お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

クラウドゲート 株式会社のPR

クラウドゲート 株式会社

WE CAN MAKE THE WORLD MORE FANTASTIC AND CRAZY.          -僕たちが創る世界は、もっとすごい。

233662

代表取締役社長の野尻氏
「トップを獲りにいきたい」と意気込みます。

求めているのは、組織全体の成長の起爆剤となる人材

ゲームグラフィックス制作のプロフェッショナル集団・クラウドゲート。近年、家庭用ゲーム並のリアルなビジュアル表現が求められるようになったモバイル端末向けゲーム市場において、単にクリエイターとクライアントを仲介するだけでなく、双方と共に作品のクオリティを高めていくプロダクションとして存在感を発揮しています。

「最大の強みは、優秀なディレクターとデザイナーが在籍していること。クライアントにとって、内部のゲーム開発チームと同じレベルでコンセプトやターゲットについて理解し、気軽に相談できる外部パートナーでありたいと考えています」と語るのは、代表取締役社長の野尻氏。

「必要なときに必要なものを阿吽の呼吸で素早く提供する、それは、例えるならば黒子のような存在。『クラウドゲートには難しい仕事も安心して任せられる』というお客様からの声は、スタッフの大きな力になっていますね」

創業は2000年。業界においては歴史があり、長く取引が続くクライアントも多数。年々拡大を続けていく市場において、「トップを獲りにいきたい」と野尻氏は意気込みます。

「クリエイティブを支えるのは『人』。優秀な人材を育て上げ、長く活躍してもらえる組織へと成長していきたいと思います。今、クラウドゲートには、組織全体の成長の起爆剤となる人材が必要なのです」

スマートフォンをはじめとしたモバイル端末の表現力が上がるにつれ、1枚絵からアニメーション、2Dから3Dへと、制作に求められる技術も高度化しています。そんな状況に対応するため、今回採用したいのは、やはりスキルのある人材です。

「高いスキルとコミュニケーション能力、ディレクション能力はもちろんですが、『人』を育てる意欲がある方も大歓迎。自らの経験と技術をチームに還元し、組織全体のレベルを底上げしてくれることを期待しています」

リーダーやマネージャーといった管理職への道は、入社時点から開かれています。とは言え、描けるキャリアが限定されているわけではなく、ジェネラリストとプロフェッショナル、どちらの方向性も選べる環境。

「ひとつのタイトルに長く関わると言うよりは、より多くのタイトルに深く関われるのがクラウドゲートの仕事の特徴。幅広いゲームを手掛けた実績は、業界での自身の市場価値向上にもつながります。私たちと一緒に、業界のトップを目指しましょう」

新サービスを創造するボードメンバーになるチャンス!

クラウドゲートの『オンラインコンテンツ事業部』は、自社オンラインゲームの開発・運営を手がける部署。
オンラインコンテンツ事業部の部長、菅野氏はこう語る。

「今年(2018年)の8月1日付けで、クラウドゲームスがクラウドゲートに吸収合併され、新たにオンラインコンテンツ事業部が発足しました。
これまでは、別部署(別会社)ということもあり、部署間の連携という点で未成熟でしたが、この吸収合併を機に、これまでのノウハウを活かし新しいコンテンツや新たなサービスを生み出していきたいです。」

更に、菅野氏は

「変革時期にある組織ですので、早い段階から責任ある立場を任される事も多くあります。
 私自身、新卒5年目ですが、コンサルティングセールスのチームから異動し、部の責任者に抜擢されました。
 ご縁があり、弊社にジョインしていただいた際は、おそらく、部の中心人物としてゲームの世界観の構築から深く携われる機会を多く経験できるとともに
 プロジェクトを自分の力で動かしているという充実感も得られる環境を提供できると考えています。
 ある程度の経験を業界で重ねてきた方ディレクターの方にとっては、このような環境は、魅力的なのではないでしょうか」

「『今後のクラウドゲートの中心人物になっていける機会提供が出来るこの会社で、自身の市場価値を高めて欲しい。
そしてクラウドゲートはその環境や機会を提供し続ける事ができる、そんな会社であり続けたい。』そんな想いで事業部運営をしています。」

とコメントしていました。

お話しを聞いていく中で、
気づきややりたいことに対してチャンスを与える組織だからこそ
裁量・責任を大きく与え、組織課題やユーザー課題の解決に対して積極的にトライできる人材が育っていくのだなと感じるとともに
自分の市場価値を高めたい方にとっては、まさにうってつけの環境であると感じました。

さらにこの組織の原動力となるのは人間関係のよさから来る、
「働きやすさ」にあるとのことで


子供の行事や、行きたいイベントなどに気軽に有給を取得したり
仲の良いメンバー同士で休日にアウトドアを楽しむなど、個々のプライベートを
思いっきり楽しむ風土があるとの事でした。

233650

ディレクターとして第2チームのリーダーを務める鈴木氏。

裁量を持てて好きなことに携われる環境が心地よいです。
さらにはクリエイターさんの可能性を引き出す提案がイメージと合致したときは最高の気分です。

セオリーのない仕事を手掛けるには、行動力と提案力が必須!

現在、クラウドゲート内のプロジェクトチームは3つ。ディレクターとして第2チームのリーダーを務める鈴木氏は、自らの業務についてこう語ります。

「イラストやグラフィック、アニメーションなど、ビジュアル素材のすべてを監修し、クライアントに納品するまでがディレクターの仕事。クリエイターの選定からクリエイターへの発注、修正依頼なども行います。クラウドゲートにはデザイナーが在籍しているので、修正作業はチーム内で行うことも」

3つのチームが手掛ける案件には、おおよその傾向があるのだと言います。

「第1チームは乙女系など、主に女性をターゲットにした案件が多いです。第2チームは大規模案件や萌え系、第3チームは版権ものを手掛けることが多いかな」


ディレクターはセオリーのない仕事。クライアントの要望に、その都度全力で応えていくことが大切です。求められる最たる能力は「行動力と提案力」だと鈴木氏。

「例えば、クライアントからの依頼が作品のコンセプトからズレていると感じたときや、クリエイターのイラストに違和感を感じたとき、即座にコンタクトを取り、方向性の修正を図らなければなりません。単なる仲介役ではなく、自らの手でゲームの世界観を構築しているという自負があります。だからこそ、関わったタイトルがリリースされたとき、この上ない達成感を感じられます」

裁量があり、自由度が高い働き方が可能

第3チームに所属するディレクター、樋口氏の前職はアニメーター。
得意分野を活かし、モーションやアニメーションが必要となる案件を任されることが多いのだそう。

「案件の回し方はディレクターそれぞれの裁量に任されている面があり、責任も伴いますが、自由度が高くとても働きやすいです。多くのクリエイターとやり取りする際に、自身のクリエイターとしての経験も活かせるのでやりがいがありますね」

社内の雰囲気は明るく、バイクや釣り、ロードレースなど、アウトドアな趣味を持つスタッフも多いと言います。「業界的にも、クリエイティブな仕事人は内気な人が多いというイメージがありましたが、クラウドゲートはオープンで積極的な人が多いですね」と樋口氏。

「実は、私も入社してまだ数ヶ月。今回採用される方は、ほぼ同期ということになるので心待ちにしています。プロジェクト全体を俯瞰して見ることのできる視野の広い方ならば、必ず力を発揮できる会社ですよ」

Bnr sp354 11

成長企業の求人を多数掲載!

成長意欲の高い方へ。Greenではそんなあなたにぴったりの求人を取り揃えています。

プロフィールをしっかり入力していたせいかたくさんのスカウトが届いて、その中の一社へ転職することができました。
システムエンジニア 28歳
他の転職サイトに比べて今話題の会社がたくさん載ってるなという印象です。成長意欲の高い人にはおすすめですね。
マーケティング 29歳
職歴のサンプルを編集してそのまま入力できるので、煩わしいプロフィール入力もストレスを感じなかった。
新規事業企画 30歳
スマフォサイトの求人情報も見やすく、機能が充実していて、私の転職活動はほぼスマフォで済みましたw
企画提案営業 26歳
メールでお知らせしてくれるおすすめ求人がすごくマッチしてました。毎回メールが来るたびにチェックしています(笑)
Webデザイナー 28歳
求人ページの下や応募完了ページなどに表示されるおすすめ求人の精度が高く、応募したい求人が多かったです。
プロジェクトマネージャー 32歳
×