お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 KUNOのインタビュー

株式会社 KUNO

AI開発の「専門性」とビジネス実装の「汎用性」を掛け合わせたシステムインテグレーター

398457

代表取締役社長 佐藤 傑氏

1974年、新潟県生まれ。
明治大学理工学部を中退後、フリーエンジニアとして活動。2009年3月にAndroid研究会『Kunoichi』を立ち上げ、同年10月にアスカ・クリエイション株式会社に入社し、執行役員に就任。その後、数社を経て2014年8月に株式会社KUNOを設立。
2019年4月に長岡市AIイノベーション・ハブのオブザーバーに就任。新潟県庁や長岡市役所などと連携し地方創生に注力。

株式会社KUNOを設立した経緯を教えてください。

話は15年ほど前にさかのぼります。当時の私は、勤めていた会社の執行役員として、スマートフォンの開発を手がけていました。まだ多くの人がいわゆる「ガラケー」を使っていた頃です。スマートフォン関連の事業はとても目立っていたためか、別の会社にM&Aで買収されました。と同時に、私の裁量で新しいことはできなくなってしまったのです。そうこうしているうちに、スマートフォン自体が珍しいものではなくなっていきました。

そもそも新しいものが好きな私は、「この機会に会社を飛び出して、自分で何か新しいことを始めよう」と起業を決意。かつてフリーエンジニア時代に立ち上げたAndroid研究会『KUNOICHI』を母体に、株式会社KUNOを設立したわけです。メンバーは私を含め2名、取引先はほぼゼロから開拓し直しでしたが、好きなことを自由にやれるようになったので、大変とは思いませんでしたね。

「Happy-Happy」をビジョンに掲げているのは何故でしょうか。

「世の中をハッピーにして、自分もハッピーになりたい」という私の思いがベースにあります。「Win-Win」という言葉をよく耳にすると思います。あくまで私個人の印象ですが、この言葉は「儲ける-儲ける」という意味合いになるので、あまり魅力的ではありません。

ユーザー、顧客、パートナー、社員などKUNOに関わるすべての人々と、KUNOの双方がハッピーな関係を築いていきたいのです。「TFUG」(TensorFlow User Group)の運営、JDLA(日本ディープラーニング協会)の活動、このあと紹介する長岡(新潟県)での活動も、根幹にはこの思いがあります。

また、一時的に無理をするのではなく、じっくりお付き合いをすることで、永続的な関係を続けていきたいとの思いもあります。このような理由から、「Happy-Happy」というビジョンを掲げ、日々の仕事でもこの言葉を意識するようにしています。

長岡での活動について教えていただけますか。

私は18歳のとき、生まれ育った長岡を離れて上京し、その後40歳で株式会社KUNOを設立しました。実は設立当初から、生まれ故郷の長岡への思いが強く、自分を育ててくれた長岡に、いつか恩返しがしたいと考えていました。

そうした中で、長岡での事業を展開している東京の企業と知り合いました。その企業の紹介で、長岡のAIイノベーション・ハブにオブザーバーとして参加。これがきっかけとなり、長岡で「TFUG」や「Data Discovery Workshop」などのイベントを開催したり、長岡技術科学大学からのインターンを当社のオフィス(東京)に迎えたりしながら、しだいに長岡での活動範囲を広げていきました。

子どもの頃からの夢だった、「長岡まつり大花火大会」のスポンサーになれたときは嬉しかったですね。社員旅行で長岡に行き、社員と花火を見上げたことも良い思い出です。

2020年には長岡に拠点を構えました。その決断について教えてください。

先ほどふれた「長岡への恩返し」ということが、長岡に拠点を構えた第一の理由です。もう一つは、長岡の素晴らしさを世の中へ発信したい、との思いからです。

2020年に実行に移した理由は、新型コロナウイルスの影響により、リモートワーク導入が加速したことが挙げられます。リモートワークがさらに進めば、仕事ではなく遊びやプライベートを基準に住む場所を選ぶ時代がやってくる。そう感じました。

東京一極集中に対する懸念はずっと叫ばれていましたが、リモートワークの一般化は、地方創生を加速させる上で好機となるはずです。長岡に拠点を構えるのであれば、今このタイミングが最適だと考えました。

長岡での活動を通してわかったのは、「新潟のビジネスパーソンは強い熱意と高い協調性を備えている」ということ。私は、こうした方々によるビジネスコミュニティによって、新潟の発展は駆動されると確信しています。そのことを世の中に発信したいのです。

最後に、何故そこまで頑張れるのか、モチベーションの源を教えてください。

この仕事が好きだから、情熱を持って取り組めるのだと思います。好きなことを仕事にして、継続することが一番大事ではないでしょうか。

どんな企業、どんなビジネスでも浮き沈みはつきものですが、“沈み”の期間に継続できるかどうかは、結局その仕事が好きであるかどうか?にかかっています。私が知る限り、成功している人はどんなに沈んでも、批判されても、飽きずに継続している人がほとんどです。とにかく誰にも負けないくらい「私はそれが好きです!」と言い切れることが大切ですね。私自身も、好きなことだから今まで継続できましたし、長岡への進出という長年の夢も果たせました。

代表という立場からもう一つ付け加えると、「Happy-Happy」というビジョンも私を奮い立たせてくれます。私自身がこのビジョンをブレずに掲げ続けることが、社員が迷わず頑張れる源になっていると思います。

この企業が募集している求人

成長企業の求人を多数掲載!

成長意欲の高い方へ。Greenではそんなあなたにぴったりの求人を取り揃えています。

プロフィールをしっかり入力していたせいかたくさんのスカウトが届いて、その中の一社へ転職することができました。
システムエンジニア 28歳
他の転職サイトに比べて今話題の会社がたくさん載ってるなという印象です。成長意欲の高い人にはおすすめですね。
マーケティング 29歳
職歴のサンプルを編集してそのまま入力できるので、煩わしいプロフィール入力もストレスを感じなかった。
新規事業企画 30歳
スマフォサイトの求人情報も見やすく、機能が充実していて、私の転職活動はほぼスマフォで済みましたw
企画提案営業 26歳
メールでお知らせしてくれるおすすめ求人がすごくマッチしてました。毎回メールが来るたびにチェックしています(笑)
Webデザイナー 28歳
求人ページの下や応募完了ページなどに表示されるおすすめ求人の精度が高く、応募したい求人が多かったです。
プロジェクトマネージャー 32歳
×