お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 ライオンハートのPR

株式会社 ライオンハート

企業ブランディングとマーケテイング支援で差別化を図るWeb制作会社!

350379

デザイナー新實 理矩 氏
2020年4月入社。

年齢に関係なくフラットな人間関係で、風通しの良い社風が成長を後押ししてくれます。

私は高校時代にWebについて興味を持ち、その後専門学校で2年間Webや印刷系のデザインを学んできました。
そこでデザインは感覚だけでやるものではなく、考えながらやるんだ、というところにおもしろさを感じ、デザイナーになることを決意。
卒業後に様々な会社の中からライオンハートを選ぶことになったきっかけは、面接のときに感じた風通しの良さや、会社の雰囲気が自分に合うと思ったことが決め手でした。

今は新人デザイナーとして、先輩方にたくさんのことを教わる毎日です。
自分が得意だと思っていたことも、プロの世界では全然通用せず、何回もダメ出しをもらう日々。。
しかし、ダメなことはダメ、良いことは良いとはっきり言っていただけるおかげで、デザイナーとしての成長を実感しています。
まだまだデザインの他にも電話や来客応対など社会人として覚えることがたくさんありますが、ライオンハートは新人のために入社時の研修だけでなく、様々な知識を共有する社内Wikiを用意してくれているので安心。自分自身が困ったことなどは、次の人のために社内Wikiに書き足しています。

ライオンハートで働くメンバーは、それぞれの能力や知識や思考などがけっこう違うけど、全員が理念の笑顔創造を大事にして、全員で一つのものを作るとてもCREATIVEな会社です。そのため、フラットにいろんな人がいろんな目線で教え合ったり、チェックしあったりできるので、心強く感じるだけでなく、成長速度が上がっている気がします。

163088

クリエイティブディレクター・山本 あかね 氏
コピーライター事務所などで広告制作に携わった後、2016年1月株式会社ライオンハート入社。

ライオンハートは一人ひとりコミュニケーションを大事にする会社です。リモートワークによる精神的な壁を感じることは全くありません。

会社員時代は名古屋で働いていました。結婚、出産を機会に掛川市に引っ越し、その後、フリーランスとして仕事に復帰した際、もともと知り合いだった妹尾から仕事の依頼を受けたことがライオンハートとの出会いでした。その後1年半を経て、社員として誘われました。現在は掛川市の自宅でテレワークをし、週に1回オフィスに出勤しています。

一般的にリモートワークはやりにくいと感じられるかも知れませんが、ライオンハートという会社では気持ちの面で壁を感じることはありません。基本的に一人ひとり、コミュニケーションを大事にしていて、目の前にいない私に対しても非常に気を使ってくれます。私もその環境に甘えずに積極的にコミュケーションを取ることを心がけています。

チャットワークやSkypeなどをフル活用して、密度の濃いコミュニケーションが実現していることも、リモートワークが上手くいっている大きな要因です。部署ごと、案件ごとなど様々なチャットルームが開設されていて、どこかで何かしら会話がされている状況です。お客様とのコミュニケーションでも、若い経営者の方だとチャットを使うことに抵抗がないので、リモートのデメリットは全く感じません。

現在、会社の中で子供を育てながら働いている女性は私1人です。制作業界は結構ハードなイメージですが、男女関係なく、子育てをしながらでも、仕事と私生活の両方を充実できるという前例を作り、これから同じ境遇を迎えるクリエーターの道筋を描きたいと思っています。

ライオンハートの仕事は、顧客企業の中心部に入り込んで理念やビジョンなど会社の根幹部分に関わりながら、表現の方向を考えていきます。クライアントの企業規模とは関係なく、他社では経験できない深さで仕事ができることが大きな魅力です。現在、会社はファブレス化に向けた整備を着々と進めています。その中でクリエイティブディレクターは非常に重要な役割を担うことになります。アートディレクターを始め周りのスタッフと協力しながらレベルアップしていきたいと考えています。

163106

プログラマー/マニラオフィスマネージャー・鵜飼 聡至氏
2009年4月インターンを経て株式会社ライオンハート入社。2016年3月より現職。

海外で新しいことにチャレンジできることが刺激的です。初めて部下を持つこともできて勉強になっています。厳しくも楽しい毎日です。

私は新卒でライオンハートに入社しました。学生時代にインターンシップを通じて、理念や仕事に触れて魅力を感じました。もともとデザインに興味を持ってWEBの世界に入った経緯もあり、綺麗なデザインをもとにプログラミングが出来る環境に魅力を感じました。また提案型の制作会社であることにも面白みを感じました。

日本にいる時はWEBサイト制作のデザイン以降のフロントエンド・バックエンドの他、Webを絡めたシステムの開発を担当していました。2016年3月、フィリピンオフィスを作ることになった際に異動になり、今は現地のオフィスマネージャーを務めています。

会社が目指しているのは制作や開発のファブレス化ですが、日本からフィリピンのスタッフへの指示出しがなかなか上手くいかなかったため、日本から何名かが現地入りし、現在土台作りを行っているところです。ライオンハートとしては初の海外チーム作りです。海外で新しい事業を立ち上げられるということが刺激的です。また初めて部下を持つこともできました。そういったことも含めて日々勉強になっています。

今の課題は、マニラオフィスとして社内での勉強会を開催することです。プログラマーの世界は日々情報が新しくなっていくので、定期的に開催できる状態を早く作って、チーム全体でレベルアップしていきたいと考えています。

今後の予定としては、2年か3年でマニラオフィスを軌道に乗せ、それが出来たら、他の国で新しいチームを作っていくことになります。その時私自身が、どうするかはまだ決めていません。このままフィリピンで現地マネージャーを続けるか、立ち上げ経験を活かして次の国で立ち上げるか、その時の状況次第で判断したいと考えています。

163092

プランナー・中村 武 氏
東京のWEB制作会社で経験を積み、2008年、奥さんの出身地である三重県に転居。2012年株式会社ライオンハート入社。

週の半分は自宅で企画書を書いています。理念やビジョンを大切にする経営者のもと、ワークライフバランスを維持できるWEB制作会社です!

私は東京時代を含め長年WEB制作業界でディレクション業務や営業に携わってきました。ライオンハートでも最初の3年間は営業兼ディレクターとして働き、今年3月からプランナーとなり、現在はWEB企画書の作成を主業務としています。

実は前職で一度、異業種に転職した経験があります。理由は、WEB業界は労働条件が厳しいことです。でももう一度WEB制作に携わりたいと思った時に出会ったのがライオンハートでした。ライオンハートは理念やビジョンを非常に大切にする会社です。WEB業界では非常に珍しい会社であり、そこに魅力を感じています。

そういう中でも、特に私はワークライフバランスを徹底して訴えてきました。特にプランナーになってからは、週の半分は家で企画書を書いています。経営者にとっては煙たい存在かも知れませんが、弊社はそれも働き方の一つだと、受け容れてくれる会社です。

WEB制作業界にいる人は、WEBが好きなので長時間労働をしてしまう傾向があります。でも40歳を超えると長時間労働は体力的に厳しくなるし、仕事の質も低下します。年長者である私が前例を作ることは大事かなとも考えています。

弊社の代表・長澤は、業界を少しでも業界を良くしようという視点を持った経営者です。それでもこの仕事は基本的に体力勝負です。今後、人が増えれば業績も上がるでしょう。それによって会社全体でワークライフバランスが崩れないような環境を皆と協力し合いながら整備していきたいと思っています。

Dxsmall

成長企業の求人を多数掲載!

成長意欲の高い方へ。Greenではそんなあなたにぴったりの求人を取り揃えています。

プロフィールをしっかり入力していたせいかたくさんのスカウトが届いて、その中の一社へ転職することができました。
システムエンジニア 28歳
他の転職サイトに比べて今話題の会社がたくさん載ってるなという印象です。成長意欲の高い人にはおすすめですね。
マーケティング 29歳
職歴のサンプルを編集してそのまま入力できるので、煩わしいプロフィール入力もストレスを感じなかった。
新規事業企画 30歳
スマフォサイトの求人情報も見やすく、機能が充実していて、私の転職活動はほぼスマフォで済みましたw
企画提案営業 26歳
メールでお知らせしてくれるおすすめ求人がすごくマッチしてました。毎回メールが来るたびにチェックしています(笑)
Webデザイナー 28歳
求人ページの下や応募完了ページなどに表示されるおすすめ求人の精度が高く、応募したい求人が多かったです。
プロジェクトマネージャー 32歳
×