お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

ウイングアーク1st 株式会社のインタビュー

応募フォームへ

気になったらここをクリック!
企業からのオファーが来やすくなります。

閉じる

お客様が業務を快適に行っていただく、GUIの世界をともに開発する仲間を募集中です!※フルリモート勤務※

ウイングアーク1st 株式会社 国内TOPシェアソフトウェアベンダー ウイングアーク1st株式会社

133819

代表取締役社長
田中 潤 氏

執行役員CTO
島澤 甲 氏

技術本部
MotionBoard 開発部 部長
舘原 啓介 氏

突き詰めた先に必ず何かがある。パッケージベンダーならではの手応え

―皆さんはいずれもSIerからの転職組とお聞きしましたが、SIerとパッケージベンダーの違いとはどのようなものでしょうか。

田中)Sierに求められるのは、お客様の要件を満たしたものを期日通りに仕上げることで、技術を極めたりとがらせたりする必要はありません。品質も要件も、時に妥協点があったとしても、そのお客様が納得さえすればオッケーです。一方でパッケージベンダーでは、もちろん期日があり、自分たちで決めた要件もありますが、それに沿って進めるなかで、その通りに作って出しても他社に勝っていないというときは、期日が迫ろうとも、それを乗り越え、さらに上を目指さないといけません。
でもそれは決して辛いことではありません。基本的にはチームで一丸となって乗り越えるべきものであり、メンバーの力を結集して上へ上へと、とことん突き詰める喜びがあるからです。しかも一度出したパッケージをバージョンアップするチャンスもある。SIerの場合は次の案件につながらなければ、「もっと良くすれば…」という思いも満たされないままに終わってしまいます。これが大きな違いだと思います。

舘原)ものづくりをする人は、やはり、いいものを作って多くの人に喜んでほしいと思うのが当たり前ですからね。根幹にあるのはその思いで、その上でお金がもらえればなおいいと。

その点、SIerは特定のお客様に向けての価値提供であり、自分なりに考えて「これはお客様にとっていいものだ」というアイデアがあっても、そのお客様がノーと言えば作れません。でもパッケージは、不特定のたくさんのお客様が対象なので、チームのみんなが納得さえすれば、そのアイデアを形にできる。その違いは大きいです。私がパッケージベンダーに来たのも、やはり自分から発信したい・自分が作り出したものを評価されたいという思いがあったからです。

島澤)SIをやっていると、アイデアがわく瞬間があるのです。お客様に言われたものを作ったけど「こうしたほうが、気が利いてる」、「これを突き詰めればおもしろいものができる」と。でもお金が増えないならば、ビジネスとしては、やる必要がないという判断になりますし、そもそも末端の立場で開発していると、お客様に働きかける機会もないでしょう。

でも私たちの開発は、突き詰めることができます。例えば速さは絶対的な正義なので、速さを突き詰めると今までできなかったことができるようになる。それまで1000人が同時にアクセスすると10分待たないといけなかったものが、数秒で反応が返ってくるようになったり。そうなると商品展開の可能性が一気に広がるわけです。突き詰めた先に必ず何かがある。それは、SIerにいたのでは感じられないおもしろさだと思います。

プログラマーはアーティスト。技術者を本当に大事にする社風

―実際、突き詰めて自分の技術を活かせたという場面はありましたか

島澤)『MotionBoard』の前身の『MotionChart』でのエピソードですが、入社してすぐに触ってみたら、何だかサクサク動かない。そこで描画部分を作り直してみようと思って、入社2日目にプロトタイプを作って、田中のところに持っていきました。そのときは確か、新バージョンの出荷が2週間後に迫っていたのですが、「速度が出るならそれに賭けるべきだ」というジャッジをいきなりされて、エンジンを差し替えて書き直すという事態に…。

田中)出荷直前にエンジンを全部書き直せと(笑)

島澤)しかも入社したての私が全面的に手がける。すごい話が来たぞと思いました(笑)。でも思い返せば入社早々、自分の技術を存分に活かすチャンスに恵まれたわけで、熱い経験ができました。

田中)普通に考えれば時期的にあり得なくても、例えば市場に出した後の顧客が得られる価値が倍以上違うなど、あまりに違うなら、やはりそちらに賭けたほうがいい。そのときは、速度が100倍ほども違ったのです。そうなると商品のインパクトがまったく違う。どんなに大変でも、そこは変えるという判断をするべきですよね。

島澤)それはそうですね。新人だと雑用的な部分から始まるイメージですが、当社は全く違かった(笑)。でも当社の場合、そうやって得た成功は、その社員のものだという発想も根付いていて、「これは自分が作り出した価値だ」と思える仕事の任され方をします。かといって丸投げではなく、会社として支援もするし、成功すれば取り上げてくれるし、そういう土壌があって、それをみんなで大事にしている点は、ウイングアーク1stの大きな魅力だと思いますね。

多くの会社で、技術者といえばプログラマーから始まり、お客様と折衝して金管理して…という方向にキャリアを積みますが、当社は「技術でメシを食うのを保証します」という考え方。そういう会社は本当に世の中に少ないですよね。それがアメリカと日本のソフトウェア産業の差につながっていると感じます。

舘原)そうですね。世の中では技術者、しかもプログラマーだとSEより軽く見られがちで、会社からも報われないということはよくありますが、当社は、技術者を本当に大事にします。

田中)60歳間近のプログラマーも普通に社内にいますからね。50代になってもどんどん新しいことにチャレンジしますし。

島澤)世の中ではSEやPM、さらにはコンサルタントなどが上位で、プログラマーというと下に見られがちですが、あれはくやしいですよね。プログラムって、昨日と同じコードを今日も書くということはなくて、私たちは毎日一品モノを作る高度な知的生産をやっているのです。お客様との折衝がうまいなども一つのバリューでしょうが、やはりプログラムのスキルに価値を見出さないと、ソフトウェアの会社としては伸びていくのは難しいと思います。

田中)技術者はアーティストと一緒だと思いますよ。世の中には製造機械と同じように考える人もいるかもしれませんが、まったく違う。同じパソコン、同じ素材、同じ環境で同じことをやっても、人によって別のものを生み出す。才能とセンスがすごく光る職業であり、これはアーティストそのものですよね。

自由とチーム一丸となってよいものを作ろうという空気が両立する社風

―入社して、働く場としてのウイングアーク1stは、どのように感じましたか。

舘原)中途で入った人がみんな、いい意味で唖然としますね。こんなに自由でいいのかと。みんなびっくりしています。自分のアイデアを口にすると必ず聞く耳を持ってくれて、「それをどう実現するのか」、「それはダメかもしれないけどこっちならイケるかもしれない」となる。内容はともかく、言うこと自体を止められることはないし、正しいと思ったことを、きちんと説明すれば実現できる環境だと思います。

田中)「正しい」の概念が間違っていると、方向転換することはありますが(笑)。一方で自由ではあっても、絶対に孤独な戦いはさせません。チームで成果を生もうという空気があることが当社のポイントだと思います。SIerにいると、下手するとたった一人の戦いになることもありますからね。

舘原)社風として、いいものを作ろうという風土があるんですよね。だから一人で頑張っていても勝手に人が寄ってくる。悩んで話していると、席の周りにどんどん人が集まって「じゃあみんなで解決しよう」、「これならあの人が詳しい」、「じゃあ聞いてみよう」、「解決しました、次いこう」と(笑)。突然ミーティングが始まることもしばしばです。

田中)一人でやるのが好きな人もいるかもしれませんが、その人一人が頑張るより、周りが入ってくれたほうが、もっと有用なものになるはずです。

舘原)もう一つ入って驚いたのは、これまでの会社だと周りと技術的に話が合わないというか、周りは、プロジェクトで必要だから、その目的達成のためにだけ技術を調べるという人が多かったのですが、ここではみんなが本当に色々なことを知っている。やはり製品を出すために、次に何をするかと考えるには、常に技術情報を仕入れていないといけないからですね。私も元々、調べるのが好きだったので、ここに来てやっと周りと満足のいく会話ができるようになりました。最近はむしろついていけないくらい(笑)。

田中)私たちマネジメント層も、1日8時間みっちり目の前の仕事をやれということではなく、時間ができたら新しいことを調べたり、さわったり、自由にやってほしいと思っています。これだけのメンバーがいると、自動的にアンテナも分散されます。普通、自分のアンテナに引っかかるものは見ているけど、それ以外の情報はわからない。でも違うアンテナを立てている同士で話をしていると、世の中の必要なことが大体そろうくらいのことがわかります。まさに集合知ですね。

舘原)自分で情報を集めると、他からも自然と集まりますね。

田中)そう。一石百鳥。

島澤)百鳥は言い過ぎ(笑)

舘原)まあでも、離れている情報でも、集まれば間が埋まることもあるので、百鳥は大げさでも、二鳥以上にはなっていますよね。

島澤)そうですね。そういう風土も含めて、中に入ってわかる空気の良さは、絶対にウイングアーク1stにはある。手前味噌だけど、開発をやるには本当にいい会社だと思います。

応募フォームへ
×
Dxsmall

成長企業の求人を多数掲載!

成長意欲の高い方へ。Greenではそんなあなたにぴったりの求人を取り揃えています。

プロフィールをしっかり入力していたせいかたくさんのスカウトが届いて、その中の一社へ転職することができました。
システムエンジニア 28歳
他の転職サイトに比べて今話題の会社がたくさん載ってるなという印象です。成長意欲の高い人にはおすすめですね。
マーケティング 29歳
職歴のサンプルを編集してそのまま入力できるので、煩わしいプロフィール入力もストレスを感じなかった。
新規事業企画 30歳
スマフォサイトの求人情報も見やすく、機能が充実していて、私の転職活動はほぼスマフォで済みましたw
企画提案営業 26歳
メールでお知らせしてくれるおすすめ求人がすごくマッチしてました。毎回メールが来るたびにチェックしています(笑)
Webデザイナー 28歳
求人ページの下や応募完了ページなどに表示されるおすすめ求人の精度が高く、応募したい求人が多かったです。
プロジェクトマネージャー 32歳
×