お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 イードアのPR

応募フォームへ

気になったらここをクリック!
企業からのオファーが来やすくなります。

閉じる

【IT・WEBの経験を活かせます】IT・スタートアップに特化したコンサルティングチームのコンサルタント募集!

株式会社 イードア 【新産業創出・既存産業の構造改革を支援するビジネスの総合医】日本の新しい社会の発展をつくる経営コンサル企業

403875

第二コンサルティング事業部
シニアマネージャー兼採用責任者
野口 貴大
千葉大学法政経学部 卒業

2017年3月中途入社
ブライダル出身

「社会で生き抜くために必要なことは何か?」~中途社員の声~

―イードアに入社してみてどうでしたか?
代表直下の部署に配属されITベンチャー企業向けの支援をすることになりました。最初は言っていることも分からず何をやっているか分からない、見たことない領域だったので抵抗感がありました。前職みたいにある程度の努力でいけるかなと思ったら、そんなことはありませんでした。入ってから3ヶ月くらいは本当に鳴かず飛ばずでした、、、

ただ前職も始めから上手くいったわけでなく死ぬ気でやっていくなかで成績トップを取れた体験から「努力は必ず報われる」ということを信じていました。


―2年目以降はどのような意識で仕事をしていたんですか?
成績が出ていく中でやりがいがどんどん増してきたのですが、はじめは組織でというよりプレイヤーとしてやりがいを感じていた節がありました。

そんな自分に評価面談の時に中村から「組織を育てられないマネージャーにはなって欲しくない」と指摘されたことがあって今振り返ると変化を遂げるキッカケだったと思います。元々クライアントに貢献したいという想いは持っていたのですが、今まではそれが「個人として」という考えが根強くあり、もっと貢献するためには見方を変えなければいけないと気づかされました。

その時、本当に中村がとことん向き合ってくれたんです。考え方や個人の生き方を尊重しながら成長に対してどのようにアプローチすることが建設的なのかを一緒に考えてくれました。単純に結果を出せばよいという発想から脱することができました。

今は「組織としてクライアントへの貢献を最大化するためには?」という問いに対して日々向き合っており非常に充実しています。

正直なところ、今はこの先個人として明確に何をやりたいってあまりないんですよね。変化を遂げられたからこそキッカケをくれた中村に恩返ししたいと思っています。その一つの手段として中村の夢(イードアのビジョン)を実現させるため重要な戦力になりたいと考えてます。


―何故、採用に携わられることを決めたんですか?
マネジメント経験し、組織をつくる上で「人・モノ・金」の経営リソースの中でも…

特に「人」の大事さ痛感したんです。

自分達の面接時のアセスメント力の足りてなさや、期待値調整を誤り入社後に大きなギャップを感じさせてしまうこと、育成の仕組みがない故に迷惑をかけてしまうことがありました。

どういう人なのであれば活躍できるんだろう…と考えるようになり、採用という入口の大切さに気付かされました。そこで今の組織状態を具体値で語れるのは現場にいる人だと思い、組織に最大限寄与出来ることがしたいと思い、自社の採用に携わるようになりました。


―最後に、採用責任者として今後一緒に働きたい人を教えて下さい!
まず一つ、前提としてミッション・ビジョンに共感いただいていることですね。正直ベースでお話をすると、イードアは何も整っていません。マニュアルなどもあるものとないものがあり、社内でメンバーとディスカッションしながら形づくっている最中です。時に泥臭いと感じるような一面もあります。ただ、今その中で分からない事を形にするの楽しいよねという風土感があって、そういうのを面白いねと思える人と一緒に働きたいと思っています!

404765

シニアコンサルタント 増田 七瀬
名古屋大学経済学部 卒業

2018年1月中途入社 
SMBC日興証券出身

「大手金融会社からからベンチャーへの転職」~中途社員の声~

―今の仕事内容について教えてください!
現在、第二コンサルティング事業部にてHRを中心とした課題解決支援をしています。直近では調達支援など企業のフェーズに合わせたコンサルティングをしています。担当している企業は、主にITベンチャーでその中でもFinTech企業とのお取引が多くなっています。意図して業界の属性が絞られたのではなく、第二コンサルティング事業部のコンセプト「新産業創出に向けた支援」のもと開拓をしていく中で、チーム内・自分自身としてもスペシャリティをもっていくために生まれた結果の一つです。

昨年からコロナの影響もあり各社ワークスタイルの変化に伴い業務上も試行錯誤の連続でした。これまで対面でお会いする中で、何となく人の雰囲気で察してきていたことを痛感しました。特にクライアント内でも意思決定の手段や方法が変化し事業予測もしづらい状況の中で今の変化に応じるための施策を講じなければいけないという混沌とした状況にあり、相手の本当に求めているモノは何か、より精査されたロジックを求められるようになりました。その変化は、私にとって成長の機会になりました!


―仕事をする中で意識していることは何ですか?
勉強はこれまで以上に取り組んできました!元々金融業界出身ではありましたが、金融機関についても歴史やITが何処まで利用されているかなどゼロベースで情報を取りに行きました。世の中に情報がありふれている一方で、本当に知りたいことは調べてもでてこないことも多くありました。そのため、社内の人や有識者の方に情報を自ら聞きに行くことを徹底してきました。結果として、ついてくる成果や関係性が深まったこともあったと思います。

また、自分の性格として「結果を出さないと納得しない」という一面があり、常に目標を達成し続けることはもちろん、次に高い目標を立てることが無意識の中で出来ていました。クリアした目標を振り返り、さらに効率よく出来ないか挑戦していくことが楽しさに繋がっています。
―入社して大変だったことはありますか?
そうですね、、全部じゃないですかね笑 私は成長を追い求めて転職をしてきたので、大変であればあるほどやりがいを感じました!その中でも、知識・行動量は前職よりも多くのものが必要となり大変だったなと思います。前職と比較してお客様になりうる方々の前提としての情報感度の違いがありました。お客様自身が本気で情報を取りに行っている領域の中で、プロのコンサルタントとして意見を求められます。

「クライアントの求めるレベルの高さ」

には、本当についていくことが大変でした。未来を作る為に死ぬ気でやっていてだからこそスピードやクオリティも質が高いものを求められる。量だけでは到底かなわず質が大切だなと思い、日々の業務を見つめなおしPDCAサイクルを最速で回し続けました。自分で意識するだけでなく、レビューの際に上司に相談してみたり、チーム内の会話からヒントを得たり、様々なものにアンテナを張る事で期待値に応えられる成果に結びついていきました。


―逆に良かったことはありますか?
いっぱいあります!大変だった度合いはこれまでに経験してこなかったレベルのものばかりでした。大変さを感じる日々を送れたことが私には一番良かったです!!その大変さも、与えられてやることではなく自らチャレンジしていくものでした。イードアの風土として、頑張って成果を出している人には挑戦をし続けさせてくれました。

これまではプレイヤーとして、自分の成果を出す為の挑戦を中心に行ってきていました。最近では社内にも目を向けるようになり、育成やチームの風土づくりにも大きく関わらせてもらっています。直近の結果の中にはメンバーからのサポートがあって、成果に繋がったケースも多くあり、社内が育てばクライアントに貢献できる価値が大きくなることを実感したんです!だからこそ、社内にいる人がどう育つかって大事だなと思って…。後輩が困っていたら解決できるよう力になりたいと思うようになりました。すごく良い変化をしているなと感じています。

405741

シニアコンサルタント 山川 哲史
上智大学理工学部 卒業

「東証一部上場企業の海外支社立上げを経験し、コンサル会社へ転職」~中途社員の声~

―前職でどのような仕事をされていたか教えて下さい!
クロス・マーケティングにて、国内企業を対象としたマーケティング活動支援を行った後、タイ支社の立上げを社長と二人三脚にて行ってまいりました。タイ支社の立上げ経験は、良い転機になりました。そのタイ支社での仕事は、何もかもがゼロベースからのスタートでした。最も苦労したのは自分の営業力不足を痛感したことでした。日本での成功体験もあり最初は自信満々で営業にいきましたが、現地法人のお客様は日本では会えないような経営層の方が多く、かつご相談頂く課題感も大きいため、そのような商談で話すスキルが圧倒的に弱いことに気づかされました。初めは挫折もしましたが、一緒に赴任した経験豊富な社長や現地経験の長い日本人の方の助けもあり、ビジネスマンとして成長することが出来ました。

―何故、転職を考えたんですか?
帰国後は日本国内の営業に戻りましたが、タイ支社で経験した現地の経営者と課題解決のためにゼロから一緒に考えることで成長できた経験と比較すると目の前のお客様は経営層と遠い存在であることや、リサーチ業界の事業自体に限界を感じ始めていました。

お客様の経営に触れ、本質的な課題解決に繋がる仕事をしたい!と思い転職を考えるようにました。そして、自分の人生を考えた時、35歳迄に汎用性の高いスキルを身につけたいという軸のもと企業を見ていた時に「本質的な課題解決を経験できる会社があるよ。」と紹介されたのがイードアでした。社会に対する向き合い方や何も整っていない状態から組織をつくっていく状況にあることを伺い、自分が求めるものに近い!と思ったんです。経営者と向き合う中で、形がないものを自ら形にしてソリューションを提供することってワクワクするのではないかと思いイードアに転職をすることを決意しました!

―今後どのような姿を思い描いているか教えて下さい!
まずは、提供できるソリューションの幅や領域を着実に広めて行きたいです。そして、新規事業創出につながることをしていきたいと考えています。イードアに入社して、様々なクライアントの現場や実情を見てきました。その情報を活用して、これからの未来に必要とされる事業を作れるような人になっていきたいと考えています。そうした大きな支援に繋げるためには個人目線で仕事をしていては到底たどり着きません。誰かのため、ひいては社会のためを考えて行動することが大切なんだと気づきました。今後一緒に働いていくメンバーにも組織のためにという思いを兼ね備えた人と働きたいですね。

211391

どのような道を描くかはあなた次第です!

~いつの時代も社会から必要とされる人へ~

「いつの時代も社会から必要とされる人」
これが当社の教育指針です。

ライフスタイルが多様化する中で、どのような環境であっても社会から求め続けられる人であるために
下記のような教育制度を取り入れています。

<教育制度>
・レビュー制度(上司との1on1面談)
・経営者折衝を想定したロールプレイング
・勉強会(始業後、毎朝30分本の読み合わせや自社理解を深めるためのワークを実施)

ベンチャーフェーズにある当社だからこそ、貴方の力が会社創りに直結します!

211393

平均年齢28歳!

~働く仲間と環境~

当社では、社員の誕生日を全員で祝う習慣や月に1度全社で飲み会をする機会があります。
また、半期に一度BBQやハイキングなど課外活動を通し、公私問わず交流をしています。

<課外活動例>
BBQ、ハイキング(高尾山)、フォレストアドベンチャー(秩父)、熱海観光 など...

応募フォームへ

この企業が募集している求人

成長企業の求人を多数掲載!

成長意欲の高い方へ。Greenではそんなあなたにぴったりの求人を取り揃えています。

プロフィールをしっかり入力していたせいかたくさんのスカウトが届いて、その中の一社へ転職することができました。
システムエンジニア 28歳
他の転職サイトに比べて今話題の会社がたくさん載ってるなという印象です。成長意欲の高い人にはおすすめですね。
マーケティング 29歳
職歴のサンプルを編集してそのまま入力できるので、煩わしいプロフィール入力もストレスを感じなかった。
新規事業企画 30歳
スマフォサイトの求人情報も見やすく、機能が充実していて、私の転職活動はほぼスマフォで済みましたw
企画提案営業 26歳
メールでお知らせしてくれるおすすめ求人がすごくマッチしてました。毎回メールが来るたびにチェックしています(笑)
Webデザイナー 28歳
求人ページの下や応募完了ページなどに表示されるおすすめ求人の精度が高く、応募したい求人が多かったです。
プロジェクトマネージャー 32歳
×
×