お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

BASE 株式会社のPR

BASE 株式会社

"お母さんも使える"プロダクトでショップオーナーの未来に貢献する。EC/フィンテックで価値交換を最適化するGeekチーム

241033

原田 健
取締役CFO

ゼネコンからSNS絶頂期のIT企業に転身。 BASE CFOが語るスタートアップの魅力。

《BASE株式会社に入る前》
新卒でゼネコンに入社し、約5年ほど建設現場で働いていました。超体育会系の環境で、現場では経理から総務までとにかくひたすらなんでもやるという感じでした。その後、本社の経理として、日常経理から連結、開示、税務まで一連の経理財務業務を経験しました。

入社した会社は社員が2,000人程の一部上場企業で、当時は50代のベテラン社員が多く、40代でも若手扱いされる世代感でした。これからのキャリアを考えるうちに、もっと若いうちから裁量を持って働きたいという思うようになり、最初の転職を決意したんです。そのときの決断が今の自分に繋がっていると思います。

その後ゼネコンを辞めて、SNS絶頂期のミクシィ株式会社に経理マネージャーとして入社しました。時期は2007年9月で、ミクシィがちょうどIPOをした後くらいですね。当時ミクシィは盛り上がっているベンチャーのひとつで、会社が成長ステージでしたし、組織体制強化により経理の人員強化を行っていて、自分がやりたい方向性ともマッチしていたので入社を決めました。

経理体制は、入社当時は2名だけのチームでしたが、その後10名程まで拡大しました。その後、経理から経営企画に異動し、そこでは主に投資やM&A、業績管理を担当しました。この頃にジェットコースターのような企業の過渡期を経験し、個人的にはそこで組織の変化に対する耐性が出来たように思います。

その後、株式会社フリークアウトに転職。ミクシィは入社当時に比べて大きくなり、業務も細分化されていったので、もう一度小規模なところで今までの経験を活かして仕事の幅を広げたいという思いがあり転職しました。フリークアウトでは経営管理部長・IPO担当として従事し、マザーズ上場を果たしました。

そしてその後、2015年6月にBASE株式会社にジョインするのですが、実際には転職は考えていなかった時期なんです。知り合いの人材紹介会社から声がかかり、「スタートアップ企業がCFOを探している」という話をいただきました。その時は転職意志とは関係なく、ただなんとなくスタートアップの経営者と話してみたいと思い3~4名にお会いしたのですが、その中のひとりがBASE代表の鶴岡でした。

もともと、フリークアウトには小規模スタートアップで働きたいという意向で転職していたのですが、既に当時のフリークアウトは60人程の規模でした。それに比べてBASEはまだ20人規模で、しかも管理部門も無いスタートアップでした。事業自体も成長しているし、他の経営メンバーとの相性を考えたときにBASEは自分がやってきたことを全部活かせる場所だと思ったんです。

代表の鶴岡は平成生まれで、会う前は年齢が若いなと単純に思っていましたが、話すと非常にまともな人(笑)という印象を受け、バランスが取れてる人だなと。内に秘めているものは感じるけれど、創業社長にありがちな尖った印象がまったくなかった。そこにも興味を持ちましたね。

《BASE株式会社について》
BASEは代表の鶴岡も若いし、外から見ても若い企業という印象があると思うんですけど、だからこそ経験者の力を活かせる土壌があると思うので、これまで積み上げてきた経験を活かす場所を探している人にこそ来てほしいと思っています。スタートアップ経験者でも、大手企業の方でも、BASEに興味のある方がいればぜひお会いしたいですね。

ゼネコンからITに転身した私の経験から、スタートアップに興味を持つ大手企業の方に言えることとしては、何よりもスピード感が違います。意志決定、事業、組織の拡大など、圧倒的にスピード感が違う。そしてこれまでに無い新しいテクノロジーや手法を用いて、既存社会の価値観を変えるチャレンジに携わるのは非常に面白いです。

241035

高野 兼一
PAY株式会社 代表取締役CEO

「PAY.JP」の目指すところは、これからの時代に最適な決済の仕組みを作ること。

《BASE株式会社に入る前》
学生時代は、金融系のスタートアップでインターンとして働いていました。インターン先はシェアオフィスになっていて、そこでの様々な出会いや経験が後の自分に大きな影響を与えていると思います。

インターンでは、主にリサーチ業務やプログラミングをしていました。業務に取り組む中で、インターネットにおいて最も大きな課題があると思ったのが“決済領域”でした。 誰もがどこにいても情報を享受できるインターネットにおいて、決済だけが各国の制約を受けていて、インターネットらしからぬ姿になっていたんです。 当時は欧米で新しい決済の流れがきていたこともあり、日本にもこの流れがくると思ったので、自分でピュレカ株式会社を立ち上げて、決済領域に本格的に取り組むことにしました。

会社を立ち上げてからは、プロダクト開発、セキュリティの構築、カード会社とのアライアンス交渉など、決済事業を立ち上げるために必要なことを進めていました。

《現在》
BASE代表の鶴岡とは、学生時代にインターンをしていたシェアオフィスで出会いました。鶴岡は当時そこにある別の会社でインターンをしており、その頃から互いに知っていました。

そこから互いに独立するわけですが、「BASE」がリリースされてから、決済部分で連携して何か一緒にできないかという話を何度かしており、2014年の夏くらいに共通の投資家さんを通じて具体的な話を進めたのが、BASEにジョインするきっかけになりました。

鶴岡と話していく中で、「BASE」はネットショップ開設を主にしているサービスですが、会社として長期的に目指しているのは、決済を主軸としたオンライン経済のインフラとなることであると知りました。自分もインターネットに最適化されたシームレスな決済を作りたいという思いがあり、会社としての方向性に共感したところと、「BASE」で抱えている数十万のマーチャントとの事業シナジーを考えて、ぜひとも一緒にやりたいと思い、BASE社にジョインしました。

BASEでは、「PAY.JP」という決済事業を立ち上げて、主に事業全体を見ています。 入社した頃は、プロダクト開発・設計をメインに、セキュリティや規約周りの整備など、リリースに向けて必要な準備を進めていました。 「PAY.JP」がリリースされてチームメンバーが増えてからは、開発や設計に加え、オペレーションの改善やプロダクトの品質を見たり、総合的に事業を見ています。あとメンバーは全員エンジニアなので、サポート業務なども基本的に自分が窓口となってやっています。 「PAY.JP」の目指すところは、これからの時代に最適な決済の仕組みを作ることです。決済は複雑で時間と労力のかかる事業なので、大局的な方向性とフェーズごとに何をすべきかという展望を、チームに伝えていくということも意識して取り組んでいます。

《今後どういうことをしていきたいか》
今後は「PAY.JP」のさらなる成長と、現代に最適な決済の仕組みを作ることを目標に、淡々と事業を進めていきたいと思います。 クレジットカード決済においては、本質的な仕組みはここ数十年間変わっておらず、オンライン決済においてもこの仕組みが適用されています。全てがオンラインに接続されるこれからにおいて、こうした非効率な構造は徐々に変革していくものと感じます。

具体的には、高止まりしたコストはゼロに近づき、よりシームレスで、インターネットの決済として、あるべき姿になっていくものと思います。 「PAY.JP」はこの流れの中で、次世代の決済基盤となるべく、チーム一丸となって事業に取り組んでいきます。

122902

藤川 真一(通称:えふしん)
取締役CTO

リードエンジニアにおけるサービスリードという役割

弊社では、エンジニアの肩書として「リードエンジニア」を定義し、更に細かい属性として、「テックリード」と「サービスリード」という肩書を設定しています。

Webサービス企業のエンジニアはテックへの適応力とサービス開発力は不可分です。しかし、その人の魅力の出自はテックなのかサービスなのか、どちらに立脚するかで肩書を変えています。

《リードエンジニア》
事業に配属され、事業の中での開発やサービス運営をリードする以上の成果を期待されたロール。 サービスの継続的発展を実現するための技術力や、BASEのサービス哲学を具現化するためのサービス開発力などを兼ね備え、圧倒的な主体性でサービスの成長に取り組む模範となるべき役割を担う。

《テックリード》
高い技術力を持ち、時代の変化を読みながら、適切な技術を、適切なタイミングと適切な方法で自社サービスに取り入れ、スケーラビリティの実現や高いセキュリティを通じてサービスの進化に寄与することが期待される。サービスの継続的進化を担い、メンバーの技術的成長の模範となる役割

《サービスリード》
BASEのサービス哲学を熟知し、高い顧客体験を実現するサービスを開発することで、体験の質を通じたサービス信頼性を実現する。 顧客に支持され続けるサービスの継続的発展に寄与し、サービスづくりの模範となる役割。

この2つの概念は敵対するものではなく、両立が望ましいわけですが、そうは言っても、その人の得意技として技術変革を主軸に活躍する人もいれば、技術は手段としてサービス実現に活躍する人もいるわけで、その両属性をチームとして評価しますよ!というのがテックリードとサービスリードというリードエンジニアの属性化に繋がっています。今後はそこをしっかり明確化していくことで、サービスづくりをしたいエンジニアももっと増やしていきたいと思っています。

278831

神宮司 誠仁
執行役員 / BASE Product Division Product Management グループマネージャー
1992年生まれ

これまでのBASEとこれからのBASE

ーー長く「BASE」というサービスに携わっていて良かったなと思うことを教えてください。

「BASE」がたくさんのショップオーナーさんに使ってもらえるようになって、サービスが大きくなってきてよかったなと思います。継続してサービスが大きくなり続けて、オーナーズに価値を提供し続けることはすごく大事だなと思います。有難いことに「BASE」のことを応援してくださるショップオーナーさんがたくさんいらっしゃるので、僕たちがサービスを止めるようなことがあったらオーナーズの期待を裏切ることになりますよね。いま「BASE」がなくなったら60万以上のショップがなくなることになりますし、「BASE」を使って商売をされている方々の人生を背負っているという責任は常に感じています。

ーーこれからのBASEをどうしていきたいですか?

圧倒的なユーザー体験を提供できるプロダクトにしたいです。ショップオーナーさんの体験をどこのサービスよりも良く、今までの「BASE」よりさらに良くしていきます。

僕がBASEってすごいなと思っているのは、根底にある思想がメンバーにしっかり浸透していることです。創業当初から「お母さんも使える」というサービスのコンセプトが全くブレず、それがプロダクトにきちんと反映されているのがすごいなと思います。サービスが大きくなってきて利用されるショップの規模も幅広くなってきたので、今後はどんな規模のショップもさらに使いやすくなるようUI/UXを磨いていきます。今は数年前と比べてメンバーが増えましたし、経験のある方も多く入社されてきているので、やれること自体は大きくなり、そのパワーを集中させることでプロダクトをよりよくできると思っています。

あとは、再現性が大事だと思っています。最近よく考えているのは、新しい事業やプロダクトを作る場合に、いまの「BASE」以上のヒットを出せるのかということで、そのためには再現性が必要だと考えています。再現性のあるプロダクトを作るには会社全体で学習して、ナレッジをためて、次のチャンスに活かせるかが重要だと思っていますし、そのためにディレクターやPMは数字やユーザー体験に徹底的に向き合っていきます。極端な話、僕が突如今日いなくなったとしてもプロダクトを作り続けられる体制や文化を作っていくことが僕の役目だと思っています。

278832

松坂 謙一郎
BASE Business Division マーケティングマネージャー

BASEのマーケティングの仕事とは

ーーBASEでのお仕事について教えてください。

「価値の交換をよりシンプルにし、世界中の人々が最適な経済活動を行えるようにする」というビジョンを実現するために、Eコマースプラットフォーム「BASE」をより大きなプラットフォームに成長させることがミッションです。具体的には、ネットショップ作成サービス「BASE」の新規ショップの増加と、ショッピングアプリ「BASE」のユーザーを拡大する施策を行っています。

メインはWebプロモーションで、全体戦略や予算の策定からプランニング、運用・レポートをしています。 現在はインハウスで運用する方針を選択していて、リスティングからアフィリエイト、ソーシャル広告まで社内で運用しています。また、広告だけではなくショップオーナーインタビューなどのコンテンツの企画・制作ディレクションや、インフルエンサー、タレントを起用した商品開発とイベントといったオフライン施策も行っています。2018年からはテレビCMも実施しています。

ーーネットショップは世の中にたくさんあり、競争が激しい市場というイメージもありますが、その中でどのような施策を打っていったのでしょうか?

僕も当初は、成長市場ではあるもののプレイヤーも多く、競争が激しい市場だと思っていましたし、「BASE」の競合優位性はどこにあるのだろうと思っていました。

ですがよくよく見てみると、競争が激しいのは「既存のネットショップ」の市場なんですよね。今まではネットショップを開設するためには専門知識が必要だったり、様々なコストがかかってしまうので、開設を諦めてしまう人が非常に多かったんです。しかし「BASE」は「お母さんも使える」をコンセプトとしており、テクノロジーによってネットショップを開設・運営するためのあらゆるハードルを取り除くサービスなので、今までネットショップの開設を諦めていた方でも気軽に挑戦できる環境を提供しています。

そういう意味では、「BASE」の潜在顧客は、極端な話、いま日本にいる人全員になるんじゃないかなと。なので「BASE」は「既存のネットショップ」のシェアを取り合うのではなく、新しい市場を創るために、新しい価値観を広めていくという施策に注力しています。

ーー今後、「BASE」をどのようなサービスにしていきたいですか?

「BASE」を「ネットショップ作成サービス」から「オーナーズをエンパワーメントするプラットフォーム」にしたいです。

今までBASEのマーケティングに携わってきて、「自分で価値を創りたい」、「世の中に価値を提供したい」と思っている人は非常にたくさんいるんだと実感しました。 一方で僕たちが「ネットショップ」というサービスでサポートできる人は限定的だとも感じ始めています。

「BASE」を「オーナーをエンパワーメントするプラットフォーム」にするためには、「BASE」が今まで培ってきた資産を活用したり、外部パートナーと協力することで「オーナーが必要としている部分を補完する」ことが必要だと思っています。 オーナーが必要としている部分を補完機能を通じて肩代わりしたり、例えば必要なスキルを持つ人とテクノロジーによってマッチングさせてあげればもっと活躍できるオーナーは増えるはずです。

そのためには機能開発はもちろん必要ですが、マーケティングとしても「BASE」の新しい使い方を提案してそれをプロモーションして広めていったり、パートナーを見つけてアライアンスを組んだりすることができるので、そういった部分にも注力できればと思っています。

この企業が募集している求人

Bnr sp354 11

成長企業の求人を多数掲載!

成長意欲の高い方へ。Greenではそんなあなたにぴったりの求人を取り揃えています。

プロフィールをしっかり入力していたせいかたくさんのスカウトが届いて、その中の一社へ転職することができました。
システムエンジニア 28歳
他の転職サイトに比べて今話題の会社がたくさん載ってるなという印象です。成長意欲の高い人にはおすすめですね。
マーケティング 29歳
職歴のサンプルを編集してそのまま入力できるので、煩わしいプロフィール入力もストレスを感じなかった。
新規事業企画 30歳
スマフォサイトの求人情報も見やすく、機能が充実していて、私の転職活動はほぼスマフォで済みましたw
企画提案営業 26歳
メールでお知らせしてくれるおすすめ求人がすごくマッチしてました。毎回メールが来るたびにチェックしています(笑)
Webデザイナー 28歳
求人ページの下や応募完了ページなどに表示されるおすすめ求人の精度が高く、応募したい求人が多かったです。
プロジェクトマネージャー 32歳
×