お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 リッチメディアのPR

応募フォームへ

気になったらここをクリック!
企業からのオファーが来やすくなります。

閉じる

【UI/UXデザイナー】日本最大級のビューティー・ヘルスケアメディアのデザインを担当!

株式会社 リッチメディア 可能性を世界で最も開花させるヘルスケア&ビューティ―サービスへ

166832

株式会社リッチメディア
執行役員(営業部管掌)
中 友秀

アカウントプランナーのという仕事とその魅力

 ヘルスケア事業は、リッチメディアグループの大半の予算を抱えている基幹事業です。
今年6周年を迎えたリッチメディアは、成長スピードがとても速い。そして年々成長を重ねています。その最前線で戦うということは、大変難易度が高く、また、自分自身の変化対応も早くしないと対応できません。
 アカウントプランナーは「自社とお客様をつなぐ架け橋」という役割を担っています。つまり、お客様の理想を実現させるために存在しているのです。お客様の「こうしたい!」という理想、そして現実があります。その狭間にあるのが「課題」です。それを、リッチメディアが作り上げた独自技術とメディア力をもって解決するその瞬間、お客様の可能性は開花することが出来ると考えています。
 リッチメディアが有する「スキンケア大学」と「ヘルスケア大学」で、お客様がこれまで解決できずにいた課題を解消することができます。これは、これまで築き上げてきた「スキンケア大学」と「ヘルスケア大学」が、国内最大規模の美容健康メディアとして成長したからこそできることです。
Webでの情報発信だからこそできる事、その1つがユーザーの行動を分析・検証できることです。つまり、様々なケースのユーザーインサイト(本音)を発掘でき、ストックできるのです。
 インターネットの普及により消費者のライフスタイルと、情報取得の環境が一変しました。モノと情報に溢れ、個人のライフスタイルが多様化、複雑化するにつれ、悩みも比例して増えました。それに伴い、問題点が見えてきました。
 解決策をインターネットから取得する時の大きな問題点として「インターネット情報は、まだ信頼性が低く、多くの人から支持して貰えない」というのがあります。美容・健康は直接自分の身体に関わることなので、信憑性の高い情報でないと、ユーザーは手を出しません。これを解消すべく、ヘルスケア大学では、医師が全ての情報発信に責任を持ち、正確な情報を発信するように徹底しました。これによりユーザーから支持を頂けるようになりました。
 さらに、情報過多になり「自分が欲しているモノ、情報」がどこにあるか分からなくなっているユーザーがいることです。どのサイトを選んだら良いのか、分からないのですね。しかし、検索結果の上位に『医師が監修』のヘルスケア大学・スキンケア大学が出てきたら、迷子になっているユーザーは安心して選び、悩みを解消できます。
これにより、ユーザーが何に悩んでサイトに訪れたのかが検証・分析できるので、企業は自身の製品にマッチングする層を正確に見極められ、適切にアプローチすることができます。ユーザーインサイトのストックの多さがここで武器になるのです。
 これが大変重要なことで、この武器のおかげで我々は、クライアント企業の変革に携わることができるのです。
これまでTVなどのマスメディアが主流だったPR施策が、Webに移行して生じた弊害が「Web媒体でのPR施策の成功前例がない」という事です。そのため、大きく前進させるのがリスキーだ、と判断せざるをえないのが企業の悩みでした。
 リッチメディアはマスメディアとWebを分けずに、一気通貫で考えます。つまり、サイトで得たユーザーインサイトを使ってマスメディアでPR施策をすれば、企業の製品に限りなくマッチした層へのマーケティングができるのです。
「企業が探ることのできなかった情報をもって、新しい角度からの提案ができる」そんな企業の変革に携われるのがアカウントプランナーの醍醐味だと思います。

255909

宣伝会議12月号

宣伝会議12月号に「スキンケア大学」「ヘルスケア大学」が掲載されました!

マーケティング専門誌『宣伝会議』12月号に、リッチメディアが運営している「スキンケア大学」「ヘルスケア大学」が取り上げられました!
健康や美容に対する興味関心が強く、能動的に情報を得ようとする意識の高いユーザーが集まっている「スキンケア大学」「ヘルスケア大学」。その約8割は検索からの流入です。また検索ワード数は月間100万語にのぼります。この検索ワードは、リッチメディアにとって最も重要な資産となります。 このデータを活用し、悩みを持つユーザーとその解決法を知る専門家(医師)との間をつなぐのがリッチメディアの役目です。
今後は、検索ワードを含め、日々蓄積されるメディアデータの活用をさらに推し進め、企業のマーケティングや商品開発の支援に注力していきたいと思っています。
近年リッチメディアが取り組んでいることを社長室の丹羽がインタビューで答えました。
「宣伝会議」12月号の記事を是非ご覧ください!
http://mag.sendenkaigi.com/senden/201612/pickup/009297.php

応募フォームへ
Bnr sp354 10

成長企業の求人を多数掲載!

成長意欲の高い方へ。Greenではそんなあなたにぴったりの求人を取り揃えています。

プロフィールをしっかり入力していたせいかたくさんのスカウトが届いて、その中の一社へ転職することができました。
システムエンジニア 28歳
他の転職サイトに比べて今話題の会社がたくさん載ってるなという印象です。成長意欲の高い人にはおすすめですね。
マーケティング 29歳
職歴のサンプルを編集してそのまま入力できるので、煩わしいプロフィール入力もストレスを感じなかった。
新規事業企画 30歳
スマフォサイトの求人情報も見やすく、機能が充実していて、私の転職活動はほぼスマフォで済みましたw
企画提案営業 26歳
メールでお知らせしてくれるおすすめ求人がすごくマッチしてました。毎回メールが来るたびにチェックしています(笑)
Webデザイナー 28歳
求人ページの下や応募完了ページなどに表示されるおすすめ求人の精度が高く、応募したい求人が多かったです。
プロジェクトマネージャー 32歳
×
×

「話を聞いてみたい」を送信しました。

企業の担当者からメッセージが届いた場合、Greenのメッセージ画面にてお知らせいたします。
メッセージが届く可能性を高めるために、レジュメの充実をオススメ致します。

プロフィールを充実させる