お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 ゆめみのインタビュー

応募フォームへ

気になったらここをクリック!
企業からのオファーが来やすくなります。

閉じる

【リード・フロントエンドエンジニア】◆リモートワークOK◆アジャイル組織の中で一緒に成長できる仲間を募集!

株式会社 ゆめみ 「自由」と「成長」が入り交じる環境が魅力!次世代のIT産業を担う成長企業

301222

代表取締役 片岡 俊行氏

京都大学大学院情報学研究科在学中の1998年、国内最大のチャットポータルサイト『ゆめみ亭』を個人で立ち上げ、100万人規模のサービスに育てる。2000年1月、研究室の仲間と共に株式会社ゆめみを設立。『ゆめみ亭』で培ったノウハウや、デジタルマーケティング領域の高い技術力を活かして、法人向けにソリューションを提供し、現在に至るまで右肩上がりの成長を続ける。

日頃意識していることや、掲げている行動指針などはありますか。

自分に対して、常に意識していることは2つあります。

1つは、自分の考えには必ず誤りがあるということ。それが唯一、誤りのない考えでもあります。そしてもう1つは、「Think Beautiful」という判断軸。この「美しい」というのは、本来の目的にきちんと沿っている状態です。自分の考えには常に誤りがあると自覚しながら、常に本来の目的を的確に捉えるように意識しています。

例えば、多くの企業で実施している新卒研修。新入社員でチームを組んで社内ツールなどを企画、設計、開発して発表するというカリキュラムが多いかと思います。定期的に先輩たちのフィードバックを受けながら、苦労を乗り越え、チームで成果物を作りあげるといったイメージでしょうか。実を言うと、我々も数年前まではこのような研修をやっていました。

これは一見すると良い研修のようにも見えますが、実は、新人たちが「チームでプロジェクトを進行するのって難しいな」と発見しただけ。本来、研修というのは先輩や企業が持っている「失敗しないやり方」を反復して、無意識のうちに再現可能な形で習得させることが趣旨であるはずです。であれば、「発見」しかないこの研修は目的に沿っていません。時間の無駄使い=命の無駄使いだと言えるでしょう。

時間には限りがあるからこそ、社員のためにも、自分のためにも、僕は「Think Beautiful」を基準にすることを決めました。もちろん必ず正解にたどり着くとは限りませんが、常に「一人一人が命の無駄使いをしないためにどうしたらいいか」と徹底的に考え抜くことが大事だと思っています。

具体的には、どのように接しているのでしょうか。

発達心理学をベースにしたアプローチに取り組んでいます。

チャットなどでのコミュニケーションが全盛になる中、昔のような叱咤激励しながら伸ばすスタイルは、現代では難しくなってきていると言えるでしょう。ただし、両親が子供を叱るように、「あなたのことを愛しているから、厳しく叱っているのだ」という文脈を前提として共有できていれば、パワハラではない、学びのある叱咤激励になると考えています。

そのため、社内でそのような文脈・仕組みを、発達心理学や脳科学に基づいて設計しています。人間はみな短命なので、いかに「命の無駄使い」をせず、自分の価値を発揮できるかという観点で、色々な制度も構成しているのです。

なぜ、そのような手の込んだことをするかと言うと、20年先の日本では、IT産業は接客業になると考えているからです。エンジニアは究極の接客パーソンとなり、お客様や社内の人と接するには、「この人はどう感じているか」と察しながら行動することが重要になるでしょう。

でも、それは従来のエンジニアの文化とは相いれず、苦手意識を持ちがちです。それができるように、エンジニアリング的な発想で取り組んでいるのです。機微にあふれた立ち振る舞いは、発達心理学や脳科学に基づけば再現可能な技術であると捉えて、諦めずに取り組んでいきたいと考えています。

20年後、技術がコモデティ化してエンジニアが接客パーソンになる時代に生き残っていけるように。このような成長する環境づくりを、「Think Beautiful」に基づいて進めていきます。

最後にこれから入社する人に、選考の考え方も含めてメッセージをお願いします。

「命の無駄使いをしない」という考えは、採用・選考に対しても同じです。会社説明やFAQは動画や音声、テキストに移行して、会う時はお互いの学びの場にしたい。だから、従来型の「面接」はなくそうと思います。社内もそう。社長が訓辞を垂れるような全社総会や会議的なものはありません。全社で集まるときは、みんなの学びとなるような話をしています。そのほうが、それぞれが自分と向き合うきっかけになるからです。

選考の場で伝えたいのは、もし、今まで不器用な人生を生きてきたとしても、ゆめみという生態系の中でなら自分なりに合った居場所があり、そこで時間をかけながらより大きく羽ばたいていける可能性がある。だからそれを見つけてほしい―ということ。逆にそのような、人生の妨げになっているものがなく、既に天才的に何でもできる人は、ゆめみに来る必要はないかもしれません。自分で事業を起こすなり、自由に羽ばたけばいいと思います。

やはり、ゆめみは成長する理由がある人に来てもらうと意味があるのではないでしょうか。成長環境が、ゆめみの唯一で最大の魅力だと思います。これから仲間になる人には、ゆめみで、「成長する理由」を見つけられることを期待しています。

起業した経緯を教えてください。

2000年に、大学院の研究室の同級生と一緒にゆめみを立ち上げました。ネットバブルの時期で、「インターネットの技術を使って何か世の中に貢献したい」、「研究ではなくビジネスの方向に行きたい」と考えたのです。最初は自社サービスと法人向けの事業が半々くらい。学生ベンチャーだったので、全員会社勤めの経験がありません。人脈もないなかで、少しずつ地道にやっていました。そのうちに、パートナー企業と共同で運営していた女性向けのモバイルのポータルサイトが、大規模なサービスに育ちました。そのモバイルインターネットのノウハウを企業に提供し、徐々に仕事も増えていきました。

転機は、2008年に日本マクドナルドさんのインターネットサービスをやるようになったこと。その頃、企業にとって、リアルとインターネットを連携させたサービスが非常に重要になっていました。そのようなトレンドに、日本マクドナルドさんでの実績や培ったノウハウがはまり、様々な大手企業のお客様との取引が広がっていきました。Web系やモバイルインターネットのノウハウを持ちながら、企業向けに質の高いソリューションを提供できる会社が、世の中に少なかったということも、うまく時流に乗れた理由だと思います。

今後のお話も聞かせてください。中期的には1000人体制と世界展開を目指すとか…

ゆめみが期待されている方向性は、より多くのお客様のために"質の高いサービス"を作ることだと思います。中期ビジョンとして掲げている「1億MAU」を実現するには、最低でも社員は1000人必要です。でも1000人に増えたとき、ゆめみの強みである柔軟性や迅速性が失われたり、組織が硬直化したりしたら意味がありません。やり方を標準化すると「ゆめみらしさ」がなくなってしまうし、逆に「どんどん勝手にやっていいよ」では、人依存になって、品質にバラつきが出ます。

これまでは、品質と迅速性の両立の難しさから、あまり人を増やすつもりはありませんでした。でも外部からの期待に応えようとするならば、一生懸命やり方を考えて、1000人になるしかない。そこで今、大胆な組織変更や制度作りに取り組み、「これなら1000人になっても、お客様の期待に応えられる組織でいられるのでは」という形ができてきたところです。

実際に「毎月1億人が使うサービス」を目指すにあたり、我々は2方向で進めていこうと考えています。1つは、世界に目を向けること。元々、創業時から日本発・世界のインターネットサービスを目標に掲げていました。実現に向けて、ちょうど今、オランダに拠点ができたところです。オランダは技術的な規制もなく、様々な新しいサービスが生まれる国。ヨーロッパのハブでもあり、我々もここからヨーロッパを中心に世界へと展開していきます。

そしてもう1つの方向は、スマートフォンだけでなく、これから出てくる新たなデバイスにも目を向けていくこと。ちょうどモバイルインターネットが出て20年。我々はモバイルに特化して創業し、今はスマホファーストになり、次はスマートフォンではないデバイスに、いち早く取り組む気概でいます。

毎月1億人、その先は2億人が使うサービスを目指すとなると、今とは違う次元に到達しなければいけません。ゆめみが創業20周年を迎える2020年以降、次の20年は、今とはまったく違うゆめみになっていくつもりです。組織も成長し、新たなデバイスで、世界を舞台に戦っていきます。

応募フォームへ

この企業が募集している求人

×
Bnr sp354 11

成長企業の求人を多数掲載!

成長意欲の高い方へ。Greenではそんなあなたにぴったりの求人を取り揃えています。

プロフィールをしっかり入力していたせいかたくさんのスカウトが届いて、その中の一社へ転職することができました。
システムエンジニア 28歳
他の転職サイトに比べて今話題の会社がたくさん載ってるなという印象です。成長意欲の高い人にはおすすめですね。
マーケティング 29歳
職歴のサンプルを編集してそのまま入力できるので、煩わしいプロフィール入力もストレスを感じなかった。
新規事業企画 30歳
スマフォサイトの求人情報も見やすく、機能が充実していて、私の転職活動はほぼスマフォで済みましたw
企画提案営業 26歳
メールでお知らせしてくれるおすすめ求人がすごくマッチしてました。毎回メールが来るたびにチェックしています(笑)
Webデザイナー 28歳
求人ページの下や応募完了ページなどに表示されるおすすめ求人の精度が高く、応募したい求人が多かったです。
プロジェクトマネージャー 32歳
×