お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 コーボーのPR

株式会社 コーボー

私たちが生み出す価値から、感動創造へ。一つ一つのプロダクトを職人魂を持って追求。

347372

エンジニアの直樹さん。現在、SESエンジニアとしてAI技術の案件に参画し、日々開発を行なっています。

【元フリーランスエンジニア】15年のSIer経験と2年のフリーランス経験の先に描く「仲間と心地良い場を作りたい!」

<コーボーに出会うまで>
自分はもともとフリーランスとして仕事をしていました。自由に自分のペースで仕事を行える反面、思った以上に大変でした。仕事はもちろん継続していただけている状態ではありましたが、Webエンジニアとしてキャリアを築いていきたかったため、勉強してスキルを磨きながら仕事も両立することに最初は時間がうまくとれずにいました。特にプライベートで結婚というイベントもあったため、進んではいるけれど、目に見える形や自分が想像したようなスピードで物事が進まず、一人でやっていくことの難しさを痛感しました。

そのままフリーランスでやっていくことも出来なくはなかったですが、この先を考えると、「一人でスキルを磨くだけだと限界があるのではないか」「一人だと心細い。仲間と一緒にやっていきたい」という気持ちが芽生えたんです。

そして、何より将来の自分のありたい姿を考えたときに、「エンジニアとして職人のようにスキルを磨いていくことはもちろん大切にしたいが、自分にとって気持ちの良い場所や心地の良い場所を仲間と共に作る」という経験をしたい。という思いが強く芽生えてきたんです。

コーボーとの出会いは、実はフリーランス時代。Wantedly経由でスカウトを受け取ったことがきっかけです。

<なぜコーボーに入社を決めたのか>
スカウトメールをもらった時から、プロフィールをきちんと読んでメッセージをくれていたりとか、会社の紹介を読んでいても、価値観やいろいろなものがしっかりと考えられているのをすごく感じたんです。

『仲間を大切に』とか『職人』とか『働きやすさ』とかも他の会社で見たことがない会社だと感じ、自身の価値観と大切にしたいものがとても似ていたんです。

他にも2、3社お声がけをしてもらっている企業はありましたが、迷わずコーボーを選ばせていただきました。

<コーボーでのこれから>
今までも企業へ常駐での仕事が長かったので、もちろん場所が離れてしまうことや、コミュニケーションのとりづらさ、意思疎通の難しさ、帰属意識など、常駐型の働き方には課題となる部分は多いとは思っています。

一方で、色々な会社の文化や技術に触れられるため、成長という意味ではメリットがあり、SESだからこそ、経験できないことも経験できるという意味で、この事業には意義があると感じています。

そして、コーボーのSESでは、エンジニアの意思を尊重し、自身のスキルセットと今後のキャリアを考えて、自身にフィットする案件を考えてくれている部分は入社してから更に強く感じました。

今後は、「場を作る」ことや「自分が作って提供したもので喜んでもらえる」ような体験が数多く積めるといいなと思っています。

仲間たちとともに、一緒に何かを作るという環境を作り、イベントを開いてみるとか仕事でもプライベートでも良いのでおこなっていきたいです。

347369

エンジニアの伊藤さん。小学校高学年からPCに触れ、コーディングを楽しむ日々を送ってきました。

【業務系→Webエンジニアへ】地方での業務系エンジニアから、東京でのWebエンジニアの道を選択した理由。

<コーボーに出会うまで>
地元で業務系エンジニアとしてキャリアをスタートしました。入社前は業務系のアプリ開発ってすごく複雑で難しいのかな?と思っていたのですが、ものすごく楽しかったんです。
お客様の生の声を直接いただけたり、コーディングそのものがすごく楽しく、仕事に没頭していました。

一方で、2年目くらいから、業務をしている中でも、先輩に聞くよりも自分で調べて解決できるようになってきて、先輩から教えてもらうことは業務系の知識がメインで技術的なことは自分のキャッチアップでしか得られないと感じるようになりました。なかなか切磋琢磨するような環境ではなく自分が勉強をして会社の技術力向上の提案などもしていましたがあまり理解してくださる方がいませんでした。

また段々と同年代くらいのエンジニアのコミュニティーが広がっていくと、他のエンジニアは色々なことを知っていて、置いていかれているような感覚を持つようになりました。

「であれば環境から変えよう!」と思い、4年半の就業を終え、東京での転職活動を実施しました。

<なぜコーボーに入社を決めたのか>
初めての転職活動では、小規模であることと、想いを持った仲間たちと働ける会社で働きたいと思って活動をしていました。

転職活動の中で、コーボーのを求人みて、「自分の求めているものがある会社なのでは?」と思いました。和気あいあいとしていて、楽しそうに仕事しているのが感じられたんです。またコーポレートサイトなどを見て、福利厚生や制度などからも、仲間を大切にしているなぁと感じられました。

実際に面談に行ったら、面談前もいい会社だとは思っていましたが、それ以上に良い会社だと感じたんです。笑。面談ではとても話しやすくて。特に、面談の中で不安に思っていることを聞いてもらったり、「SESは人によっては合わない側面もあって」など話してもらったり。普通、面談の中で企業の方は良いところを話すのが普通だと思うんですが、このようにある意味ネガティブな側面も話してくれる部分も含めて自分としては「すごい良い会社だなぁ」と感じ、「コーボーが良い!!」って思ったんです。

最終的には複数社の中で比較もいたしましたが、コーボーに迷いなく転職しました。

<コーボーでのこれから>
実際に入社をしてみて、思っていた以上に組織がフラットだと感じました。

前職とのギャップが大きいのもありますが、例えば社長を社長と呼ばないであるとか、入社歴や年齢などいい意味で本当に関係なく発言したり行動しているんだと実感しました。今特にHR部のビジョンとかを作っているところですが、それを作っている方々も1年以内に入社した人達ばかり。今までの環境とは180度違うと言っても過言ではなく、そういうところがいいなと思います。

また、面談の中で「今までの業務系の経験を活かして、Web系に進みたい」とお伝えしたのですが、その想いを叶えて下さり、エンジニアの気持ちや想いを尊重してくれる事業運営がとてもいいなと感じています。現在はWeb系の案件に携わることが出来ているので叶えたい夢に向かって大きな一歩を踏み出せています。

今後は、個人として、自分で色々な技術を学び、周りに共有していけるようなエンジニア、またそのような知の共有が出来る環境が作れるエンジニアになりたいなと思っています。

今までは自分の成長や自分のためにプログラミングをしていましたが、今後は周りにも影響を与えられるようなエンジニアに成長が出来たらと思っています。

347375

HR部マネージャーの宮内さん。コーボーきってのポジティブマンです。

【HR部マネージャー】大切なのは"何を"やるかより、"誰と"やるか!toC→toB営業を経験したベテランHR営業

<コーボーに出会うまで>
大学卒業後、新卒でエネルギー系の会社に営業として入社しました。
入社をして配属されたのは、プロパンガスの営業で、何も知見のない中でのスタートでしたが、この営業を約4年経験した中で、「想像力とニーズへの嗅覚」を育てることが出来たと思います。

しかし、4年ほどたった時に、漠然と「このままですごい営業マンになれるのか?」という焦りを感じはじめました。toBの営業やもっと大きな金額のお金が動く営業も経験してみたいという想いや、成果に伴って裁量をより大きく持てる企業で自己成長をしキャリアを作っていきたいという想いから転職活動を始めました。

人材紹介を利用して転職活動を行ったのですが、担当のカウンセラーの方がなぜかIT業界おしの方で、IT業界の案件を多く紹介して下さり。笑。前職のSESの会社に出会いました。

初めての業界での営業経験は、とにかく面白かったです。toC向けよりも大きなお金が動き、また誰もが知っているサービスに自分が紹介したエンジニアが参画するなどの経験は今までに感じたことのない面白みでした。

また、今までは対個人のお客様と自分/会社との関係性だけだったのが、エンジニアと案件元のお客様、自社という3者の関係性の中でベストな行動をとるという部分では営業としての視野が広がったと思います。

<なぜコーボーに入社を決めたのか>
前職に大きな不満があったわけではなかったんです。ただ、"エンジニアの育成”や”エンジニアのキャリアを築いていく"というビジョンに共感して入社を決めたのものの、実際に業務をしていく中で、「エンジニアに寄り添えていないのではないか?」「会社はそのビジョンを本気で実現しようとしているのか?」と感じることが増えてきたんです。
そんな中、コーボーに出会い、人事の梁瀬さんと面談をすることに。
面談でまず感じたことは、オフィスが綺麗で、会議室でワンフロア使っているなんて、贅沢なオフィスの使い方をしているなぁと思いました。

実は、面接に行くまでは興味はあるけど志望度はそれなりだったんです。気になるけど。。。くらいな気持ちだったんです。
面接では人事の方とお話することが多いので、やっぱり人事の方とお話して魅力的に感じるか、一緒に働きたいと思うかどうかは大切で。

結果、1次面接が終わって「めちゃめちゃ気になる!」と思ったんですよ!!笑。今回の転職では人材業界に転職をしようとは思っていたものの、SESというサービスにこだわっていたわけではなかったんです。でも話をしてみて、「やっぱりSESって良いな。」という気持ちになれたんですよね。

そして、最終面接で代表の成田さんなどにもお会いし、今まで前職で感じていたモヤモヤがとれた感覚があって。「SES業界ってネガティブな印象をもつ人もいるが、価値のある事業であると信じている」などの事業への想いを聞いた時に、「あぁ、企業様やエンジニアと同じ視点で仕事をしていくってこういう人達や会社なんだろうな」という想いになったんです。この会社でSESの事業の営業をやれたら、心から楽しいと思える仕事が出来ると自分の中で自信が持てたんです。

転職活動は最終的にありがたいことに5社内定を頂きましたが、コーボーへの転職を決意しました。
最終面接の帰り道に心は決まっていましたが、内定通知書と一緒に送られてきた、手書きのメッセージをみて本当に心を打たれました!

<コーボーでのこれから>
コーボーに入社をして、本当こんないい会社あるんだ!と毎日思っています。笑。営業に行ってもお客様にも言ってしまうくらい。
環境も、人もすごく素敵な会社で、「仕事楽しいな!」って純粋に思うんですよ。まだまだ浅いと思いますけど、会社が好きだなって思っています。

会社や事業としては発展途上なのは分かっていましたし、実際に入ってからもそう実感することもありますが、それは自分にとってポジティブなことで。まだまだだからこそ自分がそこを成長させることができたらどんなに楽しいだろう!とワクワクした気持ちでいます。
今後は、SES事業の売り上げや利益、稼働人数を更に盛り上げていくこと、エンジニアや企業との信頼関係を強固にしていきたいと思っています。

347378

クリエイティブ部マネージャーの加藤さん。家族との時間を大切にしながら、仕事にも全力投球しています。

【ベテランWebディレクター】受託開発⇒インハウス⇒やっぱり、受託開発!

<コーボーに出会うまで>
元々は人材派遣の営業をしており、それなりにやり甲斐のある仕事を任されて楽しく働いていたのですが、近い未来、PCのスキルが必要になる時流を感じたので、思い切ってWEBの世界へ転向しました。
過去の営業経験からも、色々な人と関わる仕事の方が自分に合っていると感じていたこともあり、
「クライアント様と現場を繋ぐ架け橋のような存在になりたいなぁ。」と思い始め、10年程前からWebディレクターの道を歩んでいます。

今まで約10年間、受託開発もインハウスも、Webディレクターとして一通りの経験をさせていただいたと思っています。
しかし、ここ数年、自社サービスを育てるインハウスのディレクターになってからは、アイデア提案や改善対応が多く、やることは多かったので忙しくはありましたが、自分のタイプと合わなかったり、業務に対しての刺激が少ないとも感じるようになりました。
”自分は一体どんなWebディレクターでありたいのか?”を考えた時、
やはり受託開発のように色々な業界のお仕事に携われる機会に自分は楽しさを感じることに気付いたんです。
色々な経験を経て、やっぱり自分は「お客様の色々なご期待に対してそれを超える満足を与えられるディレクターでありたいな。」という思いが強くなっていきました。

人の成長を重んじる思想や社風を持っている会社で、かつ自身の仕事としてもマネジメントに比重をおいて仕事ができる環境にしたい。
そのような思いが自分の中で大きくなり転職を考えるようになりました。

加えて、この業界にはよくあるとは思っていますが、朝早くから夜遅くまでの仕事なども多かったので「家族との時間を大切にできる職場」という大前提も大切にしたいと思っていました。

<なぜコーボーに入社を決めたのか>
縁あってコーボー社と出会い、面談の時間をもらったのですが、受託開発のWebディレクターという部分とマネジメントの部分を任せて頂けるということで、自身のキャリアイメージとも合致し、何より家族との時間も大切にしていける会社だと感じて入社しました。

入社をして自身の成長や、やりたかった・ありたいと思っていた姿が、少しづつ実現していけていると思っています。

具体的に、
<業務>の観点では、現場では、要件定義の段階で、自分の苦手な分野であったシステム要件にも一緒に携わることができ、
社内のエンジニアと相談しながら進められるので、とても勉強させていただいています。
<労働環境>の観点では、実は入社してすぐに忙しい状態になったこともありドキドキしていました(笑)。

それも数ヶ月で落ち着き、その後は定時ですぐに帰ったり、それこそ有休を時間単位で取ったりと、自身のプライベートに使える時間が増えてきたなぁ。と実感しております。

<コーボーでのこれから>
自分はあまり何かに突出して優れた能力を持っていないタイプのディレクターだと思っておりますが、逆に、それが自身の強みでもあると思っていて(笑)。
これからも、個人的に知識や技術を高めていく努力はもちろん続けたいと思いますし、プロジェクトの効率や生産性の向上など、チームとしての熟成や会社の利益にも貢献したいと思っています。
また、その中で職人魂を発揮し、一人の人間として、クライアント様やパートナー様から厚い信頼を頂けるような誠実で実直な人間であり続けたいと思っています。

もちろん、マネジメントには引き続き力を入れていきたいと考えています。
マインドも含めた育成に注力していき、メンバーの方に心から慕っていただけるような人間に成長していきたいですね。

「面白きことも無き世を面白く」高杉晋作ではありませんが、「自分たちで仕事も楽しいものにしていける」そんな環境を、素敵な仲間たちと築き上げていけたら最高ですね!

After covid19 bottom

成長企業の求人を多数掲載!

成長意欲の高い方へ。Greenではそんなあなたにぴったりの求人を取り揃えています。

プロフィールをしっかり入力していたせいかたくさんのスカウトが届いて、その中の一社へ転職することができました。
システムエンジニア 28歳
他の転職サイトに比べて今話題の会社がたくさん載ってるなという印象です。成長意欲の高い人にはおすすめですね。
マーケティング 29歳
職歴のサンプルを編集してそのまま入力できるので、煩わしいプロフィール入力もストレスを感じなかった。
新規事業企画 30歳
スマフォサイトの求人情報も見やすく、機能が充実していて、私の転職活動はほぼスマフォで済みましたw
企画提案営業 26歳
メールでお知らせしてくれるおすすめ求人がすごくマッチしてました。毎回メールが来るたびにチェックしています(笑)
Webデザイナー 28歳
求人ページの下や応募完了ページなどに表示されるおすすめ求人の精度が高く、応募したい求人が多かったです。
プロジェクトマネージャー 32歳
×