お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

朝日インタラクティブ 株式会社のインタビュー

朝日インタラクティブ 株式会社

Webメディアやソリューション事業を通じて情報技術の発展を担う「技術者」、「市場関係者」そして「利用者」を繋ぎます

397535

代表取締役社長
小関 路彦

読書とバンドに打ち込んだ高校時代

―― どのような幼少期を過ごされましたか?

出身は埼玉県の越谷市で、高校までは越谷で過ごしました。小学生の頃は、野球が大好きでしたね。地元の“ストロングナイン”という強そうな名前のチームに所属していたのですが、勝てるのは年に一回くらい(笑)。勝つと胴上げするほど盛り上がるようなチームで、ポジションはショート。平日は学校が終わると空き地に集まって野球をやっていました。巨人の原辰徳さんが好きで、野球中継のラジオをよく聞いていました。
中学校では個人競技に挑戦してみたいと思い、陸上部に入部。1500mや3000mといった長距離走を選び、ひたすら走っていました。その一方で、生徒会長もやりました。正面玄関に目安箱を設置して、生徒からの声を集めるということをしたのですが、見事に「校則をゆるくして欲しい」という意見ばかり(笑)。当時、いわゆるボンタンを履いたり、茶髪にしたりする生徒も多く、「守っていない校則をゆるくできると思いますか?」と全校集会で言った記憶があります(笑)。でも、そういうボンタンで登校するような友人たちとも仲良く過ごしていました。

―― 高校生活はいかがでしたか?

高校は、神奈川にある大学の付属高校に入ったため、越谷から毎日往復4時間かけて通学していました。移動時間は電車の中でひたすら読書。それがきっかけで、将来は活字に関わる仕事をしたいと思うようになりました。私の人生にとって、あの通学時間はとても重要な時間だったと思います。当時は生意気ながらに、いま勉強したことは大人になったら忘れてしまうだろうと思ったんです。でも、読んだ本は忘れないだろうと思い、勉強はせずに本ばかり読んでいました(笑)。

―― 当時読んだ本で、特に印象に残っている作品はありますか?

印象に残っているのは、有島武郎の『小さき者へ』。「人生を生きる以上 人生に深入りしないものは災いである」と書いてあって、まさに思春期で悩みも多かった時期だったからか、特に心に響いたことを覚えています。ほかには、『アルジャーノンに花束を』や村上春樹作品も印象深かったですね。文学作品を読むことが多く、例えば「新潮文庫の100冊」などはほとんど読みました。書店にパンフレットが置いてありますよね? あれをもらってきて、1冊読むごとにタイトルを消していくんです。読み終わると毎回、自作の読書ノートに感想文を書いていました。

―― それはすごいですね。ほかには何か打ち込んだことはありますか?

通学時間の関係で運動部に入れなかったので、友人とバンドを組んでいました。最初はボーカルやギターだったのですが、派手なアクションがどうも苦手で、途中からベースに転向しました。後ろのほうで演奏している縁の下の力持ち的なポジションのほうが、居心地が良かったんです(笑)。付属高校で受験勉強をする必要がなかった分、読書やバンドに打ち込むことができたのだと思います。

―― 大学生活についてもお聞かせください

大学ではバンドサークルに入りました。高校時代の仲間もそのまま同じサークルに入ったので、高校の延長という感じでしたね。大学構内にある練習場が夕方の6時から9時まで使えたので、みんなで練習をしてそのままご飯を食べに行き、よく麻雀もやっていました。サークルで代々受け継がれている立体駐車場のアルバイトや、塾の講師などもやりましたね。大学生活は、バンドとバイトと麻雀という仲間たちとの時間がほぼ占めていたと思います。勉強もそれなりにしていたかな(笑)。

念願の朝日新聞社出版局に入社

―― 新卒で朝日新聞社に入られましたが、就職活動はいかがでしたか?

実は就職浪人をしたため、大学は5年かけて卒業しました。当時はかなりの就職氷河期で、周りにも就職浪人組が多かったんです。内定をいただいた会社はあったのですが、希望していた出版社や新聞社には入れず、やはり活字に関わる仕事をしたいという気持ちが強かったため、悩んだ末に就職浪人を選びました。その理由として、一年目の就活の終わり頃に手ごたえを感じてきたことも大きいですね。初年度は編集部門ばかりを受けて落ちてしまったのですが、自分は営業のほうが向いていると感じ、二年目は営業部門を受けたんです。その結果、早々に朝日新聞社の出版営業職での内定をもらうことができ、入社を決めました。

―― 入社後はどのような仕事を担当しましたか?

入社後はまず取次営業を担当しました。書店に本を届けてくれる販売会社への営業ですね。その後は、書店営業を担当し、書店回りを経験しました。新刊の案内をし、既刊の追加注文を取り、さらに書店員さんに他社のどんな本が売れているかを聞いて編集部にフィードバックするのですが、本好きな私にとっては本当に楽しい仕事でした。全国の書店を回るため、地方への出張も多いのですが、出版業界は横の繋がりが深いので、別の出版社の方や書店の方と会食する機会も多いんですね。他社の営業担当の方が、書店の方を紹介してくれることもありましたし、自社の新入社員だけでなく、他社の新人もみんなで育てるような文化もありました。少し独特な文化もしれませんが、そこで人との接し方を学ぶことができたと思います。
出版販売部で5年ほど過ごした後、書籍編集部に異動し、ベテランの編集者と一緒に永六輔さんや瀬戸内寂聴さんの担当もさせてもらいました。それまでとはまったくの別世界で、永六輔さんから年賀状をいただいて、「本、楽しみにしています」と書かれているのを見た時は感動しましたね。

―― テレビ局への出向も経験されたと伺いました

編集部に入って1年ほど経った時に、朝日新聞社とテレビ朝日のコラボ商品を出版するというミッションで、テレビ朝日に出向しました。手がけたのは、人気ドラマ『相棒』のノベライズと『世界の車窓から』のDVDブック。相棒はちょうど翌年の映画化が決定した頃です。どちらも人気番組のシリーズ作品でしたので、とても貴重な体験をすることができました。1年半くらい経った頃、私がいた出版局が朝日新聞社から分社化する見通しとなり、そのタイミングで出版局に戻り、デジタル・ライツ部に配属となりました。

紙の世界からデジタル領域へ

―― デジタル・ライツ部はどのようなことを手掛ける部署になりますか?

ひとつは文字通りのデジタル出版で、DVDブックなどを発行していました。もうひとつは、自分たちの出版の資産を、自社以外で活用する権利ビジネスを行っていました。日本で出したパートワーク(分冊百科)の出版権を海外に販売したり、インターネット百科事典『コトバンク』などのデジタルビジネスを手掛けたりしていました。
その後は新聞社のデジタル部門に異動になり、KDDI、テレビ朝日との3社で組んだニュースサービス『EZニュースEX』の立ち上げに携わりました。当時はまだフィーチャーフォン、いわゆるガラケーの時代で、auユーザーにはデフォルトで出てくるニュースサービスですね。ニュースがメインなのですが、出版のコンテンツも必要だろうということで、出版出身の私がアサインされたと記憶しています。

―― そこからはずっとデジタル領域を歩んでこられたそうですね

はい。EZニュースEXの立ち上げ後に、電子書籍事業が立ち上がり、ソニー、KDDI、凸版印刷との合弁で、電子書籍配信会社の『ブックリスタ』が設立され、そこで初めて電子書籍に携わりました。
2013年からはデジタル部門の営業部隊に配属になり、『朝日新聞デジタル』の営業担当となりました。法人営業チームに属し、企業とのアライアンスで読者を増やす、いわゆるBtoBtoC(B2B2C)をメインに担当しました。一方で、ニュースの外部配信にも携わりました。放送局、デジタルサイネージ、ニュースポータルなど、朝日新聞のニュースを自社以外の場所に提供する仕事です。スマートフォンの普及とともにニュースアプリの競争が激しくなり、次々と配信先が増えていきました。配信先によって記事の読まれ方が異なるため、日々のデータ分析も行っていました。

―― 本が好きで出版局に入られた中で、デジタル領域への転向についてはどのように感じられていますか?

そうですね。朝日新聞に入ったのは、先ほどから話した通り、活字が好きだったからです。ただ、世の中の流れがデジタル化していく中で、紙の難しさは肌で感じていました。当時は、デジタル領域に関してはわりと権限が移譲されていて、プランから決定までに時間がかからなかったことに、仕事のしやすさを感じていました。また毎日のように世の中のテクノロジー情報がアップデートされていましたから、メンバー間で「この技術でなにができるかな?」と話し合うのも楽しかったですし、先進的な取り組みをしていることのおもしろさも感じていました。
デジタルの将来性と可能性を見出したいと思っている中で、いまから3年前に朝日インタラクティブに取締役としての着任が決まりました。元々とても気になっていた会社だったので、念願かなっての異動でした。

オールドメディアからインターネットメディアへ

―― 朝日インタラクティブに興味を持ったきっかけを教えてください

私が電子書籍を担当している時に、先輩が朝日インタラクティブの取締役を務めていて、その方からよく事業やマネジメントの話を聞いていたんです。話を聞く中で、同じメディア企業でもこんなにも環境が違うものかと思いましたし、会社も勢いがあって面白そうだなと思ったのが、最初に興味を持ったきっかけです。
また、私自身はこれまで伝統的なメディアから派生したウェブメディアの経験はしましたが、純粋なインターネットメディアを経験したことはありませんでした。そういった人たちの戦略や考え方に興味もあり、インターネットメディアに飛び込んでみたいという思いにつながりました。

―― 朝日インタラクティブにジョイン後は、どのような仕事を担当されたのでしょうか?

最初は事業企画担当として着任しました。ミッションは2つあり、メディア事業を横断的に束ねるサイト戦略チームの統括と、新規事業の立ち上げです。
新規事業のほうは、昨年、アイディアコンテストを全社で実施し、社員の投票によって選んだ3つのテーマの事業計画を立てています。その中のひとつは、今年度中には運用を開始する予定で、残りの二つも事業化の見込みが立てば進めていくことになっています。なぜ新規事業が必要なのかということも社員に説明し、募集から決定のプロセスもすべて開示しました。経営的な目線としても、この会社は新しいことにチャレンジしていくというメッセージ、ここで新しいことが生まれていくということを伝えていきたいと思います。

―― 代表取締役社長に任命された時のお気持ちを聞かせてください

とにかく驚きましたね。通常は3年くらいで戻ることが多いので、そろそろ戻るのかなと。でも、できることなら引き続き朝日インタラクティブで仕事を続けたいと思っていて、その意向は伝えていたんです。とはいえ、自分が社長になるとは思っていなかったので、話を受けたときは、まさか…!と思いました。正直怖気づきました(笑)。あまりに突然で心の準備ができていなかったですし、そんな器ではないと思っていましたので。
ただ、自分がこれまでメンバーに新しいポストを任せる時はいつも、「あなたならできます。大丈夫です」と言っていました。それを言っていた自分が「できません」とは言えないなと(笑)。ここに長くいたいと言っているのに、新しいことはやりたくないと言うのも辻褄が合いませんし、改めて考えてみると、業績も良く、尊敬できるメンバーたちに恵まれて、自分はものすごく幸せな環境にいる。これは清水の舞台から飛び降りるつもりで頑張るしかない!と決意しました。

会社の原動力は、新しいことへのチャレンジ精神

―― 改めてどのような会社にしていきたいとお考えか、今後の展望をお願いします

社長として最も力を入れたいのは、いかに社員のモチベーションを高く維持できるか、この会社で働くことで満足感を得てもらえるか、というところです。働き方が多様化している中で、我が社も率先して多様化を進め、社員が成長できる仕組みを作っていきたい。具体的には評価制度の見直しや資格支援制度など、社員の能力をより伸ばしていく仕組みをしっかりと整えていきたいと考えているところです。
新規事業は、百発百中で当たるものではないので、芽が出たものには投資をし、出ないものはだらだらと続けない決断も求められていくと思います。まだまだこの人数なので、あまり走らせるとみんなが疲弊してしまう、そのバランスも難しい。いまのところ、新規事業も本来の業務との兼務で頑張ってもらっているので、これから人を増やして力を入れていきたいと考えています。
幸いこの二年、売上は好調に推移しているので、この体制を維持できるようにしていきたいですね。コロナ禍で企業のマーケティングがオンラインにシフトし、一気にビジネス系オンラインメディアが注目されてきたという流れがあり、ニーズの高まりを実感しているところです。

―― ソリューション事業についてもお聞かせいただけますか?

我が社の強みはまさしく自社でメディアを運営していること。メディア事業として、CNET Japan、ZDNet Japan、TechRepublic Japanの3つのIT情報サイトと、国際ニュースのCNN.co.jp、鉄道ファン向けの鉄道コムという5つのメディアを運営しながら、そのノウハウをもとに、ウェブサイトやアプリの制作、システム構築などのソリューションをクライアントさんに惜しみなく提供しているのがソリューション事業です。世の中に次々と新しい技術が出てきて、革新的な見せ方が出てきている中で、我々も世の中をあっと言わせるような面白いサイトを作ることのできる会社になっていきたいですし、そういう志のある方にぜひジョインしていただきたいなと思います。

―― 最後に、朝日インタラクティブを志望する候補者の方たちへのメッセージをお願いします

我が社の企業風土としては、新しいことが好きで、先見の明を持っているメンバーが多いんです。常に一歩先を見て、世の中の動きに対する感度を巡らせていて、チャレンジ精神がある、それが会社の原動力にもなっています。ですので、現状に満足することなく、楽しみながら新しいことにチャレンジできる方がいいですね。また、チャレンジする中で壁にぶつかった時、その壁に立ち向かうことのできる方、壁を乗り越える工夫のできる方と一緒に働きたいと思います。困った時に相談に乗ったり、助言したりしてくれる上司も同僚もいる、助け合う土壌はありますので、そこは心配せずに入ってきてくれると嬉しいなと思います。

成長企業の求人を多数掲載!

成長意欲の高い方へ。Greenではそんなあなたにぴったりの求人を取り揃えています。

プロフィールをしっかり入力していたせいかたくさんのスカウトが届いて、その中の一社へ転職することができました。
システムエンジニア 28歳
他の転職サイトに比べて今話題の会社がたくさん載ってるなという印象です。成長意欲の高い人にはおすすめですね。
マーケティング 29歳
職歴のサンプルを編集してそのまま入力できるので、煩わしいプロフィール入力もストレスを感じなかった。
新規事業企画 30歳
スマフォサイトの求人情報も見やすく、機能が充実していて、私の転職活動はほぼスマフォで済みましたw
企画提案営業 26歳
メールでお知らせしてくれるおすすめ求人がすごくマッチしてました。毎回メールが来るたびにチェックしています(笑)
Webデザイナー 28歳
求人ページの下や応募完了ページなどに表示されるおすすめ求人の精度が高く、応募したい求人が多かったです。
プロジェクトマネージャー 32歳
×