お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 Mobile Order Labのインタビュー

株式会社 Mobile Order Lab

オンライン注文の一元管理サービスを契機に、オンデマンドコマースのプラットフォームを目指す

430383

取締役CTO 中原 伶氏
モバイルゲーム等を手掛ける会社、写真・動画共有サイトの運営会社等を経て広告プラットフォームを開発・提供する会社で取締役CTOに就任。同時期に、株式会社Mobile Order Labの外部パートナーとしてサポートをスタートする。2018年9 月に他社に広告プラットフォームを開発・提供する会社をバイアウトした後、 2019年末に退任。2020年1月からMobile Order Labに正式ジョイン、取締役CTOに就任する。

様々な企業を経験された中原様が、エンジニアとしてのベースを築いたのはいつ頃ですか。

モバイルゲーム等を手掛ける会社と写真・動画共有サイトの運営会社に在籍していた頃だと思います。当時はソーシャルゲームが最もホットな時期でした。まだ学生だった私は、モバイルゲーム等を手掛ける会社のCS部門にアルバイトとして入ったのですが、「ソーシャルゲームの運用をやってみないか」と誘われて異動。思いきって学校を辞めて、仕事に専念することにしたのです。
その後、写真・動画共有サイトの運営会社に転職したのですが周りには優秀なエンジニアが沢山いました。本を読んだりネットで調べたり、休憩時間にはその方達に質問したりしてコードを書くと褒められるわけです。それが気持ち良かったので、指示を待たずにどんどん自分で仕事を進めていきました。いま思えば3年ほどの短期間に、知識や技術が身に付いただけではなく、「エンジニアはこうあるべき」という姿勢が確立されたのだと思います。

現在はMobile Order LabのCTOとして、どのようなことに取り組まれていますか。

実は少し前までは社内の若手エンジニアと2名体制で実務に携わり、コードも書きまくっていたのです。しかし、いつまでも私が現場の実務を続けていると、私の限界=会社の限界になりかねません。そこで私自身はマネジメント領域に軸足を置くことにしました。

現在、当社ではお客様から沢山のオファーを受け、『Ordee』と店舗のPOSを連携するプロジェクトを進めています。デリバリーから始まった当社のサービスを、イートイン向けシステムの開発に広げていけたら面白くなるでしょう。ただ、現在もレガシーなシステムをご利用されているお客様もおられ、当社がそのリプレースを手掛けるには資金が必要と予想されます。そのため当社では早い段階でのIPO(新規株式公開)を含めた資金調達を検討しています。会社として最短距離を進み、より多くのお客様のサクセスを実現させるためなら、開発実務を完全に退いてでもCTOとしてできることは全てやるつもりです。

一方で、エンジニアのモチベーションアップのために工夫されていることはありますか。

私も若手のエンジニアも飽きっぽいタイプなので、定期的に新しい技術に触れるようにしています。例えば新しい言語を開発に投下したい時。まずは普段のチャットでのやり取りで、「これ面白そうだよね」と前振りをします。ネガティブな反応はまず返ってこないので、早速実務に採り入れることにするのです。新しい管理画面を作るに当たり、新しい言語を使って進めることは珍しくありません。勉強や練習にしてしまうと、私でもやる気は起こりませんから、すぐ実務に投下して「学ばざるを得ない環境」を演出します。それは外部のパートナーさんに対しても同様ですが、ムチャぶりされて困りはしても、嫌がる人がいないというのは頼もしいですね。

私はMobile Order Labにジョインして以来このやり方を続け、技術をどんどん新陳代謝させています。1~2年後には、今使っている言語が「システムのどこにも見当たらない!」という可能性は十分にあります。

このような環境の中で活躍してほしい人物像を教えてください。

一言で言えば「素直な人」です。仕事には失敗が付き物。失敗した時に、何が良くなかったかを素直に見つめ、すぐに改善できる人であれば安心して仕事を任せられます。言い換えると、当社には失敗を許容する風土があるということです。1~2週に一度行っている1on1のミーティングでは、業務を振り返り、アドバイスやフィードバックをしています。失敗をしても、ポジティブな気持ちに切り替えてもらうための工夫は、上司である私が責任を持ってやります。なお、素直であることは、「しなくてもいい我慢はしない」ことにも繋がります。忍耐強さは美徳でありません。2~3回、同じケースで嫌な思いをしたら我慢をせず、根本を変えていくことが大切です。

今回の公募も、これからの当社の成長を考えた時、「私と若手エンジニアの2名体制では難しくなる」と判断した上でのこと。仕事のキツさを我慢するのではなく、変えていくことも仕事のうちです。

最後に、お忙しい日々の中でどのようにリフレッシュされているか、教えてください。

自宅ではフレンチブルドッグを2匹飼っています。妻と一緒に、ブル達と散歩することがリフレッシュに繋がっていますね。毎朝のミーティングにリモートで参加していると、ブル達が私の体に登ってきたり、背後を横切ったりするのですが、その様子を画面越しに見ている社員達が「すごく癒される」と言ってくれます。みんなのリフレッシュにもなっているかもしれません。

それから、ゲームですね。私はシミュレーション系が好きなのですが、ゲームをやりながらも「これはどうやって実装されているんだろう?」と考えたりしているので、厳密な意味でリフレッシュになっているかどうか分からないですね笑

成長企業の求人を多数掲載!

成長意欲の高い方へ。Greenではそんなあなたにぴったりの求人を取り揃えています。

プロフィールをしっかり入力していたせいかたくさんのスカウトが届いて、その中の一社へ転職することができました。
システムエンジニア 28歳
他の転職サイトに比べて今話題の会社がたくさん載ってるなという印象です。成長意欲の高い人にはおすすめですね。
マーケティング 29歳
職歴のサンプルを編集してそのまま入力できるので、煩わしいプロフィール入力もストレスを感じなかった。
新規事業企画 30歳
スマフォサイトの求人情報も見やすく、機能が充実していて、私の転職活動はほぼスマフォで済みましたw
企画提案営業 26歳
メールでお知らせしてくれるおすすめ求人がすごくマッチしてました。毎回メールが来るたびにチェックしています(笑)
Webデザイナー 28歳
求人ページの下や応募完了ページなどに表示されるおすすめ求人の精度が高く、応募したい求人が多かったです。
プロジェクトマネージャー 32歳
×