お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

ロゴスウェア 株式会社のPR

ロゴスウェア 株式会社

社会に欠かせない教育×IT業界でさらなる飛躍!

85810

多くの経験を積むことができ、創造性を発揮することができ、自らの力で未来を切り開く可能性を感じることができるはず

【1】自社ブランド製品を開発 【2】テクノロジー・ベンチャー  【3】リーン&アジャイルな開発プロセス

ロゴスウェアでのプログラマーの仕事のやり方について説明します。

当社はソフトウェア製品の開発会社であり、
プログラマーはそれを作り出す最重要な職務を担います。
ロゴスウェアでは、プログラマーに多くのことを期待しているため、決して簡単で楽な仕事とはならないでしょう。
反面、多くの経験を積むことができ、創造性を発揮することができ、自らの力で未来を切り開く可能性を感じることができるはずです。


①自社ブランド製品を開発する
プログラマーの仕事も、受託請負開発と自社製品開発では仕事のやり方も求められる能力もまるで違います。そしてロゴスウェアでの仕事は「自社製品開発」になります。

受託開発プログラマーが体験するに違いない、元請会社からの無茶な要求、突然の仕様変更などの不条理な世界とは無縁です。しかし、全てを自分たちの責任で実行し、売れるか売れないかの結果を負わなければならない厳しさもあります。

受託開発であれば要求仕様は顧客から来ます。「どう作るか」だけに専念し「何を作るべきか」を考える必要はありません。
しかし製品開発プログラマーにとっては「何を作るべきか」を考えることも重要な仕事です。
これは難しいと同時に、とてもやりがいのある仕事です。


②テクノロジー・ベンチャー
製品開発なら何でも創造的なのかと言えば、決してそういうわけではありません。
規模の大きな会社であれば、ありきたりで平凡な製品を、規模の力で販売できるかもしれません。しかし、規模の小さなロゴスウェアにそのやり方は通用しません。

先進のテクノロジーを使って、独創的、革新的、破壊的なイノベーションを引き起こすことが求められています。

ロゴスウェアのプログラマーはその役割を期待されています。これも、とてもエキサイティングな仕事です。
誰も見たこともないような新しい何かを創造する仕事ほど面白いものはありません。


③リーン&アジャイルな開発プロセス
製品開発はチームで行われるものなので、チームとして動くためのプロセスと規律が欠かせません。しかし、ルールや規律で縛りすぎると、個人の独創性が失われます。
個人の自由と独創性を重んじながら、チームとしての規律を維持していく仕組みを作ることが重要です。
ロゴスウェア内では以下のようなプロセスを実践しています。

(POR)
ロゴスウェア内での製品開発スケジュールは、POR(Plan Of Record)と呼ばれるシートで管理されます。PORには、全製品、全バージョンの開発予定(α版、β版、ファイナル版の日付)が記述され、開発、テスト、マーケティング、セールスが同期を取りながら同時並行で業務を進めます。

(PRD)
開発する各製品、各バージョンの要求仕様を記載したものがPRD(Product Requirement Document)と呼ばれるドキュメントです。主な記載内容は、バリュープロポジション、ターゲットユーザー、解決したい用事、要求事項、解決策、などです。
一般で言われるPRDよりはかなり簡素化されたフォーマットになっており、アジャイル式に仮説・実装・検証を繰り返しながら開発を進めるスタイルを採っています。


(コンパスミーティング)
コンパスミーティングは、製品の大きな方向性を決定する必要がある時に不定期に開催されるミーティングです。
コンパスミーティングの目的は、目指すべき市場の選択肢が複数考えられるケースにおいて、それらに優先順位を付けることです。
意見を述べたい人は自由にプレゼンを出来ます。

85873

新しい機種が到着!製品が動くかどうかをさっそく試してみる。
製品開発プログラマーにとっては「何を作るべきか」を考えることも重要な仕事。
先進のテクノロジーを使って、独創的、革新的、破壊的なイノベーションを引き起こす。

ロゴスウェアスタッフが選ぶ、ロゴスウェアで働く理由7つ

1ビジョン
 会社としての明確なビジョンがあるから。
 自分のベクトルと一致しているか確認ができる。

2アイディア
 自分のアイディアで勝負できるから
 ”とにかくやってみるスタンス”が完全に浸透している。

3スピード
 すべてのスピードが速いから。
 意思決定も開発も制度運用もどんどん決まり、更新される。

4ものづくり
 開発会社なので、持続的開発に携わることができるから。
 自社開発した製品を、顧客とともに育てていける醍醐味。
 
5イノベーション
 真剣にイノベーションを求めることが出来るから
 仕事はいつもエキサイティング。新しいこと・新しい技術にチャレンジできる。

6モチベーション
 社員の意識が高いから。自発的学習の支援制度や風土がある。

7Win-win
 会社と社員がWin-win。自由とルールのバランスがちょうどいい。

85876

これからのグローバル時代を見据え、21世紀型スキルにフォーカス。会社として取り組んでいます。ロゴスウェアで働けば、それらのスキルを身につけることができます。

【社員教育】言語技術・クリティカルシンキング・新しいリーダーシップ

グローバル時代に対応するためのスキル習得を目指して、
ロゴスウェアでは読書議論型の勉強会を行っています。

特徴1 離れていても一緒に&同時に勉強会をしています

毎回の受講者数は、平均して10名前後。
東京オフィスやつくばオフィス、自宅勤務者など離れている社員全員をWeb会議システムでつなぎます。
参加者は時間になると、例えば、
社内に居る者は、オフィス内の会議室へ集まります。
自宅勤務者は、自分のノートPCからweb会議システムにログインしてPC越しに参加しています。
(使っているWEB会議システムはこちら)

特徴2 社長が全ての講義に参加しています。

石神社長はアドバイザー(社内の中ではゴッドファーザーといいます。)として加わっています。
連続型の講義のものは、トータルで10回以上にも及ぶのですが、
社長はそのすべてに出席しています。
参加する社員は、社長から直接コメントをもらえたり、社長はどう考えるのかを訊くとが出来たりします。

特徴3 読書”議論”型の研修スタイル

ロゴスウェアの勉強会には読書議論型というのがあります。
これは、いわゆる読書会とは全く異なるものです。
教材となる参考図書があるのですが、参加者はその本の指定された範囲をあらかじめ読んだうえで参加するのがルールです。
そして、読んで学んだことから生まれる「行動改善案」を参加者全員が発表します。
『理屈は分かった、じゃあ、どう行動に移せる?社内のどんなシーンで活用できそう?』といったことを、
参加者みんなで活発に意見を出し合います。
そうすることで、学んだことを勉強会終了した瞬間からさっそく行動に反映することができます。

86027

真のワークライフバランスを実現するために悪しき習慣を排除。適切な労働時間、高い有給消化率、そして離職率の低さ。テクノロジーベンチャーでありながら、働き方も効率的かつ持続的なやり方を模索。

ワークライフバランス

共働き世帯が増え、人の価値観も変わり、仕事以外にやらなければならないことが増えてきました。そのための十分な時間が取れないのでは充実した生活を送れません。

ある時間になったらチャイムが鳴って帰社を促すような子供じみたやり方では解決しないでしょう。なぜならば、それでは、勤務時間は短くなるかもしれませんが、成果を犠牲にしているからです。企業にとって成果を犠牲にするやり方が持続的で正しいやり方のわけがないからです。

ロゴスウェアでは、効率的に成果を出せる組織にすることによって真のワークライフバランス実現しようと努力を続けています。まだ完璧ではありません。しかし、着実に成果が出ています。下に示すように、適切な労働時間、高い有給休暇消化率を達成しており、それが低い離職率にも繋がっています。

平均残業時間 12.5時間 (厚生労働省調査より日本の平均は20.6 時間)
有給消化率 76.6% (厚生労働省調査より日本の平均は60.9 %)
離職率 7.7%  (厚生労働省調査より日本の平均は9.4 %)

100359

【LOGOSWARE BOOKIE】自己学習のために会社負担で書籍を購入することができる制度。新しい技術が次々に生まれてくる変化の激しい業界の中で、社員自らの学びへの好奇心を支援。すべての社員は、学びたい分野の書籍があればそれらを購入する権利を得ます。

為すべきことを自ら発見できるように

ロゴスウェアはソフトウェア製品を開発して販売しています。開発には、専門的な知識と高度な技能を要します。また、激しく変化する先の読みづらい市場を的確にとらえるには、マーケティングにも特別な能力が求められます。

必要とされる知識と技能が高度に発展したハイテク企業では、知識や技能においては上位マネジメント層より実務を担う一人ひとりの社員の方が熟知しており、より正しい手段の選択が出来るはずです。

何も知らない上司から、正しくない指示を細々とされることは気分が悪いばかりか、業績を悪化させます。「私の責任じゃありません。上司であるあなたの言う通り実行して失敗しただけです。」などと社員が心の中で呟くような環境で働きがいなど育つわけがありません。

ロゴスウェアでは、一人ひとりがミッションと目標を持ち、為すべきことを自ら発見できる職場環境を実現しようとしています。そのために、会社は全社的なミッション、目標、戦略を明確に示し、それに沿った行動を一人ひとりが取れるように支援します。

Bnr sp354 11

成長企業の求人を多数掲載!

成長意欲の高い方へ。Greenではそんなあなたにぴったりの求人を取り揃えています。

プロフィールをしっかり入力していたせいかたくさんのスカウトが届いて、その中の一社へ転職することができました。
システムエンジニア 28歳
他の転職サイトに比べて今話題の会社がたくさん載ってるなという印象です。成長意欲の高い人にはおすすめですね。
マーケティング 29歳
職歴のサンプルを編集してそのまま入力できるので、煩わしいプロフィール入力もストレスを感じなかった。
新規事業企画 30歳
スマフォサイトの求人情報も見やすく、機能が充実していて、私の転職活動はほぼスマフォで済みましたw
企画提案営業 26歳
メールでお知らせしてくれるおすすめ求人がすごくマッチしてました。毎回メールが来るたびにチェックしています(笑)
Webデザイナー 28歳
求人ページの下や応募完了ページなどに表示されるおすすめ求人の精度が高く、応募したい求人が多かったです。
プロジェクトマネージャー 32歳
×