お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 ディアロネットのインタビュー

株式会社 ディアロネット

トヨタからのプライム案件が99%!絶大な信頼を誇る老舗ソフトハウス

308353

代表取締役社長 木村 正彦氏

現場のエンジニアを大切にするのがモットーの頼れる経営者。社員からは「マサさん」と呼ばれて親しまれている。現在は単独でコンテンツビジネスに関わり、グループ会社を増やして新事業に結び付けるべく孤軍奮闘中。趣味は野球観戦。東京ドームの年間指定席を毎年確保しており、巨人戦を見に行くのが休日の楽しみ。広い人脈のおかげで、ソフトバンクの試合で始球式を務めた経験もある。

木村社長の会社設立までの経歴は?

元々エンジニア出身ですが、どちらかというとモノづくりよりも、作ったものがどんな影響を与えるかの方に興味がありました。営業寄りのエンジニアだったんですよね。幸いにも優秀なエンジニアではありませんでした。

その際に感じた「モノづくりよりも仕事を取ってくる営業のほうが凄い」といった昔のIT業界の価値観をひっくり返したくて、会社を興しました。売るものがあるから営業ができるのであって、その逆ではありません。社長がふんぞり返って社員がペコペコしている、それも逆だろうと思います。社員が稼いでくれるから社長は飯が食えるわけですからね。勤めている会社でそんな私の価値観が通用するわけもなく、それならば起業して私の価値観に沿った会社を育てて、少しずつIT業界の価値観を変えてやろうと考えました。

大手自動車会社との取り引きはどのようにしてはじまったのですか?

会社を創業して最初の3年間は、いろんな会社の仕事を請け負いました。創業当時は、iモードが登場したころで、携帯電話のシステム開発も手掛けました。下請けどころか、孫請け・ひ孫請けでしたが、通販会社や通信教育会社のモバイルへのチャレンジもサポートしました。

大手自動車会社との取引がスタートしたのは2001年。最初は後輩が勤める外資系のシステム開発会社を手伝う形で仕事に関わりました。そんなある日、大手自動車会社からの部長に呼び出されました。怒られると覚悟していたら「独立しないか?」と提案されました。すでにディアロネットを立ち上げていたので、その旨を伝えると、あれよあれよという間に直接取引が始まり今にいたります。どうやってそんな日本を代表するグローバルカンパニーと仕事ができるようになったの?とよく聞かれますが、向こうから声をかけてくれたのがはじまりです。

その後、大手自動車会社との関係はどう発展しましたか?

クライアントの中でコンシューマー向けのWebサービスを社内の一部署で集約管理するという組織変更がありました。
集約したWebサービスの中には、クライアントの公式サイトがありました。Javaで構築されていたので、そこにJavaが得意なディアロネットが現れ、開発を任されることに。結果を出せば、先方がさらにいろんなことを試したくなり、一緒になって公式サイトを育ててきた感じです。

世界を代表する大手自動車会社の企画をディアロネットの技術で現実化する。そうやって毎年の予算が増えて、ディアロネットの売り上げも増加していきました。

クライアントとの関係を強固にできた要因は?

大手自動車会社の公式サイト開発の仕事がはじまったころ、大手ベンダーにはまだJavaの技術がなく、必然的に下請けに出すことになり、それだけコストがかさみます。大手ベンダーからすれば、当社は孫請けぐらいに位置する規模の会社。中間マージンが要らないから半額といっても言い過ぎではないぐらいの金額で仕事を請けていました。

その大手自動車会社の凄いところは、ディアロネットの技術力を知って、わざわざコストのかかる大手ベンダーに頼む必要はないと判断してくれた点です。製造業の会社だからコスト意識が高く、先入観や世間的な価値基準で判断するのではなく、自分たちで試してそれがいいとわかれば小さな会社でも対等に取引する。こうして、モノづくりのスペシャリストである大手自動車会社とモノづくりのディアロネットが、タッグを組んでWebサービスを構築してきました。

経営する上で大切にしていることはなんですか?

現場第一主義です。社員も生活を豊かにしたいと思っているでしょう。そんな彼らの気持ちに応えて、現場で働く社員を大事にすれば、社員は一生懸命に働いてくれます。働く人の幸せをないがしろにしたら、すべてが成立しません。

大切にするということは裏返せばそれだけ大変だということ。自由と義務が表裏一体なのと同じです。ディアロネットの功績はすべて社員のものです。社長である私は何もしていません。ただ、現場で他の社員と同じようにがむしゃらに働いてきただけです。

人間の本能として正しいことを具現化したいという欲求があるのか、みんなそれを求めて頑張っています。お金は後からついてきます。頑張りを会社がちゃんと見てくれて、評価して相応の見返りがあれば、2度うれしいですよね。収入が増えればうれしいですが、当社のメンバーはお金のためだけに働いているのではありません。だからといって薄給で働きたいわけでもないです。そんな社員の気持ちを理解して、みんなのモチベーションを高く保てる環境を作るのが、社長の唯一の仕事だと思っています。

After covid19 bottom

成長企業の求人を多数掲載!

成長意欲の高い方へ。Greenではそんなあなたにぴったりの求人を取り揃えています。

プロフィールをしっかり入力していたせいかたくさんのスカウトが届いて、その中の一社へ転職することができました。
システムエンジニア 28歳
他の転職サイトに比べて今話題の会社がたくさん載ってるなという印象です。成長意欲の高い人にはおすすめですね。
マーケティング 29歳
職歴のサンプルを編集してそのまま入力できるので、煩わしいプロフィール入力もストレスを感じなかった。
新規事業企画 30歳
スマフォサイトの求人情報も見やすく、機能が充実していて、私の転職活動はほぼスマフォで済みましたw
企画提案営業 26歳
メールでお知らせしてくれるおすすめ求人がすごくマッチしてました。毎回メールが来るたびにチェックしています(笑)
Webデザイナー 28歳
求人ページの下や応募完了ページなどに表示されるおすすめ求人の精度が高く、応募したい求人が多かったです。
プロジェクトマネージャー 32歳
×