お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

脳科学×AIで新しい医療検査サービスの開発を担うバックエンドエンジニア

気になる機能はより簡単に企業にアプローチできる機能です!

1. 会員登録のみで気になる機能が利用できます。必要な情報はメールアドレスとパスワードのみ。facebookでの登録も可能です。

2. あなたの「気になる!」が企業に通知されます。

3. 企業があなたのレジュメ(個人情報は非表示)を見て興味を示してくれた場合、「会いたい」メッセージを送ってくれます。
ただし、レジュメが完成していないとその可能性は著しく低くなりますので、先にレジュメを完成させておく事をお薦めします。
レジュメは全部で17項目あり最短3分で完成させることができます。

あなたの気持ちが固まっているなら今すぐ応募してみましょう!

1. 会員登録と同時にレジュメを作成することができます。
レジュメは全部で17項目あり、最短3分で完了!

2. 「応募」は「気になる!」と違って、応募時にメッセージ(必須)を送付できます。
メッセージで企業に対する思いや熱意、アピールポイントなどを伝えましょう。

3. 「応募」は企業に必ずレジュメ(個人情報は表示)を見てもらえて、必ず何かしらの連絡をもらえます。

#BLI_バックエンドエンジニア

脳科学×AIで新しい医療検査サービスの開発を担うバックエンドエンジニア

株式会社 Splink - “すべての人につながりを、その日まで”をビジョンに、脳科学の領域で医療AIソリューションを提供するテック・カンパニー

  • 400万円〜800万円
  • 東京都
  • SQL,Python,Scala,R,React,TypeScript,docker,PostgreSQL,kubernetes,Firebase,pandas,gcp,matplotlib

事業内容

◆医療機器プログラム開発および提供
Braineer®(薬事認可取得)
「Braineer®」シリーズは、複雑な脳疾患の検査・診断をより正確・簡易に行えるようサポートするためのソフトウェア医療機器です。脳の疾患は多くの種類があり特徴も多様な形であらわれるため、正確な診断には、画像診断、神経心理検査、生化学など多数の検査を行い、それを適切に解釈するための専門的な知見・経験が必要です。Splinkは、脳疾患専門の医師と協力して、様々な検査情報を用い、それらのより適切な解釈に役立つ情報を提示するためのアルゴリズムを開発、ソフトウェア医療機器「Braineer®」として提供しています。

◆医療AIソリューション開発および提供
「Brain Life Imaging®」シリーズは人々が自分の脳の健康状態を知る機会を提供するための脳画像解析SaaSです。「ブレインヘルスケア®」にとって重要なポイントの一つは、人々が脳の健康状態を適切なタイミングで把握し、健康を維持するためのアクションへと繋げられる機会があることですが、現実には脳健康を測定するサービスはあまり多く提供されていません。Splinkは、脳画像を受け取ってその健康状態を可視化するレポートを出力するSaaS「Brain Life Imaging®」を開発し、脳ドッグを実施している医療機関に検査メニューの一つとして使って頂くよう提供しています。
オンライン健康度測定プログラム「My Health Map®」開発
「My Health Map®」シリーズは、オンラインで簡易に受けられる検査を通じて人々の健康状態を定量・可視化するプロダクトです。脳の健康を含め、人の健康は、生活習慣やストレス・疲労の状態の影響を受けて長い時間をかけて少しずつ変化していくことが広く知られています。Splinkでは、国立研究機関の研究グループが開発したメンタル・フィジカルの総合的な健康度を定量化する手法をもとに、当研究グループと連携して「My Health Map®」としてのプロダクト化を進めています。「My Health Map®」は、Web問診やスマートウォッチのようなIoT機器などを入力として用い、人々が自らの生活習慣・行動から自然に健康度を把握することができることを目指して開発しています。

仕事内容

▼Splinkでの開発プロジェクト
①ソフトウェア医療機器「Braineer™」開発プロジェクト
②脳ドッグ用プログラム「Brain Life ImagingⓇ」開発プロジェクト
- 「Brain Life ImagingⓇ」シリーズは人々が自分の脳の健康状態を知る機会を提供するための脳画像解析SaaSです。”ブレインヘルスケア®”にとって重要なポイントの一つは、人々が脳の健康状態を適切なタイミングで把握し、健康を維持するためのアクションへと繋げられる機会があることですが、現実には脳健康を測定するサービスはあまり多く提供されていません。Splinkは、脳画像を受け取ってその健康状態を可視化するレポートを出力するSaaS「Brain Life Imaging®」を開発し、脳ドッグを実施している医療機関に検査メニューの一つとして使って頂くよう提供しています。
③オンライン健康度測定プログラム「My Health Map」開発プロジェクト

▼SplinkにおけるWebアプリケーションエンジニア(バックエンド)の役割・業務内容
●想定するプロジェクト
②脳ドッグ用プログラム「Brain Life Imaging®」開発プロジェクト
●このポジションのミッション
「Brain Life Imaging®」は人々が脳の健康に関する気付きを得られるよう、脳ドックの受診者に、弊社の解析技術をもとにした脳健康に関するレポートを提供します。このポジションのミッションは、R&Dチームが開発した技術を適切にパッケージングしてサービスとして提供し、ユーザーのリクエストに基づいて、解析タスクを適切に実行するシステムを構築することです。また、今後「Brain Life Imaging®」として提供する解析メニューは増やしていく予定であり、R&Dチーム側とどう連携するかも視野に入れてシステムを設計したく、この設計・開発のリードも担って頂きます。

●想定業務
・PO・PdMとともにユーザー・提携先からの要望ヒアリングならびに要件定義
・フロントエンドエンジニアと連携しAPIサーバーの設計・実装
・MLエンジニアと連携しバックエンドシステムへのMLモデルの搭載・運用
・GCPを用いた開発環境、ステージング、本番環境の設計・運用
・必要に応じてフロントエンドやモバイルアプリケーションなど他パートの開発の支援
 
●開発環境
・クラウドサービス:Google Cloud Platformをクラウド環境として用いています。主に利用しているサービスはCloud Run, Kubernetes Engine, Compute Engine, App Engine, Firebase, Cloud SQL, Big Query, Cloud Storageなど。
・デプロイ基盤:本番環境の運用は、Cloud Run、Kubernetesなどのコンテナベースのものや、App Engineなどのマネージドなホスティングサービスを主に用いています。
・OS:上記のように本番環境はコンテナなどを利用しているため、開発環境のOSについては自由に選択してください。
・ミドルウェア:運用環境としてDocker、Kubernetesなどのコンテナ関連のミドルウェア、データベスとしてはPostgreSQLを主に利用しています。
・主な使用言語・フレームワーク
・フロントエンド:Typescript, React, ReScript, rescript-react, Material UI, tailwindcss
・バックエンド:Scala, cats, http4s, doobie
・データ分析:Python, pytorch, numpy, scipy, pandas, matplotlib(統一していないためRやmatlabなど用いている人もいます)

企業・求人概要

募集背景 Splinkは会社のフェーズとして大きな転換期にあり、開発プロジェクトの体制も、少数のメンバーが複数のプロジェクトを掛け持ちしてスピーディに可能性を検証するものから、プロジェクトごとにチームを構成し成果を大きく伸ばすものへと変革しようとしています。これにあたって、開発プロジェクトごとに、プロダクトの今後を見据えた開発を担って頂ける方を募集しています。
概要 自ら創出した“ブレインヘルスケア”というキーワードをテーマに、医療AIソリューションを開発・提供しているテクノロジー・スタートアップ。Wellness、Brain Health、Medicalの3領域で4プロダクトをラインナップ。頭部MRIデータより脳の萎縮を定量・数値化し、臨床現場での医師の診断をサポートするAI医療機器等がある。
今後は、現状の“診断”“予防”から、さらに“治療”の領域としてアプリで治療するDTx(デジタルセラピューティクス)も視野に。
社員の30%以上が外国人。博士号取得者や弁理士をはじめ、大手企業で活躍した各分野のハイレベルなプロフェッショナル人材が集う。
この仕事で得られるもの ◎社会的貢献性の高さ
・成果が直接人を病気から救うことに繋がり、それが事業への貢献にも結びつくやりがいを感じられます。
・今後データベースを展開し、実生活上の多岐にわたる分野に革新をもたらすサービス開発も考えています。
◎企業とサービスと共に成長
・先端的な技術のキャッチアップが必要なので自分のスキルを高めることができます。
・また、チームの立ち上げフェーズの今参画することで開発しやすい環境の追究やチームメイクのスキルも培うことができます。
◎刺激の多い環境
・博士号を有すメンバーが多数在籍し、人工知能開発で長いキャリアを持つ者やデータベース研究の専門家など各領域に秀でたメンバーが集まっています。
・役員やビジネスサイドとエンジニアの距離が近く、製品開発にも積極的に意見を言えます。 

応募条件

ご登録いただくと、全ての求人の応募条件をご覧いただけます。 会員登録して詳細を確認する すでにアカウントをお持ちの方はこちら ログインして確認する

勤務・就業規定・その他情報

勤務地 【勤務地詳細】
東京都千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビルディング18階 

【アクセス】
虎ノ門駅徒歩7分 
待遇・福利厚生 ■社会保険完備
■固定残業手当(管理監督者を除く)
■通勤手当
■在宅勤務制度
■服装自由
■フレックスタイム制(コアタイム11:00~17:00、所定労働時間8時間)
休日/休暇 完全週休2日(土・日・祝日)、年次有給休暇
求人の特徴
  • 急募求人
  • 服装自由
  • 語学を活かす
気になる機能はより簡単に企業にアプローチできる機能です!

1. 会員登録のみで気になる機能が利用できます。必要な情報はメールアドレスとパスワードのみ。facebookでの登録も可能です。

2. あなたの「気になる!」が企業に通知されます。

3. 企業があなたのレジュメ(個人情報は非表示)を見て興味を示してくれた場合、「会いたい」メッセージを送ってくれます。
ただし、レジュメが完成していないとその可能性は著しく低くなりますので、先にレジュメを完成させておく事をお薦めします。
レジュメは全部で17項目あり最短3分で完成させることができます。

あなたの気持ちが固まっているなら今すぐ応募してみましょう!

1. 会員登録と同時にレジュメを作成することができます。
レジュメは全部で17項目あり、最短3分で完了!

2. 「応募」は「気になる!」と違って、応募時にメッセージ(必須)を送付できます。
メッセージで企業に対する思いや熱意、アピールポイントなどを伝えましょう。

3. 「応募」は企業に必ずレジュメ(個人情報は表示)を見てもらえて、必ず何かしらの連絡をもらえます。

410959

株式会社 Splink資本金1億円設立年月日2017年01月従業員数22人

“ブレインヘルスケア”をキーワードに高齢化社会における社会課題に取り組むテクノロジー・スタートアップの株式会社Splink。

認知症は症状が進行すると、自分自身、大事な人との”つながり”を認識できなくなり、ひいては喪失してしまうことがある。医療の発展による長寿化と共に、人類が直面している最も深刻な病の一つといえるだろう。脳卒中や心臓疾患のように突然重篤な状態に陥るものではなく、加齢や生...

×

システム開発(Web/オープン系)の求人、転職、中途採用に関する情報をお探しですか?

転職サイトGreenでは、株式会社 Splinkのシステム開発(Web/オープン系)に関する正社員求人、中途採用に関する情報を今後も幅広く紹介していく予定です。
会員登録いただくと、システム開発(Web/オープン系)に関する新着求人をはじめ、最新の転職マーケット情報、転職に役立つ情報などあなたにあった転職、求人情報をいち早くお届けします。 今すぐの人も、これからの人も。まずは転職サイトGreenで会員登録をオススメします。

×