お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 ビジネス アソシエイツのPR

株式会社 ビジネス アソシエイツ

コンサルティングスキルを武器に、企業の「エンゲージメントマーケティングへの変革」に本気で向き合うプロフェッショナルファーム

307638

シニアマネージャーコンサルタント

2011年入社
大手外資コンサル出身

どれだけ「自分のスキルが貢献できるか」というビジネス

Q1:仕事内容を教えてください。

自分が担当している中で一番比重が多いのは、マーケティングオートメーション(MA)ツールであるMarketoの導入・活用関連の案件です。
ただ、ひとくちに導入・活用支援といっても、ツールの設定・機能のお話から、関連システムとのデータ連携をどう行うかといったテクニカルなお話から、MAでどういった施策を進めていくか、成果をどう評価するか、また施策推進に向けて社内ではどういったプロセス整備をしていくべきか、といったお話まで、関連する内容は多岐にわたっています。
Marketo活用支援といっても、ほとんど施策の企画や関連システム含めた全体設計の議論をしていることもありますね。

また、デジタルマーケティング以外では、SalesforceSalesCloudを始めとする、CRMの活用支援といった案件も担当しています。
4年ほど前は、CRMの導入・活用支援の案件が多かったのですが、比重が逆転した印象です。

マーケティングでの見込み客獲得から、その後の営業プロセスまでとなると、押さえるべきポイントが結構多岐にわたって大変ですが、この一連のプロセスを把握していることが、自分や会社の強みになっているとも思います。
個人的には、どちらかに専念できたほうが楽なのですが(笑)、


Q2:仕事にやりがいを感じるのはどんな時ですか。

月並みの表現ですが、まずはクライアントに満足してもらったときでしょうか。
この仕事は、クライアントの目的達成のために、どれだけ「自分のスキルが貢献できるか」というビジネスです。
なので、お客様に満足して頂けるということは、自分が一定の評価を得られているということだと思っています。
もちろん、関係者のサポートがあるので自分一人の評価ではないのですが、他の特定サービス・製品を取り扱うビジネスに比べると、「自分が商品」である感は強いと思います。
常に自分との勝負をしている感じなので、大変といえば大変ですが、お客様に満足いただいたときの喜びもまた違いますね。


Q3:”BAのよさ”を教えてください。

BAは、「どうあるべきか」は大切にするものの、「絵に描いた餅」にならないように、「現場の実務として動かせるか」どうかを重視する文化があると思っています。
そういった点を評価されているからだと思いますが、お客様サイドに一緒に立って業務を進める案件が多いです。
そういった案件を経験することで、”自分が取り組みを動かしている”感を強く感じられたことと、幅広いスキルを身につけられたという点が良かったことでしょうか。
クライアントも、名のある会社様も多いですし。

自分は以前大手のコンサルティングファームにいたこともあるのですが、そういった会社は会社で良いところもありますが、大きい組織であるがゆえに、特定のポジションでの1つの歯車感が否めませんでした。
そういう経緯があったので、余計にそう思ったところはあると思います。

もちろん、幅広いスキルを身につけられるということは、いろんなことに対応できないといけないということでもあります。
ハードに思うこともあるかもしれませんが、今後にも役立つ汎用的なスキルを磨きたい、また活用していろいろなお客様の支援を行いたいといった方には、チャレンジングな会社ではあると思います。

307637

アソシエイトコンサルタント

プロジェクトが終わるときの達成感は何物にも代えられません

Q1:仕事内容を教えてください。

現在はMarketo導入・活用のコンサルティングと、デジタルトランスフォーメーションに関するお仕事に携わっています。
Marketo導入支援では、MAの基本的な概念をお客様に理解していただくところから始まり、実際にメール配信からLPの作成などの実務面のトレーニング、どういった状態のお客様に、どのようなコンテンツをお届けするべきなのか、状態の移り変わりをどのようにとらえるのか、といったMA特有の要件のディスカッションなどを行っております。
その他、活用支援では様々な切り口でのプロジェクトに参加しています。例えば、実施しているコンテンツの見直しから入る場合、実際に我々が手を動かしてMarketoの設定を代行するということもあります。

最近当社で増えてきている、デジタルトランスフォーメーションの案件にも携わっています。
例えば日本のグローバル大企業の案件では、これからのユーザーの動向や、テクノロジの動向を見据えながら、デジタルをどう活用するのかや、KPIをどのように設定するべきなのか、などを、3年後、5年後というスパンでお客様と一緒に考えることをしています。こちらは、どのような顧客体験を提供するべきなのか、などの比較的上流の領域での仕事になります。


Q2:仕事にやりがいを感じるのはどんな時ですか。

何よりも、「お客様のマーケティング部門の価値を高められたと」感じたときです。具体的にいうと、関わったプロジェクトに大きな予算がついたときは達成感を感じます。
こういうと聞こえはいいのですが、実際の業務は地道なことの積み重ねですし、毎日必死です。とにかく膨大なインプットを消化して何かアウトプットをしていかないといけません。
自力でアサインされたタスクを行い、マネージャーからのアウトプットに対する修正が僅かにとどまるとき(全くないということはこれまで一度もありません、笑)は、自分でもよくやったと正直感じますし、成長を実感します。
やりがいを感じるほどの余裕はないかもしれませんね。でも達成感は節目節目で感じていますよ。プロジェクトが終わるときの達成感は何物にも代えられません。


Q3:”BAのよさ”を教えてください

大阪の拠点でいうと、主体性をもって取り組むことが出来る環境があるということです。
大阪はまだまだ立ち上げフェーズであり、大阪オフィスをどのようにしていきたいのか、3年後の大阪オフィスがどうあるべきなのかを大阪チームで考え、ロジックがしっかりしていれば、チャレンジさせてくれる環境でもあります。
拠点を一から作ることは、考えるべきことが多く大変ではありますが、あまり経験できないことを経験できる機会は、自分自身の力になると思います。
自分が何かを言えばそれは実施が可能です。でも一方で何も言わなければチャンスはありません。
自分の意欲と会社の方向性が合致していることに対しては、裁量を与えてもらって自由にやらせてくれるのがいいところだと思っています。
社長もいつも大阪にきてくれる訳ではありません。こちらからボトムアップで意見を言っていくことが大切で、それを聞いてくれるカルチャーだと思います。まあロジックが通っていればですけどね・・・。

341926

アソシエイトコンサルタント

前職:BtoB事業会社でのオウンドメディアディレクター

”自分が提供できるバリューは何か”を常に自問しながら、お客様に向き合っていきたい

Q1:今のお仕事の内容を教えて下さい。

マーケティングオートメーション(MA)ツールであるMarketoの導入・活用関連の案件を中心に担当しています。
Marketoは数あるMAツールの中でも、自由度が高く多機能であることが特徴ですが、それ故に使いこなすには、ある程度の知識やスキルが必要とされます。そこで、機能の詳細説明や、実現したい施策の設計提案など、お客様の導入・活用を推進するためのコンサルティング業務を行っています。


Q2:入社時に”BA”を選んだ理由を教えてください

前職の事業会社では、自社サイトのPV数やお問い合わせ数向上のための、企画立案~実行~分析の業務をメインに行っておりました。
ある時、Webサイト運用代行の提案をした際に、先方の担当者様が「こんなことも出来るんですね」と喜んでくれた事が、事業会社からコンサルティング会社に転職する切っ掛けとなりました。自分たちの経験の提供が、お客様の役に立つ――その面白さに気づけた事が理由です。

しかし、転職活動を進める内に、時短勤務という条件でのクライアントワークは受け入れられないのではないかという不安が、コンサルティングをしたいという気持ちを段々上回り始めていました。
そんな頃に「時短であっても、その中でお客様に対してバリューを出してくれれば問題ない」という弊社代表・横山の考えを聞いて、この会社で是非働きたいと感じました。
実際に、弊社にはコンサルタント、バックオフィス関わらず時短で働く社員が在籍しているので、その安心感もあって、”BA”への入社を決意しました。


Q3:仕事と家庭の両立のために意識していることは何ですか?

最も意識していることは、上司や同僚に対する小まめな連絡・報告です。現在、週に1~2回、お客様先で作業をしていますが、子供の突然の発熱などでお休みを頂かなければいけないこともあります。
その際に、自分しかその仕事ができないといった状況を出来る限り作らないように、お客様から今どんな依頼を受けているのか、設計ロジックはどうなっているのか、などを適宜共有するようにしています。

また、家事の効率化に興味がある社員が多いので、おすすめ家電の情報はよく交換しています(笑)。今気になっているのは、イオンの冷凍ミールキットです。


Q4:将来のビジョン(キャリアプラン、夢など)を教えて下さい。

私はコンサルタントとしてまだまだ未熟な半人前なのですが、この仕事の最大の魅力を知っています。
それは、自分自身をアップデートさせることが、お客様の満足に繋がる事です。
サービスやプロダクトに依らず、自分の成長次第で、社会への貢献幅が広がるというのは、コンサルならではのやりがいだと考えています。

クリティカルシンキング、ファシリテーションスキル、Marketo知識、分析技術などなど……山ほど勉強することはありますが、今後も”自分が提供できるバリューは何か”を常に自問しながら、お客様に向き合っていきたいと思います。

341928

シニアマネージャー

オフィスマネージャー 兼 アソシエイトコンサルタント

前職:BtoBで採用・法務を中心にバックオフィス業務

どれだけ「自分のスキルが貢献できるか」というビジネス

Q1:今のお仕事の内容を教えて下さい。

AdminとDX Labを兼務しています。業務の概要をざっくり説明すると、Adminはバックオフィス担当、DX LabはDX関連のリサーチ・シンクタンク部隊です。

Labの業務は大きく分けると、①顧客に提案するための事前リサーチ、②案件にアサインされてリサーチャーやコンサルタントとして稼働、③社内外での情報発信、いわゆるシンクタンク機能の3つです。
事前リサーチでは、業界の標準データやユーザー属性など、基礎情報のリサーチが多いですが、案件にアサインされると、経営課題や背景などの戦略的な話やクラウドなどのテクニカルな分野のリサーチが多く、外部パートナーと協力することもあります。また、アサイン中はお客様の所に出向いて打合せに出席することも多いので、毎回緊張しながら臨んでいます(笑)

シンクタンク機能としては、ブログやコラムで社外への発信、案件中に出てきた疑問をFAQとして蓄積する業務などがあります。
どの仕事もコンサルタントとの連携が必須なので、定例会を開催するなどこまめに情報共有しています。


Q2:今のお仕事でやりがいを感じるのはどんな時ですか?

自分に力がついていることを感じるときです。

元々、採用・法務を中心に管理部門でキャリアを積んできたので、BAにはAdmin担当として入社しました。しかし、中途採用担当として様々な人の経歴を見るうちに、このまま管理部門のキャリアを積み続けるべきなのか、という迷いが生じていました。
実務的な事はほぼ一通り経験していたので、キャリアの頭打ち感というか、自分の最終形態が見えつつある事に不安を感じている、というのが近いですかね。キャリア転換するなら20代半ばがラストチャンスかな、という気持ちもありました。

そのような中でDX Labを兼務することになりました。アサイン当初は、リサーチャーやコンサルタントは未経験、経営戦略やDXの知識は皆無という0からのスタートでした。社内会議で使われる言葉が全然わからず、DX?CX?UX?全部親戚かな?みたいな状態でしたし、社内への情報共有も、どのような情報がコンサルタントにとって有益なのか全然判断が付きませんでした。

そのため、最初はひたすら経営戦略やコンサルやDX関連の情報を調べたり書籍を読んだりして基礎知識をつけました。最初の3か月間は、書籍だけでも平均して月に5-6冊は読んでいたと思います。
そのうち段々できる事が増えてきて、自然と業界用語を使うようになったり、仮説構築から情報を見つけられたり、自分のリサーチした内容でお客様の会議が盛り上がったり・・・ちょっとしたことで成長を感じられ、やる気に繋がります。

成長はしているものの、まだまだ駆け出しなのでたくさん学ぶことがありますし、上を見たら全く天井が見えないです。でも、それが面白いなと思いますね。


Q3:“BAのよさ”ってどのようなところだと思いますか?

少数精鋭ならではの、風通しのよさ・裁量の大きさ・やりたいことにチャレンジできることなどはいいところだと思います。

他社と違ういい所を挙げると、成果主義で、結果や頑張り次第で年齢にかかわらず認めてもらえるところです。DX Labにアサインされた経緯も、ポテンシャルを認めてもらえたからだと思っていますし、未経験ながらもLabで奮闘し成長している姿を評価してもらえていると感じています。
また、成果主義ではありますが、1回失敗したからと言ってチャンスをもらえないということは全くありません。日々信頼を積み重ねることが大事だと実感しています。

BAの企業文化的に、業務について細かく指示してほしいタイプだったり、仕事の中で自然と知識を身に着けることを望むタイプだったりすると、合わないかもしれません。世の中の最先端を行く業務なので、自己研鑽や知識のアップデートは必須だと感じます。
逆に、勉強を楽しいと感じる人だと、学ぶべきことが非常に多くてやりがいを感じるのではないかと思います。

この企業が募集している求人

After covid19 bottom

成長企業の求人を多数掲載!

成長意欲の高い方へ。Greenではそんなあなたにぴったりの求人を取り揃えています。

プロフィールをしっかり入力していたせいかたくさんのスカウトが届いて、その中の一社へ転職することができました。
システムエンジニア 28歳
他の転職サイトに比べて今話題の会社がたくさん載ってるなという印象です。成長意欲の高い人にはおすすめですね。
マーケティング 29歳
職歴のサンプルを編集してそのまま入力できるので、煩わしいプロフィール入力もストレスを感じなかった。
新規事業企画 30歳
スマフォサイトの求人情報も見やすく、機能が充実していて、私の転職活動はほぼスマフォで済みましたw
企画提案営業 26歳
メールでお知らせしてくれるおすすめ求人がすごくマッチしてました。毎回メールが来るたびにチェックしています(笑)
Webデザイナー 28歳
求人ページの下や応募完了ページなどに表示されるおすすめ求人の精度が高く、応募したい求人が多かったです。
プロジェクトマネージャー 32歳
×