧いていきました。

ある日ZEALSからスカウトが来ました。すぐに「あ、あのときの会社だ!」となり、会うことにしました。そこで話していると、もともと持っていた興味にプラスして、"会話広告fanp"という新しい広告ツールへの可能性を感じ、気付いたときにはジョインすることを決めていました(笑)会話広告はLPを代替えするという新しいサービスなので、従来の広告運用のような正解がないのですが、そこを試行錯誤しながら会社を大きくしていっているところに、すごく魅力を感じました。

実際に入ってみて、とにかくすごい!!この言葉につきます。特に「ビジョン」の浸透具合が。なぜかというと、ZEALSは"日本をぶち上げる"というビジョンを社長から社員まで本当に全員が信じていますし、実現しようとしています。また、その浸透状態を作るために色々な工夫がされています。例えば「月初会」という毎月行う正社員からインターン生まで、ZEALSの全メンバーが集まって開催する会があるのですが、そこでは前月の振り返りと今月の目標発表、バリューに基づいて決めるMVPなどがあり、ZEALSならではだと思います。純粋にスタートアップがそこまで徹底しているのはすごいと思います。

ZEALSに入って僕は、「ビジョンはこうやって伝えていくんだ!」と知りました。このような文化を持っている会社はあるようでないので、とてもいいと思います。それに、今まで働いてきた会社では「自分が良ければいい」という意識が強いところがありましたが、ZEALSはとても会社目線の人が多く、「クライアントの予算を上げるために何をしたらいいか?どうしたらいいか?」を案件責任者だけでなく、会社全体で意識出来ているのも良いと思います。

応募フォームへ

この企業が募集している求人

Bnr sp354 10

成長企業の求人を多数掲載!

成長意欲の高い方へ。Greenではそんなあなたにぴったりの求人を取り揃えています。

プロフィールをしっかり入力していたせいかたくさんのスカウトが届いて、その中の一社へ転職することができました。
システムエンジニア 28歳
他の転職サイトに比べて今話題の会社がたくさん載ってるなという印象です。成長意欲の高い人にはおすすめですね。
マーケティング 29歳
職歴のサンプルを編集してそのまま入力できるので、煩わしいプロフィール入力もストレスを感じなかった。
新規事業企画 30歳
スマフォサイトの求人情報も見やすく、機能が充実していて、私の転職活動はほぼスマフォで済みましたw
企画提案営業 26歳
メールでお知らせしてくれるおすすめ求人がすごくマッチしてました。毎回メールが来るたびにチェックしています(笑)
Webデザイナー 28歳
求人ページの下や応募完了ページなどに表示されるおすすめ求人の精度が高く、応募したい求人が多かったです。
プロジェクトマネージャー 32歳
×
×